ゴルフ 左肩の動きと脊柱の運動連鎖 東京都にしむら治療院

ゴルフで左腕が使えず右手うちになってしまうという相談はとても多いです。

来院されるという経緯としては、左腕を使おうと練習した結果、左の肩や左肘を壊してしまった方が多い傾向にあります。
なかには左肩肘の症状ではなく、右肘や肩の痛みで来院され、左手がなかなか使えずに困っていたという人もいらっしゃいます。

故障した症状の治療に対しても、原因となった動きの治療が必要ですので、左腕がなぜ使えないかを分析することは非常に重要です。
まずはゴルフで必要な動きについて考えてみましょう
ゴルフの左腕の機能は、インパクトからフォロースルー時の左肘(回外)・肩の回旋(外旋)の動きです。

肩の外転・外旋
肩の外転・外旋

この動きが何らかの問題で制限がかかると肩や肘に痛みが出てきます。

肩の痛みや肘の痛みはオーバーワーク、つまり使い過ぎと言われていますが、本当は関節の機能が制限される状態、つまり「使えていない状態」が原因です。

その原因とは、肩や肘の問題でもありますが、その背景にある背骨や骨盤の可動性にトラブルを抱えていることがほとんどです。

 

今回は背骨の可動性の低下が起こす左腕の筋力低下によってゴルフのスイングが改善しなかった症例を元に身体の機能についてご説明します。

インパクト時に身体はどの位置にあると左腕に力が入りやすいでしょうか?

これは筋力テストを用いると明解です。

身体のどのポジションで力が入りやすいかは検査によって導きだせます。
その方のインパクトがその位置よりぶれている場合にはどれだけ身体に意識を持とうが力は入りません。

肩も同様です。
肩の外旋・外転という動きを行わなければならない場合、脊柱はどうなっていなければならないと思いますか?
これはスウェーと回旋が絶妙な位置にないと左肩に力が入りません。

一つ紹介すると体がスウェーしている状態は右肩が下がるような脊柱の動きを伴います。

しかし、体を左に回旋する動きは、右肩が上がる動きを伴います。

つまりゴルフで必要とされる脊柱の動き(肩の高さ)は相殺される動きなのです。

回旋側屈 骨モデル
回旋側屈 骨モデル

左肩の外転・外旋を行いたい場合に、このスウェーと回旋が肩にとって良い割合にならなければ、どうあがいていも力は入りません。

どれくらいがいい割合なのかは、筋力テストによって簡単に実感することができます。

あなたの腕は力が入る位置にしっかりと体幹を使えているでしょうか?

無闇に体幹トレーニングを行うと、より脊柱の動きを制限することになり、ますます肩に問題を来します。

肩や肘のお悩み、またはスイングについて困っている方のお力になれれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

 

Share This:

ゴルフ・左股関節の痛み・太ももの張り 東京都にしむら治療院

ゴルフによって腰痛、座骨神経痛、そして股関節の痛みを抱えている人はとても多い。

それをすべて ”疲労” として片付けてしまって良いのでしょうか?
実際に数日休んでも痛みが続く人も多い。
やはり疲労ではない、そう思う方にはぜひ続きをお読みいただき、ゴルフパフォーマンスの向上や、身体の不調の改善にお役に立てていただけたらと思います。

 

今回は左股関節の痛みが続いている方が ”足首を構成する小さな関節の動き” が原因となっていた症例についてご紹介したいと思います。

この関節は『距踵関節』と呼ばれる特殊な動きを提供している部位で、この関節の治療ができる方はごく僅かと言われています。

距踵関節関節面
距踵関節

 

この関節がゴルフのスイングで特に必要とされるのは、インパクトからフォローしている間中です。

左足に体重を乗せながら、身体を左に捻る動き、
これがゴルフでは当然行われる動きです。

この際に地面についている足裏と捻っている身体を中継している部分には、「体幹」「股関節」「足首」です。

膝は?と思われる方もいると思いますが、膝は「捻る動き」においてはとても小さな動きしか持っていません。

もし膝が回り過ぎたら当然、痛めてしまいます。
ですので、膝が痛い方にとっても、この「股関節」と「足首」がとても重要になってきます。

 

「足首」と言っていますが、実際には足首の下で踵の上の関節、『距踵関節』と呼ばれる関節の動きです。

内反と外反の接地方法

このように接地の仕方によって必要とされる下腿の回旋を担うのが距踵関節です。

ゴルフの場合は重心を左右に移動する時にはこの距踵関節が大きな役割を果たし、特にインパクトからフォロースルーの大きな回旋力を必要とされる左足の距踵関節の役割はとても重要となります。

 

伸び悩む飛距離・腰の痛み・股関節の痛み・足のつり
もしかするとこの距踵関節の機能制限が潜んでいるかもしれません。

健康的にゴルフを続けたい方のお力に少しでもなれれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

長く続くテニス肘、野球肘、ゴルフ肘に対する検査のあり方 にしむら治療院

テニス肘、野球肘、ゴルフ肘が長く続き、最終的に競技人生をあきらめるという、悲しい状況がなくならないのはなぜでしょう?

このテニス肘や野球肘、ゴルフ肘はその競技をやっていない人にも起こるという状況から見ても、ただの疲労が関係しているのではないことはわかります。

競技をやっている人もやっていない人も、肘にかかるストレスがあれば誰にでもなるのです。

つまり、ただでさえ競技中に肘を使っている選手であれば、もし身体の他の部分に問題があり、肘のストレスを増強させているとしたら、その痛みは取れるでしょうか?

 

結果は皆さんが経験している通り、
安静にして緩解しても運動再開ですぐに痛みの再発、
人によっては安静にしているのに緩解さえしない
といった具合でしょう。

 

じゃ、どこが肘にストレスをかけているのでしょう?
それはどうやって探せば良いのでしょう?

最近はフォームの動画撮影によって、フォームの異常は把握しやすくなっています。
しかし、フォームの異常は身体の異常の結果起こるため、フォームの矯正はより症状を悪化させることも多々あることをご存知でしょうか?

 

つまり必要なのは、目視では発見できない運動機能の低下している部分を『触診』によって見つけなければならないのです。

そのためのテクニックを「動きの触診モーションパルペーション」と言います。

 

当院ではモーションパルペーションによって検出される目視では確認できない関節の機能異常を治すことで、長期にわたって繰り返し続く運動時痛を取ることができます。

多くの方が3~5回の治療で良くなっています。

長く続いている肘の痛みがどこから来ているのか、探してみませんか?

 

少しでも競技を長く続けるためのお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

「読み」神経科学 頭痛・めまい・スポーツへの応用

前回は画面のスクロールで行われる眼球の運動についてお話ししました。

画面を追従する眼球運動は、追従するために滑らかに動く「滑動性眼球運動 Pursuit」 と呼ばれる動きと、高速に元の位置に眼球を戻す「衝動性眼球運動 Saccade」と呼ばれる運動によって構成されるという話をしました。

文章中では緩徐相とサッケードという言葉で記載したかと思います。

これはスクロール中の目の動きを説明したのですが、今まさにあなたが行っている「文章を読む」この動作は滑動性眼球運動だと思いますか?それとも衝動性眼球運動だと思いますか?

文章を読んでいる時は、衝動性眼球運動 Saccade です。

文章をいくつかのブロックに分けながら、サッケードしていきます。

この研究はアメリカ、フランス、ドイツで盛んに行われていたので、横文字で、単語と単語の間に空間が存在するため、その単語の文字の大きさによってサッケードする範囲が自動的に決められているようです。

日本語は文字と文字の間に空間はないため、「漢字」と「ひらがな」という形を読み取り、サッケードする位置を予測しています。

文章を読解する、つまり意味を解読する作業は、視野の中心窩 Forveal (視点から1°)と呼ばれる目の黄斑 macula の中心部分で視覚的詳細を扱います。

先ほど記載した、サッケードするための予測に使われる部分は傍中心窩 Paraforveal (視点から1°〜5°)で行われています。

 

別の表現で分類されているものもあります。それが知覚の範囲 perceptual span・視覚の範囲 visual span です。

知覚の範囲とは読みにおける情報を近くできる中心窩で捉えている範囲を指し、読みのプロセスを助けるための傍中心窩で取られた範囲を視覚の範囲と言います。

 

man reading book
man reading book

「読み」という行為で行われている神経機構の概要についてこれまで述べてきました。

読む行為ができない状態、いわゆる「失読症」、これについては眼球運動がもたらしている問題ではないと言われています。

読むことが障害された結果、眼球運動の異常をもたらすと理解されています。

 

しかし、頭痛やめまいを患う方が抱える、「本を読めない」と言った症状に関しては、この眼球のコントロールを改善させることで、本を読むことや頭痛やめまいの症状も緩和させることができると実感しています。

 

この滑動性眼球運動と衝動性眼球運動の検査は、気分の不快感を起こす恐れがあるため、体調によっては検査するべきではありませんが、頭痛を患っていて、なおかつ眼精疲労など目に関する症状もある方は動眼検査も行い、治療計画に組み込む必要があると思っています。

 

最後にスポーツについての応用ですが、読書の神経機構は「視覚探索」と呼ばれる神経機能と同様のしくみが使われています。

この視覚探索とは、例えば、サッカーやバスケットボールなどのフィールド上に敵見方の双方が入り乱れて存在している場合に、その見分ける能力などがその一つです。

スポーツ選手に対する応用についてもまた記載したいと思います。

 

頭痛やめまいでお困りの方のお力に少しでもなれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

03-6435-2437

にしむら治療院website

mail : nishimura@hari.space

Share This:

半月板損傷は仙腸関節を治さなければ治らない

以前は半月板損傷は治せないものと思っていましたが、仙腸関節の治療ができる様になってからというもの、多くは一回目で痛みを半分以下まで、人によってはクリック音と呼ばれるひっかかりもなくなります。

仙腸関節は上下にたくさんの神経を通すことから、神経機構の改善による痛みの軽減かとも思っていましたが、
おそらく神経の機能だけではなく、力のコーディネーションによる変化だと最近は感じる様になりました。

半月板損傷の検査法から理解できるかと思います。

半月板損傷を見つけるための徒手検査はたくさんありますが、以下のような検査法が存在しています。

Cabot's Popliteal sign
Cabot’s Popliteal sign
Mc Maurray's Test2
Mc Maurray’s Test2
Mc Maurray's Test
Mc Maurray’s Test

マクマレーテストはとても有名で整形外科で接骨院でよく使われています。

カボット徴候は同じような体位で膝に伸展の力を入れてもらう方法で、これらが半月板損傷のための鑑別方法となります。

これらの検査法は股関節や仙腸関節の検査法ととても似ています。

股関節の検査法の一つでもある、パトリックテスト、フェイドリフテストは仙腸関節の検査法としても知られています。

Patrick test
Patrick test

参考図書:

運動器リハビリテーションの機能評価 I
David J. Magee
エルゼビア・ジャパン
売り上げランキング: 60,013
筋骨格系検査法
筋骨格系検査法

posted with amazlet at 17.01.05
Jeffrey M. Gross Elaine Rosen Joseph Fetto
医歯薬出版
売り上げランキング: 564,064

 

お分かりの様に、股関節の検査法として知られる検査法は仙腸関節の機能検査であり、その操作方法は、膝の半月板損傷に使われる検査とほぼ同じ体勢です。

半月板損傷は膝の回旋と内外反の力が加わることで、損傷しやすいために、仙腸関節を始め、股関節や足関節に回旋や側屈の問題が起こっていると自然と発生しやすい障害ということなのでしょう。

 

もちろん膝自体の機能制限もあるため、膝の細かい動きの検査法も必要となります。

脛骨の前方後方可動性検査
脛骨の前方後方可動性検査
膝関節の回旋可動性
膝関節の回旋可動性

しかし、膝を痛めるキッカケとなっているかもしれない、他の部位を改善させなければ膝の緊張はとけません。

 

 

膝の痛みで来院される方が増えて来て、多くの方が仙腸関節の機能不全を改善することで通常歩行が可能となっています。

スポーツ障害に置いてもおおい半月板損傷は、同様に仙腸関節と股関節のコーディネーションを改善することでほぼ治ることから、筋肉・神経・関節という3つの協調性が改善すれば、痛みの多くは改善します。

Man dribbling basketball against defenders
Man dribbling basketball against defenders
Soccer player kicking soccer ball
Soccer player kicking soccer ball
surfing
surfing

程度によっては手術も必要な半月板損傷はこのようにして治るため、まずは膝の問題以外にどこに異常が見られるのか、細かい検査ができる技術とそれを治す技術を身につける必要があります。

勉強したい方もご連絡いただけたらと思います。

 

膝の痛みでお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

Share This:

肩と肘の痛みの多様性 バレーボール 野球 ゴルフ バトミントン サーフィン

五輪メダリストからプロ、そしてサンデーアスリートまで様々な方の治療を通して身体への理解へ漸進させていただき患者様皆様に感謝申し上げます。

様々な種目のアスリートのケアをさせていただき、肩や肘の疾患が同じであっても治療の方法が異なることを経験させていただいています。

今回は『肩と肘の痛みのスポーツにおける相違について説明したいと思います。

バレーボール、野球、ゴルフ、バトミントン、テニス、サーフィン、スノーボードを例にして検査と評価の方法を説明します。

まず競技の分類をすると、バレーボール、バトミントン、テニスはネット競技であり、打点の高さが技術の一つとなります。

その点、野球、ゴルフやサーフィンなどは腕の上がる高さは問題ありません。

ネット競技の中でも、バレーボールのアタッカーは常に高い打点を必要とされるので、手の平が一番高くなるように、身体を側屈させます。つまり側屈に置いて問題があると肩に問題を起こしやすくなります。

テニスやバトミントンはサーブやスマッシュに置いてはバレーボールと同様の点もありますが、通常は常に高い必要ではありません。
バレーボールと異なる点は、「手の甲側で打つバックハンド」、と「手の平側で打つフォアハンド」を瞬時に打ち返るため、内旋・外旋と呼ばれる肩の回旋と肘の回内回外の問題が非常に大きな障害となります。

肩が痛くても肘の治療が必須です。同様に肘が痛くても肩の治療が必須です。

野球、ゴルフはどうでしょう。高さは必要ありません。
どういう特徴があるでしょう?

それはほぼ同一の動きを繰り返すことではないでしょうか?
それも全く同一ではなく、野球のピッチングであれば、相手には同様の動作に見せておいて、「フォロースルーの最終時の動き」と「ボールの握り方」のみでボールに変化を出さなければなりません。

指の可動域手指の神経機構、そして繰り返す動きの安定感などを検査する必要があります。

ピッチャーがよく感じる肘の違和感や肩の違和感というのは、すでに身体のどこかの関節において制限が起きている結果ですので、この状態でしっかりと検査と治療をすることが重要です。

ポジションによって投げ方が異なったり、バッティングによる手首の負傷など既往歴も関与します。

自分自身との戦いであるゴルフでは、ほとんどの原因はメンタルではなく身体です。これはよく勘違いされており、身体が整うと必ずスコアは上がります。

メンタルトレーニングは時に虚勢へと発展し、間違った方向へと進む危険性があるので、大会当日まではフィジカルに目を向けることが必須です。

では最後にサーフィン・スノーボードについてです。

どちらも足の動きに対するバランスを取るために腕を使っていることが特徴の競技です。
ですので体幹や骨盤の回旋の問題や下肢の力の入り方も肩の痛みと関与します。

スノーボードは転倒による外傷を機に痛みが慢性化している人も多いので、どう転倒していたかによって検査と治療を組み立てなければなりません。

サーフィンの場合はパドリングと呼ばれる動作もあり、身体を安定させながら腕を動かす動作も必要なため、体幹の固定と肩の可動性の関連も検査します。

例えば、腱板損傷であっても、二頭筋腱鞘炎という同じ疾患を抱えていても、競技によって必要とされる細かい検査は異なるため、一人一人合わせた検査が必要です。

肘や肩の痛みで苦悩する方のお力になれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

Share This: