ふらつきについて認知心理学からの分析 東京都西村治療院

「足元がふらつく」という症状はとても多く、「頭がふらつく」というのもとても多く訴えられます。

平衡感覚の乱れとして、重篤な問題は「小脳」の疾患が考えられますので、まずは脳神経外科をお勧めします。

今日は、そんな「ふらつき」のある患者さんが回復して行く過程を共に経験し長らえた気づきを、認知心理学の分野から分析してみたいと思います。

 

 

脳神経外科に勤務する知人の話からすると、「めまい」「ふらつき」と「頭痛」を訴えてこられる患者さんが最も多いそうです。

他には「痺れ」を訴えてこられる方が多いとされています。

 

そんな罹患される方の多い「ふらつき」ですが、多くは重篤な疾患がなく、様子を見てくださいとされてしまうことが非常に多い現状にあります。

このような問題がないとされたふらつきを有する患者さんが良くなる傾向にあるのは、身体、つまり筋骨格系の問題が起こすふらつきが非常に多いというのが実際のところなのではないでしょうか。

もちろんまずは脳神経外科を受診するのは必須条件ではありますが、我々のような立場でもお力になれる部分は非常に多いと感じております。

 

今回は、ふらつきについて別の角度で分析してみたいと思います。

前回、空間定位の「座標系」について触れました。今回も座標系の部分から「ふらつき」について述べてみたいと思います。

身体の空間座標について

 

まずは「頭がふらつく」「足元がふらつく」を問診から予測してみます。

どちらも「ふらつき」を表す表現ですが、患者さんは身体に起こっている現象をかなり的確に表現していると驚きます。

「頭がふらつく」といっている場合(貧血や脳の問題を除いて)、眼球運動がスムーズにできていない場合や、歩行時などに頭が振れる様に動いていることを目撃します。

「足元がふらつく」と訴える場合、お尻が傾いたり、O脚の人が歩く様に足の振り出しがまっすぐに行えていない、他にも膝が内側に落ち込んだりしているのを見ます。

つまり的確に身体の異常を捉えているのです。

問診と言語学について過去のブログはこちら

 

患者さんの表現に基づいて、頭がふらつく場合には、頭頸部・眼球運動・肩関節の機能検査を行い、改善させて行くと良くなります。

足元がふらつく場合にも同様に、股関節・膝関節や骨盤周囲の問題を改善させることでふらつきが治まるという経験は非常に多いです。

 

こういった経験を認知心理学の「座標系」から分析してみたいと思います。

前回身体にはいくつも異なる座標系を持っていることを話しました。

体性感覚野、つまり身体の各パーツに応じて配置されている身体基準系も存在しており、例えば、それは、頭、首、腕、手、足、などを中心とする座標系が存在しているというのです。

それぞれが由来する感覚受容野に固定されており、関連する身体部位を取り巻く空間内の視覚刺激の位置を突き止めることに寄与しています。

難しい本にはこう書いてあります。

 

つまりは、身体のパーツはそれぞれに方向を持っていて、その方向に対して、視覚で得た空間と統合して、行動を起こしている。つまり、身体パーツが適切な方向へと動かせない場合に、視覚空間の統合が上手く行えず、結果違和感となって「ふらつき」と表現されるような状態になっていることが考えられます。

 

重篤な疾患が見つからなかった場合に、めまいやふらつきは、何もすることがないとして扱われてしまいがちですが、適切な身体の機能検査を行えば、少しでも改善することができる糸口を見つけることができると信じています。

少しでもお力になれれば幸いです。

 

西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437

にしむら治療院ホームページ

めまいの症例報告

めまい(右に引っ張られる)右側頭部頭痛の症例

手足に力が入らない 右に引っ張られるめまい 症例報告

めまい・ふらつき 乗り物に乗れない症例

左に体が引っ張られる 症例

めまいと乗り物酔い

 

参考文献

ミラーニューロン

ミラーニューロン

posted with amazlet at 16.09.07
ジャコモ ・リゾラッティ コラド・シニガリア
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 146,874
視覚性認知の神経心理学 (神経心理学コレクション)
鈴木 匡子
医学書院
売り上げランキング: 210,198
神経心理学―認知・行為の神経機構とその障害 (放送大学教材)
八木 文雄
放送大学教育振興会
売り上げランキング: 940,716

Share This:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です