手の痺れ・腱鞘炎・手が動かない・手のこわばり

足の異常で来院される方と同様に多いのが、手の障害で来られる方です。
足を痛めて歩けなくなるといった具合に、手も障害が出ると物が持てない、ペットボトルのキャップが開けられないといった日常動作に何かと不便が出てきます。
以前にも手が焼けるように痛いといった症状に対してのブログを掲載しましたが、今回は手のこわばりを訴えて来られた方の症例についてお話しします。
何度も話に出していますが、手の神経は首から出て、鎖骨の下、肋骨の上を通って各神経枝を出して肘を前後左右へと分岐して手まで向かいます。
ですので、手の先の障害が出た場合、真っ先に疑うのは「頚椎」「鎖骨と肋骨」「肩」「肘」「手首」というように神経の経路のどこかが問題が起きても手の先に症状は起こりうるのです。
ただ、頚椎の場合は、首が悪いからと言っても腰と背中の影響によって頚椎に支障を期待している場合は多く、結局のところ全身を治療しなければなりません。
さて今回は、そんな頚椎の問題が肋骨の機能異常によって起こった例をご紹介します。
40代女性、左手の腱鞘炎から始まり、続いて右手の腱鞘炎が起こってきました。
彈発現象(バネ指)は最初起こっていたものの、経過とともに手のこわばりとして変化していきました。
来院時バネ現象は起きず、指が曲がらず、伸びることにも多少の制限がありました。
指の解剖図
手の腱鞘
念のため、リウマチの検査も行いましたが、幸い陰性で腱鞘炎の治療を継続して様子みましょうとなっていましたが経過は変わらず、当院へと来院されました。
手のこわばりは最初から症状のある左手の方が強く、右手は深くは指が曲がらないものの、指が手のひらに触れられる程度でした。
一方左手の中指と薬指は曲げても手の平につかず宙に浮いてしまいます。
グーパーグーパーと離握手運動を素早く行ってもらうと、左手は遅れてしまい、すぐに腕全体がだるくなるというものでした。
この離握手運動はルーズテストと呼ばれる胸郭出口症候群の検査と似ているもので、腕全体がだるくなるという表現もまさしく胸郭出口症候群の症状と似ています。
つまり斜角筋・鎖骨・肋骨・小胸筋のポイントで一つ改善できるポイントがありそうです。
実際に触診してみると、
左の第1肋骨、第2肋骨は下がり、第7頚椎は下の第1胸椎に比べて右に傾いています。
第8頸神経であれば過度のストレッチによる障害、第1胸神経であれば圧迫神経障害というところでしょうか。
椎骨の関節の動きを検査(モーション・パルペーション)すると第1肋骨<第7頚椎<第6頚椎の順に硬さが強くなっていました。
鎖骨はというと肋骨に比べて左右の差は少なく、肩甲骨を含めて上肢帯によって、歪みを補正しているようです。
rib hight
右の第一肋骨は上に上がっており、下に押さえながら、右手を動かしてもらうと右手に関しては自由に動くようになりました。
同様に左側の下がっている肋骨を上へ押圧をかけて左手を動かしてもらったら、こちらはまだ変化が出ません。
二次的に頚椎が歪んでいる場合はこういうことがたまにあります。
第1、2肋骨のように下方変位している部分を探してみると、仙骨及び骨盤が左下方変位、胸腰部移行部の左下方変位、肩甲骨下端部の左下方変位。
それらを一度治療をした後に、再度肋骨の左側を上方へと押圧しながら左手の検査をするとだいぶ左手の指が曲がりやすくなりました。
手根骨の矯正や指の関節の治療を含めて4回で指が手の平に触れられるようにまでなりました。
たまにまたこわばることもありますが、経過良く過ごされているようです。
手の痛みやこわばりで苦悩している人のお力になれれば幸いです。
今回は幸いにもリウマチではありませんでしたが、リウマチの場合も同様の治療計画で痛みはだいぶ取れてきます。
無理のない治療で寛解することができれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院 西村 公典
ホームページリンク
03-6435-2437

Share This:

両手親指の弾発指(バネ指) 原因って同じ?

最近は、「手が動かない」「足が動かない」「指が動かない」と痛み以外の運動障害に困って来院される方がとても多いです。

痛みであれば、マッサージや薬、注射や針で改善できても、「動かない」という症状では対応できないため、当院の様に神経学的な治療、関節の機能改善をする治療を頼ってこられる方が多いようです。

こういった病態では、強い激しい治療は無意味です。

優しく安全な治療を受けてください。

こういった治療はリウマチのような関節が壊れやすい方でも受けることができますのでご安心ください

 

さて、バネ指・弾発指は「動かない」とまではいかないものの、スムーズで正常な動きができない状態です。

数ヶ月経っても治らない人も、関節の機能、神経の伝達機能を正常に戻すと、その場で正常に動き始めます。

だいたいの方が3回ほどの治療で日常不便でない程度まで改善できます。

 

今回、両手ともバネ指になり、三ヶ月以上経っても状態が変わらない方が一回目の治療でほぼ正常になりましたのでご報告します。

右手は以前に手根管症候群にもなって手術をされています。

左手の母指はその後バネ指になり、右手の母指もその後バネ指になりました。

 

舟状骨・菱形骨と呼ばれる手の骨が隆起し始めているので、CM関節症も合併して来ています。

左母指は指を曲げると皮膚が突っ張り曲がりません。

右は曲がるけれども痛みとコリッと軽い断髪と筋が音を出します。

 

肘の検査をしてみると、左肘は手のひらが上に返りません。

肘屈曲・回外

回外と呼ばれる動作をする筋肉は母指を曲げるための神経を挟むことがあるため(円回内筋症候群)肘の関節を改善させました。

肘の牽引による機能調整
肘の牽引による機能調整

左母指の関節も小さな動きが制限されているため、その母指の動きも改善させてみると、普通に動く様になりました

母指CM

 

では右はというと、同様の検査では問題が見つかりません。

以前に手根管症候群という神経の絞扼障害を持っていたことから、神経系の機能を診ることにしました。

手に向かう神経のスタートである右側の頚神経C5/C6/C7が過緊張状態にあり、首も左に傾いています。

よく見ると腰も左に傾いており、その結果、右の首が張っているようでした。

腰部の歪みを取り、そして頸椎の過緊張を起こしている関節を優しく動かして行くと、その場で右手の母指もスムーズに動き始めました。

胸腰椎座位モビリゼーション
胸腰椎座位モビリゼーション
頸椎の検査と治療
頸椎の検査と治療

 

「弾発指」一つにしても、原因は人それぞれ、手それぞれ、ですので、しっかりと問診と機能検査が必要だとわかります。

手や足の機能障害で苦しむ方の助けに慣れれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

 

Share This:

看護師に多い手のこわばり・腱鞘炎・ドケルバン 三田・品川・六本木 西村治療院

手の痛みについて今日も話を進めて行きたいと思います。

最近はスマートフォンの普及によって、電車の移動中でも手を細かく動かすことが増えてきています。

スマートフォンの利用による手の痺れやこわばりの相談も増えてきました。

手の治療で大切なのはその手の動作がどのような動作や行為なのかを細かく分析することが必要になってきますので、例えば、音楽やスポーツ・仕事で特殊な動作が含まれる時には実際にどういったことをするのかを問診で聴取しなければなりません

 

injection
injection

当院にはなぜか医療関係者の方が多く来られ、注射をたくさん打たなければならないドクターや看護師さんで多いのが、この手の形による手首の痛みと母指の痛みです。

Man using screwdriver on electric breaker box, close-up
Man using screwdriver

このドライバーを持つ手の形と近いのですが、力の方向が異なります。

母指を動かすのが注射で、手首(肘の動作)を回すのがドライバーの動作となります。

 

問診で重要なポイントは、
手の形』と『動作・行為』です。

同じ職業で同じことを行うにしても、人それぞれ個性的な動きをする場合がありますので、その人がどういう動作で行うのかを個々で確認する必要があります。

 

tighten screws
tighten screws
grab a ball
grab a ball
grab a bottle cap
grab a bottle cap

 

その他にもどのような動作が辛いかを確認することも重要です。

それによって存在している動きの制限を見つけることができます。

 

今回は注射を打つ動作のポイントを確認して行きましょう。

injection
injection

示指中指を内転と呼ばれる動作で注射器を挟みます。
この内転動作は尺骨神経の働きですので、肘の内側にも問題が隠れているかもしれません。
この内転動作が弱い場合は写真の様に指を曲げることで挟む力を補います。
この指を曲げる動作は正中神経の働きになります。

注射器を把持した後は母指でシリンジを押し込みます。

この動作が実は独特なのです。

指の関節を曲げることなく指関節は伸展位に保ったまま、手首の辺りから母指を押し出します。

この動きは大菱形骨・舟状骨・母指の中手骨で行われる複雑な運動です。

 

大菱形中手関節
大菱形中手関節

この動きに合わせてきちんとそれぞれの骨が動くかを検査し、その動きを優しく誘導させてあげることでほとんどの痛みがその場で取れます。

その他にも手関節や肘関節の機能検査も行わなければなりません。

橈・尺屈の手の動き
橈・尺屈の手の動き

 

機能検査
肘関節の機能検査
手根骨の機能検査と治療
手根骨の機能検査と治療
肘関節と手関節の協調運動検査
肘関節と手関節の協調運動検査
中手指節関節の検査と治療
中手指節関節の検査と治療

 

手の痛みは複雑であり、ただ痛い周辺に電気などの機械的な治療を行えば良くなるものではありません。

何度も痛み止めやステロイド注射を行えばそれこそ関節そのものを破壊しかねません。

手の痛みはその人の日常に大きなストレスを与えてしまうものです。
日々苦悩する患者様のお力に少しでもなれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

手の問題に関わる症例についてはこちら

胸郭出口症候群はこちら

ゴルフ ライ角と手の痛み

手のこわばりについてはこちら

朝のこわばり手が動かない

 

参考図書:

 

 

SJF 関節ファシリテーション 第2版
丸善出版
売り上げランキング: 23,840
カパンディ 関節の生理学 (1)
カパンディ
医歯薬出版
売り上げランキング: 320,439
肘と手・手関節の痛み (整形外科 痛みへのアプローチ)
寺山 和雄
南江堂
売り上げランキング: 446,385

Share This:

朝のこわばり 指が動かない 神経学的アプローチ

腰痛で来院された患者さんが、少し前から気になっていた手の随伴症状について相談されました。

朝方目が覚めると、指が曲がったまま固まって動かない。
しばらくすると動いてくるので問題なく過ごしていたが、腰の治療と一緒に診てもらいたいという相談でした。

朝の手のこわばり」と言うと、リウマチが気になるところですが、血液検査によって、否定されていることでした。

問題となっている左手の示指の関節には変形が多少あるものの、話を聞くと、以前に骨折した事があるので、それによる変形のようでした。

リウマチ特有の変形は

リウマチ特有の変形
リウマチ特有の変形

リウマチに該当しない趣旨の変形としてはヘバーデン・ブシャー結節というものがあります。

ヘバーデン・ブシャー結節
ヘバーデン・ブシャー結節

それとも違いそうでしたので、恐らく骨折後の変形なのでしょう。

症状としては、朝起きた時に指が曲がった状態で、動かすと弾発現象を伴うという、バネ指、弾発指であることがわかりました。

日中は動かしづらい感覚はあるが、弾発指はなくなっています。

 

この問診時のやり取りでの重要ポイントは「朝起きた時だけ」である事だと思います。

寝方を確認すると、患側の左腕は上に、健側の右腕は下になる様に、横向きで寝ています。

本人はこれが一番寝やすいため、ストレスとなっている感じはないと言います。

実際に身体に問いかける、つまり検査してみると、右を下にして横になってもらうと、指の筋力が低下しました。

仰向けだと、筋力が戻ります。

つまり、寝やすい右を下にする姿勢は、身体の全体は楽であるが左手に取っては何かのストレスを受けていることが確認できました。

 

「筋力の低下が診られる」当院で行っている筋力テストは、主に神経系の機能を診ていますので、神経の絞扼部位を見つける必要があります。

横向きに寝た時に、指に向かう神経のどこかでストレスを受けていることが予想できました。

頸の前面である腕神経叢部の緊張が強いことから、頸椎もしくは斜角筋の問題であることが考えられました。

神経根 斜角筋
神経根 斜角筋

参考図書:ネッター解剖学アトラス

ネッター解剖学アトラス 原書第5版
Frank H.Netter
南江堂
売り上げランキング: 5,398

 

 

さて、なぜ斜角筋や腕神経叢はそんなストレスを受けなければならないのでしょう?

ヒントは寝ている体勢に現れていました。

頸椎の神経根障害
頸椎の神経根障害

この模型の様に、枕は少し低めのためか、頭は右に倒れているため、頸椎に牽引力がかかります。

さらに背中は右の方が凸になる様にカーブしているため、より頸の付け根にストレスを受けています。

指の神経というのは、肋骨の一番上に当たる部位付近から出ているため、この写真で見る様に、左に最もカーブしている部位に相当します。

こようなストレスを受けているために朝方のこわばりに繋がっているようです。

治療としては胸椎の右凸の側弯の軽減を狙って左の背部の下方へと変位している部分の改善、そして枕を少し高くすることを説明し、指のこわばりもなくなりました。

もちろん指の関節も固くなっているために緩める必要もあります。

母指CM

 

左の背中の下方変位は、実は腰痛とも関連していて、腰痛の治療の時に左の背部の影響を示唆する要因がいくつかありました。

そして手の相談をされ、検査しみてみると、やはりそこの関与がありました。

身体というのは、症状は遠くはなれ、内容も別であっても、関連は常にしているのだなと今回も経験させられました。

 

看護師に多い手の痛みについて

胸郭出口症候群はこちら

 

当院では、あなたの身体はどう考えて、どう訴えているの?をコンセプトに検査・評価・治療を行っています。

少しでもお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

Share This:

腱鞘炎の治し方 東京都港区にしむら治療院

腱鞘炎の場合、接骨院や整形外科で通院し、電気治療やマッサージが一般的に行われているかと思います。

私も整形外科で腱鞘炎の治療を教えていますが、ちゃんとやればすぐに良くなりますが、うまくやらないと一ヶ月二ヶ月と時間だけが経過してしまいます。

整形外科や接骨院で勤務している先生が腱鞘炎の治療で当院へ来院されるのは「手の筋肉」のみしか考えずに治療していては治らないことを自身が気づいているからなのでしょう。

 

今日は腱鞘炎(弾発指)の治療の考え方についてご紹介します。

まずは解剖と病理について考えていきましょう。

屈筋腱の肥厚からなると言われる弾発指ですが、A1という指の線維鞘浅および深指屈筋腱との間でひっかかることが多いといわれています。

手の腱鞘
手の腱鞘(参考図書:ネッター)

電気治療や低出力レーザーなどで屈筋の筋肉・筋膜・腱や線維鞘に対して治療を行うのが一般的です。

 

ここで一つ大切なことを見逃しています。この筋肉や腱鞘・線維鞘はどこに付着しているでしょうか

浅指屈筋は、肘と肩関節を構成する上腕骨の内側上顆に付着

深指屈筋は、尺骨と前腕骨間膜に付着

線維鞘は中手骨・基節骨・中節骨・末節骨に付着し、C1線維などは関節をまたぐ。

 

背骨が歪む様に、手指の関節・肘の関節も歪みます。

もし歪みが生じている状態で指を動かさなければならない場合、腱や筋肉に負荷が強くかかり、炎症を起こすのです。

橈・尺屈の手の動き
橈・尺屈の手の動き

例えば、手を傾けながらずっと動かしている場合は手の骨は上記の図のように移動します(歪みます)。

指の腱鞘部と手の腱鞘
指の腱鞘部と手の腱鞘
手関節 腱鞘・支帯
手関節 腱鞘・支帯

このように指と手首の上では、レール(腱鞘)上を腱が走らなければならないため、関節が安定していない位置にあると腱と腱鞘に負担がかかります

指を動かす腱はカーブしながら肘に向かわなければならないため腱鞘炎を起こしやすくするのです。

手根骨の機能検査と治療
手根骨の機能検査と治療
肘関節と手関節の協調運動検査
肘関節と手関節の協調運動検査

 

肘関節も同様で、手を返す動きに問題がある場合は、上腕骨に付着する浅指屈筋と、尺骨および前腕骨間膜に付着する深指屈筋に協調が上手くできなくなります。

その結果腱鞘炎を起こすことになるのです。

手を返す動き(回内外)と解剖
手を返す動き(回内外)と解剖

この場合は橈骨と尺骨の機能検査を行い、深指屈筋と浅指屈筋の機能の変化見ると、橈骨と尺骨をリリースした後に指の機能が上がることを確認できます。

橈骨や尺骨に上方や下方への緊張が加わると、深指屈筋が付着する前腕骨間膜はストレスを受けるため、深指屈筋の機能が低下するため、肘関節の離開などをする必要があります。

機能検査
肘関節の機能検査(下方可動性検査)

 

もちろん指の関節においても大切です。

線維鞘のC1という十字の靭帯部は中手骨と基節骨を結ぶため、指に対して側方へのストレスや回旋ストレスを受けると靭帯が緊張します。

これも腱の動きを悪くする要因なので指関節の機能検査も必要です。

中手指節関節の検査と治療
中手指節関節の検査と治療

 

今日は手の筋肉と関節について絞ってご説明しましたが、この他にも神経機能、肩関節や頸椎との関連も考慮しなければなりません。

冒頭でも説明しましたが、このように全体の状態を評価でき、それを改善できれば、すぐに良くなります。

 

手の痛みでお困りの方やそれを支える方に少しでもお力になれれば幸いです。

 

西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

今日の参考図書

肘と手・手関節の痛み (整形外科 痛みへのアプローチ)
寺山 和雄
南江堂
売り上げランキング: 1,101,152
カパンディ 関節の生理学 (1)
カパンディ
医歯薬出版
売り上げランキング: 628,516
ネッター解剖学アトラス 原書第4版
Frank H. Netter
南江堂
売り上げランキング: 128,868
SJF 関節ファシリテーション 第2版
丸善出版
売り上げランキング: 44,305

Share This:

腱鞘炎 関節症 痛みのない治療 東京都にしむら治療院

手の痛みを訴えて病院に行くと、「腱鞘炎」「CM関節症」「弾発指」「TFCC」など腱の問題、関節の問題、軟骨の問題とこのように診断を下されると思います。

ドライバーの手の動き
ドライバーの手の動き
ボールを握る手の状態
ボールを握る手の状態
ふたを開ける手の状態
ふたを開ける手の状態 
カパンディ 関節の生理学 (1)
カパンディ
医歯薬出版
売り上げランキング: 110,253

そして、治療法はとなると、ステロイド注射、痛み止め注射、鎮痛剤処方、電気療法、安静、とこれにつきると思います。

こわばりがあれば、水治療法が行われるかもしれません。

そして恐らく、5割くらいの方は変化なく、マッサージを試みたりするでしょう。

痛みが取れないことを病院で相談すると、あとは手術だね、と言われてしまう。

あとは手術といわれて、本当に手術することはごく僅かです。

弾発指に関しては、簡単な手術だけに行う人も多いかもしれません。

 

指が曲がらない。曲げると痛い。ひっかかる。

これらの現象は首・肩・肘・背中と関与していることがほとんどです。

各関節の機能検査を通じて、指の動きを改善することができます。

 

一年間、痛みが全く引かなかった指の痛み(病院では腱鞘炎と言われているが、関節炎の症状)が肩関節と頸椎の機能検査の段階で、消失し、そのまま治療後にも痛みが消失した患者さんがいらっしゃいましたのでご紹介致します。

 

右の腰下肢痛と右手母指の腱鞘炎(たぶん関節炎)を主症状で紹介され来院。

 

右腰は仙腸関節の炎症の疑いがあり、神経痛よりは仙腸関節炎の関連痛と思われました。

仙腸関節の強い接触で下肢の痺れが再現されるため、治療は優しく触れるだけの力で仙腸関節を治していきました。

仙腸関節 側臥位

 

直後から下肢の痺れは消失。

右手の腱鞘炎は第5頸椎からでる神経の緊張が強かったので、そこを優しく触れて緊張をとくと、その直後から指は曲げることができ、痛みはなくなりました。

 

母指mp
母指MP関節の検査

その後肘関節の治療を加えて左右差なく動かすことができる様になり、現在も痛みなく効果が続いています。

肘屈曲
肘の屈曲検査
肘と肩の伸展
肘と肩の伸展
機能検査
機能検査と治療法

痛みに対して痛みをぶつけるのは間違っています。

痛みなく動かすために、どうすればよいのかを体の中に探し求めることが大切だと思っています。

手の痛みでお困りのかたはぜひ一度ご相談ください。

 

にしむら治療院ホームページ

Share This: