ゴルフ 左肩の動きと脊柱の運動連鎖 東京都にしむら治療院

ゴルフで左腕が使えず右手うちになってしまうという相談はとても多いです。

来院されるという経緯としては、左腕を使おうと練習した結果、左の肩や左肘を壊してしまった方が多い傾向にあります。
なかには左肩肘の症状ではなく、右肘や肩の痛みで来院され、左手がなかなか使えずに困っていたという人もいらっしゃいます。

故障した症状の治療に対しても、原因となった動きの治療が必要ですので、左腕がなぜ使えないかを分析することは非常に重要です。
まずはゴルフで必要な動きについて考えてみましょう
ゴルフの左腕の機能は、インパクトからフォロースルー時の左肘(回外)・肩の回旋(外旋)の動きです。

肩の外転・外旋
肩の外転・外旋

この動きが何らかの問題で制限がかかると肩や肘に痛みが出てきます。

肩の痛みや肘の痛みはオーバーワーク、つまり使い過ぎと言われていますが、本当は関節の機能が制限される状態、つまり「使えていない状態」が原因です。

その原因とは、肩や肘の問題でもありますが、その背景にある背骨や骨盤の可動性にトラブルを抱えていることがほとんどです。

 

今回は背骨の可動性の低下が起こす左腕の筋力低下によってゴルフのスイングが改善しなかった症例を元に身体の機能についてご説明します。

インパクト時に身体はどの位置にあると左腕に力が入りやすいでしょうか?

これは筋力テストを用いると明解です。

身体のどのポジションで力が入りやすいかは検査によって導きだせます。
その方のインパクトがその位置よりぶれている場合にはどれだけ身体に意識を持とうが力は入りません。

肩も同様です。
肩の外旋・外転という動きを行わなければならない場合、脊柱はどうなっていなければならないと思いますか?
これはスウェーと回旋が絶妙な位置にないと左肩に力が入りません。

一つ紹介すると体がスウェーしている状態は右肩が下がるような脊柱の動きを伴います。

しかし、体を左に回旋する動きは、右肩が上がる動きを伴います。

つまりゴルフで必要とされる脊柱の動き(肩の高さ)は相殺される動きなのです。

回旋側屈 骨モデル
回旋側屈 骨モデル

左肩の外転・外旋を行いたい場合に、このスウェーと回旋が肩にとって良い割合にならなければ、どうあがいていも力は入りません。

どれくらいがいい割合なのかは、筋力テストによって簡単に実感することができます。

あなたの腕は力が入る位置にしっかりと体幹を使えているでしょうか?

無闇に体幹トレーニングを行うと、より脊柱の動きを制限することになり、ますます肩に問題を来します。

肩や肘のお悩み、またはスイングについて困っている方のお力になれれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

 

Share This:

肩と肘の痛みの多様性 バレーボール 野球 ゴルフ バトミントン サーフィン

五輪メダリストからプロ、そしてサンデーアスリートまで様々な方の治療を通して身体への理解へ漸進させていただき患者様皆様に感謝申し上げます。

様々な種目のアスリートのケアをさせていただき、肩や肘の疾患が同じであっても治療の方法が異なることを経験させていただいています。

今回は『肩と肘の痛みのスポーツにおける相違について説明したいと思います。

バレーボール、野球、ゴルフ、バトミントン、テニス、サーフィン、スノーボードを例にして検査と評価の方法を説明します。

まず競技の分類をすると、バレーボール、バトミントン、テニスはネット競技であり、打点の高さが技術の一つとなります。

その点、野球、ゴルフやサーフィンなどは腕の上がる高さは問題ありません。

ネット競技の中でも、バレーボールのアタッカーは常に高い打点を必要とされるので、手の平が一番高くなるように、身体を側屈させます。つまり側屈に置いて問題があると肩に問題を起こしやすくなります。

テニスやバトミントンはサーブやスマッシュに置いてはバレーボールと同様の点もありますが、通常は常に高い必要ではありません。
バレーボールと異なる点は、「手の甲側で打つバックハンド」、と「手の平側で打つフォアハンド」を瞬時に打ち返るため、内旋・外旋と呼ばれる肩の回旋と肘の回内回外の問題が非常に大きな障害となります。

肩が痛くても肘の治療が必須です。同様に肘が痛くても肩の治療が必須です。

野球、ゴルフはどうでしょう。高さは必要ありません。
どういう特徴があるでしょう?

それはほぼ同一の動きを繰り返すことではないでしょうか?
それも全く同一ではなく、野球のピッチングであれば、相手には同様の動作に見せておいて、「フォロースルーの最終時の動き」と「ボールの握り方」のみでボールに変化を出さなければなりません。

指の可動域手指の神経機構、そして繰り返す動きの安定感などを検査する必要があります。

ピッチャーがよく感じる肘の違和感や肩の違和感というのは、すでに身体のどこかの関節において制限が起きている結果ですので、この状態でしっかりと検査と治療をすることが重要です。

ポジションによって投げ方が異なったり、バッティングによる手首の負傷など既往歴も関与します。

自分自身との戦いであるゴルフでは、ほとんどの原因はメンタルではなく身体です。これはよく勘違いされており、身体が整うと必ずスコアは上がります。

メンタルトレーニングは時に虚勢へと発展し、間違った方向へと進む危険性があるので、大会当日まではフィジカルに目を向けることが必須です。

では最後にサーフィン・スノーボードについてです。

どちらも足の動きに対するバランスを取るために腕を使っていることが特徴の競技です。
ですので体幹や骨盤の回旋の問題や下肢の力の入り方も肩の痛みと関与します。

スノーボードは転倒による外傷を機に痛みが慢性化している人も多いので、どう転倒していたかによって検査と治療を組み立てなければなりません。

サーフィンの場合はパドリングと呼ばれる動作もあり、身体を安定させながら腕を動かす動作も必要なため、体幹の固定と肩の可動性の関連も検査します。

例えば、腱板損傷であっても、二頭筋腱鞘炎という同じ疾患を抱えていても、競技によって必要とされる細かい検査は異なるため、一人一人合わせた検査が必要です。

肘や肩の痛みで苦悩する方のお力になれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

Share This:

ゴルフスイング リストターンは肘の運動 東京都にしむら治療院

ゴルフの解剖学 股関節と仙腸関節についてはこちら

フォロー時の左肘の働きはこちら

手のこわばりについてはこちら

ライ角と腱鞘炎の関連について

 

ゴルフのスイング動作を関節機能学で考えていきます。

当院ではエクササイズ・ストレッチやトレーニングでは改善することのできないcomponent movement / joint mobility に対する施術を行っています。

野球・テニス・水泳・バトミントン・卓球など手を動かすスポーツから日常動作にも通づる事ですが、ゴルフスイングに焦点を絞ってご紹介致します。

 

今日はフォロー時の右肩の痛み(右利き)や、フォロー時の右肩のひっかかりに対する症例と共に、肘の機能改善の重要性についてお話ししていきたいと思います。

 

ゴルフのスイングの中で「リストターン」という言葉があります。

「リスト wrist」と聞いて、「手首」としてイメージするかもしれませんが、この運動は「肘の運動」です。

手の平を返す動き、この動きは肘で行われていて、回内回外と言います。

手を返す動き(回内外)と解剖
手を返す動き(回内外)と解剖

 

もしこの回内・回外の機能制限が起きるとどうなるでしょう?

この捻る動きは肩の代償動作によって行われなければなりません。

肩関節の内旋と外旋に移行していきます。

肘の回内外と肩の内旋外旋 協調運動
肘の回内外と肩の内旋外旋

この肘関節の回内と肩の内旋、回外と外旋の運動は協調運動cordination と呼ばれ無意識に連動しています。

 

肘の屈曲角度によっては、肩関節の外転と内転へと移行するため、その人のスイング時の肘の角度によって、見方を変える必要はあります。

 

大切なのは、この肘の回内と回外に制限がある場合は、肩に回旋や挙げたり降ろしたりという、スイング動作には欠かせない動きを妨げてしまうという点です。

実際に当院で肩や手首の痛みを持って来院している方の多くは肘関節の機能改善によって、痛みがかなり軽減します。

 

痛みがなくても、「スイング動作を変えたいが、癖が取れない」このような場合には、必ずどこかにそのフォームになってしまう原因が存在します。

その一つにこの肘関節の可動性joint play / mobility / intra-articular movement の問題があります。

 

50代男性:趣味ゴルフ

スイング時に左肩で引っ張りたいのだが、どうしてもフォロー時に右肩の前が詰まる感じがして、左手を意識したくてもできない。

日常中の右肩の動作時のひっかかりが出て来院に至る。

 

いわゆるインピンジメント症候群と呼ばれる状態で、肩を挙げた時に引っ掛かりと痛み、腕を高く上げると痛みが消失する状態でした。

肩の外転可動域テスト
肩の外転可動域テスト

60°〜120°の辺りで引っ掛かりと痛みを訴えるとインピンジメント症候群の可能性が高い

 

痛みは二頭筋の腱鞘部分で二頭筋腱鞘炎も同時に患っているようでした。

二頭筋はそもそも肘の運動(回外筋)にも関与するために、肘の検査を行ってみました。

 

肘関節の可動域

回内 R45° L60°  回外 R45° L80° でした。

ともに右側が制限されており、肘関節の可動性から治療していきました。

橈骨の回内
橈骨の回内検査
機能検査
橈骨の離開と回内外の機能改善

 

肘の回内外の可動性を取り戻すと、肩の二頭筋腱鞘部の痛みも改善し、肩関節のインピンジメントもかなり改善しました。

何よりも驚かれていたのは、スイングのフォロー時の肩の詰まりがなくなっていたことです。

 

肩関節で言うと「内転」と呼ばれる動作において、「内旋」も同時に加わってしまうと、大胸筋が完全収縮してしまい、肩の内側で詰まり管を感じる方は多くなります。

さらに内旋が行われると、肩の大結節と呼ばれる骨の隆起部分が関節内の方へと向くため、肩の運動性自体が制限されやすくなります。

 

鎖骨の可動性の改善や、体幹の回旋も改善させる必要がありましたが、肘関節が肩の症状に大きく関わっていたことを経験させていただきました。

 

今回も、健康を理解するための前進を可能にしていただき、すべての患者様に感謝申し上げます。

 

健康に過ごす手助けが少しでもできましたら幸いです。

相談等、気軽にご連絡ください。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

 

 

 

Share This:

投球と肘の痛み 肩のインピンジメント 東京都にしむら治療院

離断性骨軟骨炎・関節ネズミ・野球肘など、野球で起こる肘の疾患はいくつか存在しています。

程度によって手術が必要となりますが、
関節の遊びjoint playと呼ばれる(可動性joint mobility / 関節包内運動intra articular movement )
関節の動きを構成するための小さな動きを改善することで症状はだいぶ軽減します。

そして何よりも大切なのは、
症状や疾患となって主観的に感じられるようになってしまう前に、
この関節の遊びの運動はすでに異常が起きている・・・。

つまりは日頃からこの関節の動きを検査していれば、肘の痛みが起こる前に対応できるのです。

例えば、「ちょっとした腕の張り」や、「いつもよりもちょっと固いな」という時にすでに関節の遊びに問題が起き始めています。

 

当院では、この関節の遊びを検査し治療することによって、肘や肩、手の痛みやスポーツにおけるコンディショニングに効果を出しています。

当院で行っている治療概要

肘の機能制限と上肢の症状

腱鞘炎の治し方(肘との関連)

ゴルフのフォームと肘の機能

肩の可動域改善に対する分析

 

肩関節のインピンジメントと動作時における痛みが、肘の関節可動性を改善することによって改善した症例をご紹介します。

 

30代男性

既往歴:学生時代に野球によって離断性骨軟骨炎となり、手術をしています。

現在、野球はほとんどしていないが、最近になって段々と腕が上がりづらくなり、今では肩を動かした時にゴリッという音と痛みが出現。

いわゆる肩のインピンジメントが起きていることが予測でき、さらに可動域の低下も起きています。

 

通常通り、頸椎・胸椎や腰椎・骨盤の可動性を検査し治療をすると、

肩関節の可動域
外転85°→120° 屈曲90°→110°

に改善、インピンジメント消失するものの、まだ可動域は改善しきれません。

そこで既往歴にもあった肘の問題に目を向け、肘関節の機能を検査すると、

尺骨の上方変位・肘頭の内方変位・橈骨の後方変位・上方変位・回内可動性制限がありました。

機能検査
下方可動性検査
肘関節のモビリゼーション
肘関節の関節可動性検査

 

手術しているため、本来ある可動性に戻せるとは限りませんが、尺骨についてはだいぶ動きを取り戻すことができました。

 

その後に肩の可動域を計ると、
外転140° 屈曲150°
と大きく改善しました。

肘の緊張が、二関節筋である、三頭筋や二頭筋の緊張を起こし、肩の機能を制限していた様に思われます。

 

上肢の問題を抱える患者様、それを支える医療従事者にとって少しでもお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

当院も講師として参加している関節の遊びを検査し改善する治療法を学ぶための教科書はこちら

Share This: