繰り返す足首の痛み 関節炎?腱鞘炎?捻挫?リウマチ?

最近多く来られるのが手足の痛みが長く続いている症状の方です。
腱鞘炎・関節炎を繰り返している方や、捻挫後の痛みが長く続いている方。
リウマチの疾患を持っていて関節の炎症を繰り返している方、そういう方が非常に多く来院しています。
どの方もそれぞれ痛みが軽減するポイントは異なりますが、腰と骨盤部位で多くの方が改善しています。
そもそも足に向かう神経は腰と骨盤を起点としているため、そこがおかしくなると下肢はこわばり、思うように動かず、怪我や炎症に繋がっているのが、改善する理由なのでしょう。
本日は、サッカー選手の捻挫後から繰り返す足首の痛みについて紹介するとともに、繰り返す関節炎の問題に対して考察していきたいと思います。
数年前に練習中に相手選手との接触によってバランスを崩した際に足首を捻挫し負傷。
そこまで腫れることもなかったため、軽くテーピングで固定しながら練習を続けていた。
最初はテーピング固定による負担と捻挫後の後遺症で痛みが出ているのかと思っていたが、数ヶ月も続いた。
体幹のトレーニングや足の機能を上げるためのトレーニングをしていたが思うように変わらず、痛みが引いたと思ったらまたぶり返すといった具合で数年間経過、そして当院へ来院となる。
来院時は強い炎症はなく、足首が動きづらくこわばりを感じる程度。
ひどい時は、足をつくとびりっと電気が走り、足を引きずって歩くようになる。
ふくらはぎとスネは常に張っている感じで走った後はパンパンに張る。
痛みは外くるぶしの全体か、内くるぶしの前側が痛み、来院時は内くるぶしの前側は圧痛があった。
電気マッサージとスタビリティのトレーニングをずっと行って来ているが思うように経過は改善していない。
可動域・可動性を検査してみると
患側の左足首は健側に比べて、5度動きが小さく、全体的に動きが重い。
足首を素早く動かしてもらうと左足がだんだん遅れてくる。
内反時の足の動き
内反の動きが強く制限されており、距骨の内側が前方へとずれている。
圧痛の箇所も距骨の内側だった。
距骨の内側の前方変位
SLRは左30°右45°でこれも患側が悪い。
外転は左30°右45°、内転は左5°右15°
外旋は左40°右45°、内旋は左5°右30°
股関節のすべての動きで左側が落ちている。
仙腸関節は左側が下方に外方に開くように変位していてこれが股関節の機能異常とも関係が高そうであった。
腰椎は左に側弯しており、特に腰の3番目が一番左に寄っている。
腰椎の変位
腰の自覚症状は全体的であり、特に背骨の中心に近い真ん中が痛む。
仙腸関節をリリースすると股関節の回旋、外内転は改善するがSLRと足関節の可動域はまだ上がらない。
腰椎のL2の左が上方への動きが鈍く、そこを改善すると、アキレス腱が伸びてやわらかくなり、腰椎のL3が左から右への動きが制限されていたのでそこを改善するとつま先を伸ばす動きに変化が出始めました。
仙腸関節のテクニック
距腿関節
何回かの治療で気付いたのが、治療の順序が大切であるという点です。
2回目の治療は、1回目の気づきを生かして、腰椎から治療し、その後仙腸関節股関節の治療へと行ってみたのですが、なかなか緩みません。
股関節→仙腸関節→腰椎→足関節
の順でないと体は応答してくれませんでした。
このことから、受傷機序は
足関節を捻挫した後、テーピング固定のままの練習で股関節が緊張を起こし、腰椎のねじれを増強し、結果坐骨神経を刺激して足関節の拘縮へと繋がった。
最近気づくのは治療の順序がとても重要であるということです。
問診からある程度治療箇所のプライオリタイズを検討することが結果に左右します。
ぜひ来院の際には受傷前後から今に至るまでの体の不調の時系列をお聞かせいただけますようご協力お願いします。
足の痛みでお困りの方のお力になれれば幸いです。
東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院 西村 公典
ホームページリンク
03-6435-2437

Share This:

腰臀部痛から鼠径部・下肢まで続く神経痛 腰仙関節と仙腸関節の機能異常

当院に通っている方で一番多いのが腰から起こる下肢痛でお悩みの方です。
腰痛はなく、坐骨神経痛だけの方から、腰痛で歩行困難となっている方、臀部痛が強くびっこをひく、足が思うように動かないといったように、人それぞれ症状は異なります。
症状が人それぞれ異なるように、腰部に存在する「腰仙関節」「仙腸関節」の状態も様々です。
今回は、膝の伸びないことによって起こった骨盤の傾きが下肢全体への痛みへと波及した事例をもとに、腰仙関節・仙腸関節の機能制限から起こる下肢の痛みについて症例をもとに当院での治療計画について説明します。
今日は左の腰下肢痛に悩み、腿(もも)から膝にかけての痛みと痺れが強く、歩行がままならないという方の症例をご紹介します。
腰部はこのように左側の仙骨が後ろになるように捻られており、さらに仙骨の左側が下方に変位するように傾いています。
腰下肢痛 歪み
おそらく、この傾きが立位や座位での左側の坐骨神経を障害しているように見えます。
しかし、今回の症状の腿から膝にかけての痛みは外側から前面にかけても生じているため、大腿神経や外側大腿皮神経といった部分にも影響を受けていることが予想だれます。
確かに第3腰椎/第4腰椎間は狭くなっており、大腿神経も障害されているようです。さらには左の仙腸関節の緊張が強く、可動性が落ちていることからも、仙腸関節由来の鼠蹊部痛や下肢痛の痛みも同時に出現しているようでした。
関節のあそびの触診(モーション・パルペーション)によって、原因関節が特定できたらあとはそこを緩めるだけです。
仙骨の緊張が一番強く、股関節や膝関節を優しく緩めた後に再度仙腸関節にアプローチすると緩んでくれました。
仙骨の上方への可動性
仙腸関節
仙腸関節のテクニック
話を聞けば、最初は膝の痛みがあって整形外科で膝の治療をしていたがそれから少しずつ下肢全体に痛みが広がっていったと、時系列を思い出されていました。
つまりは膝の痛み(背景に腰椎の3番の機能不全)があり、そこから膝が伸びなくなって骨盤の傾斜につながり、仙腸関節の可動性の制限を起こして最終的に、下肢全体と歩行障害となったと仮定できました。
治療後は経過が良く、週一回の治療から現在は3週に一回でも歩行には問題ない程度にまで改善してきています。
腰部とそれに付随する下肢の痛みにお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

Your low back pain and/or leg pain might be affected by sacroiliac joint dysfunction

Sacroiliac Joints Disfunction

Sacroiliac Joints dysfunction generally refers to pain in the sacroiliac joint region that is caused by abnormal motion in the sacroiliac joint, either too much motion (hypo-mobility) or too little motion (hyper-mobility).

It typically results in inflammation of the sacroiliac joint, and can be debilitating such us with hip joint disfunction.

The sacroiliac joint is a true diarthrodial joint that joins the sacrum to the pelvis.

The pelvic girdle is made up of two innominate bones (the iliac bones) and the sacrum. The innominate bones  join in the front of the pelvis to form the pubic symphysis, and at back of the sacrum to form the sacroiliac joints.

Each innominate bone joins the femur(thigh bone) to form the hip joint. Thus the sacroiliac joint moves with walking and movement of the torso.

According to this anatomy, we understand there is possibility sacroiliac joint will affect some problems on the hip joint with sitting and walking.

If there is the sacroiliac joint dysfunction, we have some symptoms on the groin region and hip joint.

Studies have documented that motion does occur at the joint. Therefore, slightly sublimed and even locked positions can occur.

Muscles and ligaments surround and attach to the SI Joint in the front and back, primarily on the ilial or sacral surfaces. These can all be a source of pain and inflammation if the SI joint is dysfunctional.

For decades, the sacroiliac joint was suspected to be a common cause of low back and/or leg pain, although difficulty in probing it with standard diagnostic tests left many in the medical profession skeptical.  Also, over  the last twenty to thirty years, the medical profession has focused more on discogenic pain (herniated disc, degenerative disc disease) as a common cause of low back and/or leg pain.

In the Motion Palpation it can be seen sacroiliac joint is dysfunctional, or not. Your complain might also be affected by sacroiliac joint.

 

Nishimura Acupuncture & Osteopathic clinic

Yamada building, 5-27-5, Shiba, Minato-ku,  Tokyo.

mail: nishimura@hari.space

Homepage

Share This:

半月板損傷は仙腸関節を治さなければ治らない

以前は半月板損傷は治せないものと思っていましたが、仙腸関節の治療ができる様になってからというもの、多くは一回目で痛みを半分以下まで、人によってはクリック音と呼ばれるひっかかりもなくなります。

仙腸関節は上下にたくさんの神経を通すことから、神経機構の改善による痛みの軽減かとも思っていましたが、
おそらく神経の機能だけではなく、力のコーディネーションによる変化だと最近は感じる様になりました。

半月板損傷の検査法から理解できるかと思います。

半月板損傷を見つけるための徒手検査はたくさんありますが、以下のような検査法が存在しています。

Cabot's Popliteal sign
Cabot’s Popliteal sign
Mc Maurray's Test2
Mc Maurray’s Test2
Mc Maurray's Test
Mc Maurray’s Test

マクマレーテストはとても有名で整形外科で接骨院でよく使われています。

カボット徴候は同じような体位で膝に伸展の力を入れてもらう方法で、これらが半月板損傷のための鑑別方法となります。

これらの検査法は股関節や仙腸関節の検査法ととても似ています。

股関節の検査法の一つでもある、パトリックテスト、フェイドリフテストは仙腸関節の検査法としても知られています。

Patrick test
Patrick test

参考図書:

運動器リハビリテーションの機能評価 I
David J. Magee
エルゼビア・ジャパン
売り上げランキング: 60,013
筋骨格系検査法
筋骨格系検査法

posted with amazlet at 17.01.05
Jeffrey M. Gross Elaine Rosen Joseph Fetto
医歯薬出版
売り上げランキング: 564,064

 

お分かりの様に、股関節の検査法として知られる検査法は仙腸関節の機能検査であり、その操作方法は、膝の半月板損傷に使われる検査とほぼ同じ体勢です。

半月板損傷は膝の回旋と内外反の力が加わることで、損傷しやすいために、仙腸関節を始め、股関節や足関節に回旋や側屈の問題が起こっていると自然と発生しやすい障害ということなのでしょう。

 

もちろん膝自体の機能制限もあるため、膝の細かい動きの検査法も必要となります。

脛骨の前方後方可動性検査
脛骨の前方後方可動性検査
膝関節の回旋可動性
膝関節の回旋可動性

しかし、膝を痛めるキッカケとなっているかもしれない、他の部位を改善させなければ膝の緊張はとけません。

 

 

膝の痛みで来院される方が増えて来て、多くの方が仙腸関節の機能不全を改善することで通常歩行が可能となっています。

スポーツ障害に置いてもおおい半月板損傷は、同様に仙腸関節と股関節のコーディネーションを改善することでほぼ治ることから、筋肉・神経・関節という3つの協調性が改善すれば、痛みの多くは改善します。

Man dribbling basketball against defenders
Man dribbling basketball against defenders
Soccer player kicking soccer ball
Soccer player kicking soccer ball
surfing
surfing

程度によっては手術も必要な半月板損傷はこのようにして治るため、まずは膝の問題以外にどこに異常が見られるのか、細かい検査ができる技術とそれを治す技術を身につける必要があります。

勉強したい方もご連絡いただけたらと思います。

 

膝の痛みでお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

Share This:

屈む時にお尻に電気が走る 足の痺れ 運動連鎖と動作戦略の分析 田町・三田・品川・浜松町 西村治療院

「足が痺れている」と言って来られる方の中に、「屈む時に電気が走る」という表現を使われる方がいらっしゃいます。

「屈む時に電気が走る(ビリビリ来る)」
「立ち上がる時に電気が走る(ビリビリ来る)」

など電気が走るような痺れ・痛みに対して解説と共に症例報告してきたいと思います。

この電気が走るという感覚は、ご存知の通り、神経によるものです。

痺れや痛みを感じているところへと向かっている神経の通り道のどこかで締め付けが起こっていると、屈むような体勢などで神経がストレッチされるる時にビリビリと痛みを出すします。

その中でもお尻に痛みが走る場合は、座骨神経・上殿皮神経・陰部神経などが関与しやすい神経かと思います。

上殿皮神経だと、ウエストから少し降りたところで、お尻というよりは腰に近い辺りを支配しています。

座骨神経は太ももから下肢まで降りている神経になりますので、太ももまで降りるようなビリビリ感があれば、座骨神経痛を疑います。

陰部神経は臀部でももう少し殿溝に近い内側の方を支配しています。

坐骨の部分は坐骨神経も陰部神経も関与しやすいので、少し難しい部分かとおもいます。

 

神経には筋肉の指令を伝達する運動神経、感覚を伝える感覚神経があり、しびれ感は感覚神経の問題になります。

 

もし動かしづらいというのがあれば、運動神経の問題ですが、今回は動いた時にビリビリする感覚の問題というので、感覚神経の問題だと推測できます。

しかし、ほとんどの場合は混合型で動きの制限もあるが、ビリビリする痛みが一番辛いといった様に、症状の優劣が生じています。

 

70代男性が座っていると右臀部に放散する痛み、立ち上がるとき、座る時にビリビリと電気が走る痛みを訴えて来院されました。

ビリビリする部位は、お尻から坐骨までのラインで、常に右臀部から太ももの後面側面のまで放散する痺れ感がするということでした。

ビリビリするのは、座骨神経か陰部神経の支配領域

太ももの外側は外側大腿皮神経と呼ばれるお腹からでて太ももの外側に向かう神経と、右臀部の座骨神経が関与していると予測できます。

しかし、大腿神経・坐骨神経は出発点が異なるため、同時に両方の神経が障害されることはかなり稀です。

この放散するしびれ感は恐らく仙腸関節・股関節から来る関連痛だと考えられました。

 

仙腸関節を触診すると

患側である右の腸骨は、前方に下方に変位し、
仙骨は右側方に引っ張られています。

大臀筋は過緊張を起こし、過敏な状態であることがよくわかります。

 

股関節の可動域は
SLR:R30° L35°  屈曲:R95° L120° 外転:R10° L30° 内転:R 5° L15°

 

すべてにおいて可動域が減少していることがわかります。

仙腸関節を優しく緩めて行くと

仙腸関節
仙腸関節

股関節の可動域が左右差がないくらいまで改善します。

屈んだ時に起こる痺れも深く屈むまでは起こらなくなりました。

ただ、長く座った後はまた足も固くなり、痺れも起こるため、座った状態での治療や、数回同じ治療を繰り返す必要はありましたが、改善することができました。

 

座り動作や立ち上がり動作の中に、仙骨の傾きや骨盤の捻り動作を伴った動きをしていたので、動きの癖も考えられました。

スクワットの様に運動療法も加えることで癖も多少改善できました。

 

年齢的に変形も起こるため、あきらめられてしまういとも多いですが、一つ一つ触診し、症状との関連性を考えながら施術していることで、身体は改善して行きます。

施術一つ一つの小さな変化の連続が、終わってみればかなり楽になることもあります。

身体の痛みで苦悩している方の力に少しでもなれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

 

Share This:

ランニング 座骨神経痛 東京都港区にしむら治療院

大阪マラソン、神戸マラソン、埼玉国際マラソンと11月はマラソン大会が全国各地で行われており、当院に来院されている患者さんも遠方まで参加をしに行かれています。

今日は、そんなランニングに関する症例検討をします。

 

30代男性

マラソン歴10年以上

半年前に走っている最中に右下腿外側に違和感が走り、それから足首の前面、膝の裏、臀部と痛み・張り・痺れの症状が出現。

走ることを辞め安静にし、ストレッチに通うが一向に改善せず、半年ほどが経過し当院に来院となりました。

これまでの治療というと、梨状筋とハムストリングスのストレッチ、腰部や下肢のマッサージを行っていたそうです。

歩行と軽いランニングの動作を確認すると、

  • 膝下からの動きの流れがないように思えました。
  • 接地時の骨盤の動きもおかしく、床反力に対しての力の逃がしができていない。
  • 身体の回旋も非対称
  • 右足の接地が身体の中心よりも左側にいく(内転過多)

機能検査を行うと

  • 右股関節の外転制限
  • 右股関節の外旋制限
  • 右膝の内旋制限・外旋過多
  • 距骨の内転制限・外転過多
  • 両足の内反足
  • 仙骨の左下方変位・右上方変位
  • 右骨盤の前傾・左骨盤の後傾
  • 下部胸椎左側弯・上部胸椎右側弯

 

触診の中で距骨の問題が非常に強く感じたので、距骨のリリースから始めました。

足先が外に向いている。 足関節の外がえし
足先が外に向いている。
足関節の外がえし
距骨の可動性
距骨の可動性

 

距腿関節
距腿関節

続いて膝関節の内旋可動性を改善させて行きます。5°から10°くらいの小さな動きです。

膝の回旋と膝蓋靭帯
膝の回旋と膝蓋靭帯
膝関節の回旋可動性
膝関節の回旋可動性

 

これだけでだいぶ膝下からの痺れが改善しました。

梨状筋の筋力テストによって
梨状筋の神経の発火が遅いことから、接地時の臀筋の収縮が遅れることもトレンデレンブルグ徴候との関連が示唆できました。

トレンデレンブルグ徴候
トレンデレンブルグ徴候

仙骨のリリースの後に、梨状筋の筋力テストで行うと筋収縮の早さも改善し、反射機能が改善したことがわかったため、仙骨の問題が坐骨神経痛の一つの原因であったようです。

仙骨のモビリゼーション
仙骨のモビリゼーション
仙腸関節
仙腸関節

 

座骨神経痛を引きずりながらの半年間は異常動作にも繋がっているため、身体の機能改善の後走り方の修正も最後行いました。

当院のランニング動作解析
当院のランニング動作解析

このように「検査」「仮説」「検証」の繰り返しによって症状が一つ一つ改善して行くことで、「座骨神経痛」という臀部・膝・足首と広がる症状の改善に繋がります。

 

座骨神経痛やランニングでの症状にお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

 

ランニングと仙骨の可動性」についてはこちら

足の痛みと 脛骨・腓骨・距骨・踵骨・舟状骨の機能」についてはこちら

マラソンと足の痛み」の症例についてはこちら

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

Share This: