身体の空間座標 めまいの身体学 東京都にしむら治療院

身体は、空間を定位するための座標をいくつも持っています。

網膜中心座標、眼球中心座標、頭部中心座標、身体中心座標、身体部位中心座標、物体中心座標などなど様々です。

今回は身体が自己を定位する・そして物体に行為を及ぼす上で重要な、網膜中心座標、眼球中心座標、頭部・身体中心座標について述べたいと思います。

この知識は、めまいを罹患する患者さんに対する治療計画だけでなく、「行為」全体に関連する事象ですので、運動器の障害すべてに関わります。もちろんスポーツにも

Dart in dartboard
Dart in dartboard
golf putt
golf putt
Soccer player kicking soccer ball
Soccer player kicking soccer ball

このようにある空間内にある対象をある空間に運ぶようなスポーツにはとても重要な概念でもあります。

 

 

身体には身体周囲空間 personal space と呼ばれるものが存在しています。

なぜこのように空間座標がたくさん存在するのかですが、

身体空間・近位空間(手が届く範囲)・遠位空間とに分類されており、身体を取り巻く空間から、行為を及ぼすことのできる空間、それ以外と別れています。

peri-personal space
peri-personal space

参考図書:ミラーニューロン

ミラーニューロン

ミラーニューロン

posted with amazlet at 16.09.07
ジャコモ ・リゾラッティ コラド・シニガリア
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 146,874

脳内でも、空間によって刺激される脳内の局在は変わっていることはすでにわかっています。

目で捉える知覚に始まり、物体がどこにあるか判断・認知、その距離から身体に対しての準備・予期行為と実行
全体の空間の位置に対しての知覚には網膜中心座標を用い、身体がその視覚刺激に対してどのような状態かを比べながら判断するために、眼球中心座標や頭部中心座標を用いなければなりません。

coordinate system
coordinate system

理化学研究所・脳科学事典より引用

このように目で捉えた情報はつねに身体の座標を用いながら認知判断しているのです。

 

現在、スポーツの分野では眼球運動のトレーニングが一般的に用いられる様になってきました。
しかし、眼球の運動というのは様々な反射や脳による信号のやり取りが行われており、身体のフィードバック無しには行われないこともわかっています。

眼球運動のトレーニングやリハビリテーションは負担も大きく、身体の座標がどのように認識をしているかを考慮することでこの負担を減らすことができます

運動器の治療の中で、このような座標軸を意識しながら行う分野も存在しているため、これらを統合した治療もこれから盛んになるのではないでしょうか。

 

めまいや頭痛でお困りの方・スポーツの分野で頑張っている方、様々な方に取ってお役に立つことができましたら幸いです

めまいの症例報告

めまい(右に引っ張られる)右側頭部頭痛の症例

手足に力が入らない 右に引っ張られるめまい 症例報告

めまい・ふらつき 乗り物に乗れない症例

左に体が引っ張られる 症例

めまいと乗り物酔い

 

西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437

にしむら治療院ホームページ

Share This:

「身体の空間座標 めまいの身体学 東京都にしむら治療院」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です