足が上がらない 足が重い 仙骨の機能制限 東京都西村治療院

「足が上がらない」「足が重い」という運動障害感覚障害仙骨という動きの小さな骨の問題が関わることが多数あります。

今日は仙骨と股関節の運動について症例を踏まえてご紹介していきたいと思います。

 

仙骨という骨のポイントは

「仙腸関節の構成要素」「座骨神経の起点」「腰仙関節という腰部との連携」です。

 

仙腸関節は今までも何度も説明した通りですが、今日は別視点でお話しします。

股関節・仙腸関節・運動連鎖についてはこちらに記載

 

トレンデレンブルグ徴候は、中殿筋の機能によって反対側の骨盤を引き上げることができるかどうかを検査する方法です。

トレンデレンブルグ徴候
トレンデレンブルグ徴候(右足の検査)

参考図書:筋骨格系検査法

筋骨格系検査法

筋骨格系検査法

posted with amazlet at 16.02.02
ジェフリー・グロス ジョーゼフ・フェットー
医歯薬出版
売り上げランキング: 833,803

 

地面に着いている足の機能検査ですが、
反対側の仙骨の問題で、骨盤の挙上が行えなくなることがあります。

 

座骨神経痛と関連のある「梨状筋」は固くなると、仙骨を下方へと引っ張ります

すると足が上がりづらくなるのです。

これによって反対側の中殿筋にも負荷がかかるため、中殿筋麻痺時の仙骨と反対側の梨状筋の機能検査は必須です。

 

仙骨の機能と梨状筋の関係について触れました。

梨状筋は坐骨神経を挟み込む筋肉のため、緊張すると座骨神経痛を起こします

これもまた足を上げにくくしたり、痛みや痺れ・だるさなど神経痛も出します

これは神経学からみた「足が上がらない」「重い」状態です。

 

次は「腰部との連携」について考えていきます。

腰仙関節
腰仙関節

参考図書:SJF関節ファシリテーション

SJF 関節ファシリテーション 第2版
丸善出版
売り上げランキング: 90,331

 

腰仙関節は、上記の図の様に仙骨の「うなずき運動」の時に機能します。

片脚立ちの際に起こる動きというのは、この腰仙関節の左右で別の動きをします。

もし片方の腰仙関節で可動性の制限が起きている場合は、ある角度まで足を上げた際に動きを制限するため、引きずるような歩容にしてしまいます。

腰仙関節の動き方は、足の上げ方に依存するため、例えば陸上のような走動作での足上げと、サッカーで蹴り上げる時の足上げでは動き方が変わるため、患者さん自身がどのような動きを作りたいのかをによって検査のポイントを変える必要があります。

 

股関節のインピンジメントについてはこちら

股関節の痛みと足の痺れはこちら

臀部の痛みとしびれ 腰部脊柱管狭窄症はこちら

臀部の痛みとしびれ 腰部脊柱管狭窄症はこちら

 

「足が重い」「足が上がらない」という問題は一般の方もアスリートも抱えることの多い問題です。

少しでもお役に立てれば幸いです。

相談等、気軽にご連絡ください。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This:

マラソン お尻の痛み 足首の痛み 東京都にしむら治療院

マラソンがブームになり、今まで全く運動してこなかった方から、普段からスポーツをする方まで、たくさんの方がマラソン大会に参加される様になりました。

走っている最中に突然股関節からお尻にかけて痛みだし、それから歩くのも大変で、ほとんど走れなくなった方の治療についての症例報告を致します。

ランニングと仙骨の可動性」についてはこちら

足の痛みと 脛骨・腓骨・距骨・踵骨・舟状骨の機能」についてはこちら

ランニングと接地時の力学的動作分析」についてはこちら

 

40代女性、三ヶ月間、思い当たる原因は無いが、大会でいつもより短い距離から右臀部の張り感を感じ始め、続いて左股関節にも違和感を感じ、足全体が思う様に前に出なくなり、その日は何とか歩いて完走するも足全体が重い。

主症状は臀部の張り(右>左)ふくらはぎ外側の張り、腰の違和感。

スポーツ歴はジョギングの他にも水泳なども行っている方でした。

 

歩行動作を分析すると、前傾姿勢が取れていません

歩行動作の問題には動作解析を行います

当院では歩行やランニングの障害の方にはトレッドミルを用いた動作解析を行います。

 

骨盤から上の上半身が後方へと引っ張られているために足が蹴り出しにくそうでした。

踏み出し足よりもお尻が側方に触れるため、いわゆるアヒル歩行のような筋力を使わない歩き方にもなっています。

 

まずは歩行動作から予想できる、股関節の伸展・外転・回旋の制限、骨盤の前傾の制限、体幹の伸展の制限があるかを検査する必要があります。

股関節の外転検査
股関節の外転検査
股関節の外旋検査
股関節の外旋検査
股関節の屈曲
股関節の屈曲
SLR検査
SLR検査
腸骨の前方可動性検査
腸骨の前方可動性検査
仙腸関節の検査と治療
仙腸関節の検査と治療

 

 

腰椎は左側弯(左凸)を呈し、肩の高さは腰椎の側弯に合わせて左が高い。

肩が下がっているせいなのか、肩の可動域は右<左

 

上部腰椎から下部胸椎の右側に緊張が強く、大腿神経のストレスが伺えます。

仙腸関節は右側がグラグラで、大腿骨は右が後方変位

この大腿骨の後方変位が、蹴り出すために必要な股関節の伸展を制限していました。

股関節の可動域

屈曲 R100° L110°

外転 R15° L30°

外旋 R15°(有痛) L30°

仙腸関節
左側が固く、右側は緩い

左の後傾と内方変位のために前方と外方への可動性制限

腸骨の前方可動性検査
腸骨の前方可動性検査
脊柱モーション・パルペーション―脊柱可動性検査法 (カイロプラクティック講座)

 

右の腸腰筋の緊張・圧痛、筋力テストも右側が低下

 

これで右股関節の問題点は明らかになりましたが、左側は可動域が保たれているため問題が見えてきません。

トレンデレブルグ兆候を見るために片脚立ちをしてもらうと、右足たちの方が安定があり、左足だと片脚で立てません。

過去に大きな捻挫と指の骨折を左足にしているということで、左臀部に負担が来るのは足首の不安定が問題になっていることが予想できました。

小指を浮かすために外反させる
小指を浮かすために外反させる

 

3ヶ月の間の通常の治療では効果がなかったのはこういったことが原因なのでしょう。

 

足関節を検査すると、
左側の、立方骨と外側楔状骨が上方変位母指屈筋が緊張、距骨内方変位

小指の骨折後に外側を浮かせて歩いてたそうです。

足の治療したあとは、左足の片脚立ちも行いやすくなり、体重移動のリハビリを本人に指導しました。

 

右の股関節は腰椎の治療と、大腿骨の後方変位、腸骨筋のリリース、左の仙腸関節の前方への可動性を改善させることで右の股関節の外転・外旋ともに改善していきました。

股関節のマイクロ牽引法2
股関節のマイクロ牽引法
腰椎のモビリゼーション
腰椎のモビリゼーション

 

片道2時間以上の通院でしたので、治療の間隔が広かったのもありますが、3ヶ月ほどで10kmは走るのは大丈夫になりました。

 

走る時に必要な姿勢の指導や基本動作の指導も加えて、痛みが取れたあとも定期的にフォローしています。

 

昨年のマラソンの大会より、今年は30分も早いタイムになったと連絡を受けました。

 

歩行による問題やマラソンによる問題に対して困っている方に少しでもお力になれれば幸いです。

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

私が治療のすべてを学ばせていただいている勉強会が来年度の募集を始めています。

興味がある医療従事者はセミナーに参加してみてください。

当院も講師として参加させて頂いています。

モーションパルペーションスタディグループ

MPSGのホームページ

Share This:

股関節 手足に力が入らない 右に引っ張られるめまい 東京都港区にしむら治療院

股関節の機能異常は、様々な症状として身体に表れてきます。

股関節が痛い・立てない・歩けない

と言った股関節自体に症状が出るものもあれば、

肩が重い・歩くとフラフラする・疲れやすい・手に力が入らない

と言った股関節と遠いところに症状が出たり、全身症状を来すこともあります。

 

今日は、股関節を起因として起こったと予想される「手足に力が入らない」「めまい」の症例報告をしていきたいと思います。

 

めまい治療の考察 内部モデルの異常形成についてはこちら

めまいの症例報告

めまい(右に引っ張られる)右側頭部頭痛の症例

めまい・ふらつき 乗り物に乗れない症例

左に体が引っ張られる 症例

 

30代男性。日頃からストレスの強い環境で力仕事を行っていましたが、このところ休んでも疲労感が抜けず、右手足に力が入りにくくなり、さらにはめまい感を伴ってきました。

足の力は下肢全体に力が入らない感覚で、

手は手先の痺れと肘から先の重みと脱力感です。

めまいは、右側に引っ張られる感覚でした。

主症状は足よりも全身症状が顕著でした。

 

めまいの治療で重要なのは、どのようなめまい感なのかを具体的に問診することです。

この方は右にふらふらと引っ張られる感覚でした。

その右に体が寄る感覚と体の緊張がどの動きを制限しているのかを比較していきます。

胸椎は右凸に大きく歪み、それが上半身を右側へと寄せていることがわかります。

腰椎は左凸で、右の腰がだいぶ狭くなっているのがわかります。

 

なぜそれほどまでに背中を右にスライドさせなければならないのか。

 

股関節の可動域を計ると、屈曲・外転・内転・伸展すべてにおいて右側の動きが減少していました。

SLR検査

股関節の外転検査

 

 

 

 

 

つまり動かない右足の上に上半身を乗せていたのだと思います。

 

では手の力の入らないのはどうなのか。

股関節を緩めたあとに上肢の筋力テストを行うと、改善されていました。

股関節のマイクロ牽引法
股関節のマイクロ牽引法
肩の外転可動域テスト
肩の外転可動域テスト ・今回は腕の重さを見ています
肘と肩の伸展
肘と肩の伸展 ・腕の重さも見ています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背中の右凸の側弯はいまだにあるものの、多くの症状は解消することができました。

 

「めまい感」特に引っ張られるという自覚症状の多くは、キネステーゼ、つまり運動に伴う運動感であることが多いと実感しています。

「右に引っ張られる」という表現通り、「右に体をよじりながら歩いている」のです。

「めまい」という言葉にだまされて耳鼻咽喉科や脳神経外科に行っても改善できないめまいは、このキネステーゼによる異常感覚だと思います。

 

そしてゆがみは残っているものの自覚症状はなくなるというのは、「健常」という範囲を確定することができないことを指し、「意識される症状」と「意識されない身体状態」との境目、大きく言えば「意識について」、我々医療従事者に考えさせるキッカケを与えます。

 

少しでもお役に立てれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437

にしむら治療院 西村 公典

 

参考文献:

 

見る―眼の誕生はわたしたちをどう変えたか
サイモン・イングス
早川書房
売り上げランキング: 512,652
マインド・タイム 脳と意識の時間
ベンジャミン・リベット
岩波書店
売り上げランキング: 206,689
アクティヴ・ビジョン―眼球運動の心理・神経科学
J.M. フィンドレイ I.D. ギルクリスト
北大路書房
売り上げランキング: 610,765

Share This: