足に力が入らない つま先立ちができない 脛骨神経麻痺 足のしびれ 東京都港区 西村治療院 

「足が動かない」という麻痺様の症状を訴えられてこられる患者さんが多数来られています。

数ヶ月の経過の方から数年まで経過が進んでいる方まで多数おられますが、経過が長いほど、神経機能が衰えてくるので治療に時間がかかってしまいます。

数ヶ月の経過でも多くの方が10回もかからない治療で良くなっており、数年という経過が長い方でも2ヶ月ほどで良くなる人が多い傾向にあります。

是非一度ご相談いただけたらと思います。

 

「つま先立ちができない」という方のほとんどが整形外科の受診をされており、坐骨神経の障害として、そこで電気治療や牽引、マッサージなどの手技を受けているかと思います。

実際には、当院でも腰から股関節、足関節を主に重点を置いて見て行くので、見立ての部分は相違ないかと思います。

ではなぜ整形外科や接骨院では治らなかった症状が改善されるのかですが、そこは個々の関節の小さな動きを調整することはごく僅かな人しかできないからです。

当院の治療方法と概念はこちら

 

 

腰痛がある方もない方も、足に障害がある方は、腰の変化とともに足の変化を常に比べながら行うことで、足が動く様になる場所と変わらない、むしろ弱くなる場所とを把握しながら治療を進めなければなりません。

あなたはそういった変化を見ながら治療されていますか?

是非一度ご相談いただけたらと思います。

 

03-6435-2437

にしむら治療院 神経学・運動学・はり・きゅう

 

本日は、「膝崩れ」、「つま先立ちができない」など、力が入らないを主訴にした症例報告です

 

この体に目を向けるという行為は非常に難しいことですがとても重要です。

紹介する患者さんは幼い頃から武道やスポーツを多数行ってきたため、普段から体に目を向けることは得意で、感覚や動きを表現することもできていたので、施術もうまくできたと感じています。

患者さん本人が治り方を一番知っているのでしょう。

我々はそれを読み取ることができるかがポイントです。

 

腰痛が悪化し、お尻から足の裏側に痺れをきたし、さらにはつま先に力が入らない患者さんの症例報告をします。

 

症状:30代 男性

腰痛・臀部痛・下腿後面の痺れ・跛行(歩行障害)・足首の力がないらない・膝の力を抜くとガクッと膝が崩れる。すべて左側

 

かなり神経症状が進んでいることがわかります。

幼い頃から武道をやっていた方だったので、身体の動きの感覚を表現することができる方でしたので、問診時に細かな症状も描写できていたことが診察の進行を容易にさせてくれました。

 

膝の崩れは上部腰椎の神経症状ですし、痺れの位置と足首の問題は下部腰椎の神経症状です。

となるとこの患者さんの腰は広範囲に神経の圧迫がある事になってしまいます。

このように広範囲にわたる神経症状が起こっている場合、仙腸関節の問題が非常に多いと実感しています。

座った状態で診てみると、右肩は下がり、左の腰に圧迫を苦そうとしているようですが、そんなに大きなゆがみはぱっとわかりません。

しかし立つと表れているゆがみは大きくなります

つまり、骨盤から下の問題が大きいことがわかります。

 

IMG_0342 IMG_0343患者様のご好意により掲載

 

触診すると、

仙腸関節の左側は狭く、動きもありません。

股関節の前面は緊張で隆起し、腹部にまで緊張は波及しています。

足首から足の甲にかけても緊張が強く、左足の薬指は固まっていました。

立方骨も硬く、しびれはその辺りから小指が一番強く、足全体に痺れていました。

 

仙腸関節から施術し、左下肢の緊張を解いた後に足自体の硬直した部分を緩めていきました。

仙骨モビリゼーション仙腸関節の治療の例:腹臥位

仙腸関節 側臥位仙腸関節の治療の例:側臥位

 

そして腰椎の緊張を取ると普通に歩けるくらいまで筋力がその場で回復しました。

膝の崩れは体の回旋に引っ張られている部分を治すと改善し、つま先立ちもできました。

 

しびれは足先は残っていて、もう少し痺れに関しては多角的な視点で考えていかなければならなそうです。

 

 

日頃から体に目を向けて対話を続けることが、急に体調を崩した時にも大変役に立ちます。

不調は目を背けずに、一度自分の体とコミュニケーションして頂けたらと思います。

 

腰痛やしびれ、力が入らないなど、身体の不調にお困りの方がいらっしゃいましたら御気軽にご相談ください

東京都港区芝 にしむら治療院

Share This:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です