手が動かない(巧緻障害) 膝の人工関節と運動連鎖の視点から 西村治療院

最近は「手が動かない」、「足が動かない」、という痛み以外に運動障害を伴う患者さんが多く来院されています。

手の場合は首から始まる頚神経、足の場合は腰から始まる腰神経が関与しています。

では「手が動かない」=「首を治せば良い」となりますが、それだけでは治らない人が多いのはなぜでしょうか?

今日は、膝の手術後に起こった患者さんの例からご説明したいと思います。

3d Illustration of Men Feeling the Wrist Pain

膝が痛い人のように、立っているとき、片膝だけ曲げるとどうなるでしょう?

knee injury in humans .knee pain,joint pains people medical, mono tone highlight at knee

身体は傾き、肩は下がりますよね。

では逆に曲がっていた膝が急に伸びる様になったらどうでしょう?

今度は下から突き上げるような力を受けることになります。

運動連鎖

この突き上げる力が「腰の圧迫」「首の圧迫」に繋がり、神経痛や運動障害へと広がって行きます。

膝の手術によって、今まで膝を曲げているのが急に伸びることは、必ずしもその方に取って良い方向に進むとは限らないのです。

そういった方の治療は、膝が伸びることによって下から突き上げる力を股関節や骨盤、背骨の関節で緩衝できていない場所を探すことが重要です。

今回の患者さんは、仙骨と呼ばれる背骨の一番下の骨が傾いていることによって、膝が手術によって治った際の足が伸びる力を鑑賞できなかったことが大きな原因となっていました。

杖をついての歩行が手に負担かけていたこともあったので、手の関節や肘の関節の治療を行うのももちろん大切です。

手関節橈屈尺屈

怪我による身体の変化がいろんな症状を起こして行く様に、手術による良い変化も同様の理由で症状を巻き起こして行くことが在ることは、医療関係者みんなが念頭に置かなくてはならないことかもしれません。

手の障害や足の障害にお困りの方のお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

両手親指の弾発指(バネ指) 原因って同じ?

最近は、「手が動かない」「足が動かない」「指が動かない」と痛み以外の運動障害に困って来院される方がとても多いです。

痛みであれば、マッサージや薬、注射や針で改善できても、「動かない」という症状では対応できないため、当院の様に神経学的な治療、関節の機能改善をする治療を頼ってこられる方が多いようです。

こういった病態では、強い激しい治療は無意味です。

優しく安全な治療を受けてください。

こういった治療はリウマチのような関節が壊れやすい方でも受けることができますのでご安心ください

 

さて、バネ指・弾発指は「動かない」とまではいかないものの、スムーズで正常な動きができない状態です。

数ヶ月経っても治らない人も、関節の機能、神経の伝達機能を正常に戻すと、その場で正常に動き始めます。

だいたいの方が3回ほどの治療で日常不便でない程度まで改善できます。

 

今回、両手ともバネ指になり、三ヶ月以上経っても状態が変わらない方が一回目の治療でほぼ正常になりましたのでご報告します。

右手は以前に手根管症候群にもなって手術をされています。

左手の母指はその後バネ指になり、右手の母指もその後バネ指になりました。

 

舟状骨・菱形骨と呼ばれる手の骨が隆起し始めているので、CM関節症も合併して来ています。

左母指は指を曲げると皮膚が突っ張り曲がりません。

右は曲がるけれども痛みとコリッと軽い断髪と筋が音を出します。

 

肘の検査をしてみると、左肘は手のひらが上に返りません。

肘屈曲・回外

回外と呼ばれる動作をする筋肉は母指を曲げるための神経を挟むことがあるため(円回内筋症候群)肘の関節を改善させました。

肘の牽引による機能調整
肘の牽引による機能調整

左母指の関節も小さな動きが制限されているため、その母指の動きも改善させてみると、普通に動く様になりました

母指CM

 

では右はというと、同様の検査では問題が見つかりません。

以前に手根管症候群という神経の絞扼障害を持っていたことから、神経系の機能を診ることにしました。

手に向かう神経のスタートである右側の頚神経C5/C6/C7が過緊張状態にあり、首も左に傾いています。

よく見ると腰も左に傾いており、その結果、右の首が張っているようでした。

腰部の歪みを取り、そして頸椎の過緊張を起こしている関節を優しく動かして行くと、その場で右手の母指もスムーズに動き始めました。

胸腰椎座位モビリゼーション
胸腰椎座位モビリゼーション
頸椎の検査と治療
頸椎の検査と治療

 

「弾発指」一つにしても、原因は人それぞれ、手それぞれ、ですので、しっかりと問診と機能検査が必要だとわかります。

手や足の機能障害で苦しむ方の助けに慣れれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

 

Share This:

牽引で悪くなる頸と肩の症状 東京都にしむら治療院

頸椎性神経根症・頸椎ヘルニア・頸肩腕症候群・肩関節周囲炎・肩こり・頸椎症・変形性頸椎症

いろんな病態がある中で、それぞれがその病態になった経緯によって治療の方法は変わります

 

神経根症を例にしてみましょう。

神経根症というのは圧迫による症状と思われているかもしれませんが、過度の牽引による障害も多いのです。

「神経根の障害」として一つの疾患にまとめられてしまっていますが、圧迫型牽引型と大きく二つに分類できるかと思います。

縮めて症状が取れれば牽引型、牽引して症状が取れれば圧迫型です。

とても単純です。

 

単純なのに、なぜ症状はなかなか取れないのでしょう。

問題なのはどこがどのように圧迫を受けているのかを見つけるのが難しいためです。

 

組織のメカニカルな緊張は全身に波及する

これは神経の治療を細かに行っているバラル先生の言葉です。

末梢神経マニピュレーション
ジャン・ピエール・バラル アラン・クロアビエ
科学新聞社出版局
売り上げランキング: 1,077,224

 

牽引型(この場合は圧迫型にもなり得ます)の次の例をご紹介しましょう。

デスクワークで、パソコンを操作しています。L時型のデスクです。

キーボードは体の正面ではなく左側。ディスプレイも左側。

足下も左にしたいところですが、引き出しが両側に配置されているため足の向きは上半身に対して右側を向いていなければなりません。

つまりは体をねじっています。

そして先ほどのバラルのお言葉「組織のメカニカルな緊張は全身に及ぶ

腰からの捻れは上半身に対して、一方では下方に、もう一方では上方へと押し上げることもあります。

この場合は腰や股関節の捻れを治さなければ頸は治りません。

仙腸関節 側臥位

仙骨のモビリゼーション

 

 

もしかすると、膝の慢性的な疼痛がこのねじれを引き起こしているかもしれません。

もしかすると、靴に足底板を入れたことが引き金かもしれません。

もしかすると、歯の治療で噛み合わせが変わったことが影響したのかもしれません。

 

長いこと痛みやしびれでお困りの方はこのように、症状と遠く離れたところからのメカニカルなストレスを受けているかもしれません。

肩の外転可動域テスト
肩の外転可動域テスト・肩の動きがどこから制限が来ているのかを探ります

問診と全身のスクリーニングによって多くの方が痛みから解放されています。

少しでもお力になれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村公典

ホームページはこちら

東京都港区芝5-27-5 山田ビル503

03-6435-2437

Share This: