多様な膝の痛み 田町・品川・六本木・浜松町 にしむら治療院

最近膝の痛みを訴えられる方多くなってきました。

雨が続いているからでしょうか、という話題もでるのですが、天気が膝の痛み関連があると言う論文もあれば、そうではないという論文もあります。

相関関係はあっても因果関係はほとんどないと言われているので、天気の問題だと片付けずにしっかりと膝の痛みに対して分析して行く必要があります。

 

症例報告はこちら

半月板損傷と仙腸関節について

膝の痛みと足関節の機能制限について

前十字靭帯損傷に対する手術後も続く膝の痛みについて

 

膝の機能分析の一つ回旋検査

膝の回旋と膝蓋靭帯
膝の回旋と膝蓋靭帯
距骨下関節による床反力の均一化
距骨下関節による床反力の均一化
腓骨の動き
腓骨の動き
運動連鎖
運動連鎖

 

 

今日は同様の痛みを抱える方についてそれぞれの原因についてご紹介したいと思います。

1人目は、半月板損傷を伴う患者さんが、仙腸関節へのアプローチによって改善した例です。
2人目は、半月板の手術をしたが改善されなかった患者さんが、股関節と足関節の施術によって改善した例です。
3人目は、脳性麻痺を罹患し変形性膝関節症の患者さんで、膝のロッキングがあったのが、腹部の施術でロックが外れ可動域がました例です。
4人目は、十字靭帯の断裂があり、手術をせずに保存治療で経過を見ていました。腰椎と胸椎を介して大腿神経を促通し、弱化した筋力が回復しました。
5人目は、距骨のアライメント不良によって、膝下から痺れから始まり、膝の痛みが来た患者さんで、距骨のアライメントと脛骨の可動性を改善させることで痛みが取れました。

 

「膝の内側が痛む」という同様の症状を抱えていながらも、半月板の問題、タナ障害、十字靭帯、とそれぞれの診断を下され、治療を受けていましたが、一向に変化が見られず、紹介され来院してこられました。

インソールも試されたけれども変化もでないのは、それぞれの治療が局所的な動作解析しか行っていなかったために全体の問題までに波及していた動作時痛には変化を出せなかったのでしょう。

膝の痛みに対してお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This:

「多様な膝の痛み 田町・品川・六本木・浜松町 にしむら治療院」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です