長期に悩まされる座骨神経痛の症例

最近は、強い座骨神経痛に悩まされている患者さんが多数紹介され来られています。

  • 画像診断では手術をするまでの状態ではないと診断されたが自覚症状はかなり強い方。
  • ブロック注射で一時軽減するが数日で戻ってしまう方。
  • 手術は怖いのでまずは安全な方法で様子を見ている方。

最近はそんな方が多数来られている傾向に思います。

簡単にはもちろんいかないものですが、ほとんどの人が痛み痺れが改善できています。

まずはどんなことが起こっていやすいかをご紹介したいと思います。

40代男性

もともと腰痛があったが、日常非常に困る程度ではないため、マッサージや接骨院で経過を見てきました。

左足先の痺れが出始め、次第にふくらはぎの外側すねの前、そしてふとももの裏側と痺れがまして来て整形外科を受診。

ヘルニアはあるが手術するほどではない程度、座骨神経痛と診断されました。

整形外科での牽引やブロック注射を今までのマッサージでの治療に加えて行うが、次第に痛みが増して来て3ヶ月が経過、そして紹介され当院に来院に至りました。

左の骨盤は下方に下がり、腰椎は左側弯(左が凸)、左の背筋は過緊張。

その緊張した筋肉を押すと痺れがますため、マッサージは最近行っていないという。

左の臀部も緊張が強く、そこも押すと足に痺れが強く出現し、治療が手つかずになっている状態でした。

痺れが出ている場合には、どこを触ると痛みが上昇or減少するかを常に問いながら施術しなければなりません。

第4腰椎の棘突起と呼ばれる突起を左から右に押すと反対がからに比べて異常に緊張が強かったため、左から右に優しく触れていると痺れが減少すると話されていました。

腰椎のモビリゼーション
腰椎のモビリゼーション

仙骨が左下方に引っ張られているため、仙骨に手を置き、上方へと優しく、支えてあげるとこれもしびれが減少しました。

仙腸関節
仙腸関節

もう2,3点変化の出る部位があったのですが、それ以外は痺れが上昇するため、痺れ痛みの減少を来す4カ所のみを治療をすると、その場で痺れが7割減少し、楽に動ける様になりました。

一週間に一回の治療が3回目になると、楽になる場所が少しずつ増え、2ヶ月目には日常ではさほど困らないが、車に乗った後は痺れが出るとまでに回復し、月一回くらいになっています。

症状がきつい痛みも、改善する場所を患者さんの身体の反応から伺うことで良くなるようです。

腰痛や座骨神経痛に悩まされている患者さん、それを助ける医療従事者の助けになれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

足の指・足首のこわばり ふくらはぎの張り 東京都港区にしむら治療院

足の痺れや足の運動障害のある患者さんの症例報告についてお話しします。

 

70代女性 既往歴に腰椎椎間板ヘルニア・分離症を持っており、数十年前に腰部の固定のために自家骨移植を行っています。

左の腰臀部から太ももの裏、ふくらはぎ、足の裏までのしびれと痛みを長いこと訴えて整形外科に通院していました。

手術をしていただいた病院では腰の脊柱管には大きな異常は見られないとのことで経過観察になっていましたが、

ここ数ヶ月左足の指と足首がこわばりだし、指が全く動かなくなり当院へ来院に至りました。

治療は週一回、2回目で3割改善し、2ヶ月間の治療で日常困らなくなりました。

 

それでは症例についてです。

ふともも、ふくらはぎ、足の裏のこわばりに続き、歩きの動作もびっこを引き、それは左の腰臀部の痛みと張りのためになってしまうとのことでした。

足の指や足首を動かす筋肉を支配する坐骨神経の通り道である、腰(下部腰椎)、股関節(後面)、膝(後面もしくは外側)、この辺りに問題があることが予想できます。

ではそのどこに神経の圧迫部位があるのかを触診から検査していきます。

腰椎分離症・椎間板ヘルニア 身体分析
腰椎分離症・椎間板ヘルニア 身体分析

肩は左側がだいぶ下がっており、体幹部が左に傾くことにより腰部への圧迫が強くなっていると予測できました。

 

L1のあたりから右に背骨はカーブし、左に傾いています。

L4/5間が狭くなっており、手術後で固定されているが、軽度の圧迫があることが予測されました。

L4の左椎間関節を広げる様に治療すると足の指が少し動くものの、左臀部と股関節に違和感があったため、下部腰椎への施術はひとまず保留にしました。

 

左の仙腸関節は開いており、捻挫用の状態が予測でき、仙腸関節が安定することで症状の軽減が望めます

仙骨はひだりに大きく傾き、その傾きを代償する様に胸椎が右側弯を呈していることも考えられたため、仙骨の治療からスタートしました。

座骨神経ストレス部位
座骨神経ストレス部位

仙骨の左下方変位を上方へと持ち上げるとふくらはぎのこわばりがだいぶ軽減し、その後に腰部の下方変位を取り除くと、股関節に違和感なく指が動き出しました。

歩行動作にも癖があり、何度も歩行動作の確認と関節の機能検査と治療を重ねることで安定して足趾と足首の問題を改善することに至りました。

 

足の運動障害を抱えている患者さんは多く、それぞれ坐骨神経の圧迫原因は異なります。

ちゃんと見つけることができればすぐに改善することができますが、曖昧な触診では改善させることはできません。

良くなるための道は、患者さん自身の体に尋ねることが大切です。

肩の治療で左下肢のこわばりが取れた症例はこちらをご参照ください

 

足の痛みで苦悩している方のお役に立つことができれば幸いです。

 

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

 

Share This:

足の痺れ 腰部脊柱管狭窄症 分離症 東京都にしむら治療院

今日は腰部脊柱管狭窄症を患っている方の神経痛がいくつかの治療法で改善したので症例報告を致します。

 

「腰部脊柱管狭窄症」と診断されている患者さんがたくさんいらしゃっています。

当院に来院されている方の多くは、手術はいずれ必要になるが、現在はそれほどではないという方、もしくは手術をする前に他にやるべきことをやってみようとする方です。

どちらも効果を見いだすことはできるのですが、やはり大切になるのは検査です。

 

腰痛

腰痛

posted with amazlet at 15.12.16
菊地 臣一
医学書院
売り上げランキング: 761,931

医療従事者なら必ず手に入れるべき本です。

 

腰部脊柱管狭窄症を患っていても、その人が抱える症状とその画像診断で下された狭窄症が一致するとは限りません。

まずは体に表れている現象と症状とを比べ、変化を見ることが重要です。

治療は検査にもなるため、効果がある部分は脊柱感狭窄症とは別の症状であるとして治療を進めれば良くなるというわけです。

 

ですので相談によくあります、「脊柱感狭窄症はよくなりますか」という質問には残念ながら効果がないと言わざるを終えないのです。

あくまでも私が改善できるのは椎間関節によるもの、筋肉によるもの、仙腸関節由来の神経痛などは変えられるため、それらが複合的に混じっている場合に対して効果が出せます。

 

50代女性 ピアニスト

生徒に教える時は体を捻らせて教えるため、不自然な姿勢を長時間強いられます。

そのためか数年前より、両臀部と太もも後面に痺れと痛みに悩まされていました。

病院では分離症脊柱管狭窄症と診断され、いずれは手術が必要と言われています。

 

腰椎は過前弯を呈し、歩行動作はお尻を振って歩くようなアヒル歩行をしています。

股関節が使えないために起こる骨盤ごと揺らしているような歩き方ですので実際のアヒル歩行とは少し異なります。

股関節可動域

屈曲110°・伸展が−20°・外転R20° L25°・外旋R30° L35°

として伸展と右足の外転外旋が硬いという感じ。

骨盤の機能検査は右側が可動性の亢進・左が低下

右は前方上方へ動きやすく、左は前方と内方へ動かない。

腰椎は下部で右凸、上部で左凸という側弯が存在しました。

 

初診時は分離症を強めている可能性のある腸腰筋をリリースし、骨盤の前傾を改善させることを目的として、股関節周りの弛緩を行いました。

股関節のマイクロ牽引法2
股関節のマイクロ牽引法
仙腸関節
仙腸関節の調整

これで効果が出たのですが、2回目からは同様の治療では効果が出なくなりなりました。

 

恐らく、一度目の変化は代償性の機能を作ったことによる症状の改善であって、根本的な変化ではなかったのでしょう。

 

次回は別の治療法による症状の変化について記載します。

腰仙関節へのアプローチとトリガーポイント

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

Share This: