足が上がらない 足が重い 仙骨の機能制限 東京都西村治療院

「足が上がらない」「足が重い」という運動障害感覚障害仙骨という動きの小さな骨の問題が関わることが多数あります。

今日は仙骨と股関節の運動について症例を踏まえてご紹介していきたいと思います。

 

仙骨という骨のポイントは

「仙腸関節の構成要素」「座骨神経の起点」「腰仙関節という腰部との連携」です。

 

仙腸関節は今までも何度も説明した通りですが、今日は別視点でお話しします。

股関節・仙腸関節・運動連鎖についてはこちらに記載

 

トレンデレンブルグ徴候は、中殿筋の機能によって反対側の骨盤を引き上げることができるかどうかを検査する方法です。

トレンデレンブルグ徴候
トレンデレンブルグ徴候(右足の検査)

参考図書:筋骨格系検査法

筋骨格系検査法

筋骨格系検査法

posted with amazlet at 16.02.02
ジェフリー・グロス ジョーゼフ・フェットー
医歯薬出版
売り上げランキング: 833,803

 

地面に着いている足の機能検査ですが、
反対側の仙骨の問題で、骨盤の挙上が行えなくなることがあります。

 

座骨神経痛と関連のある「梨状筋」は固くなると、仙骨を下方へと引っ張ります

すると足が上がりづらくなるのです。

これによって反対側の中殿筋にも負荷がかかるため、中殿筋麻痺時の仙骨と反対側の梨状筋の機能検査は必須です。

 

仙骨の機能と梨状筋の関係について触れました。

梨状筋は坐骨神経を挟み込む筋肉のため、緊張すると座骨神経痛を起こします

これもまた足を上げにくくしたり、痛みや痺れ・だるさなど神経痛も出します

これは神経学からみた「足が上がらない」「重い」状態です。

 

次は「腰部との連携」について考えていきます。

腰仙関節
腰仙関節

参考図書:SJF関節ファシリテーション

SJF 関節ファシリテーション 第2版
丸善出版
売り上げランキング: 90,331

 

腰仙関節は、上記の図の様に仙骨の「うなずき運動」の時に機能します。

片脚立ちの際に起こる動きというのは、この腰仙関節の左右で別の動きをします。

もし片方の腰仙関節で可動性の制限が起きている場合は、ある角度まで足を上げた際に動きを制限するため、引きずるような歩容にしてしまいます。

腰仙関節の動き方は、足の上げ方に依存するため、例えば陸上のような走動作での足上げと、サッカーで蹴り上げる時の足上げでは動き方が変わるため、患者さん自身がどのような動きを作りたいのかをによって検査のポイントを変える必要があります。

 

股関節のインピンジメントについてはこちら

股関節の痛みと足の痺れはこちら

臀部の痛みとしびれ 腰部脊柱管狭窄症はこちら

臀部の痛みとしびれ 腰部脊柱管狭窄症はこちら

 

「足が重い」「足が上がらない」という問題は一般の方もアスリートも抱えることの多い問題です。

少しでもお役に立てれば幸いです。

相談等、気軽にご連絡ください。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This:

腰痛 お尻の痛み 田町にしむら治療院

「腰痛です。」「腰が痛い。」

どこですか、と問うと人それぞれ指し示す腰は違います。

お尻を触る人もいれば、ウエストに手をやる人もいます。

他にも肩甲骨の下辺りの背中と表現しやすい場所を触る人もいます。

その人の言葉で表現するよりも、実際に触れてもらう方が場所を把握しやすいのが、身体の部位の表現かと思います。

 

40代男性 デスクワーク

今回はそのとき、お尻を触って、腰が痛いという方について分析していきたいと思います。

「腰が痛いということですが、どのへんですか?」

「この辺りです。」とウエストにある骨盤の骨の少し下を指しています。

大殿筋・中殿筋

中殿筋と呼ばれる筋肉あたりを触っています。

そこからお尻の方まで痛みが広がっている、という話でした。

 

大きく分けて三種類考えられます。

1:中殿筋が痛みを発していて、その筋肉自体がお尻の方まで痛みを出している。いわゆる筋肉による痛み、トリガーポイントです。

2:中殿筋を支配している上殿神経と共に仙骨から出てくる座骨神経が障害され、お尻の痛みまで出している。いわゆる神経痛

3:仙腸関節が炎症を起こし、中殿筋付近とお尻に放散する痛みを発している。仙腸関節炎の放散痛。

 

実際にはこれらはすべて起こっていて、どれが痛みの優先が高いかといった差になると思います。

 

問診と検査の結果、

股関節の問題が発起し、それが仙腸関節に炎症を起こし、続いて座骨神経の緊張を起こしていた、と考えられました。

 

まず行った検査です。

仙腸関節の動きを検査してみると、動いていますが、痛みと放散痛が再現されます。

過敏になっているため、仙腸関節の炎症が疑われ、過敏なため仙腸関節の治療は困難な状況でした。

仙腸関節検査

(※恩師の中川貴雄先生のカイロプラクティックノート2より抜粋
仙腸関節の治療を行っている方は必須の教科書です。お勧めです。)

カイロプラクティック・ノート 2 モーション・パルペーション修得のために
中川 貴雄
科学新聞社出版局
売り上げランキング: 186,242

股関節を検査すると、患側側の大転子が凹んでいます。

大転子検査

大転子が凹んでいるとどういうことになるかというと、関節可動域は減少するのはもちろんですが、

外転筋である中殿筋のテコの作用が弱くなり、力が入りづらくなります

可動域は外転内転共に減少し、屈曲位の外旋、つまりあぐらをかくような動きも制限が強かったです。

確認すると、腰痛が強くなる前に、座敷であぐらをかいて飲み会があったとのことでした。

 

股関節の狭くなったものを関節の弛緩法(とてもとても弱い力で牽引し、関節と周りの筋肉を緩めていきます)を用いて機能を改善させると、仙腸関節の過敏な状態が解除され、仙腸関節の治療が行える様になりました。

仙腸関節 側臥位

仙腸関節

 

長時間のあぐらによる股関節の機能障害 → 仙腸関節にストレスをかけ、炎症を起こす → 座骨神経も障害され、筋肉、関節、神経による複雑な痛みへと発展

 

このように上手く身体の読み込みができれば、とても良い結果が生まれます。

 

腰痛、下肢痛にお困りの方にすこしでもお力になれれば幸いです。

 

にしむら治療院

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437

県外からも多数来られていますので、メールやお電話からでも御気軽にご相談ください。

Share This: