ふらつきについて認知心理学からの分析 東京都西村治療院

「足元がふらつく」という症状はとても多く、「頭がふらつく」というのもとても多く訴えられます。

平衡感覚の乱れとして、重篤な問題は「小脳」の疾患が考えられますので、まずは脳神経外科をお勧めします。

今日は、そんな「ふらつき」のある患者さんが回復して行く過程を共に経験し長らえた気づきを、認知心理学の分野から分析してみたいと思います。

 

 

脳神経外科に勤務する知人の話からすると、「めまい」「ふらつき」と「頭痛」を訴えてこられる患者さんが最も多いそうです。

他には「痺れ」を訴えてこられる方が多いとされています。

 

そんな罹患される方の多い「ふらつき」ですが、多くは重篤な疾患がなく、様子を見てくださいとされてしまうことが非常に多い現状にあります。

このような問題がないとされたふらつきを有する患者さんが良くなる傾向にあるのは、身体、つまり筋骨格系の問題が起こすふらつきが非常に多いというのが実際のところなのではないでしょうか。

もちろんまずは脳神経外科を受診するのは必須条件ではありますが、我々のような立場でもお力になれる部分は非常に多いと感じております。

 

今回は、ふらつきについて別の角度で分析してみたいと思います。

前回、空間定位の「座標系」について触れました。今回も座標系の部分から「ふらつき」について述べてみたいと思います。

身体の空間座標について

 

まずは「頭がふらつく」「足元がふらつく」を問診から予測してみます。

どちらも「ふらつき」を表す表現ですが、患者さんは身体に起こっている現象をかなり的確に表現していると驚きます。

「頭がふらつく」といっている場合(貧血や脳の問題を除いて)、眼球運動がスムーズにできていない場合や、歩行時などに頭が振れる様に動いていることを目撃します。

「足元がふらつく」と訴える場合、お尻が傾いたり、O脚の人が歩く様に足の振り出しがまっすぐに行えていない、他にも膝が内側に落ち込んだりしているのを見ます。

つまり的確に身体の異常を捉えているのです。

問診と言語学について過去のブログはこちら

 

患者さんの表現に基づいて、頭がふらつく場合には、頭頸部・眼球運動・肩関節の機能検査を行い、改善させて行くと良くなります。

足元がふらつく場合にも同様に、股関節・膝関節や骨盤周囲の問題を改善させることでふらつきが治まるという経験は非常に多いです。

 

こういった経験を認知心理学の「座標系」から分析してみたいと思います。

前回身体にはいくつも異なる座標系を持っていることを話しました。

体性感覚野、つまり身体の各パーツに応じて配置されている身体基準系も存在しており、例えば、それは、頭、首、腕、手、足、などを中心とする座標系が存在しているというのです。

それぞれが由来する感覚受容野に固定されており、関連する身体部位を取り巻く空間内の視覚刺激の位置を突き止めることに寄与しています。

難しい本にはこう書いてあります。

 

つまりは、身体のパーツはそれぞれに方向を持っていて、その方向に対して、視覚で得た空間と統合して、行動を起こしている。つまり、身体パーツが適切な方向へと動かせない場合に、視覚空間の統合が上手く行えず、結果違和感となって「ふらつき」と表現されるような状態になっていることが考えられます。

 

重篤な疾患が見つからなかった場合に、めまいやふらつきは、何もすることがないとして扱われてしまいがちですが、適切な身体の機能検査を行えば、少しでも改善することができる糸口を見つけることができると信じています。

少しでもお力になれれば幸いです。

 

西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437

にしむら治療院ホームページ

めまいの症例報告

めまい(右に引っ張られる)右側頭部頭痛の症例

手足に力が入らない 右に引っ張られるめまい 症例報告

めまい・ふらつき 乗り物に乗れない症例

左に体が引っ張られる 症例

めまいと乗り物酔い

 

参考文献

ミラーニューロン

ミラーニューロン

posted with amazlet at 16.09.07
ジャコモ ・リゾラッティ コラド・シニガリア
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 146,874
視覚性認知の神経心理学 (神経心理学コレクション)
鈴木 匡子
医学書院
売り上げランキング: 210,198
神経心理学―認知・行為の神経機構とその障害 (放送大学教材)
八木 文雄
放送大学教育振興会
売り上げランキング: 940,716

Share This:

めまい 身体の内部モデルの異常形成 東京都にしむら治療院

めまいや頭痛、さらには震えなどの不随運動など、不定愁訴と呼ばれる患者さんが多く紹介される様になってきました。

良くなる患者さんの共通的なところが経験的にわかってきました。

今回は脳科学では、「ゾンビシステム」とも表現される身体内部に存在する「内部モデル」についてご紹介しながら、不定愁訴の患者さんに対する考察を述べて行きたいと思います。

 

動作の獲得」について皆さんも経験があることから話し始めます。

自転車や自動車の運転を習い始めた頃、誰しもハンドルを必要以上に強く握っています。

動作の一つ一つを意識の制御下におくために、自ずと緊張が出ます。

「力み過ぎ」の状態です。

ところが動作を繰り返されて行くと、自ずと身体が動く様になります。

この状態を運動性のゾンビ・システムが自動的に動いていると脳科学では表現されることがあります。

大脳前頭葉からの制御ではなく、小脳の自動運動制御機構に移されることで達成されます。

 

これがもし「異常な動作の獲得」をしてしまったらどうなるでしょうか。

異常な動作が身体の内部モデルを形成してしまうと、意志を持って行動しているイメージと、実際に身体が行おうとする内部モデルに差が出てきます。

この差がめまいという症状として起こっていると私は考えています。

 

めまい感を有する患者さんの多くの身体の動きを検査すると、その人が感じているめまい感と同じ方向への力を身体から感じます。

例えば、右にふらつく患者さんであれば、身体は右に行こうとする力を内部モデルに形成しています。

ぐるぐる回る方であれば、その回転方向へと身体は向かおうとする内部モデルを形成しています。

 

きっかけは様々なので、そこは問診から考察する必要はありますが、この異常動作をインプットした内部モデルを、正常な動作へと再形成することで多くのめまい患者さんが改善することに至っています。

 

ある人は、足首の捻挫をキッカケとして、身体の異常動作を形成してしまいました。

足首の治療と身体の機能改善をした後に、動きの正常な動作を再形成するためのエクササイズ、リハビリテーションのようなものを施行します。

ある患者さんは片脚のこむら返りが毎日起こり、それによる筋緊張亢進、腱反射の亢進が起こり、異常な身体の動きを形成してしまいました。

筋緊張緩和・腱反射の抑制を促す治療を施し、意識下に制御することで徐々に内部モデルを再構築して行きました。

 

このように人それぞれ異常動作の内部モデルの構成に至った経緯は違うため、治療のアプローチも異なりますが、適切に評価ができれば良くなります。

内部モデルの再構築は動作の癖を取り除くのが難しい様に、とても難しい作業ですが、少しでもそのお力添えができたら幸いです。

 

身体は意識から見て疑問符のような存在である。身体は私以上に私自身である。つま先を石段にぶつけただけでも私は収拾のつかなさに落ち込んでしまう。だが私が失われるわけではない。ひとときの痛みが治まればまるで何事もなかった様に私の混乱は収まっている。(参考図書から引用)

 

めまいの症例報告

めまい(右に引っ張られる)右側頭部頭痛の症例

手足に力が入らない 右に引っ張られるめまい 症例報告

めまい・ふらつき 乗り物に乗れない症例

左に体が引っ張られる 症例

めまいと乗り物酔い

 

めまいの身体学 空間座標について

 

少しでも不定愁訴でお悩みの方に希望を与えられる様にできたらと思います。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

参考図書

哲学、脳を揺さぶる オートポイエーシスの練習問題

哲学、脳を揺さぶる オートポイエーシスの練習問題

posted with amazlet at 16.02.11
河本 英夫
日経BP社
売り上げランキング: 360,109
臨床するオートポイエーシス 体験的世界の変容と再生
河本英夫
青土社
売り上げランキング: 533,429

 

Share This:

股関節 手足に力が入らない 右に引っ張られるめまい 東京都港区にしむら治療院

股関節の機能異常は、様々な症状として身体に表れてきます。

股関節が痛い・立てない・歩けない

と言った股関節自体に症状が出るものもあれば、

肩が重い・歩くとフラフラする・疲れやすい・手に力が入らない

と言った股関節と遠いところに症状が出たり、全身症状を来すこともあります。

 

今日は、股関節を起因として起こったと予想される「手足に力が入らない」「めまい」の症例報告をしていきたいと思います。

 

めまい治療の考察 内部モデルの異常形成についてはこちら

めまいの症例報告

めまい(右に引っ張られる)右側頭部頭痛の症例

めまい・ふらつき 乗り物に乗れない症例

左に体が引っ張られる 症例

 

30代男性。日頃からストレスの強い環境で力仕事を行っていましたが、このところ休んでも疲労感が抜けず、右手足に力が入りにくくなり、さらにはめまい感を伴ってきました。

足の力は下肢全体に力が入らない感覚で、

手は手先の痺れと肘から先の重みと脱力感です。

めまいは、右側に引っ張られる感覚でした。

主症状は足よりも全身症状が顕著でした。

 

めまいの治療で重要なのは、どのようなめまい感なのかを具体的に問診することです。

この方は右にふらふらと引っ張られる感覚でした。

その右に体が寄る感覚と体の緊張がどの動きを制限しているのかを比較していきます。

胸椎は右凸に大きく歪み、それが上半身を右側へと寄せていることがわかります。

腰椎は左凸で、右の腰がだいぶ狭くなっているのがわかります。

 

なぜそれほどまでに背中を右にスライドさせなければならないのか。

 

股関節の可動域を計ると、屈曲・外転・内転・伸展すべてにおいて右側の動きが減少していました。

SLR検査

股関節の外転検査

 

 

 

 

 

つまり動かない右足の上に上半身を乗せていたのだと思います。

 

では手の力の入らないのはどうなのか。

股関節を緩めたあとに上肢の筋力テストを行うと、改善されていました。

股関節のマイクロ牽引法
股関節のマイクロ牽引法
肩の外転可動域テスト
肩の外転可動域テスト ・今回は腕の重さを見ています
肘と肩の伸展
肘と肩の伸展 ・腕の重さも見ています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背中の右凸の側弯はいまだにあるものの、多くの症状は解消することができました。

 

「めまい感」特に引っ張られるという自覚症状の多くは、キネステーゼ、つまり運動に伴う運動感であることが多いと実感しています。

「右に引っ張られる」という表現通り、「右に体をよじりながら歩いている」のです。

「めまい」という言葉にだまされて耳鼻咽喉科や脳神経外科に行っても改善できないめまいは、このキネステーゼによる異常感覚だと思います。

 

そしてゆがみは残っているものの自覚症状はなくなるというのは、「健常」という範囲を確定することができないことを指し、「意識される症状」と「意識されない身体状態」との境目、大きく言えば「意識について」、我々医療従事者に考えさせるキッカケを与えます。

 

少しでもお役に立てれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437

にしむら治療院 西村 公典

 

参考文献:

 

見る―眼の誕生はわたしたちをどう変えたか
サイモン・イングス
早川書房
売り上げランキング: 512,652
マインド・タイム 脳と意識の時間
ベンジャミン・リベット
岩波書店
売り上げランキング: 206,689
アクティヴ・ビジョン―眼球運動の心理・神経科学
J.M. フィンドレイ I.D. ギルクリスト
北大路書房
売り上げランキング: 610,765

Share This:

めまい・ふらつき 乗り物に乗れない 東京都港区 にしむら治療院

最近、腰痛や頭痛、痺れの症状以外に「めまい」実際には「めまい感」を伴った患者さんの紹介が増えてきました。

めまい感」と表記したのは、耳鼻咽喉科や脳神経外科で診てもらっても原因が分からない、やストレス、または心療内科を勧められるような状態である、いわゆる病的に認められていない「めまい症状」だからです。

めまいに対する他の症例報告はこちら

めまい(右に引っ張られる)右側頭部頭痛の症例

手足に力が入らない 右に引っ張られるめまい 症例報告

左に体が引っ張られる 症例

乗り物酔い 電車により増悪するめまい感 症例

めまい治療の考察 内部モデルの異常形成

めまい感は行動制限を生じさせるため、それを機にうつや運動不足による代謝障害に発展したりしてしまいます。

まずはしっかり「めまい感と関連性のある症状」を見つけ改善させることが重要です。

 

では、病院で問題を見つけられなかっためまいにどんな問題が隠れているのでしょうか

 

症例報告をかねてご紹介致します。

40代女性

昔から乗り物に乗るのは苦手で特に飛行機はめまい感が強く出現していた。

時々激しい頭痛に教われるが、めまいが強くなるタイミングで起こる。

最近は車に乗ることでもめまいが生じてきた。

ぐるぐる回るというよりはグラグラするめまい感。

 

問診でお話ししていると、眼球運動がわりと目立つタイプで、頸が回りにくそうなのがわかりました。

頸の回旋検査をしてみると、

右回旋45°、左回旋10°

体幹の回旋検査をすると

右回旋20°、左回旋5°(代償動作がでやすい)

股関節の可動域検査をすると、

右足の外転45°、左足の外転10°

アキレス腱の硬さを評価できる足首を曲げる角度を測ると

右足背屈20°、左足背屈10°

 

つまり左側に動くための機能はほとんどが制限されていました

めまいだから制限されているのか、制限されているからめまいがするのか。

本人も左に向くと気持ち悪いと仰っていました。

 

我々の治療ができる範囲というのはほんの僅かですが、動く範囲を改善する治療はできるところです。

 

念のため、眼球運動を検査すると、体幹と同様に

右外転full、左外転40°付近で眼振が起こる

眼球も同様に左側に向けないことがわかり、まずは頸と体幹の可動域の改善をした後に、眼球運動が改善するか診ることにしました。

 

体幹の可動域が改善すると共に、眼球運動も眼振なく、不快感もなく、左に動かすことができる様になりました。

 

長年感じていためまい感は、4回の治療でなくなり、ただ疲れると再発するので定期的に今も治療を続けています。

 

一歩歩けば世界が変わって見える様に、視覚にまつわる問題が改善された後の患者さんは世界が明るく見えるようです。

 

めまいの方に少しでもお役に立てれば幸いです。

御気軽にご相談ください

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437

にしむら治療院ホームページ

 

めまいに関する勉強にお勧めの書籍

もうひとつの視覚―〈見えない視覚〉はどのように発見されたか
メルヴィン・グッデイル デイヴィッド・ミルナー
新曜社
売り上げランキング: 534,100
めまいの構造 (スコム・同時代医学双書)
加我 君孝
金原出版
売り上げランキング: 733,720
アクティヴ・ビジョン―眼球運動の心理・神経科学
J.M. フィンドレイ I.D. ギルクリスト
北大路書房
売り上げランキング: 459,491
知覚の現象学 1

知覚の現象学 1

posted with amazlet at 15.12.16
モーリス・メルロ=ポンティ
みすず書房
売り上げランキング: 82,229

 

Share This:

左に体が引っ張られる めまい治療 西村治療院

今日はめまい治療においての問診・検査・治療計画についてお話しします。

症例報告としまして、股関節と足関節の治療がめまいを消失させた例を紹介致します。

他のめまいに対する症例報告はこちら

めまい(右に引っ張られる)右側頭部頭痛の症例

手足に力が入らない 右に引っ張られるめまい 症例報告

めまい・ふらつき 乗り物に乗れない症例

乗り物酔い 電車により増悪するめまい感 症例

 

通常めまいというと、眼球の動き、そして頭の頭蓋骨・第一頚椎(環椎)の関節ファシリテーションにおいて寛解する場合がほとんどですが、今回は体幹の部分が影響していた症例について報告させていただきます。

頭蓋・環椎・軸椎の不均等

30代男性、めまいはまわるような感覚ではなく、ふらふらと左に振られるようなめまい感がありました。

理由なくめまい感は現れ、今回は一ヶ月経っても改善されなかったために来院されました。

「理由なく」とありますが、症状が偶然表れることはなく、必ず要因が存在するため、検査により詳細を把握していきます。

 

今回の場合は座っていても立っていても左に引っ張られるめまい感でしたので、実際に歩行動作と座った状態での体幹の動きを検査しました。

もちろん眼球運動も検査し、体幹の動作に伴って眼球運動にどのような変化が起こっているかも検査しなければなりません。

 

歩行時左に体幹は不安定を示していました。

座っている時は左肩が上がり、左の背中が緊張が強く、体幹の動きを検査すると右回旋時と右側屈時に体が左に引かれることが読み取れました。

体幹と肩の可動域検査

体幹 回旋

肩可動域

 

座っている時よりも立っている時の方が肩の高さや背中の緊張が強いこと、歩行時に大きくめまい感が表れるのは、骨盤を含め股関節から下にある部分に影響が強いことも示唆されます。

 

つまり治療は下肢の治療を行い、座ったとき、立った時に体の不安定性が改善されている状況にすることがとても大切であることが問診と検査から伺えます。

 

眼球運動を検査すると左に眼を動かすと辛く目が重く感じました。

眼球の不均等モデル(滑車筋)

神経外科検査においての知識にはこちらがお勧め

ベッドサイドの神経の診かた 改訂17版
田崎 義昭 斎藤 佳雄 坂井 文彦
南山堂
売り上げランキング: 10,430

 

体幹が安定される位置に動かした後に眼を動かしてもらうと、違和感なく左に動かせました。

このように眼を動かしにくい原因が体幹にあることもわかり、目のリハビリを組むよりも、体の動きを改善させることで目の動きが変わることがわかります。

ここまででだいぶ流れが見えてきたと思います。

目の動かしにくいことは体が左に動揺することが原因で、体の動揺が立った時に強く表れているのは下肢に問題が強いこと、ここまでわかってきました。

 

このように体の状態を読み取っていくと患者さん自身も自分の今までの経過から思い当たることがいくつか出てきます。

 

このかたは学生時代に足首を捻挫を良くされていて、たまに今でも左足首に違和感を感じることを、下肢の治療がめまいと関係ある可能性を見つけてから話し始めました。

ここまでくれば良くなるための治療計画が立ちます。

 

実際に足首を検査すると、左足首の距骨という骨が動きがなくなり、足首から股関節まで強い緊張を出していました。

足首の機能を改善させ、股関節の緊張と動きをやさしく作っていくと、その場からもうめまいがなくなりました。

仙腸関節のテクニック

股関節・仙腸関節の弛緩法

 

歩行動作を確認するとまだ動揺がありますが、立った状態、座った状態、歩行動作とも、最初のような左に強く引かれる動き方はだいぶなくなっていました。

 

一週間後もまだめまいなく過ごされています。

実際に治療する前にここまできれいな治療プランが成り立つことは少ないですが、治療計画がきれいに成り立つ時というのはとても良い結果が生まれます。

めまい治療を当院ではこのように計画しています。

 

昨今いろんな治療が開発され、非常に危険なものも出回っています。治療のために行ったはずが、痛い目に遭ったという話もよく耳にします。できるだけ合わせる様に努力していますが、私自身の治療も皆様に本当に合うのかはわかりません。初めての治療が怖いと思う方もたくさんいらっしゃいますので、まずご相談からでも構いません。少しでもお役に立てれば幸いです。

痛くない、安全安心な施術  にしむら治療院

ホームページからメールにてご相談もできますのでご気軽に連絡ください。

Share This: