バランス 巧みな動きとは 動的平衡

ボクシングやサーフィンは全く異なるスポーツですが、それぞれチャンピオンの治療をしています。

surfing

選手から細かい動きについて教わりながら、どの関節が動かなければならないのかを検討し、実際選手が「不得意とする動き」、「症状との関連のある動き」に対して、関節の機能異常を探ります。

 

例えば、サーフィンでレギュラースタンス(左足前右足後ろ)よりもグーフィースタンス(右足前左足後ろ)の場合、右足で膝を伸ばす様にキックする動きが含まれます。

つまり大腿四頭筋の神経の発火が遅い場合、タイミングが遅れ、波に飲まれてしまいます。

四頭筋の発火が正常で、筋力もあったとしても、体幹の右回旋ができなければ、四頭筋の収縮に対して体幹がぶれてしまいます。

四頭筋も体幹も上手く動いても、肩のひっかかりがあると、足や体幹のダイナミックな動きに対してバランスを取るための腕の動きが制限されることになります。

 

つまりただバランスのトレーニングと言ってもだめなのです。

スポーツにおいても重要なのは動的なバランスです。

 

動的なバランスを考えた時にとても重要なワードは

予測的姿勢調節 : anticipatory postural adjustment : APA」という言葉を用いてその違いを一つ紹介できたらと思います。(先行随伴性姿勢調節などとも言います)

予測的姿勢調節というのは、
目的とする動作をスムースに遂行するために同時に駆動される姿勢調節機能です。

 

これは以前、肘や手の痛みでもご紹介しました。

身体は手の位置的変化に会わせて、バランスを取る様に足の筋収縮を調整したり、背筋に前もって力を入れる準備をしたりと、目的の動作の0.1秒前から0.05秒の間で姿勢調節postural setを行っています。

 

先ほどのサーフィンで言えば、ボードをキックする際の足の動きに対する体幹の動き、さらには腕の動きは、ボードをキックする前に始まっているということです。

ボクシングで言えば、拳を突き出す際の、足の踏ん張りでしょうか。

 

重心移動も同じです。重心を移動して行く際には、足裏と地面との接触の変化にはじまり、膝や股関節、仙腸関節の各関節が、どこかの可動域制限が起こる前に緊張を来してきます。

それも重心を移動する前にすでにその関節は準備を始めています。

つまりはある関節に問題が起こっている場合、重心の移動すらまともに行えないのです。

 

当院では、数mm、数°の小さな関節の動きを検査する技術を用いて、五輪金メダリストのようなトッププロからサンデーアスリートたちのコンディショニングを行っています。

 

以前に記載した予測的姿勢調節についてはこちら

 

毎日の運動が少しでも気持ちよく行えるようなサポートができたらと思います。

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

当院で行っている治療概要

予測的姿勢調節に対する参考図書

入門運動神経生理学―ヒトの運動の巧みさを探る
市村出版
売り上げランキング: 627,121
運動の成り立ちとは何か―理学療法・作業療法のためのBiNI Approach
舟波真一 山岸茂則
文光堂
売り上げランキング: 108,291

Share This:

フォアフット時に起こる足の痛みの考察 にしむら治療院

フォアフット・ベアフットというワードが主流になりつつランニングの世界。

走り方を指導するわけではなく、足の障害を持つ方にどのような変化を出せば痛みが少なくなるかが我々の領域であるので、フォアフット・ベアフットが良いかどうかは述べません。

本日はフォアフット走行に対して起こる足の痛みについて、どういうことが起こりうるかを考えて行きたいと思います。

そしてこの考察の部分は他のスポーツ、例えばバスケットボールの様に前と上という空間に対して対応しなければならない競技に対してもとても有効な概念になります。

Back view of man shooting basketball outdoors
Back view of man shooting basketball outdoors

 

まず、簡単にフォアフットの説明からして行きたいと思います。

足の指の付け根、足部の前面で接地することによって反射的に起こるふくらはぎの収縮を用いる走法です。

足の付け根で接地すると、テコの原理から、足首は背屈と呼ばれるつま先を上に上げる力を受けます。

plantar and dorsal flexion
plantar and dorsal flexion

背屈の力がかかるとアキレス腱が伸ばされ、アキレス腱反射と呼ばれる底屈の力が働きます。

この力を利用して走るというのがフォアフットの理論です。

メジャーリーガーのイチローの動きもこういう理論を利用しています。

 

さて、お気づきの方もいるかと思いますが、この底屈の運動は身体を上に持ち上げる運動です。

いわゆるジャンプの時にも用いられる運動のため、バスケットボールではたくさん使われる動きになります。

格闘技でパンチを出すタイミングの時の足の角度と位置が重要なのはこの「前」か「上」かに力をかけるための力学的な問題となっている場合が多いのです。

 

これをランニングに活かすにはどうしなければならないでしょうか?

これが前のめりになるというのに繋がるのです。

前のめりになった状態だと上に向いていた力は前方へと変化します。

足関節と力のベクトル
足関節と力のベクトル

以前からこの前に傾く、前に倒れそうになったときに足が勝手に出る(踏み直り反射と呼ばれる現象)この体勢が良いとされているのはそのためです。

バランスと足の筋収縮
バランスと足の筋収縮と神経機構

つまり前傾姿勢を保てない方というのはフォアフットでは逆にタイムが遅くなったり、別の箇所が痛くなったりとしてしまいます。

 

正確にいえば、膝関節、股関節、骨盤、脊柱とすべての関節の位置が関係してきますので、診察では全体の連動性を検査する必要があります。

脛骨の前方後方可動性検査
脛骨の前方後方可動性検査

SLR検査

距腿関節
距腿関節
内反と外反の接地方法
内反と外反の接地方法
運動連鎖
運動連鎖

 

 

そしてもう一つ重要なのが、途中にも出たアキレス腱反射という現象。

左右に差がある人が非常に多いです。

痛みのある患側で亢進している人が多いです。

アキレス腱反射の亢進とは、医学を学んだ人からするとそれって脳疾患が疑われてヤバい現象じゃないの?と教科書で学んだことが頭に浮かぶかもしれません。

その可能性はゼロではありませんが多くの場合は関節の機能異常が原因です。

筋肉の短縮、関節の位置覚の異常、関節の拘縮、坐骨神経痛の有無、電解質異常など、様々なことが関与しますが、まずは坐骨神経系、関節の機能異常を治療を試みましょう。

当院が行っている関節神経学的治療というのは、関節の機能を正常化することによって、今回のようなアキレス腱反射を改善することを指しています。

当院で行っている治療

 

アキレス腱反射の亢進は何がいけないのかというと、
まず筋緊張が強いので痛めやすい
すでに坐骨神経の問題を発しているため、障害が波及しやすい。
関節のアライメント異常も起こっていることが多い。

つまりすでに問題だらけというわけです。

走り方を変えて良くなる人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は故障します。

 

このように諸説ある走り方の指導によって変化した身体の使い方は、本能的に効率の良い動きにあれば良いのですが、なんらかの身体機能の破綻により行えない場合は、走り方を変えることで故障することに繋がります。

 

足の痛みで苦悩する方の手助けに慣れれば幸いです。

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

登山・トレイルランと足の痛み

マラソンと足の痛み

バレエと足の痛み

足の指と足首のこわばり

 

 

Share This:

投球と肘の痛み 肩のインピンジメント 東京都にしむら治療院

離断性骨軟骨炎・関節ネズミ・野球肘など、野球で起こる肘の疾患はいくつか存在しています。

程度によって手術が必要となりますが、
関節の遊びjoint playと呼ばれる(可動性joint mobility / 関節包内運動intra articular movement )
関節の動きを構成するための小さな動きを改善することで症状はだいぶ軽減します。

そして何よりも大切なのは、
症状や疾患となって主観的に感じられるようになってしまう前に、
この関節の遊びの運動はすでに異常が起きている・・・。

つまりは日頃からこの関節の動きを検査していれば、肘の痛みが起こる前に対応できるのです。

例えば、「ちょっとした腕の張り」や、「いつもよりもちょっと固いな」という時にすでに関節の遊びに問題が起き始めています。

 

当院では、この関節の遊びを検査し治療することによって、肘や肩、手の痛みやスポーツにおけるコンディショニングに効果を出しています。

当院で行っている治療概要

肘の機能制限と上肢の症状

腱鞘炎の治し方(肘との関連)

ゴルフのフォームと肘の機能

肩の可動域改善に対する分析

 

肩関節のインピンジメントと動作時における痛みが、肘の関節可動性を改善することによって改善した症例をご紹介します。

 

30代男性

既往歴:学生時代に野球によって離断性骨軟骨炎となり、手術をしています。

現在、野球はほとんどしていないが、最近になって段々と腕が上がりづらくなり、今では肩を動かした時にゴリッという音と痛みが出現。

いわゆる肩のインピンジメントが起きていることが予測でき、さらに可動域の低下も起きています。

 

通常通り、頸椎・胸椎や腰椎・骨盤の可動性を検査し治療をすると、

肩関節の可動域
外転85°→120° 屈曲90°→110°

に改善、インピンジメント消失するものの、まだ可動域は改善しきれません。

そこで既往歴にもあった肘の問題に目を向け、肘関節の機能を検査すると、

尺骨の上方変位・肘頭の内方変位・橈骨の後方変位・上方変位・回内可動性制限がありました。

機能検査
下方可動性検査
肘関節のモビリゼーション
肘関節の関節可動性検査

 

手術しているため、本来ある可動性に戻せるとは限りませんが、尺骨についてはだいぶ動きを取り戻すことができました。

 

その後に肩の可動域を計ると、
外転140° 屈曲150°
と大きく改善しました。

肘の緊張が、二関節筋である、三頭筋や二頭筋の緊張を起こし、肩の機能を制限していた様に思われます。

 

上肢の問題を抱える患者様、それを支える医療従事者にとって少しでもお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

当院も講師として参加している関節の遊びを検査し改善する治療法を学ぶための教科書はこちら

Share This:

様々なスポーツにおける肩の治療の考察 東京都港区にしむら治療院

当院では様々なスポーツのアスリートのケアに携わっています。

一般にスポーツを楽しむ方から、プロの方、中には世界チャンピオンや金メダリストにも来院していただいています。

昨年、肩の治療について講演させていただく機会もあり、同業者の方からも紹介を頂く機会も増えて参りました。

身体の理解に対して前進を可能にしてくださいましたすべての患者様に感謝申し上げます。

 

今日は、様々なスポーツに対する肩の治療を経験してきて、身体の繊細な動作について、紹介していきたいと思います。
スポーツに限らず、普段の日常生活動作もこれと同様の機能が働いています。
当院では関節や筋肉・神経の痛みにはこれから紹介する動きの流れを見ながら治していきます。

 

足から肩への力の流れや、一方の手から一方の手への力の伝達など考えながら、その人の肩の障害においてどのように関わっているかを考察することが大切です。

 

まずは力の軸についてお話しします。

肩と体幹と下肢の軸
肩と体幹と下肢の軸

片手をオーバーハンドする場合には中央の様に、
挙上する肩と同側の足との軸を作る時もあれば、
写真右の様に反対側で軸を作る時もあります。(もちろん両足接地の場合もある)

片手のオーバーハンドの時もあれば、バレーボールのトスのように両手で行うこともありますので、その時の軸の作り方は異なっています。

浮いている足をどのようにするかによっても体幹の動きは変わりますので、
最近流行の体幹の固定を意識しすぎると、手足で軸を作らなければならない時には、体幹の固定は手足の動きの制限を招きます

常に体幹は手足の動きに合わせて余裕を作らなければなりません。

 

投球動作に着いて考えてみます。

肩関節の一番安定したゼロポジションで投球をさせると良いことは知られています。

IMG_1099 IMG_1098 IMG_1100

参考図書:肩診療マニュアル(医歯薬出版社) 肩の治療に携わる方は必ず持ちましょう

肩診療マニュアル (診療マニュアルシリーズ)
橋本 淳 信原 克哉
医歯薬出版
売り上げランキング: 715,957

よくこの左の様に体幹が倒れている状態の選手に、体幹の固定が弱いからといって、筋肉を付けようとしてしまいます。

実際には体重移動ができていない分を体幹の左屈によって補っているのであって、この状態で体幹を固定してしまうと、肩を痛めてしまいます

体幹が弱いのか、体重移動ができていないのかを触診にて確かめる必要があるのです。

最近、アスリートの方でこの体幹の強化によってコンディショニングが低下する方が目立ってきています。

フォームの乱れがどこの機能異常によって起こっているかの触診をしなければ選手は良い結果を出し続けられません。

 

テニスのストロークについてこの下肢と体幹の軸について別視点で考えてみましょう。

右足重心・体幹の軸と平行に近い
右足重心・体幹の軸と平行に近い
左足重心・体幹も左足の軸と平行
左足重心・体幹も左足の軸と平行
体重は右だが、体幹の軸は左足と平行
体重は右だが、体幹の軸は左足と平行

この最後の写真は右足からの力の軸が伝わらず、力を乗せることができません。

球もスライスでしか打てないでしょう。

なぜスライスでしか打てないのかというと、運動連鎖から理解できるかと思います。

 

ボクシングや空手のパンチをイメージして、他の視点からドライブ回転とスライス回転の体の動きを理解しましょう。

ストレート アッパー

写真左の様に、手の甲が上に、手の平が下向いている、いわゆる肘の回内動作は、肩関節の内旋へと移行し、その腕の肩を持ち上げる方向へと回転が連動する。

裏拳やアッパーの様に手の平が上、甲が下を向いている場合は、先ほどと反対側の回転が各関節へと順番に連動していきます。

 

右利きのテニスプレイヤーがドライブをかける時は、体は左屈もしくは右スライドしやすく、
スライスをかけていく時は右側に倒れる傾向になる。

体重は右だが、体幹の軸は左足と平行

先ほどの写真の様に右に傾いていると、強いドライブ回転を打つためには、体を大きく傾かせる必要がある。

もしくは手先の動作だけでドライブ回転をかけなければならない。

 

このように身体の動作は、ある行為において体全体で行う時には決まった力の伝達を必要とします。

各関節のタイミングをずらして動くことで、別の力学的結果を起こすことも可能ですが、それだけ身体には負荷がかかってしまいます。

痛みや張り感といった症状を取るためには再度運動連鎖の教育をする必要があるため、今回紹介したような動きの連動は理解しなければなりません。

 

 

スポーツを健康的に楽しく続けるため、勝つため、そして運動器の痛みにお困りの方に、少しでもお役に立てれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

長く続く肩板損傷・クリック音の症例報告はこちら

手術後も続く肩の痛み・腱板損傷・腱板断裂の症例報告はこちら

右肩を着いてからも続く肩の痛みの症例報告はこちら

腕を降ろす時にクリック音と痛みの症例報告はこちら

Share This: