ゴルフ 左肩の動きと脊柱の運動連鎖 東京都にしむら治療院

ゴルフで左腕が使えず右手うちになってしまうという相談はとても多いです。

来院されるという経緯としては、左腕を使おうと練習した結果、左の肩や左肘を壊してしまった方が多い傾向にあります。
なかには左肩肘の症状ではなく、右肘や肩の痛みで来院され、左手がなかなか使えずに困っていたという人もいらっしゃいます。

故障した症状の治療に対しても、原因となった動きの治療が必要ですので、左腕がなぜ使えないかを分析することは非常に重要です。
まずはゴルフで必要な動きについて考えてみましょう
ゴルフの左腕の機能は、インパクトからフォロースルー時の左肘(回外)・肩の回旋(外旋)の動きです。

肩の外転・外旋
肩の外転・外旋

この動きが何らかの問題で制限がかかると肩や肘に痛みが出てきます。

肩の痛みや肘の痛みはオーバーワーク、つまり使い過ぎと言われていますが、本当は関節の機能が制限される状態、つまり「使えていない状態」が原因です。

その原因とは、肩や肘の問題でもありますが、その背景にある背骨や骨盤の可動性にトラブルを抱えていることがほとんどです。

 

今回は背骨の可動性の低下が起こす左腕の筋力低下によってゴルフのスイングが改善しなかった症例を元に身体の機能についてご説明します。

インパクト時に身体はどの位置にあると左腕に力が入りやすいでしょうか?

これは筋力テストを用いると明解です。

身体のどのポジションで力が入りやすいかは検査によって導きだせます。
その方のインパクトがその位置よりぶれている場合にはどれだけ身体に意識を持とうが力は入りません。

肩も同様です。
肩の外旋・外転という動きを行わなければならない場合、脊柱はどうなっていなければならないと思いますか?
これはスウェーと回旋が絶妙な位置にないと左肩に力が入りません。

一つ紹介すると体がスウェーしている状態は右肩が下がるような脊柱の動きを伴います。

しかし、体を左に回旋する動きは、右肩が上がる動きを伴います。

つまりゴルフで必要とされる脊柱の動き(肩の高さ)は相殺される動きなのです。

回旋側屈 骨モデル
回旋側屈 骨モデル

左肩の外転・外旋を行いたい場合に、このスウェーと回旋が肩にとって良い割合にならなければ、どうあがいていも力は入りません。

どれくらいがいい割合なのかは、筋力テストによって簡単に実感することができます。

あなたの腕は力が入る位置にしっかりと体幹を使えているでしょうか?

無闇に体幹トレーニングを行うと、より脊柱の動きを制限することになり、ますます肩に問題を来します。

肩や肘のお悩み、またはスイングについて困っている方のお力になれれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

 

Share This:

肩と肘の痛みの多様性 バレーボール 野球 ゴルフ バトミントン サーフィン

五輪メダリストからプロ、そしてサンデーアスリートまで様々な方の治療を通して身体への理解へ漸進させていただき患者様皆様に感謝申し上げます。

様々な種目のアスリートのケアをさせていただき、肩や肘の疾患が同じであっても治療の方法が異なることを経験させていただいています。

今回は『肩と肘の痛みのスポーツにおける相違について説明したいと思います。

バレーボール、野球、ゴルフ、バトミントン、テニス、サーフィン、スノーボードを例にして検査と評価の方法を説明します。

まず競技の分類をすると、バレーボール、バトミントン、テニスはネット競技であり、打点の高さが技術の一つとなります。

その点、野球、ゴルフやサーフィンなどは腕の上がる高さは問題ありません。

ネット競技の中でも、バレーボールのアタッカーは常に高い打点を必要とされるので、手の平が一番高くなるように、身体を側屈させます。つまり側屈に置いて問題があると肩に問題を起こしやすくなります。

テニスやバトミントンはサーブやスマッシュに置いてはバレーボールと同様の点もありますが、通常は常に高い必要ではありません。
バレーボールと異なる点は、「手の甲側で打つバックハンド」、と「手の平側で打つフォアハンド」を瞬時に打ち返るため、内旋・外旋と呼ばれる肩の回旋と肘の回内回外の問題が非常に大きな障害となります。

肩が痛くても肘の治療が必須です。同様に肘が痛くても肩の治療が必須です。

野球、ゴルフはどうでしょう。高さは必要ありません。
どういう特徴があるでしょう?

それはほぼ同一の動きを繰り返すことではないでしょうか?
それも全く同一ではなく、野球のピッチングであれば、相手には同様の動作に見せておいて、「フォロースルーの最終時の動き」と「ボールの握り方」のみでボールに変化を出さなければなりません。

指の可動域手指の神経機構、そして繰り返す動きの安定感などを検査する必要があります。

ピッチャーがよく感じる肘の違和感や肩の違和感というのは、すでに身体のどこかの関節において制限が起きている結果ですので、この状態でしっかりと検査と治療をすることが重要です。

ポジションによって投げ方が異なったり、バッティングによる手首の負傷など既往歴も関与します。

自分自身との戦いであるゴルフでは、ほとんどの原因はメンタルではなく身体です。これはよく勘違いされており、身体が整うと必ずスコアは上がります。

メンタルトレーニングは時に虚勢へと発展し、間違った方向へと進む危険性があるので、大会当日まではフィジカルに目を向けることが必須です。

では最後にサーフィン・スノーボードについてです。

どちらも足の動きに対するバランスを取るために腕を使っていることが特徴の競技です。
ですので体幹や骨盤の回旋の問題や下肢の力の入り方も肩の痛みと関与します。

スノーボードは転倒による外傷を機に痛みが慢性化している人も多いので、どう転倒していたかによって検査と治療を組み立てなければなりません。

サーフィンの場合はパドリングと呼ばれる動作もあり、身体を安定させながら腕を動かす動作も必要なため、体幹の固定と肩の可動性の関連も検査します。

例えば、腱板損傷であっても、二頭筋腱鞘炎という同じ疾患を抱えていても、競技によって必要とされる細かい検査は異なるため、一人一人合わせた検査が必要です。

肘や肩の痛みで苦悩する方のお力になれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

Share This:

様々なスポーツにおける肩の治療の考察 東京都港区にしむら治療院

当院では様々なスポーツのアスリートのケアに携わっています。

一般にスポーツを楽しむ方から、プロの方、中には世界チャンピオンや金メダリストにも来院していただいています。

昨年、肩の治療について講演させていただく機会もあり、同業者の方からも紹介を頂く機会も増えて参りました。

身体の理解に対して前進を可能にしてくださいましたすべての患者様に感謝申し上げます。

 

今日は、様々なスポーツに対する肩の治療を経験してきて、身体の繊細な動作について、紹介していきたいと思います。
スポーツに限らず、普段の日常生活動作もこれと同様の機能が働いています。
当院では関節や筋肉・神経の痛みにはこれから紹介する動きの流れを見ながら治していきます。

 

足から肩への力の流れや、一方の手から一方の手への力の伝達など考えながら、その人の肩の障害においてどのように関わっているかを考察することが大切です。

 

まずは力の軸についてお話しします。

肩と体幹と下肢の軸
肩と体幹と下肢の軸

片手をオーバーハンドする場合には中央の様に、
挙上する肩と同側の足との軸を作る時もあれば、
写真右の様に反対側で軸を作る時もあります。(もちろん両足接地の場合もある)

片手のオーバーハンドの時もあれば、バレーボールのトスのように両手で行うこともありますので、その時の軸の作り方は異なっています。

浮いている足をどのようにするかによっても体幹の動きは変わりますので、
最近流行の体幹の固定を意識しすぎると、手足で軸を作らなければならない時には、体幹の固定は手足の動きの制限を招きます

常に体幹は手足の動きに合わせて余裕を作らなければなりません。

 

投球動作に着いて考えてみます。

肩関節の一番安定したゼロポジションで投球をさせると良いことは知られています。

IMG_1099 IMG_1098 IMG_1100

参考図書:肩診療マニュアル(医歯薬出版社) 肩の治療に携わる方は必ず持ちましょう

肩診療マニュアル (診療マニュアルシリーズ)
橋本 淳 信原 克哉
医歯薬出版
売り上げランキング: 715,957

よくこの左の様に体幹が倒れている状態の選手に、体幹の固定が弱いからといって、筋肉を付けようとしてしまいます。

実際には体重移動ができていない分を体幹の左屈によって補っているのであって、この状態で体幹を固定してしまうと、肩を痛めてしまいます

体幹が弱いのか、体重移動ができていないのかを触診にて確かめる必要があるのです。

最近、アスリートの方でこの体幹の強化によってコンディショニングが低下する方が目立ってきています。

フォームの乱れがどこの機能異常によって起こっているかの触診をしなければ選手は良い結果を出し続けられません。

 

テニスのストロークについてこの下肢と体幹の軸について別視点で考えてみましょう。

右足重心・体幹の軸と平行に近い
右足重心・体幹の軸と平行に近い
左足重心・体幹も左足の軸と平行
左足重心・体幹も左足の軸と平行
体重は右だが、体幹の軸は左足と平行
体重は右だが、体幹の軸は左足と平行

この最後の写真は右足からの力の軸が伝わらず、力を乗せることができません。

球もスライスでしか打てないでしょう。

なぜスライスでしか打てないのかというと、運動連鎖から理解できるかと思います。

 

ボクシングや空手のパンチをイメージして、他の視点からドライブ回転とスライス回転の体の動きを理解しましょう。

ストレート アッパー

写真左の様に、手の甲が上に、手の平が下向いている、いわゆる肘の回内動作は、肩関節の内旋へと移行し、その腕の肩を持ち上げる方向へと回転が連動する。

裏拳やアッパーの様に手の平が上、甲が下を向いている場合は、先ほどと反対側の回転が各関節へと順番に連動していきます。

 

右利きのテニスプレイヤーがドライブをかける時は、体は左屈もしくは右スライドしやすく、
スライスをかけていく時は右側に倒れる傾向になる。

体重は右だが、体幹の軸は左足と平行

先ほどの写真の様に右に傾いていると、強いドライブ回転を打つためには、体を大きく傾かせる必要がある。

もしくは手先の動作だけでドライブ回転をかけなければならない。

 

このように身体の動作は、ある行為において体全体で行う時には決まった力の伝達を必要とします。

各関節のタイミングをずらして動くことで、別の力学的結果を起こすことも可能ですが、それだけ身体には負荷がかかってしまいます。

痛みや張り感といった症状を取るためには再度運動連鎖の教育をする必要があるため、今回紹介したような動きの連動は理解しなければなりません。

 

 

スポーツを健康的に楽しく続けるため、勝つため、そして運動器の痛みにお困りの方に、少しでもお役に立てれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

長く続く肩板損傷・クリック音の症例報告はこちら

手術後も続く肩の痛み・腱板損傷・腱板断裂の症例報告はこちら

右肩を着いてからも続く肩の痛みの症例報告はこちら

腕を降ろす時にクリック音と痛みの症例報告はこちら

Share This:

腕を降ろす時に痛む クリック音 東京都にしむら治療院

一月に入り、「腕を降ろす時に肩が痛む」という患者さんが続けて三人ほどいらっしゃいましたのでご紹介したいと思います。

どの方も治った理由は異なるため、「症状と病態から治療法が決まるのではなく、どこからのストレスが症状と病態を引き起こしているのか」を考えなければ一向に良くならないことがわかります。

 

一人目の患者さんは、左肩腱板の手術の既往歴があるが、左の腕を降ろす時にクリック音があり、左の骨盤で改善しました。

二人目の患者さんは、右の腕を降ろす時にクリック音があり、左の肩の治療で改善しました。

三人目の患者さんは、右腕を降ろす時に痛みがあり、右の肩の治療で改善しました。

 

このように痛い肩と反対側の部位、その他にも肩と離れた腰で変わることがあるため、全身の細かいスクリーニングが必要になってきます。

 

肩のインピンジメント障害や腱板損傷を患っている方の肩の動きは、スムーズではありません。

そして何よりも、肩のひっかかりや痛みが生じる少し前の段階で、必ず全身のどこかに異常な緊張が起こります。

その緊張が肩のスムーズな動きの制限を引き起こし、最終的に痛み、もしくはクリック音、ひっかかりを起こすのです。

ですので「肩の腱板損傷」という病態を追いかけていても変化は出ません。

その人の方にストレスをかけている予備動作の変化を捉える必要があります。

 

一人目として紹介しました、左肩の手術歴のある患者さんは、クリックと痛みが起こる前に肩甲骨が上昇(運動学的には挙上)を始めます。

その肩甲骨の挙上が起こる前には体幹が左に傾きます(左屈)。

その体幹の傾きの治療を行うと(Th11が左下方変位を起こしていた)、腕を上げる動作はとても軽くなったが、降ろす時にはやはり、体幹が傾いてしまい、肩甲骨の異常動作とクリックが起こりました。

そこで体幹が傾く前の予備動作にどのような変化があるかを細かく分析すると、骨盤が左に傾くのと同時に左腸骨が後ろに傾いていました。

その予備動作を正常に戻すと、腕を上げる動作も降ろす動作も問題なくスムーズになりました。

 

二人目の患者さんも、肩のクリックが起こる前に右の肩甲骨が挙上します。

肩甲骨を止める様なエクササイズを行っても、どうしても肩甲骨が浮いてきてしまいます。

肩甲骨が浮く寸前の動作を分析すると、左の上部胸椎が盛り上がってきていました。

検査すると第3胸椎の左側が上方へ、右側が下方へと緊張を起こします。
(専門用語でTh3のLPS)

右横突起は下方へと下がるものの柔らかいのに対して、左横突起は上方へ強く緊張を起こすため、左横突起の可動性を改善させてみると、その瞬間から右腕を降ろす時のクリック音がなくなりました。

 

三人目の患者さんは、通常肩ではスムーズに動くはずの

「手のひらを上に無得ている、腕を上げた際に痛い。」

そして通常、症状のでやすい

「手のひらを下に向けていると腕は上がらないが痛くはない」

といった症状だったので、手のひらを返す動きと関連のある肘の関節を治療しました。

可動域はやや改善するものの、腕を降ろす時の痛みは相変わらずでした。

頸椎の右側(患側は右)が凸となるカーブを示し、緊張も強いため頸椎を治療すると肩の可動域はさらに改善したのですが、降ろす時の痛みは未だありました。

頸椎の治療をしても、すぐに頸の右凸のカーブは戻ってしまうので、カーブの起点となる部分の第3胸椎に異常な緊張があり、そこを治療しました。(Th3のPRS)

第3胸椎は右横突起の上方変位で、そこから第3頸椎までが右凸のカーブとなっていました。

第3胸椎をリリースすると、カーブは全体的に緩めに変わり、腕を降ろす時も痛くなく、可動域もさらに改善していました。

 

今ご紹介した様に、インピンジメント症候群、腱板損傷、クリック音、クレピタスサインなど、症状・病態は簡単に把握できますが、その人それぞれによって治る道筋は異なるのです

 

肩の痛みでお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

 

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

長く続く肩板損傷・クリック音の症例報告はこちら

手術後も続く肩の痛み・腱板損傷・腱板断裂の症例報告はこちら

右肩を着いてからも続く肩の痛みの症例報告はこちら

Share This:

手術後も続く肩の痛み 腱板断裂 クリック インピンジメント 東京都港区にしむら治療院

スポーツ選手や一般の方も多く来院されている「肩のひっかかる痛み」ですが、手術されている方も多い肩の症状の一つです。

しかし、手術後も「肩の引っ掛かりと痛み」がなぜ続くのでしょうか?

ヒントは腰や股関節、その人が予てより悩まされる症状(例えば肩こり、外反母趾)などです。

多くは一週間に一度のペースで1ヶ月でだいたいの人が良くなる傾向にあります。

まずは、お電話にて症状についてご相談いただけたらと思います。

 

TEL: 03-6435-2437 Mail: nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

長く続く肩の痛みから腱板断裂へと移行し、手術するものの、クリックとその際の疼痛が改善されなかった方が頸椎・胸椎・腰椎および骨盤の施療によって改善した症例について報告致します。

 

患者さんの肩が訴えてくる緊張を捉え、異常な運動連鎖によって肩に痛みを起こしている場所を見つけ、そこから肩へのスムーズな流れを再度作り上げることが何よりも必要です。

 

一年前に腱板断裂を診断され、手術をされました。

術式などは日本ではないため私には分かりませんでしたが、恐らく縫合術だと思われます。

安静時痛や初動での疼痛はなくなったものの、可動域制限(外転75°で疼痛とインピンジメント、屈曲100°で疼痛、外転外旋じに上腕部に疼痛)と、腕を上げた状態での保持(電車の吊り輪を持つのが辛い)、そしてクリックと疼痛は以前変わらず時間が経過していました。

その後、腰痛も患い、来院に至りました。

 

肩の整形外科治療について学ぶためのお勧めの本はこちら

新版 肩診療マニュアル

新版 肩診療マニュアル

posted with amazlet at 15.12.21
乾 浩明 信原 克哉
医歯薬出版
売り上げランキング: 483,999

 

本人としてはまず腰痛を楽にしたい、それが良くなったら肩も少しずつ良くなれば、という話でしたが、肩を動かした際の体全体の流れとして、体幹の施術で肩にも変化が出ることが予測できたので、肩の経過も一緒に追っていきました。

 

運動連鎖のお勧めの本としてカパンディやキネシオロジーでも監修されている先生の本

 

身体の機能的触診を行った結果このような緊張がありました。

肩板断裂症例

左肩上方変位(rib1.2左上前方変位)
下部頸椎右回旋(C6/7左前上方変位・C4右後下方変位)
下部胸椎左屈(Th10,L1左下方変位)
腰椎右屈(Apex L3)
腸骨は左後下方変位・仙骨も左後下方変位

 

肩を動かした時の流れに違和感があったのは、左肩を挙げた際に腰がぐっと左側が落ちる様子でした。

流れで言えば、腰も背中も肩に協調する様に連動するのが、逆の方向へと動き出しています。

そこを代償する様に上部胸椎から頸椎で引っ張り上げようとするために頚神経の問題も起こしているような動きの流れでした。

腰の痛みに対する治療が、肩の動きに流れを作るのと関係が見られたため肩の変化を腰の治療後に確認する様にしました。

 

骨盤の治療に加えて肩甲上腕関節の後方の狭窄が見られたため棘下筋と小円筋のリリースも行いました。

仙腸関節
写真にある例では右腰をリリースしています

座位になると再度左腰が落ちる傾向があったので座位でのリリースも行う必要がありました。

胸腰椎座位モビリゼーション
胸腰椎座位モビリゼーション

長年の方の癖のため、数日後にはまたクリックが出現してしまいますが、治療後にはクリックが改善するため、体がなじむまでは何度も同様に機能改善をする必要がありましたが経過がよく、安定してきました。

 

長く続く肩のトラブルでお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

ストレスの波及 肩の痛みと全身の機能

肩の可動域改善に対する分析

水泳と肩関節のひっかかり

 

運動連鎖によく紹介される肩板断裂後のストレス回避の運動連鎖があります。

ストレス回避による運動連鎖自体が、腕の可動制限を起こすこともあります。

機能評価と動きの分析が必ず必要です。

本のご紹介もした運動連鎖の本から一例をご紹介します
(参考図書:運動連鎖リンクする身体)

 

ストレス回避の運動連鎖
ストレス回避の運動連鎖

Share This:

長く続く腱板損傷 クリック音 腰痛との関連 東京都港区にしむら治療院

野球やテニスなど運動をしている人以外にも多い肩の障害の一つである肩板損傷についてお話しします。

肩の痛みですが、多くは肩以外の問題によって起こります

まずはどこの問題から起こっているかを検査していくことが重要です。

 

今回の症例は腰痛の治療が長く続く肩の痛みとクリック症状を改善した例をご紹介致します。

 

50代男性休日は草野球

右肩のクリックとインピンジメント症候群は数年間続いており、最近だんだんと腕も上がらなくなってきた(外転100°屈曲110°)

来院理由はこむら返りがひどく腰痛も気になる様になったため紹介されて来院しました。

普段はデスクワークで週末はほぼ毎週野球をしています。

 

こむら返りは両足で、左足の方が強い。

腰痛は骨盤から下部腰椎の辺りで、全体的に猫背になっている。

圧痛部位は左側は仙腸関節下部・仙骨後面および外側面。

右側は仙腸関節上部・腸腰靭帯部・L4/5椎間関節・多裂筋部でした。

腰痛部位と圧痛部位
腰痛部位と圧痛部位

左のこむら返りは左仙腸関節の機能低下・梨状筋の緊張から来る仙骨と座骨神経の緊張によって起こり、

右のこむら返りは右仙腸関節の可動性亢進L4/5の機能不全によるS1神経の緊張と考えられました。

 

猫背を治せば肩の可動域は多少変化するが、腕の動きに合わせた体全体の運動連鎖をちゃんと治さなければクリックはなかなか良くなりません。

 

胸椎は右側弯(右凸のカーブ)を呈しているため、右肩の方が左よりも高い。

つまり肩を外転していく時に上腕骨の動きよりも肩甲帯の動きが先に出てしまうため、ここでインピンジメントしやすい

この場合のインピンジメント症候群は一般的に言う60°〜120°よりも後半の90°くらいから起こりやすい

スポーツトレーナーはこれに対して体幹が弱いために起こるからとコアトレーニングを進めやすいが、問題は体幹が使えなくなるための脊椎の機能制限をしっかり探さなければ問題解決にはならない。

調べていくと、まず腰椎が左側弯・仙骨の左下方変位しているために左側に体重が乗っている。

それを代償する様に胸椎は右側弯になり、胸椎から上のみが肩と連動しているようである。

仙骨と腸骨、さらにL1の動きの制限を改善することで肩の動きに対しての体幹の連動と初動の準備を行うことができました

肩関節の治療をせずにインピンジメント兆候は改善し、こむら返りと関連していた坐骨神経の緊張も治まりました。

 

まだクリックはないものの腕の重さが存在していましたが、頸椎の緊張も一緒に取ることで改善しました。

仕事が忙しくなると同様の症状が再発するので、動きの連動を体が覚えるまでに数回治療を続けましたが、今では普通に野球もできる様になりました。

 

長く続く肩のトラブルでお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

筋骨格系のキネシオロジー―カラー版
ドナルド・A.ニューマン 嶋田智明
医歯薬出版
売り上げランキング: 33,596
オーチスのキネシオロジー 身体運動の力学と病態力学 原著第2版
ラウンドフラット
売り上げランキング: 131,836

Share This: