ランニング 座骨神経痛 東京都港区にしむら治療院

大阪マラソン、神戸マラソン、埼玉国際マラソンと11月はマラソン大会が全国各地で行われており、当院に来院されている患者さんも遠方まで参加をしに行かれています。

今日は、そんなランニングに関する症例検討をします。

 

30代男性

マラソン歴10年以上

半年前に走っている最中に右下腿外側に違和感が走り、それから足首の前面、膝の裏、臀部と痛み・張り・痺れの症状が出現。

走ることを辞め安静にし、ストレッチに通うが一向に改善せず、半年ほどが経過し当院に来院となりました。

これまでの治療というと、梨状筋とハムストリングスのストレッチ、腰部や下肢のマッサージを行っていたそうです。

歩行と軽いランニングの動作を確認すると、

  • 膝下からの動きの流れがないように思えました。
  • 接地時の骨盤の動きもおかしく、床反力に対しての力の逃がしができていない。
  • 身体の回旋も非対称
  • 右足の接地が身体の中心よりも左側にいく(内転過多)

機能検査を行うと

  • 右股関節の外転制限
  • 右股関節の外旋制限
  • 右膝の内旋制限・外旋過多
  • 距骨の内転制限・外転過多
  • 両足の内反足
  • 仙骨の左下方変位・右上方変位
  • 右骨盤の前傾・左骨盤の後傾
  • 下部胸椎左側弯・上部胸椎右側弯

 

触診の中で距骨の問題が非常に強く感じたので、距骨のリリースから始めました。

足先が外に向いている。 足関節の外がえし
足先が外に向いている。
足関節の外がえし
距骨の可動性
距骨の可動性

 

距腿関節
距腿関節

続いて膝関節の内旋可動性を改善させて行きます。5°から10°くらいの小さな動きです。

膝の回旋と膝蓋靭帯
膝の回旋と膝蓋靭帯
膝関節の回旋可動性
膝関節の回旋可動性

 

これだけでだいぶ膝下からの痺れが改善しました。

梨状筋の筋力テストによって
梨状筋の神経の発火が遅いことから、接地時の臀筋の収縮が遅れることもトレンデレンブルグ徴候との関連が示唆できました。

トレンデレンブルグ徴候
トレンデレンブルグ徴候

仙骨のリリースの後に、梨状筋の筋力テストで行うと筋収縮の早さも改善し、反射機能が改善したことがわかったため、仙骨の問題が坐骨神経痛の一つの原因であったようです。

仙骨のモビリゼーション
仙骨のモビリゼーション
仙腸関節
仙腸関節

 

座骨神経痛を引きずりながらの半年間は異常動作にも繋がっているため、身体の機能改善の後走り方の修正も最後行いました。

当院のランニング動作解析
当院のランニング動作解析

このように「検査」「仮説」「検証」の繰り返しによって症状が一つ一つ改善して行くことで、「座骨神経痛」という臀部・膝・足首と広がる症状の改善に繋がります。

 

座骨神経痛やランニングでの症状にお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

 

ランニングと仙骨の可動性」についてはこちら

足の痛みと 脛骨・腓骨・距骨・踵骨・舟状骨の機能」についてはこちら

マラソンと足の痛み」の症例についてはこちら

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

Share This:

足底腱膜炎・アキレス腱炎 駅伝・マラソン・長距離走 東京都西村治療院

最近また増えてきたのが、スポーツを盛んにされている方の足底腱膜炎とアキレス腱炎です。

この炎症によって多くの人が長距離走から退いていると聞いています。

当院では動作分析と、身体の機能分析とを評価し、足だけのアライメントではなく、足から頭までのアライメントがどのように戦略的に動いているかを評価しています。

接地時の動作戦略
接地時の動作戦略

 

これまでの足底腱膜炎などの症例報告はこちら

ヒールと足の痛み・足底腱膜炎・アキレス腱炎 総腓骨神経麻痺との関連

ランニングと仙骨の可動性についてはこちら

ランニングと接地時の力学的動作分析」についてはこちら

マラソンと足の痛み」の症例についてはこちら

 

適切な治療を受ければ治るものではあるのですが、ただひたすらマッサージとストレッチを受けているだけでは良くなりません。

まずは
足底腱膜を構成する足趾の屈筋
アキレス腱を構成するヒラメ筋と腓腹筋
これらの機能を考えながら治療場所を判定することが必要です。

機能というのは、足首の底屈運動・足趾の屈曲を指すのではありません。

身体がどういう時に反射的に収縮してしまうのかを考えます。

例えば、高いものを取ろうとした時、人はどうするでしょう?

つま先立ちをします。

つまり足首を底屈し、腓腹筋とヒラメ筋を収縮させます。

当たり前ですが、このことを理解していれば、足首の運動が起こるタイミングの前の段階で、足が浮こうとすると下腿の三頭筋は過剰な収縮を作って、アキレス腱を引っ張ってしまいます。

バランスと足の筋収縮
バランスと足の筋収縮

足が浮くとはどういうことを指すのでしょう?

これは私の臨床経験の中での考えになりますが、仙骨と呼ばれる部分の左右の傾斜が関与している場合と、腸骨の傾きが関与している場合が多いです。

仙骨の傾きの検査
仙骨の傾きの検査
後方腸骨
後方腸骨

参考図書:カイロプラクティックノート2

カイロプラクティック・ノート 2 モーション・パルペーション修得のために
中川 貴雄
科学新聞社出版局
売り上げランキング: 292,919

 

 

他にもあります。バランスを前に崩した場合、人はどうするでしょう?
ほとんどの人が踵を浮かせてバランスを取ろうとします。

つまり上半身が先行しすぎる場合も足は底屈を余儀なくされ、アキレス腱に負担がかかってきます。

 

他にもいろんな影響によって足首が固くなるのですが、それはどうしたらわかるのでしょうか?

関節の動きを検査をするとわかってきます。

関節の遊びを検査する方法としてお勧めのセミナーはこちら

モーションパルペーション研究会

 

先ほどの仙骨の傾きの検査によって、左右のどちらかが上下に動かない機能低下が存在している場合、その仙骨と足首の関連を実際に見てみます。

仙骨を下方へと下げた場合の足首の筋力や柔軟を評価すると、関連ある部分には足首の応答がしっかりと出てきます。

仙骨のモビリゼーション
仙骨のモビリゼーション

その繰り返しによって、どの部分を同機能改善するとアキレス腱や足底腱膜が緩むのかがわかります。

そうすると、どのように走ることでより楽に走れるかもわかるため、走り方の改善にも繋がります。

足が痛いだけといってもかならず全身評価しなければならないのはこういったためです。

 

競技の中断や長い痛みに苦悩している方の力に少しでもなれれば幸いです。

Share This:

フォアフット時に起こる足の痛みの考察 にしむら治療院

フォアフット・ベアフットというワードが主流になりつつランニングの世界。

走り方を指導するわけではなく、足の障害を持つ方にどのような変化を出せば痛みが少なくなるかが我々の領域であるので、フォアフット・ベアフットが良いかどうかは述べません。

本日はフォアフット走行に対して起こる足の痛みについて、どういうことが起こりうるかを考えて行きたいと思います。

そしてこの考察の部分は他のスポーツ、例えばバスケットボールの様に前と上という空間に対して対応しなければならない競技に対してもとても有効な概念になります。

Back view of man shooting basketball outdoors
Back view of man shooting basketball outdoors

 

まず、簡単にフォアフットの説明からして行きたいと思います。

足の指の付け根、足部の前面で接地することによって反射的に起こるふくらはぎの収縮を用いる走法です。

足の付け根で接地すると、テコの原理から、足首は背屈と呼ばれるつま先を上に上げる力を受けます。

plantar and dorsal flexion
plantar and dorsal flexion

背屈の力がかかるとアキレス腱が伸ばされ、アキレス腱反射と呼ばれる底屈の力が働きます。

この力を利用して走るというのがフォアフットの理論です。

メジャーリーガーのイチローの動きもこういう理論を利用しています。

 

さて、お気づきの方もいるかと思いますが、この底屈の運動は身体を上に持ち上げる運動です。

いわゆるジャンプの時にも用いられる運動のため、バスケットボールではたくさん使われる動きになります。

格闘技でパンチを出すタイミングの時の足の角度と位置が重要なのはこの「前」か「上」かに力をかけるための力学的な問題となっている場合が多いのです。

 

これをランニングに活かすにはどうしなければならないでしょうか?

これが前のめりになるというのに繋がるのです。

前のめりになった状態だと上に向いていた力は前方へと変化します。

足関節と力のベクトル
足関節と力のベクトル

以前からこの前に傾く、前に倒れそうになったときに足が勝手に出る(踏み直り反射と呼ばれる現象)この体勢が良いとされているのはそのためです。

バランスと足の筋収縮
バランスと足の筋収縮と神経機構

つまり前傾姿勢を保てない方というのはフォアフットでは逆にタイムが遅くなったり、別の箇所が痛くなったりとしてしまいます。

 

正確にいえば、膝関節、股関節、骨盤、脊柱とすべての関節の位置が関係してきますので、診察では全体の連動性を検査する必要があります。

脛骨の前方後方可動性検査
脛骨の前方後方可動性検査

SLR検査

距腿関節
距腿関節
内反と外反の接地方法
内反と外反の接地方法
運動連鎖
運動連鎖

 

 

そしてもう一つ重要なのが、途中にも出たアキレス腱反射という現象。

左右に差がある人が非常に多いです。

痛みのある患側で亢進している人が多いです。

アキレス腱反射の亢進とは、医学を学んだ人からするとそれって脳疾患が疑われてヤバい現象じゃないの?と教科書で学んだことが頭に浮かぶかもしれません。

その可能性はゼロではありませんが多くの場合は関節の機能異常が原因です。

筋肉の短縮、関節の位置覚の異常、関節の拘縮、坐骨神経痛の有無、電解質異常など、様々なことが関与しますが、まずは坐骨神経系、関節の機能異常を治療を試みましょう。

当院が行っている関節神経学的治療というのは、関節の機能を正常化することによって、今回のようなアキレス腱反射を改善することを指しています。

当院で行っている治療

 

アキレス腱反射の亢進は何がいけないのかというと、
まず筋緊張が強いので痛めやすい
すでに坐骨神経の問題を発しているため、障害が波及しやすい。
関節のアライメント異常も起こっていることが多い。

つまりすでに問題だらけというわけです。

走り方を変えて良くなる人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は故障します。

 

このように諸説ある走り方の指導によって変化した身体の使い方は、本能的に効率の良い動きにあれば良いのですが、なんらかの身体機能の破綻により行えない場合は、走り方を変えることで故障することに繋がります。

 

足の痛みで苦悩する方の手助けに慣れれば幸いです。

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

登山・トレイルランと足の痛み

マラソンと足の痛み

バレエと足の痛み

足の指と足首のこわばり

 

 

Share This:

踵の痛みと膝の痛みの関連 東京都にしむら治療院

踵や足首の痛みは、腰の痛みや足の痺れの経過から起こってくることもあれば、フットボーラーズアンクルやバレエのインピンジメントに代表されるようなスポーツ障害によって起こることが多いです。

Woman ballet dancing outdoors

Man playing soccer

今回はつま先を伸ばす、足関節の底屈で起こる踵や足関節の痛みについてまとめて行きたいと思います。

 

座骨神経痛の経過で起こる状態

アキレス腱反射が亢進している。
下腿筋肉の萎縮で扁平足、内反足になっている。

今まで見てきた中で多いのはこの二パターンかと思います。

 

スポーツ障害において考えていくと

バレエの場合は底屈に加えて外反に力を加える。
サッカーのシュートの場合は底屈、内返し。
内反捻挫後の後遺症。

が多く、そのスポーツの動作によって内反・外反のどの動きに問題があるかも検査して行く必要があります。

 

登山・トレイルランと足の痛み

マラソンと足の痛み

バレエと足の痛み

足の指と足首のこわばり

フォアフット時に起こる足の痛み

 

本日は膝を構成する骨でもある腓骨の働きから足の痛みについて考察して行きます。

腓骨の動き

足関節、腓骨を赤くしています。

腓骨の動き 背屈

足が背屈、つま先を上げた状態では腓骨は上に上がり後方へと滑ります。内旋するという文献もあります。

腓骨の動き 底屈

足が底屈、つま先を伸ばした状態では腓骨は下に下がり前方へと滑ります。外旋するという文献もあります。

 

このように腓骨は前後、上下、(回旋)、する骨であることが知られています。

膝関節は大腿骨と脛骨において行われる運動なので直接的には腓骨は動作に関与していません。

しかし、大腿二頭筋に代表される股関節・膝関節の筋肉が停止する位置でもあるため、股関節や膝関節の影響を受けています

足関節の動きに合わせて腓骨は動くのですが、腓骨に付着する筋肉が緊張していると関節の動きに制限が加わってしまいます。

この結果、足の痛みとなって出てきてしまいます。

 

足の痛みが出た場合に、腓骨の機能検査を行い、機能制限が起こる原因として膝関節や股関節の問題を探して行くことが非常に重要です。

 

 

足の痛みでお困りの方にお力になれていれば幸いです。

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

Share This:

マラソン 仙骨の可動性制限 東京都にしむら治療院

先日、東京マラソンが開催され、私はパラスポーツの体験会の手伝いをして参加させていただきました。

学生時代からケアしてきた選手が、入賞されるなどしてとても良い体験をさせていただきました、ありがとうございます。

 

トップアスリートから、一般参加者まで仙骨の問題から起因しているランニングのトラブルはとても多いです。

今回は仙骨とランニングの障害についてお話しします。

 

以前記載した「ランニングと接地時の力学的動作分析」についてはこちら

足の痛みと 脛骨・腓骨・距骨・踵骨・舟状骨の機能」についてはこちら

マラソンと足の痛み」の症例についてはこちら

 

統合的徒手療法や脊柱のモーションパルペーション、カイロプラクティックノート2に仙骨の可動性の検査法は多数掲載されています。

統合的徒手療法 生体力学編 (IMTシリーズ)
シャロン・ウェイセルフィッシュ・ジアマッ トーマス・ジアマッテオ
科学新聞社出版局
売り上げランキング: 489,962
カイロプラクティック・ノート 2 モーション・パルペーション修得のために
中川 貴雄
科学新聞社出版局
売り上げランキング: 337,882

 

マラソンによる障害において、仙骨の後下方変位がアキレス腱炎・足底腱膜炎を引き起こしていた症例をご紹介致します。

仙骨の上方への可動性
仙骨の上方への可動性

このように仙骨の上方への可動性を検査するのですが、アキレス腱炎や足底腱膜炎、さらにはハムストリングスの緊張などに悩む患者さんの多くに、この仙骨の上方への可動性が制限されています。

坐骨神経と関与する梨状筋の緊張が仙骨の上方への可動性を制限し、坐骨神経系の筋肉のトラブルを起こすためだと思います。

仙骨の可動性を改善することで、下腿三頭筋、ハムストリングス、足底筋膜は自然と緊張が緩和されます。

 

アキレス腱炎を患っている側のアキレス腱反射は亢進していることがほとんどです。

その腱反射も仙骨をはじめ、仙腸関節の問題を取り除くことで改善させることができます。

バランスと足の筋収縮の神経機構は研究が盛んな領域です。

バランスと足の筋収縮
バランスと足の筋収縮

 

 

仙骨は神経系のトラブルでの関与のみならず、力学的な問題とも大きく関わります。

力の流れ
力の流れ(カパンディの関節生理学)

このように立位の時は両足に力が均等に別れる様になっていますが、この脊柱からの力を最初に受ける仙骨に傾きが生じているとどうなるでしょうか。

力はある方向に強く受ける形になり、下肢痛や腰痛へと進行して行きます。

仙骨の傾きの検査
仙骨の傾きの検査(カイロプラクティックノート2)

このように当院では仙骨の関節の可動性を検査する(モーションパルペーション)ことで下肢への力学的な流れを作り出して行きます。

当院の治療方法についてはこちら

 

 

御気軽にご相談ください

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437

にしむら治療院ホームページ

 

 

Share This:

ランニング 膝の痛み 接地時の力学的動作分析 東京都港区にしむら治療院

手軽にできる運動として「ランニング」「ウォーキング」を始める方がたくさんいらっしゃいます。

初心者でも熟練者でもランニングやウォーキング時の膝の痛みで困っている方は多数いらっしゃいます。

いろんな角度からの分析が必要になりますが、今日は足の接地時の身体の状態と膝の痛みの関連に着いて一つの考察を紹介したいと思います。

 

ランニングと仙骨の可動性」についてはこちら

足の痛みと 脛骨・腓骨・距骨・踵骨・舟状骨の機能」についてはこちら

マラソンと足の痛み」の症例についてはこちら

 

身体を前へと進めていくことためには体を前傾に保ち、前に倒れる動きを必要とします

接地と体幹の位置
体幹を前傾に保つ
体幹が起きているとダメ
体幹が起きているとダメ

骨盤で前に傾けることができなければ、股関節を使うことができないため、まずは骨盤の前傾の機能を検査治療が必要になります。

モーションパルペーション 骨盤の可動性検査
モーションパルペーション
骨盤の可動性検査
後方腸骨
後方腸骨

関節の動きの機能検査は徒手医学会会長の中川貴雄先生の勉強会で学ぶことができます。

モーションパルペーション研究会

 

接地のタイミングも重要です。

体幹よりも足が前に接地してしまうと、床からの反力を膝や股関節に受けてしまう。

接地と体幹の位置
接地時にはすでに体幹は足の上にいる
接地時体幹は足よりも後ろにあるとブレーキがかかる
接地時体幹は足よりも後ろにあるとブレーキがかかる

床の衝撃を受けた時に関節がどのような位置にあるか、そしてどのように力を逃がしているかを分析しながら衝撃吸収の部分の検討も必要になってきます。

接地してから股関節で蹴るか、膝で蹴るか
接地してから股関節で蹴るか、膝で蹴るか
これは太ももの角度は変わらず膝からしただけが動いている
これは太ももの角度は変わらず膝からしただけが動いている

写真上と下では、太ももの位置は変わらず、膝から下しか動いていないため、膝や太股の筋肉に負担が強くかかります。

膝を曲げるタイミングは足裏が地面から離れる瞬間くらいが理想。

 

この動きにも先ほど話した骨盤の前傾の機能が必要になります。

さらに股関節の伸展の動作の機能改善が必要になります。

大腿骨の後方・外旋変位検査
大腿骨の後方・外旋変位検査の一部

 

症状によっては体の回旋の部分に影響が出ているために膝に痛みが出ている人もいれば、体が傾いているために膝の負担が増している場合もあります。

その場合、どこが回旋していて、どこが傾いているのかを細かく検査しなければなりません

仙骨の傾きの検査
仙骨の傾きの検査
胸腰椎座位モビリゼーション
体幹の傾きの治療

 

ランニングやウォーキングに対して苦悩している患者さんのお力になれれば幸いです。

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ
動きの細かい検査法を学びたい方は途中でご紹介した勉強会に参加されるか、当院にご相談ください。

参考図書はこちら

カイロプラクティック・ノート 2 モーション・パルペーション修得のために
中川 貴雄
科学新聞社出版局
売り上げランキング: 188,877

Share This: