長期に悩まされる座骨神経痛の症例

最近は、強い座骨神経痛に悩まされている患者さんが多数紹介され来られています。

  • 画像診断では手術をするまでの状態ではないと診断されたが自覚症状はかなり強い方。
  • ブロック注射で一時軽減するが数日で戻ってしまう方。
  • 手術は怖いのでまずは安全な方法で様子を見ている方。

最近はそんな方が多数来られている傾向に思います。

簡単にはもちろんいかないものですが、ほとんどの人が痛み痺れが改善できています。

まずはどんなことが起こっていやすいかをご紹介したいと思います。

40代男性

もともと腰痛があったが、日常非常に困る程度ではないため、マッサージや接骨院で経過を見てきました。

左足先の痺れが出始め、次第にふくらはぎの外側すねの前、そしてふとももの裏側と痺れがまして来て整形外科を受診。

ヘルニアはあるが手術するほどではない程度、座骨神経痛と診断されました。

整形外科での牽引やブロック注射を今までのマッサージでの治療に加えて行うが、次第に痛みが増して来て3ヶ月が経過、そして紹介され当院に来院に至りました。

左の骨盤は下方に下がり、腰椎は左側弯(左が凸)、左の背筋は過緊張。

その緊張した筋肉を押すと痺れがますため、マッサージは最近行っていないという。

左の臀部も緊張が強く、そこも押すと足に痺れが強く出現し、治療が手つかずになっている状態でした。

痺れが出ている場合には、どこを触ると痛みが上昇or減少するかを常に問いながら施術しなければなりません。

第4腰椎の棘突起と呼ばれる突起を左から右に押すと反対がからに比べて異常に緊張が強かったため、左から右に優しく触れていると痺れが減少すると話されていました。

腰椎のモビリゼーション
腰椎のモビリゼーション

仙骨が左下方に引っ張られているため、仙骨に手を置き、上方へと優しく、支えてあげるとこれもしびれが減少しました。

仙腸関節
仙腸関節

もう2,3点変化の出る部位があったのですが、それ以外は痺れが上昇するため、痺れ痛みの減少を来す4カ所のみを治療をすると、その場で痺れが7割減少し、楽に動ける様になりました。

一週間に一回の治療が3回目になると、楽になる場所が少しずつ増え、2ヶ月目には日常ではさほど困らないが、車に乗った後は痺れが出るとまでに回復し、月一回くらいになっています。

症状がきつい痛みも、改善する場所を患者さんの身体の反応から伺うことで良くなるようです。

腰痛や座骨神経痛に悩まされている患者さん、それを助ける医療従事者の助けになれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

Your low back pain and/or leg pain might be affected by sacroiliac joint dysfunction

Sacroiliac Joints Disfunction

Sacroiliac Joints dysfunction generally refers to pain in the sacroiliac joint region that is caused by abnormal motion in the sacroiliac joint, either too much motion (hypo-mobility) or too little motion (hyper-mobility).

It typically results in inflammation of the sacroiliac joint, and can be debilitating such us with hip joint disfunction.

The sacroiliac joint is a true diarthrodial joint that joins the sacrum to the pelvis.

The pelvic girdle is made up of two innominate bones (the iliac bones) and the sacrum. The innominate bones  join in the front of the pelvis to form the pubic symphysis, and at back of the sacrum to form the sacroiliac joints.

Each innominate bone joins the femur(thigh bone) to form the hip joint. Thus the sacroiliac joint moves with walking and movement of the torso.

According to this anatomy, we understand there is possibility sacroiliac joint will affect some problems on the hip joint with sitting and walking.

If there is the sacroiliac joint dysfunction, we have some symptoms on the groin region and hip joint.

Studies have documented that motion does occur at the joint. Therefore, slightly sublimed and even locked positions can occur.

Muscles and ligaments surround and attach to the SI Joint in the front and back, primarily on the ilial or sacral surfaces. These can all be a source of pain and inflammation if the SI joint is dysfunctional.

For decades, the sacroiliac joint was suspected to be a common cause of low back and/or leg pain, although difficulty in probing it with standard diagnostic tests left many in the medical profession skeptical.  Also, over  the last twenty to thirty years, the medical profession has focused more on discogenic pain (herniated disc, degenerative disc disease) as a common cause of low back and/or leg pain.

In the Motion Palpation it can be seen sacroiliac joint is dysfunctional, or not. Your complain might also be affected by sacroiliac joint.

 

Nishimura Acupuncture & Osteopathic clinic

Yamada building, 5-27-5, Shiba, Minato-ku,  Tokyo.

mail: nishimura@hari.space

Homepage

Share This:

屈む時にお尻に電気が走る 足の痺れ 運動連鎖と動作戦略の分析 田町・三田・品川・浜松町 西村治療院

「足が痺れている」と言って来られる方の中に、「屈む時に電気が走る」という表現を使われる方がいらっしゃいます。

「屈む時に電気が走る(ビリビリ来る)」
「立ち上がる時に電気が走る(ビリビリ来る)」

など電気が走るような痺れ・痛みに対して解説と共に症例報告してきたいと思います。

この電気が走るという感覚は、ご存知の通り、神経によるものです。

痺れや痛みを感じているところへと向かっている神経の通り道のどこかで締め付けが起こっていると、屈むような体勢などで神経がストレッチされるる時にビリビリと痛みを出すします。

その中でもお尻に痛みが走る場合は、座骨神経・上殿皮神経・陰部神経などが関与しやすい神経かと思います。

上殿皮神経だと、ウエストから少し降りたところで、お尻というよりは腰に近い辺りを支配しています。

座骨神経は太ももから下肢まで降りている神経になりますので、太ももまで降りるようなビリビリ感があれば、座骨神経痛を疑います。

陰部神経は臀部でももう少し殿溝に近い内側の方を支配しています。

坐骨の部分は坐骨神経も陰部神経も関与しやすいので、少し難しい部分かとおもいます。

 

神経には筋肉の指令を伝達する運動神経、感覚を伝える感覚神経があり、しびれ感は感覚神経の問題になります。

 

もし動かしづらいというのがあれば、運動神経の問題ですが、今回は動いた時にビリビリする感覚の問題というので、感覚神経の問題だと推測できます。

しかし、ほとんどの場合は混合型で動きの制限もあるが、ビリビリする痛みが一番辛いといった様に、症状の優劣が生じています。

 

70代男性が座っていると右臀部に放散する痛み、立ち上がるとき、座る時にビリビリと電気が走る痛みを訴えて来院されました。

ビリビリする部位は、お尻から坐骨までのラインで、常に右臀部から太ももの後面側面のまで放散する痺れ感がするということでした。

ビリビリするのは、座骨神経か陰部神経の支配領域

太ももの外側は外側大腿皮神経と呼ばれるお腹からでて太ももの外側に向かう神経と、右臀部の座骨神経が関与していると予測できます。

しかし、大腿神経・坐骨神経は出発点が異なるため、同時に両方の神経が障害されることはかなり稀です。

この放散するしびれ感は恐らく仙腸関節・股関節から来る関連痛だと考えられました。

 

仙腸関節を触診すると

患側である右の腸骨は、前方に下方に変位し、
仙骨は右側方に引っ張られています。

大臀筋は過緊張を起こし、過敏な状態であることがよくわかります。

 

股関節の可動域は
SLR:R30° L35°  屈曲:R95° L120° 外転:R10° L30° 内転:R 5° L15°

 

すべてにおいて可動域が減少していることがわかります。

仙腸関節を優しく緩めて行くと

仙腸関節
仙腸関節

股関節の可動域が左右差がないくらいまで改善します。

屈んだ時に起こる痺れも深く屈むまでは起こらなくなりました。

ただ、長く座った後はまた足も固くなり、痺れも起こるため、座った状態での治療や、数回同じ治療を繰り返す必要はありましたが、改善することができました。

 

座り動作や立ち上がり動作の中に、仙骨の傾きや骨盤の捻り動作を伴った動きをしていたので、動きの癖も考えられました。

スクワットの様に運動療法も加えることで癖も多少改善できました。

 

年齢的に変形も起こるため、あきらめられてしまういとも多いですが、一つ一つ触診し、症状との関連性を考えながら施術していることで、身体は改善して行きます。

施術一つ一つの小さな変化の連続が、終わってみればかなり楽になることもあります。

身体の痛みで苦悩している方の力に少しでもなれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

 

Share This:

ダウンドッグ 踵がつかない 東京都港区にしむら治療院

ヨガのインストラクターの方たちにも来院していただき、いろんなポーズについて教えていただく機会を得ることができました。

いつもいろんな気づきをありがとうございます。

 

ダウンドッグ」ができない方についてどういう問題があるのかという相談があり、実際にその方の治療に携わることになりましたので今回ご紹介致します。

down dog
down dog
down dog Sciatica
down dog Sciatica

たまにみかける身体の固い方はこんな感じですよね?

 

踵をできるだけ付けたまま、股関節から折りたたみ背中を伸ばすポーズである「ダウンドッグ」

実はこのポーズ、整形外科的な座骨神経伸張テストととても似ています

SLR検査
SLR検査

SLR検査やラゼーグ検査と呼ばれる坐骨神経を伸長する動作で痛みや痺れが出る場合、坐骨神経の障害が疑われます。

坐骨神経は下部腰椎から始まり、仙骨の横から梨状筋の下(人によっては間)を通って下肢の後面を降りてきます。

座骨神経・梨状筋
座骨神経・梨状筋

つまり、足を前に上げて行くと坐骨神経は引っ張られるのです。

もし、腰や股関節などに坐骨神経を圧迫する部位があると、坐骨神経を牽引するような足を上げる動作を行った際に「痺れが出る」「こわばる」という現象が起きます。

この「こわばる」という症状の一つがダウンドッグでいう「踵が浮いてしまう」ことに繋がるのです。

 

通常、ヨガの様にゆっくりな動作でストレッチをかけて行くと、身体の柔軟性は向上します。

しかし、神経の伸張によって「こわばり」が起こっている場合は、筋肉は緩むどころか固くなって行きます。

 

いくらやっても柔らかくならない方というのは、神経の圧迫が起きている部位を探し、そこを治してからストレッチなりヨガを行わなければなりません。

down dog Sciatica
down dog Sciatica

腰痛がある方、座骨神経痛がある方はもちろんのこと、足がつりやすい、外反母趾がある、長く歩くと足が痛くなる、など足に何かしらの症状がある人は坐骨神経の問題が隠れているかもしれませんので、ストレッチには注意してください。

 

骨盤や腰椎の状態を変化させると、その直後から踵がつきやすくなるため、どこにポイントを作りながらポーズをとるかがわかりやすくなります。

あるポーズをとると身体のどこかに痛みが走るなども対応できます。

身体の問題でお困りの方に少しでもお役に立てれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

Share This:

ランニング 座骨神経痛 東京都港区にしむら治療院

大阪マラソン、神戸マラソン、埼玉国際マラソンと11月はマラソン大会が全国各地で行われており、当院に来院されている患者さんも遠方まで参加をしに行かれています。

今日は、そんなランニングに関する症例検討をします。

 

30代男性

マラソン歴10年以上

半年前に走っている最中に右下腿外側に違和感が走り、それから足首の前面、膝の裏、臀部と痛み・張り・痺れの症状が出現。

走ることを辞め安静にし、ストレッチに通うが一向に改善せず、半年ほどが経過し当院に来院となりました。

これまでの治療というと、梨状筋とハムストリングスのストレッチ、腰部や下肢のマッサージを行っていたそうです。

歩行と軽いランニングの動作を確認すると、

  • 膝下からの動きの流れがないように思えました。
  • 接地時の骨盤の動きもおかしく、床反力に対しての力の逃がしができていない。
  • 身体の回旋も非対称
  • 右足の接地が身体の中心よりも左側にいく(内転過多)

機能検査を行うと

  • 右股関節の外転制限
  • 右股関節の外旋制限
  • 右膝の内旋制限・外旋過多
  • 距骨の内転制限・外転過多
  • 両足の内反足
  • 仙骨の左下方変位・右上方変位
  • 右骨盤の前傾・左骨盤の後傾
  • 下部胸椎左側弯・上部胸椎右側弯

 

触診の中で距骨の問題が非常に強く感じたので、距骨のリリースから始めました。

足先が外に向いている。 足関節の外がえし
足先が外に向いている。
足関節の外がえし
距骨の可動性
距骨の可動性

 

距腿関節
距腿関節

続いて膝関節の内旋可動性を改善させて行きます。5°から10°くらいの小さな動きです。

膝の回旋と膝蓋靭帯
膝の回旋と膝蓋靭帯
膝関節の回旋可動性
膝関節の回旋可動性

 

これだけでだいぶ膝下からの痺れが改善しました。

梨状筋の筋力テストによって
梨状筋の神経の発火が遅いことから、接地時の臀筋の収縮が遅れることもトレンデレンブルグ徴候との関連が示唆できました。

トレンデレンブルグ徴候
トレンデレンブルグ徴候

仙骨のリリースの後に、梨状筋の筋力テストで行うと筋収縮の早さも改善し、反射機能が改善したことがわかったため、仙骨の問題が坐骨神経痛の一つの原因であったようです。

仙骨のモビリゼーション
仙骨のモビリゼーション
仙腸関節
仙腸関節

 

座骨神経痛を引きずりながらの半年間は異常動作にも繋がっているため、身体の機能改善の後走り方の修正も最後行いました。

当院のランニング動作解析
当院のランニング動作解析

このように「検査」「仮説」「検証」の繰り返しによって症状が一つ一つ改善して行くことで、「座骨神経痛」という臀部・膝・足首と広がる症状の改善に繋がります。

 

座骨神経痛やランニングでの症状にお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

 

ランニングと仙骨の可動性」についてはこちら

足の痛みと 脛骨・腓骨・距骨・踵骨・舟状骨の機能」についてはこちら

マラソンと足の痛み」の症例についてはこちら

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

Share This:

不妊治療 出産ラッシュ 田町・三田・品川・浜松町 にしむら治療院

この二ヶ月は予てより来院されていた患者様から立て続けに出産の報告を頂きました。

不妊治療として通われていた方からの吉報はとても嬉しいことです。

未だ、不妊で悩まれている方にも良い報告をもらえる様に努めて行けたらと思います。

 

当院は不妊治療という特別の枠を設けているわけではございません。

他の症状同様、患者様自身の特徴を捉え、不妊との関連が考えられる部位に対して仮説を立てながら治療を進めて行きます。

 

「不妊との関連が考えられる部位」とは、

卵巣や子宮に向かう神経は、腰と骨盤から発しています。

つまり、腰痛や、同様の腰骨盤から出発する坐骨神経などに問題がある場合は卵巣や子宮に向かう神経にも同様に問題を与えていることが予想できます。

 

東洋医学では、足の内くるぶしの上の「三陰交」というツボを不妊治療の大切なポイントとして考えられています。

このツボの位置を支配しているのは坐骨神経なので、やはり、坐骨神経の促通を計るのは絶対条件であると言えると思います。

子宮の神経支配
子宮の神経支配

東洋医学の様に末梢刺激によって全体の機能改善を図るのとは逆に、腰部骨盤部の機能異常を取ることで、それより末梢の問題を改善することができます。

 

これらの見解から、腰痛や股関節の機能異常を持っている方に対する治療は不妊治療に置いても、非常に良い結果を生んでいる様に思えます。

 

 

今回の吉報を頂いた方もほとんどが、腰痛、足の痺れ、股関節の障害を持っていた方々でした。

不妊治療に効果があるかわかりませんでしたが、骨盤内に向かう神経の機能改善を目標として、同様の神経である、下肢の神経系の機能検査を行いながら経過を見ました。

一人目は不妊外来に通う前に妊娠し、出産。

二人目は4年間の不妊治療、人工授精を行ったが流産を繰り返し、腰痛の治療へと来院された後すぐに妊娠、出産。

三人目は東洋医学的に鍼灸による不妊治療と西洋医学の不妊治療を二年以上行うも成就せず、通院していた両親の勧めで当院に来院し、股関節と仙腸関節の機能改善を目的とする治療後すぐに妊娠、出産となりました。

 

不妊という現象を腰痛や下肢の症状とを分けて考えずに、Totally Thinkingして捉えることが不妊という未だ解明されない状態に対して、漸進する経験をさせていただきました。

かつ幸せを一緒に感じることができ、患者様皆様に感謝申し上げます。

 

不妊治療の過去の記事

 

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

Share This: