ゴルフ 左足裏の痛み・張り・つり感 足底腱膜炎

リストターンと肘の痛みの症例についてはこちら

ゴルフの解剖学 股関節と仙腸関節についてはこちら

ライ角と腱鞘炎の関連について

 

ゴルフスイング時に起こりえる筋肉や関節の炎症について考察し、より良い動きを理解していきます。

今日は左足の裏がつりそうになるという患者さんに対して起こっていた状態からどの動作が望ましいかを考察します。

通常の右利きにおいて、左足は壁を作る側の足となり、ダウンスイングからフォローまでの間に体重移動と安定を保つという二つの役割が必要になってきます。

つまりバランスが崩れそうになれば、どこかの筋肉が異常に緊張し、どうにかバランスを保とうとします。

この足裏の緊張というのはまさにバランスが崩れた時に起こる、体の異常な緊張です。

バランスと足の筋収縮
バランスと足の筋収縮

 

入門運動神経生理学―ヒトの運動の巧みさを探る
市村出版
売り上げランキング: 582,781

スイング指導するコーチによって正しいフォームというのは諸説ありますので、この度は、足の裏が緊張しないためにはどうあるべきかのみに焦点を当てたいと思います。

 

上記に説明した神経生理学は前後においてのバランスで関与する神経反射ですが、ゴルフの場合は左右にスライドと回旋においての問題が関わってきます。

その研究は存在していませんが、筋肉の作用から予測することは可能です。

 

左足の裏がつるという患者さんに対して起こっている状態として考えられるのは、足の接地している部分よりも体の重心が左にシフトさらには後ろに流れてしまうからです。

よく言われる「左側の壁」ですが、上手く作れずに身体が左そして後方によってしまうと、左足の土踏まずが浮いてしまい、それによるアンバランスはバランスを保つために足の親指を必死に曲げようと力が入ります。

これが足裏のつり感や張りに繋がります。

回旋時に左のお尻を強く引いてしまう癖がある方や壁が作れずに、重心が接地場所よりも外に流れる人は、股関節の外転・内転・内旋・外旋の治療や左回旋時の右背部の治療などが必要になるケースが多いです。

 

胸腰椎座位モビリゼーション
胸腰椎座位モビリゼーション
体幹の回旋検査
体幹の回旋検査
股関節の外転検査
股関節の外転検査
仙骨のモビリゼーション
骨盤の回旋

もちろん足関節の指の部分や、足関節・膝関節もきちんと改善させなければなりません。

距骨内側上方変位
距骨の異常一例
腓骨筋の緊張に作用する要因
中足骨の異常の一例

 

痛みやしびれ・張り感など、身体の不調を問わず、なかなか癖が取れないというフォームや飛距離が落ちてくるなど、パフォーマンスにおいての相談にも「身体の運動機能」という側面からお答えしていきます。

御気軽にご相談ください

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437

にしむら治療院ホームページ

Share This:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です