前十字靭帯損傷・手術後も続く膝関節の痛み 東京都にしむら治療院

今日は膝を安定するために存在している「前十字靭帯」の断裂を受傷した既往のある患者さんの症例についてお話しします。

他の膝に関する症例はこちら

膝の痛みの多様性について

半月板損傷と仙腸関節について

膝の痛みと足関節の機能制限について

 

30代男性

数年も前になるが、陸上自衛官だったころ、高いところからの着地時に身体を捻らせて受傷。

右前十字靭帯を断裂し、手術を行った。

その一年後に腰のヘルニア(症状は右側)を起こし、手術。

寒い時や季節の変わり目などに右膝の前面に痛みや違和感・動かしにくさが起こる。

疼痛部位は膝のお皿(膝蓋骨)の下端内側を中心に広がる感じ。

 

触ると膝蓋骨は、健側と比べて下方に変位している。

膝蓋靭帯は緊張

脛骨の前面は内側がやや前方にずれている。

膝蓋骨が下方に変位 膝蓋靭帯緊張
膝蓋骨が下方に変位
膝蓋靭帯緊張
脛骨内側前面の前方変位

 

リハビリや日頃の訓練の影響か、膝の四頭筋の筋力は強く、本人も違和感は感じていない。

しかし膝の屈筋であるハムストリングスは普段から弱さを感じるようで実際に膝の屈曲の筋力を測ると健側と比べて弱い。

膝の屈筋の神経学テストを行うと

右足の半腱・半膜様筋が弱い。二頭筋はしっかりと力が入っている。

 

胸・腰部は胸部は右凸の側弯・腰部は左凸の側弯。

肩関節は右肩の筋力テストがやや減弱しているが、肩の筋力というよりは体幹の固定ができていない感覚だった。

 

腰部の側弯を治療すると右の半腱・半膜様筋の筋力が上がった

さらに膝蓋靭帯の緊張は弱まり、膝蓋骨ははじめより上方へ改善。

右肩の筋力も改善。

 

脛骨の可動性を検査すると、

右の脛骨(主に内側)の後方への可動性が減弱しており、これもハムストリングスの筋力と関係しているようでした。

腰部の側弯の治療に加えて、脛骨の可動性の改善することで足に軽さが出ました。

脛骨の後方可動性 大腿骨の前方可動性
脛骨の後方可動性
大腿骨の前方可動性

 

 

前十字靭帯は大腿骨外側から脛骨の内側へ走行するため、以前に靭帯の断裂をしているためか、脛骨の内側が前方へと変位しやすいのかもしれません。

前十字靭帯の走行
前十字靭帯の走行

さらに腰のヘルニアを持っていたために右下肢の坐骨神経系の機能が低下していることも重なり、状態によっては膝への違和感や痛みを起こしていたものと考えられました。

複数の症状を抱えるものの、一つのストーリーの中にうまくはまると少ない刺激と治療箇所で全体が良くなります。

 

膝の痛みでお困りの方に少しでもお役に立てれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

Share This:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です