右の首から肩の痛み 肘のリストターンの障害との関連 ゴルフ

最近はますますゴルフによる障害の方が増えてきました。

プロやティーチングプロにもお越しいただき、いろんな視点を皆様から教えて頂いております。

人それぞれ、目的としている動作には若干の違いがあり、私は治療家として、患者さんが求めている動作を遂行するために必要な動きを、「筋肉」「関節」「神経」の点から治療していきます。

今回、右ひじのリストターン(肘の回内)が障害されているために起こった肩と首の痛みについて治療考察を述べたいと思います。

50代男性
ゴルフを始めて数十年、長らく軽い腰痛と臀部痛を抱えていましたが、ここ数ヶ月、右の首から肩にかけての痛みに悩まされ当院へ来院されました。

腰痛はゴルフの疲労からくるもので右の下部腰椎、臀部に思い痛みがあるものの、日常に困る程度ではない。
右肩はテイクバック時のトップで痛み、日常生活でも肩は水平以上にあげると痛みが出るようになってきています。

右肩は左よりも高く上がり、頚椎から出る頸神経も右側は強く緊張しており、この頸神経が肩の痛みと関連していることがわかります。

肩甲上腕神経
肩甲上腕神経

なら治療は簡単です。
肩が上がっている部分を探し、頚椎にかかる負担を取り除く、そして頚椎の可動性が減少している部分を改善し、肩甲上腕神経の機能問題を改善すれば良くなります。

頸神経

治療後はうまくいっていたのですが、ゴルフ後にまた肩が上がらなくなることを繰り返してしまいます。こういった場合は治療ポイントが足りていないことが多いため、再度検討する必要があります。

今行えない動きは、右の股関節の外転、屈曲。
骨盤は右が上がっているため、腰部の神経の圧迫も多少出ているようです。
腰仙関節の治療と仙腸関節の治療で腰下肢の可動域と鈍痛は解消されました。
右の腰部の持ち上がりが肩を上方へと突き上げていることも考えられましたが、多少の肩の可動域は改善するものの、それだけでは思うような結果にまでは辿り着けませんでした。

腰仙関節・仙腸関節
仙腸関節

右肘の可動域を測ると回内・屈曲が制限しており、それがインパクト時に必要なリストターンを抑制してしまい、結果、肩の内旋という動作でカバーしたために起こった体幹の左屈(右肩上がり)だとわかりました。

肩内旋

通常肩の痛みでは肘の検査を欠かさないのですが、頚椎の治療で良い結果が出ていたために、細かく治療しなかったのが今回仇となってしまったようです。

少しでも早く、そして少しでも軽くなるように今後も精進を続けていきたいと思います。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

 

Share This:

ゴルフ 左肩の動きと脊柱の運動連鎖 東京都にしむら治療院

ゴルフで左腕が使えず右手うちになってしまうという相談はとても多いです。

来院されるという経緯としては、左腕を使おうと練習した結果、左の肩や左肘を壊してしまった方が多い傾向にあります。
なかには左肩肘の症状ではなく、右肘や肩の痛みで来院され、左手がなかなか使えずに困っていたという人もいらっしゃいます。

故障した症状の治療に対しても、原因となった動きの治療が必要ですので、左腕がなぜ使えないかを分析することは非常に重要です。
まずはゴルフで必要な動きについて考えてみましょう
ゴルフの左腕の機能は、インパクトからフォロースルー時の左肘(回外)・肩の回旋(外旋)の動きです。

肩の外転・外旋
肩の外転・外旋

この動きが何らかの問題で制限がかかると肩や肘に痛みが出てきます。

肩の痛みや肘の痛みはオーバーワーク、つまり使い過ぎと言われていますが、本当は関節の機能が制限される状態、つまり「使えていない状態」が原因です。

その原因とは、肩や肘の問題でもありますが、その背景にある背骨や骨盤の可動性にトラブルを抱えていることがほとんどです。

 

今回は背骨の可動性の低下が起こす左腕の筋力低下によってゴルフのスイングが改善しなかった症例を元に身体の機能についてご説明します。

インパクト時に身体はどの位置にあると左腕に力が入りやすいでしょうか?

これは筋力テストを用いると明解です。

身体のどのポジションで力が入りやすいかは検査によって導きだせます。
その方のインパクトがその位置よりぶれている場合にはどれだけ身体に意識を持とうが力は入りません。

肩も同様です。
肩の外旋・外転という動きを行わなければならない場合、脊柱はどうなっていなければならないと思いますか?
これはスウェーと回旋が絶妙な位置にないと左肩に力が入りません。

一つ紹介すると体がスウェーしている状態は右肩が下がるような脊柱の動きを伴います。

しかし、体を左に回旋する動きは、右肩が上がる動きを伴います。

つまりゴルフで必要とされる脊柱の動き(肩の高さ)は相殺される動きなのです。

回旋側屈 骨モデル
回旋側屈 骨モデル

左肩の外転・外旋を行いたい場合に、このスウェーと回旋が肩にとって良い割合にならなければ、どうあがいていも力は入りません。

どれくらいがいい割合なのかは、筋力テストによって簡単に実感することができます。

あなたの腕は力が入る位置にしっかりと体幹を使えているでしょうか?

無闇に体幹トレーニングを行うと、より脊柱の動きを制限することになり、ますます肩に問題を来します。

肩や肘のお悩み、またはスイングについて困っている方のお力になれれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

 

Share This:

長く続くテニス肘、野球肘、ゴルフ肘に対する検査のあり方 にしむら治療院

テニス肘、野球肘、ゴルフ肘が長く続き、最終的に競技人生をあきらめるという、悲しい状況がなくならないのはなぜでしょう?

このテニス肘や野球肘、ゴルフ肘はその競技をやっていない人にも起こるという状況から見ても、ただの疲労が関係しているのではないことはわかります。

競技をやっている人もやっていない人も、肘にかかるストレスがあれば誰にでもなるのです。

つまり、ただでさえ競技中に肘を使っている選手であれば、もし身体の他の部分に問題があり、肘のストレスを増強させているとしたら、その痛みは取れるでしょうか?

 

結果は皆さんが経験している通り、
安静にして緩解しても運動再開ですぐに痛みの再発、
人によっては安静にしているのに緩解さえしない
といった具合でしょう。

 

じゃ、どこが肘にストレスをかけているのでしょう?
それはどうやって探せば良いのでしょう?

最近はフォームの動画撮影によって、フォームの異常は把握しやすくなっています。
しかし、フォームの異常は身体の異常の結果起こるため、フォームの矯正はより症状を悪化させることも多々あることをご存知でしょうか?

 

つまり必要なのは、目視では発見できない運動機能の低下している部分を『触診』によって見つけなければならないのです。

そのためのテクニックを「動きの触診モーションパルペーション」と言います。

 

当院ではモーションパルペーションによって検出される目視では確認できない関節の機能異常を治すことで、長期にわたって繰り返し続く運動時痛を取ることができます。

多くの方が3~5回の治療で良くなっています。

長く続いている肘の痛みがどこから来ているのか、探してみませんか?

 

少しでも競技を長く続けるためのお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

テニス肘・腱鞘炎の多様な治し方 東京都港区にしむら治療院

先日、国立障害者リハビリテーションセンターでの卒後研修を任されました。

冒頭で治療の理論についてお話ししていただきたいという声がありましたので、テニス肘や腱鞘炎の治療を例にしてお話しさせていただきました。

 

例えば、ギター、三味線、バイオリンなど音楽をしている患者さんが、両肘ともいわゆるテニス肘を患って来院したとします。(スポーツでも同様に考察します)

あなたは右肘も左肘も同様の治療を施しますか?

 

私は右手と左手の使い方が異なる以上、治療方法も異なると考えています。

 

ではそれはどのようにして評価し、治療方法を決定しますか?

理学検査・整形外科検査を使って治療方法を選択できますか?

 

理学検査・整形外科検査はテニス肘であるということを判断するに過ぎないため、治療方法の選択には結びつきません。

 

ではどうやって治療方法の選択と結びつく情報を得ることができるのか、それが触診と機能検査です。講習ではこうして触診の授業へとすすみました。

 

今日は肘の治し方について説明を交え、テーラーメード医療を実践します。

実際にいらっしゃった方を例にして紹介します。

三味線を数年間習っていた方で、演奏会前の激しい練習により両肘ともテニス肘、右手首の痛み、左肩の痛みがありました。

右と左で分けて考えてみます。

 

右側:右股関節の痛み・右腕から肘にかけての痛みと右手首の痛み。

左側:症状は、左肩の痛みと可動制限、左肘の痛み。

これだけ左右の症状が違っていても同じような治療方法でよいと思いますか?

 

三味線の先生がいらっしゃっていたこともあり、身体の使い方はある程度教えていただいていました。

身体の動かし方において右腕と左腕を比較します。

 

右手は手の平を下に向ける(肘を回内)様にし、前腕で三味線の胴の部分を固定し(肘の伸展、肩は下げない様にする)、ばちを水平にしてたたく(肘の回内

左手は耳元で弦を押さえる様にするため、肘を曲げ(肘を屈曲)、手の平を自分に向ける(肘の回内)。
弦を押さえる手は、耳の横から棹のある身体の前まで移動する。この移動は肩の外旋位から中間位に戻すような使い方をしているようである。
脇が開いてしまうと、指の向きが変わってしまうので、基本は脇を開かないでおくそうである。(肩の外転はあまりしない

まとめると、
右:肩を下げないで、肘の軽度伸展位での回内運動

左:肩は軽度外転位の外旋、肘の屈曲位での回内運動

これができるかどうかによってこの患者さんの肘の痛みの治し方が変わってきます。

触診と機能検査からの考察

右:右肩下がり(三味線の胴の固定を身体の傾きで行っていた模様)、身体が右に傾き、右の股関節に圧迫が強くかかり、右股関節の機能が制限し、痛みを発生。

右肩が下がり、頚神経が引っ張られ、右肘の神経痛を発症、その後も続いた練習により肘の機能制限からテニス肘に発展。

肘の回内制限がある中で撥を叩こうと無理をして手首の尺屈を起こし腱鞘炎になる。

左:肩があがり、脇が開きやすくなり肘の屈曲が制限され、肘の機能制限を起こし始める。それでも弦を押さえる指に力を入れようとすればするほど、肘と肩はこわばり痛みを発症。

 

ここまで問診・検査・触診で考察したものを治療しながら検証して行く。

右の胸椎と股関節を緩め、頚神経にかかっている緊張を緩める。

股関節の牽引法
股関節の牽引法
胸腰椎座位モビリゼーション
胸腰椎座位モビリゼーション
頸椎の検査と治療
頸椎の検査と治療

左肩のモビリゼーションと、両肘の牽引法を用いて肩の可動性と肘の可動性を改善させる。

肩の外転可動域テスト
肩の外転可動域テスト
機能検査
肘の牽引法・弛緩法

右手首の治療

手根骨 

 

「よく腱鞘炎はすぐには治らない」と言われ、治療効果を確かめられずに様子を見られる治療院が多いようですが、評価と治療法が合えば、必ずその場で治療効果が出ます。

実際の施術は検証でもあり、上手く行かなければ全く変わらず、上手く行けばその場で変わります。

今回もその場で痛みが全くなくなりました。
もちろん演奏をするとまだ痛みがでるので、完治までは3回の治療が必要になりましたが、数ヶ月感治らなかったのが一回目からほぼ痛みがなくなるためには、やはり、問診・検査・触診がなければなりません。

 

手の痛みでお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。
国立障害者リハビリテーションセンターでの講師のご依頼、誠にありがとうございました。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This:

肘・手の痛みと腰痛の関連 品川・三田・六本木 にしむら治療院

最近手や肘の痛みで来院される方が増えてきています。

ほとんどの患者さんは腰や頸・肩の痛みを主訴として来院され、「ついでに肘も見てもらいたい」、「実は腱鞘炎も患っている」と付随する症状を訴えられる状態がほとんどです。

最近は肘の痛みで来院され、「腰も少し痛いので一緒に診てもらいたい」という方も増えてきました。

 

『肩が痛い人の肘の痛み』
『腰痛がある人の肘の痛み』
『バネ指がある人の肘の痛み』

これらの肘の痛みがみんな同様にテニス肘(外側上顆炎)と呼ばれる状態であっても、実際にそれらの肘の痛みは同様なものは一つもありません。

人それぞれ違う肘の痛みであるにもかかわらず、
みんな同じ様に肘に電気、全身のマッサージ、手のストレッチ、手の筋トレ、手や肩に針をするという現状が日本の医療にはあります。。

これではなかなか良くなりません。
人それぞれ痛みの背後に隠れている要因を捜す必要があります。

身体に備わっている神経機能を用いながら動作の痛みについて考察していきます。

 

ちょっと難しい話になりますが、「予測的姿勢調節 : anticipatory postural adjustment : APA」という言葉を用いてその違いを一つ紹介できたらと思います。(先行随伴性姿勢調節などとも言います)

予測的姿勢調節というのは、
目的とする動作をスムースに遂行するために同時に駆動される姿勢調節機能です。

 

机の上の物を取ろうとする時、つまり手を伸ばす動作を行うとき、その手の位置の変化によって、身体のバランスは崩れてしまいます。

身体は手の位置的変化に会わせて、バランスを取る様に足の筋収縮を調整したり、背筋に前もって力を入れる準備をしたりと、目的の動作の0.1秒前から0.05秒の間で姿勢調節postural setを行っています。

 

歩行動作を例に考えると、
左足を上げる前には、重心を右へと移動していなければなりませんし、右へ曲がろうとする時には自然と手の振りを変化させ、バランスの崩れに対応する様に身体は前もって準備しています。

 

この『前もって』というのが非常に重要なワードです。

つまり、「手を伸ばす」、「リーチする手」の前に行われるべき身体の調節機能が何らかの原因によって破綻していた場合、この「手を伸ばす」という動き自体に変化が起きてしまうのです。

 

我々治療家は、この予測的姿勢調節機能の破綻しているポイントを探し、動作遂行を促すことができます。

個々で重要なポイントが、この予測的姿勢調節機能の破綻は視診、つまり目で見ることが非常に難しいというところです。

フォームの変化、というのは目で確認できますが、フォームの変化の原因はフォームが崩れる寸前に起こっているため、どこがおかしいかは確認できません
先ほどの生理学的な話からすると0.1秒前に起こっている現象、目視することができないのです。

つまりは徒手検査によってしか明確にならないのです。

徒手的に動きを検査する方法はこちらで学べます。
motion palpation study groupウェブサイト

 

今回、腰の痛みと肘の痛みの関連について一つ実際の例をご紹介します。

以前から左腰が痛く、前に屈むのが辛かった。
腰の痛みは気にならなくなってはいたものの、左肘の痛みが突然現れ、一ヶ月経つも治らないので来院。

簡潔に結論だけ述べると、腰が屈めないために、通常よりも手を伸ばさなければならなくなった。
そのため肩甲骨は外へと移動し、肩甲上神経は牽引され障害を受けた。
その肩の機能制限部分を補うために肘は大きなストレスを受けることとなり、痛みとなって表に認知される様になった。

これは徒手検査と改善にいたった経緯によってわかったことを理論組みをするとこういうstoryとなりました。

 

narrative medicine物語的医療というように、この予測的姿勢調節という機能は、その人の物語を知る上で知っていなければならない機能ではないでしょうか。

少しでも手の痛みで苦悩している方の力になれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

当院で行っている治療概要

肘の機能制限と上肢の症状

腱鞘炎の治し方(肘との関連)

ゴルフのフォームと肘の機能

肩の可動域改善に対する分析

手術後も続く肩の痛み

 

予測的姿勢調節に対する参考図書

入門運動神経生理学―ヒトの運動の巧みさを探る
市村出版
売り上げランキング: 627,121
運動の成り立ちとは何か―理学療法・作業療法のためのBiNI Approach
舟波真一 山岸茂則
文光堂
売り上げランキング: 108,291

Share This:

ゴルフコンディショニング 肩の痛み 手のこわばり 六本木・三田・品川 西村治療院

ゴルフやテニスで多い障害の肩・肘・手の痛みはすぐに良くなります。

腱鞘炎・肘の痛み・肩の痛みというのは関節の機能を適切に評価し、改善することでその直後から痛みを取ることができます。

 

リストターンと肘の痛みの症例についてはこちら

ゴルフの解剖学 股関節と仙腸関節についてはこちら

フォロー時の左肘の働きはこちら

ライ角と腱鞘炎の関連について

足の裏のつり 足底腱膜炎

手根骨の機能検査と治療
手根骨の機能検査と治療
機能検査
肘関節の機能検査

どこの部分が、どのタイミングで痛むのか。

そして痛む瞬間、痛む寸前に身体にどういった変化が起こるのかが大切になってきます。

痛みの前にすでに身体は問題点を露にしています。

 

例えば、肩の痛み。

「バックスイング時のトップの手前で肩が痛むんです」

痛む寸前で、股関節の動きが停止していたり、骨盤が傾斜していたり、身体が回転できていなかったり、肘や手首が捻られていたりと、肩以外の部分で機能が停止していることがほとんどです。

肩の治療をしなくとも、こういったことでほとんどが瞬間的に痛みを取ることができます。

 

手のこわばりも同様です。

グリップができない。指をつまむ動作ができない。

じつはこれらも、指の関節の回転のストレスが影響しているが、この指の関節の回旋ストレスを作っているのは肩や肘の部分からなることが多いので、指や手の治療をするよりも肩と肘の治療をする方が効果が出るのです。

 

腱鞘炎やゴルフ肘・テニス肘・肩の痛みでお困りの肩はぜひ、他の関節との関連を評価されてみてはいかがでしょうか。

プロゴルファーから、初心者の方まで身体の不調にお困りの方のお力になれれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

Share This: