手の痺れ・腱鞘炎・手が動かない・手のこわばり

足の異常で来院される方と同様に多いのが、手の障害で来られる方です。
足を痛めて歩けなくなるといった具合に、手も障害が出ると物が持てない、ペットボトルのキャップが開けられないといった日常動作に何かと不便が出てきます。
以前にも手が焼けるように痛いといった症状に対してのブログを掲載しましたが、今回は手のこわばりを訴えて来られた方の症例についてお話しします。
何度も話に出していますが、手の神経は首から出て、鎖骨の下、肋骨の上を通って各神経枝を出して肘を前後左右へと分岐して手まで向かいます。
ですので、手の先の障害が出た場合、真っ先に疑うのは「頚椎」「鎖骨と肋骨」「肩」「肘」「手首」というように神経の経路のどこかが問題が起きても手の先に症状は起こりうるのです。
ただ、頚椎の場合は、首が悪いからと言っても腰と背中の影響によって頚椎に支障を期待している場合は多く、結局のところ全身を治療しなければなりません。
さて今回は、そんな頚椎の問題が肋骨の機能異常によって起こった例をご紹介します。
40代女性、左手の腱鞘炎から始まり、続いて右手の腱鞘炎が起こってきました。
彈発現象(バネ指)は最初起こっていたものの、経過とともに手のこわばりとして変化していきました。
来院時バネ現象は起きず、指が曲がらず、伸びることにも多少の制限がありました。
指の解剖図
手の腱鞘
念のため、リウマチの検査も行いましたが、幸い陰性で腱鞘炎の治療を継続して様子みましょうとなっていましたが経過は変わらず、当院へと来院されました。
手のこわばりは最初から症状のある左手の方が強く、右手は深くは指が曲がらないものの、指が手のひらに触れられる程度でした。
一方左手の中指と薬指は曲げても手の平につかず宙に浮いてしまいます。
グーパーグーパーと離握手運動を素早く行ってもらうと、左手は遅れてしまい、すぐに腕全体がだるくなるというものでした。
この離握手運動はルーズテストと呼ばれる胸郭出口症候群の検査と似ているもので、腕全体がだるくなるという表現もまさしく胸郭出口症候群の症状と似ています。
つまり斜角筋・鎖骨・肋骨・小胸筋のポイントで一つ改善できるポイントがありそうです。
実際に触診してみると、
左の第1肋骨、第2肋骨は下がり、第7頚椎は下の第1胸椎に比べて右に傾いています。
第8頸神経であれば過度のストレッチによる障害、第1胸神経であれば圧迫神経障害というところでしょうか。
椎骨の関節の動きを検査(モーション・パルペーション)すると第1肋骨<第7頚椎<第6頚椎の順に硬さが強くなっていました。
鎖骨はというと肋骨に比べて左右の差は少なく、肩甲骨を含めて上肢帯によって、歪みを補正しているようです。
rib hight
右の第一肋骨は上に上がっており、下に押さえながら、右手を動かしてもらうと右手に関しては自由に動くようになりました。
同様に左側の下がっている肋骨を上へ押圧をかけて左手を動かしてもらったら、こちらはまだ変化が出ません。
二次的に頚椎が歪んでいる場合はこういうことがたまにあります。
第1、2肋骨のように下方変位している部分を探してみると、仙骨及び骨盤が左下方変位、胸腰部移行部の左下方変位、肩甲骨下端部の左下方変位。
それらを一度治療をした後に、再度肋骨の左側を上方へと押圧しながら左手の検査をするとだいぶ左手の指が曲がりやすくなりました。
手根骨の矯正や指の関節の治療を含めて4回で指が手の平に触れられるようにまでなりました。
たまにまたこわばることもありますが、経過良く過ごされているようです。
手の痛みやこわばりで苦悩している人のお力になれれば幸いです。
今回は幸いにもリウマチではありませんでしたが、リウマチの場合も同様の治療計画で痛みはだいぶ取れてきます。
無理のない治療で寛解することができれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院 西村 公典
ホームページリンク
03-6435-2437

Share This:

長く続くテニス肘、野球肘、ゴルフ肘に対する検査のあり方 にしむら治療院

テニス肘、野球肘、ゴルフ肘が長く続き、最終的に競技人生をあきらめるという、悲しい状況がなくならないのはなぜでしょう?

このテニス肘や野球肘、ゴルフ肘はその競技をやっていない人にも起こるという状況から見ても、ただの疲労が関係しているのではないことはわかります。

競技をやっている人もやっていない人も、肘にかかるストレスがあれば誰にでもなるのです。

つまり、ただでさえ競技中に肘を使っている選手であれば、もし身体の他の部分に問題があり、肘のストレスを増強させているとしたら、その痛みは取れるでしょうか?

 

結果は皆さんが経験している通り、
安静にして緩解しても運動再開ですぐに痛みの再発、
人によっては安静にしているのに緩解さえしない
といった具合でしょう。

 

じゃ、どこが肘にストレスをかけているのでしょう?
それはどうやって探せば良いのでしょう?

最近はフォームの動画撮影によって、フォームの異常は把握しやすくなっています。
しかし、フォームの異常は身体の異常の結果起こるため、フォームの矯正はより症状を悪化させることも多々あることをご存知でしょうか?

 

つまり必要なのは、目視では発見できない運動機能の低下している部分を『触診』によって見つけなければならないのです。

そのためのテクニックを「動きの触診モーションパルペーション」と言います。

 

当院ではモーションパルペーションによって検出される目視では確認できない関節の機能異常を治すことで、長期にわたって繰り返し続く運動時痛を取ることができます。

多くの方が3~5回の治療で良くなっています。

長く続いている肘の痛みがどこから来ているのか、探してみませんか?

 

少しでも競技を長く続けるためのお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

ゴルフコンディショニング 肩の痛み 手のこわばり 六本木・三田・品川 西村治療院

ゴルフやテニスで多い障害の肩・肘・手の痛みはすぐに良くなります。

腱鞘炎・肘の痛み・肩の痛みというのは関節の機能を適切に評価し、改善することでその直後から痛みを取ることができます。

 

リストターンと肘の痛みの症例についてはこちら

ゴルフの解剖学 股関節と仙腸関節についてはこちら

フォロー時の左肘の働きはこちら

ライ角と腱鞘炎の関連について

足の裏のつり 足底腱膜炎

手根骨の機能検査と治療
手根骨の機能検査と治療
機能検査
肘関節の機能検査

どこの部分が、どのタイミングで痛むのか。

そして痛む瞬間、痛む寸前に身体にどういった変化が起こるのかが大切になってきます。

痛みの前にすでに身体は問題点を露にしています。

 

例えば、肩の痛み。

「バックスイング時のトップの手前で肩が痛むんです」

痛む寸前で、股関節の動きが停止していたり、骨盤が傾斜していたり、身体が回転できていなかったり、肘や手首が捻られていたりと、肩以外の部分で機能が停止していることがほとんどです。

肩の治療をしなくとも、こういったことでほとんどが瞬間的に痛みを取ることができます。

 

手のこわばりも同様です。

グリップができない。指をつまむ動作ができない。

じつはこれらも、指の関節の回転のストレスが影響しているが、この指の関節の回旋ストレスを作っているのは肩や肘の部分からなることが多いので、指や手の治療をするよりも肩と肘の治療をする方が効果が出るのです。

 

腱鞘炎やゴルフ肘・テニス肘・肩の痛みでお困りの肩はぜひ、他の関節との関連を評価されてみてはいかがでしょうか。

プロゴルファーから、初心者の方まで身体の不調にお困りの方のお力になれれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

Share This:

ゴルフスイング リストターンは肘の運動 東京都にしむら治療院

ゴルフの解剖学 股関節と仙腸関節についてはこちら

フォロー時の左肘の働きはこちら

手のこわばりについてはこちら

ライ角と腱鞘炎の関連について

 

ゴルフのスイング動作を関節機能学で考えていきます。

当院ではエクササイズ・ストレッチやトレーニングでは改善することのできないcomponent movement / joint mobility に対する施術を行っています。

野球・テニス・水泳・バトミントン・卓球など手を動かすスポーツから日常動作にも通づる事ですが、ゴルフスイングに焦点を絞ってご紹介致します。

 

今日はフォロー時の右肩の痛み(右利き)や、フォロー時の右肩のひっかかりに対する症例と共に、肘の機能改善の重要性についてお話ししていきたいと思います。

 

ゴルフのスイングの中で「リストターン」という言葉があります。

「リスト wrist」と聞いて、「手首」としてイメージするかもしれませんが、この運動は「肘の運動」です。

手の平を返す動き、この動きは肘で行われていて、回内回外と言います。

手を返す動き(回内外)と解剖
手を返す動き(回内外)と解剖

 

もしこの回内・回外の機能制限が起きるとどうなるでしょう?

この捻る動きは肩の代償動作によって行われなければなりません。

肩関節の内旋と外旋に移行していきます。

肘の回内外と肩の内旋外旋 協調運動
肘の回内外と肩の内旋外旋

この肘関節の回内と肩の内旋、回外と外旋の運動は協調運動cordination と呼ばれ無意識に連動しています。

 

肘の屈曲角度によっては、肩関節の外転と内転へと移行するため、その人のスイング時の肘の角度によって、見方を変える必要はあります。

 

大切なのは、この肘の回内と回外に制限がある場合は、肩に回旋や挙げたり降ろしたりという、スイング動作には欠かせない動きを妨げてしまうという点です。

実際に当院で肩や手首の痛みを持って来院している方の多くは肘関節の機能改善によって、痛みがかなり軽減します。

 

痛みがなくても、「スイング動作を変えたいが、癖が取れない」このような場合には、必ずどこかにそのフォームになってしまう原因が存在します。

その一つにこの肘関節の可動性joint play / mobility / intra-articular movement の問題があります。

 

50代男性:趣味ゴルフ

スイング時に左肩で引っ張りたいのだが、どうしてもフォロー時に右肩の前が詰まる感じがして、左手を意識したくてもできない。

日常中の右肩の動作時のひっかかりが出て来院に至る。

 

いわゆるインピンジメント症候群と呼ばれる状態で、肩を挙げた時に引っ掛かりと痛み、腕を高く上げると痛みが消失する状態でした。

肩の外転可動域テスト
肩の外転可動域テスト

60°〜120°の辺りで引っ掛かりと痛みを訴えるとインピンジメント症候群の可能性が高い

 

痛みは二頭筋の腱鞘部分で二頭筋腱鞘炎も同時に患っているようでした。

二頭筋はそもそも肘の運動(回外筋)にも関与するために、肘の検査を行ってみました。

 

肘関節の可動域

回内 R45° L60°  回外 R45° L80° でした。

ともに右側が制限されており、肘関節の可動性から治療していきました。

橈骨の回内
橈骨の回内検査
機能検査
橈骨の離開と回内外の機能改善

 

肘の回内外の可動性を取り戻すと、肩の二頭筋腱鞘部の痛みも改善し、肩関節のインピンジメントもかなり改善しました。

何よりも驚かれていたのは、スイングのフォロー時の肩の詰まりがなくなっていたことです。

 

肩関節で言うと「内転」と呼ばれる動作において、「内旋」も同時に加わってしまうと、大胸筋が完全収縮してしまい、肩の内側で詰まり管を感じる方は多くなります。

さらに内旋が行われると、肩の大結節と呼ばれる骨の隆起部分が関節内の方へと向くため、肩の運動性自体が制限されやすくなります。

 

鎖骨の可動性の改善や、体幹の回旋も改善させる必要がありましたが、肘関節が肩の症状に大きく関わっていたことを経験させていただきました。

 

今回も、健康を理解するための前進を可能にしていただき、すべての患者様に感謝申し上げます。

 

健康に過ごす手助けが少しでもできましたら幸いです。

相談等、気軽にご連絡ください。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

 

 

 

Share This:

投球と肘の痛み 肩のインピンジメント 東京都にしむら治療院

離断性骨軟骨炎・関節ネズミ・野球肘など、野球で起こる肘の疾患はいくつか存在しています。

程度によって手術が必要となりますが、
関節の遊びjoint playと呼ばれる(可動性joint mobility / 関節包内運動intra articular movement )
関節の動きを構成するための小さな動きを改善することで症状はだいぶ軽減します。

そして何よりも大切なのは、
症状や疾患となって主観的に感じられるようになってしまう前に、
この関節の遊びの運動はすでに異常が起きている・・・。

つまりは日頃からこの関節の動きを検査していれば、肘の痛みが起こる前に対応できるのです。

例えば、「ちょっとした腕の張り」や、「いつもよりもちょっと固いな」という時にすでに関節の遊びに問題が起き始めています。

 

当院では、この関節の遊びを検査し治療することによって、肘や肩、手の痛みやスポーツにおけるコンディショニングに効果を出しています。

当院で行っている治療概要

肘の機能制限と上肢の症状

腱鞘炎の治し方(肘との関連)

ゴルフのフォームと肘の機能

肩の可動域改善に対する分析

 

肩関節のインピンジメントと動作時における痛みが、肘の関節可動性を改善することによって改善した症例をご紹介します。

 

30代男性

既往歴:学生時代に野球によって離断性骨軟骨炎となり、手術をしています。

現在、野球はほとんどしていないが、最近になって段々と腕が上がりづらくなり、今では肩を動かした時にゴリッという音と痛みが出現。

いわゆる肩のインピンジメントが起きていることが予測でき、さらに可動域の低下も起きています。

 

通常通り、頸椎・胸椎や腰椎・骨盤の可動性を検査し治療をすると、

肩関節の可動域
外転85°→120° 屈曲90°→110°

に改善、インピンジメント消失するものの、まだ可動域は改善しきれません。

そこで既往歴にもあった肘の問題に目を向け、肘関節の機能を検査すると、

尺骨の上方変位・肘頭の内方変位・橈骨の後方変位・上方変位・回内可動性制限がありました。

機能検査
下方可動性検査
肘関節のモビリゼーション
肘関節の関節可動性検査

 

手術しているため、本来ある可動性に戻せるとは限りませんが、尺骨についてはだいぶ動きを取り戻すことができました。

 

その後に肩の可動域を計ると、
外転140° 屈曲150°
と大きく改善しました。

肘の緊張が、二関節筋である、三頭筋や二頭筋の緊張を起こし、肩の機能を制限していた様に思われます。

 

上肢の問題を抱える患者様、それを支える医療従事者にとって少しでもお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

当院も講師として参加している関節の遊びを検査し改善する治療法を学ぶための教科書はこちら

Share This:

様々なスポーツにおける肩の治療の考察 東京都港区にしむら治療院

当院では様々なスポーツのアスリートのケアに携わっています。

一般にスポーツを楽しむ方から、プロの方、中には世界チャンピオンや金メダリストにも来院していただいています。

昨年、肩の治療について講演させていただく機会もあり、同業者の方からも紹介を頂く機会も増えて参りました。

身体の理解に対して前進を可能にしてくださいましたすべての患者様に感謝申し上げます。

 

今日は、様々なスポーツに対する肩の治療を経験してきて、身体の繊細な動作について、紹介していきたいと思います。
スポーツに限らず、普段の日常生活動作もこれと同様の機能が働いています。
当院では関節や筋肉・神経の痛みにはこれから紹介する動きの流れを見ながら治していきます。

 

足から肩への力の流れや、一方の手から一方の手への力の伝達など考えながら、その人の肩の障害においてどのように関わっているかを考察することが大切です。

 

まずは力の軸についてお話しします。

肩と体幹と下肢の軸
肩と体幹と下肢の軸

片手をオーバーハンドする場合には中央の様に、
挙上する肩と同側の足との軸を作る時もあれば、
写真右の様に反対側で軸を作る時もあります。(もちろん両足接地の場合もある)

片手のオーバーハンドの時もあれば、バレーボールのトスのように両手で行うこともありますので、その時の軸の作り方は異なっています。

浮いている足をどのようにするかによっても体幹の動きは変わりますので、
最近流行の体幹の固定を意識しすぎると、手足で軸を作らなければならない時には、体幹の固定は手足の動きの制限を招きます

常に体幹は手足の動きに合わせて余裕を作らなければなりません。

 

投球動作に着いて考えてみます。

肩関節の一番安定したゼロポジションで投球をさせると良いことは知られています。

IMG_1099 IMG_1098 IMG_1100

参考図書:肩診療マニュアル(医歯薬出版社) 肩の治療に携わる方は必ず持ちましょう

肩診療マニュアル (診療マニュアルシリーズ)
橋本 淳 信原 克哉
医歯薬出版
売り上げランキング: 715,957

よくこの左の様に体幹が倒れている状態の選手に、体幹の固定が弱いからといって、筋肉を付けようとしてしまいます。

実際には体重移動ができていない分を体幹の左屈によって補っているのであって、この状態で体幹を固定してしまうと、肩を痛めてしまいます

体幹が弱いのか、体重移動ができていないのかを触診にて確かめる必要があるのです。

最近、アスリートの方でこの体幹の強化によってコンディショニングが低下する方が目立ってきています。

フォームの乱れがどこの機能異常によって起こっているかの触診をしなければ選手は良い結果を出し続けられません。

 

テニスのストロークについてこの下肢と体幹の軸について別視点で考えてみましょう。

右足重心・体幹の軸と平行に近い
右足重心・体幹の軸と平行に近い
左足重心・体幹も左足の軸と平行
左足重心・体幹も左足の軸と平行
体重は右だが、体幹の軸は左足と平行
体重は右だが、体幹の軸は左足と平行

この最後の写真は右足からの力の軸が伝わらず、力を乗せることができません。

球もスライスでしか打てないでしょう。

なぜスライスでしか打てないのかというと、運動連鎖から理解できるかと思います。

 

ボクシングや空手のパンチをイメージして、他の視点からドライブ回転とスライス回転の体の動きを理解しましょう。

ストレート アッパー

写真左の様に、手の甲が上に、手の平が下向いている、いわゆる肘の回内動作は、肩関節の内旋へと移行し、その腕の肩を持ち上げる方向へと回転が連動する。

裏拳やアッパーの様に手の平が上、甲が下を向いている場合は、先ほどと反対側の回転が各関節へと順番に連動していきます。

 

右利きのテニスプレイヤーがドライブをかける時は、体は左屈もしくは右スライドしやすく、
スライスをかけていく時は右側に倒れる傾向になる。

体重は右だが、体幹の軸は左足と平行

先ほどの写真の様に右に傾いていると、強いドライブ回転を打つためには、体を大きく傾かせる必要がある。

もしくは手先の動作だけでドライブ回転をかけなければならない。

 

このように身体の動作は、ある行為において体全体で行う時には決まった力の伝達を必要とします。

各関節のタイミングをずらして動くことで、別の力学的結果を起こすことも可能ですが、それだけ身体には負荷がかかってしまいます。

痛みや張り感といった症状を取るためには再度運動連鎖の教育をする必要があるため、今回紹介したような動きの連動は理解しなければなりません。

 

 

スポーツを健康的に楽しく続けるため、勝つため、そして運動器の痛みにお困りの方に、少しでもお役に立てれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

長く続く肩板損傷・クリック音の症例報告はこちら

手術後も続く肩の痛み・腱板損傷・腱板断裂の症例報告はこちら

右肩を着いてからも続く肩の痛みの症例報告はこちら

腕を降ろす時にクリック音と痛みの症例報告はこちら

Share This: