ヒールの足の痛み 足底腱膜炎 外反母趾 東京都にしむら治療院

「ヒールを履くから足が痛いのは仕方がない」というのは間違いである。

ヒールを履く人でもみんなが足の痛みを訴えるわけではありません。

確かに足の支持する面が狭くなるため圧力は増しますが、それだけが痛い原因ではないのです。

 

足底腱膜炎の他の症例はこちら

長距離走と足底腱膜炎・アキレス腱炎

ランニングと仙骨の可動性についてはこちら

 

外反母趾で困っている相談は数多く受けます。

手適切な検査と治療を受ければ、痛みは取れます。

 

今回、女優として活躍しています患者様の症例報告を致します。

左足の捻挫をして、それから足の裏の痛みが取れず、ヒールを履いても痛みのでないようにしてほしい、との相談でした。

既往歴として、昔バレエを踊っていたためにアキレス腱や足の痛みを長く経験していたことがあります。左足の方が痛みの経験は多かったそうです。

足の捻挫をしてしまい、それから一ヶ月も痛みが取れないとのことで来院されました。

 

既往歴(過去にどのような問題を抱えていたか)というのは大切で、どういう痛みが長引くのかを予測することができます。

もともと左足の痛みが起きていた経験から、右足に比べると左足はストレスを受けやすかったことがわかります。

つまり、捻挫した箇所だけを診ていては行けないということです。

 

左足の捻挫の経緯としては、足を組んでいた状態で座っていたあとに、立ち上がろうとすると足がしびれていて、膝が内側へと崩れる様にして足の内側に体重を乗せてしまったという。

一般的に考える捻挫とは異なることがわかります。

しかし足を組んでいて足が痺れたというのは非常に重要なポイントです。

検査をして行くとよくわかります。

 

足を検査すると

舟状骨が下方変位(捻挫の膝崩れと関連)、母指・第2指の中足骨頭が下方変位(外反母趾になりやすい状態)、踵骨の内方が上方変位(アキレス腱の問題)

右足のアキレス腱は左足より太く、若干右足の踵骨の動きは硬かった。

距腿関節
距腿関節

捻挫してしまった状態を元に戻していきます。

 

次になぜ足がしびれたのかを考えます。

腓骨という膝の下の骨のには坐骨神経の一種の総腓骨神経が迂回しています。

足を組んでいた時にその神経を圧迫してしまったのでしょう。

腓骨は後方変位を来たし、外側ハムストリングスは短縮していました。

脛骨の前方後方可動性検査
腓骨の前方後方可動性検査

これもしびれやすい状態を指していますので治さなければなりません。

 

これらはどちらかというと今回の痛みの件に直結するような問題点ですが、もともと左足の痛みが出やすかったところも考えていきます。

腰は左に凸のカーブを持ち、仙腸関節は左側がタイトになっています。

恐らくこれが左足の緊張を作っていたものと考えられました。

左の腰部仙腸関節の治療でだいぶ足回りの緊張はほどけ、より足の治療がしやすい状況となりました。

仙腸関節 側臥位
仙腸関節(この写真は右側の例)

右足のアキレス腱の硬さは股関節の牽引法でだいぶほぐれ、アキレス腱の太さも改善しました。

股関節のマイクロ牽引法
股関節のマイクロ牽引法

下肢の筋の緊張がアキレス腱に負荷をかけていたのでしょう。

 

ヒールを履かなければならない方に対して少しでもお力になれれば幸いです。

 

Share This:

「ヒールの足の痛み 足底腱膜炎 外反母趾 東京都にしむら治療院」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です