手が痺れる 手が動かない 多様な手の障害 東京都港区 田町・三田 西村治療院

しびれの症状に対しての患者さんの表現方法の多様性の話はしていますが、今回も改めて実感する臨床体験でしたので、ブログにまとめて行きたいと思います。

言語学 患者さんの表現について記載した過去のブログ

「手の痺れ」「手が動かない」「腕全体が重い」「指先に触れるとチリチリする」

こういった症状の患者さんが診られ、3回ほどで治すことができましたが、この三回にわたる治療経験は、再度患者さんの表現に助けられていると言わざる終えません。

身体の理解について前進させていただきありがとうございました。

 

まず症例を先に述べて、それから認知心理学との関わりを説明したいと思います。

今日の心理学のキーワードは「クオリア」「ラディカル構成主義

 

40代の女性、今朝からギックリ腰様の腰痛(左>右)があり来院されました。
しかし、一週間前から腕が重だるく、その後指先は痺れ、今朝から手が動かないという症状(左)。

趣味:バレエ・ヨガ どちらも健康のために行っている程度

仕事:普段は立ち仕事で手もよく動かす

腰の痛みは今朝起きてから起き上がろうとすると痛みが強く、屈む動作、寝返りの動作が辛い。一週間前から様子はおかしかったが、ヨガをやっているうちに落ち着くと思いそのまま様子を見たが、今朝になって急に痛みが強くなった。

手の痺れは最初は腕全体から始まり、ビリビリとするのは指先だけ、手は指を挟む動きと手首を上に曲げるのができない。

 

整形外科では腰は慢性腰痛と数日前に診断。手の痺れは手根管症候群だろうと湿布と薬を処方される。

以前から紹介され当院に、ぎっくり腰を機に来院。

 

この場合、現代医療には限界があります。腰の痛みと手の痺れの関連を細かく見ることができません。

経験的に、そして問診から同時期に発生しているこの症状は何かしら影響し合っていることが予測できましたので、腰の治療が手にどれくらい影響があるかを検査してみました。

 

可動域検査

肩関節
屈曲:左90° 右120°  外転:左80° 右120°

股関節
SLR:左20° 右30°  屈曲:左80° 右100°
外転:左10° 右30°  内転:左15° 右15°

肘関節
屈曲:左130° 右125° (左手の方が動きは重い)
伸展:左5°  右5°
回内:左40° 右35°
回外:左40° 右45°

手関節
背屈:左5° 右60°
底屈:左70° 右70°
尺屈:左10° 右30°
撓屈:左5° 右15°

手の整形外科テスト

ファーレンテスト擬陽性(持続的に痺れがあるのと可動制限により痛みの増加有)

フローマン陽性

チネルサイン擬陽性(手根管については陰性。肘部管と橈骨神経のラインは触るとサワサワと広がる違和感がある)

筋力テストは、手関節背屈・虫様筋の筋力低下

正中神経の障害である手根管はあるかもしれないが、今現在、尺骨神経(虫様筋・フローマン)橈骨神経(手関節背屈)に異常がでていることから、もっと上位の例えば、首や肩の問題が考えられます。

整形外科によっては頸椎の問題と片付けるところも多いかと思います。

しかし、たしかに頸椎など上位の問題があるにしても、障害を受けている神経の部分は異なるため、肘や手の部分の影響で、障害を受けている神経が違うと予想できました。

 

そこで再度問診で得た情報を振り返ります。

手の痺れの感覚は「腕全体に重い」「指先がちりちりする」「手が上に反らない」「指と指を挟む動きができない(髪を正すような仕草で必要)」

腕全体が重い
→これは神経障害のため、頸椎の問題から改善する必要がある。
肩の可動域の改善が認められれば、恐らく緩解する問題

指先がちりちりする
正中神経の領域だが、手関節の機能制限で付随する症状に近いイメージがある。(実際に手首が背屈できる様になった後に緩解)

手が上に反らない
→橈骨神経の問題であるが、同時に手関節事態にも問題が合った。
(朝起きた時に手が変なところに合っておかしかった、という情報も説明している中ででてきたので、恐らく、神経障害と関節の機能障害とが合併している状態)

指と指を挟むことができない
→フローマン徴候と同様なので、尺骨神経が疑われます。しかし、手関節を親指方向に曲げる撓屈と、小指の方に曲げる尺屈という動きもできなかったので、これも神経障害と関節の機能障害との混合

 

問診と機能障害とが一致したところで。上肢の機能制限がでた関節の動きを調整して行きます。

関節の調整の治療方法

 

さて頸椎の問題に戻ります。

頸椎というのは体幹の土台の上に乗っている存在です。

土台が傾けば頸椎は歪むのは当たり前です。

今回の症例に当てはめると、腰の痛みと同時期に神経症状がでていることからも、腰と首の関連を考えるのは必須です。

全体を見渡すと、患側の左の腰に骨盤が傾いており、胸椎(背中の背骨)の下部も左に傾く様にカーブ(右凸)しており、その分だけ、首の付け根の部分から右にカーブ(左凸)になっています。

治療前に、まず腰の骨盤の傾きを補正すると左肩の可動域がほぼ正常にまで改善したので、腰が治ると、神経痛がだいぶ治まることが予測できました。

 

ここまで最初の段階で予測ができると、早く治せるので
腰→首→肘・手
という順序で治療すれば良くなることがわかります。

各関節の治療方法については今日は説明せずに、認知心理学の「クオリア」と「ラディカル構成主義」に触れたいと思います

 

「クオリア」
色の質感でよく表現される言葉で、「赤いリンゴ」を見てもその赤は見る人によって千差万別です。その一人一人が感じている赤の質感をクオリアと言います。

痛みも同じです。

『腕が重くて上がらない状態』
これを「痺れた」と表現する人もいれば、「腕が上がらないんです」とだけ表現する人もいます。
人に動かされた時にやっと重いということを認識することもあります。

『チリチリする』
これを「火傷したみたい」「小さな針でつつかれているみたい」「痺れた」と表現する人など様々です。

『力が入らない』
これを「人の手みたい」「手の先がないみたい」「痺れた」とよく日常的に患者さんからの表現を聞きます。

それぞれ異なる状態でも「痺れた」と同じ表現されるのです。

痺れという言葉に対する質感というのは本当に様々です。

 

そしてこの現象を医療従事者が患者さんに対しての表現を客観視する時にも言えることで、
外部客観世界のありさまを人間の認知活動は直接見いだすことはできないように、
医療従事者の内部にある世界のイメージで構成してしまいます。

今回は結果的に、私の内部イメージが患者さんの状態と近いために良くすることができましたが、もし治療が上手く以下なった場合は、もう一度患者さんの感覚を聴取し、評価と治療計画の変更をしなければなりません。

大切のなのは、治療してみた結果を自分の世界イメージに適応させることです。

うまくいけばそれでよし、失敗すれば、概念構造を変えること。

こういったことを唱えた心理学が、ラディカル構成主義と言われています。

 

長らくお読みいただきありがとうございました。

手の痺れや痛みで苦悩する方のお力に少しでもなれれば幸いです。

西村公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This:

身体の空間座標 めまいの身体学 東京都にしむら治療院

身体は、空間を定位するための座標をいくつも持っています。

網膜中心座標、眼球中心座標、頭部中心座標、身体中心座標、身体部位中心座標、物体中心座標などなど様々です。

今回は身体が自己を定位する・そして物体に行為を及ぼす上で重要な、網膜中心座標、眼球中心座標、頭部・身体中心座標について述べたいと思います。

この知識は、めまいを罹患する患者さんに対する治療計画だけでなく、「行為」全体に関連する事象ですので、運動器の障害すべてに関わります。もちろんスポーツにも

Dart in dartboard
Dart in dartboard
golf putt
golf putt
Soccer player kicking soccer ball
Soccer player kicking soccer ball

このようにある空間内にある対象をある空間に運ぶようなスポーツにはとても重要な概念でもあります。

 

 

身体には身体周囲空間 personal space と呼ばれるものが存在しています。

なぜこのように空間座標がたくさん存在するのかですが、

身体空間・近位空間(手が届く範囲)・遠位空間とに分類されており、身体を取り巻く空間から、行為を及ぼすことのできる空間、それ以外と別れています。

peri-personal space
peri-personal space

参考図書:ミラーニューロン

ミラーニューロン

ミラーニューロン

posted with amazlet at 16.09.07
ジャコモ ・リゾラッティ コラド・シニガリア
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 146,874

脳内でも、空間によって刺激される脳内の局在は変わっていることはすでにわかっています。

目で捉える知覚に始まり、物体がどこにあるか判断・認知、その距離から身体に対しての準備・予期行為と実行
全体の空間の位置に対しての知覚には網膜中心座標を用い、身体がその視覚刺激に対してどのような状態かを比べながら判断するために、眼球中心座標や頭部中心座標を用いなければなりません。

coordinate system
coordinate system

理化学研究所・脳科学事典より引用

このように目で捉えた情報はつねに身体の座標を用いながら認知判断しているのです。

 

現在、スポーツの分野では眼球運動のトレーニングが一般的に用いられる様になってきました。
しかし、眼球の運動というのは様々な反射や脳による信号のやり取りが行われており、身体のフィードバック無しには行われないこともわかっています。

眼球運動のトレーニングやリハビリテーションは負担も大きく、身体の座標がどのように認識をしているかを考慮することでこの負担を減らすことができます

運動器の治療の中で、このような座標軸を意識しながら行う分野も存在しているため、これらを統合した治療もこれから盛んになるのではないでしょうか。

 

めまいや頭痛でお困りの方・スポーツの分野で頑張っている方、様々な方に取ってお役に立つことができましたら幸いです

めまいの症例報告

めまい(右に引っ張られる)右側頭部頭痛の症例

手足に力が入らない 右に引っ張られるめまい 症例報告

めまい・ふらつき 乗り物に乗れない症例

左に体が引っ張られる 症例

めまいと乗り物酔い

 

西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437

にしむら治療院ホームページ

Share This:

ミラーニューロンと世阿弥の風姿花伝からスポーツを哲学する 西村治療院

ミラーニューロン

ミラーニューロン

posted with amazlet at 16.08.15
ジャコモ ・リゾラッティ コラド・シニガリア
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 180,380

 

ミラーニューロン」という言葉は、大学時代の卒業パーティーでの病院長との会話を、いつも私に思い出させます。
テーブル近くにたまたまいらっしゃった病院長との短い会話のなかでしたが、そのときの「ミラーニューロン」のストーリーは今でも鮮明に残っています。
21世紀の大発見と言ってもいいと先生はお話しされていました。

最近、神経学を学んでいる中で、「ミラーニューロン」というワードがたくさん出てきたので復習していました。

 

ミラーニューロンとは、脳内において、目にした行為をあたかも自身のものであるかのように「共鳴する」運動神経細胞です。

実際には視覚刺激がなくても反応するので、もちろん盲目の方であっても存在しています。

カリフォルニア大学サンディエゴ校の脳認知センター所長、ヴィラヤヌル・ラマチャンドランによると、ミラーニューロンは、人類の文化を築く「れんが」であるかもしれないと言う。
実際、知識の普及は、まさに模倣によって起こるとしています。

 

そんな復習している最中で、オリンピックを見ていると目の前でミラーニューロンが働いている!!と感じられるような場面がたくさんありましたので、綴ってみたいと思います。

 

リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックは当初不安視されていたが、選手たちの活躍により、現地と遠い日本国内でも大変にぎわっています。

リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックにおいて活躍する選手たちの言葉の中で印象に残るのは、
例えば体操の白井選手の「内村さんを見て育った」
水泳の坂井選手の「瀬戸さんを追いかけていた」
柔道の大野選手の「相手の選手もいるので・・・」
卓球の伊藤選手の「先輩たちを手ぶらで返すわけには」競泳陣もこのように話していましたよね。

これらの言葉からも「相手の立場」そして「模倣によって育つ」というミラーニューロンの働きが垣間みれます。

ラマチャンドランの言う「人類文化を築くレンガ」の様に、スポーツの世界における技術の伝達も、先人たちの努力と歴史の積み重ねを感じざるを得ません。

 

これは最近になって感じさせることではなく、日本には古来から「模倣」「共感」が技能の発達にとても重要であることを説いている方がいます。
それが題名にもある世阿弥です。

人の動きと心の動きを記した芸能論であると松岡正剛先生は千夜千冊に述べています。

 

風姿花伝 (岩波文庫)

風姿花伝 (岩波文庫)

posted with amazlet at 16.08.17
世阿弥
岩波書店
売り上げランキング: 12,802

世阿弥はこの「物学ものまね」を風姿花伝の中の「物学條々」というタイトルの中で、九つ(女・老人・直面・物狂・法師・修羅・神・鬼・唐事)の役柄をどう表現するかが能楽を学ぶ上で重要であると述べています。

 

先ほどの、柔道の大野選手の発言を抜粋しましたが、相手選手がいるので敬意を払い挨拶を終えるまでは喜びを表現しない姿勢、
女子サッカーの宮間選手も、アメリカとの試合後に相手選手に駆け寄ったことが、スポーツマンシップを評価されていましたが、
こういった行為も、世阿弥が説いた「離見の見」とも一致するものがあるのではないでしょうか。

伝統芸能をされている患者さんが来られていることもあり、世阿弥についても読み進めていたのには何かの縁を感じます。

世阿弥の原文を読むことは大変難しいですが、原文も呼んでみたいと思います。

 

 

オリンピックも後半になり、もうすぐパラリンピックも始まります。

是非皆様満足のいく試合をしていただきたいと思います。

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

Share This:

足が重くて自分の足ではないみたい 足の痺れと身体所有感 東京都西村治療院

足や手の痺れを患っている方の中にはこのような表現をされる患者さんがいらっしゃいます。

「自分の足じゃないみたい」

「感覚がなくて人の手がぶら下がっているみたい」

 

『身体内感』がこれらの表現に関与していることは以前にも学びました。
身体内感が起こす足の痺れ
「足の痺れ・足が重い」感覚・運動障害を哲学する
身体の内部モデルについて

今までにも同様の感覚については勉強してきましたが、今回はまた新たな概念である「身体所有感 sense of self-ownership 自己保持感」から「足や手の痺れ」について考えてみたいと思います。

身体所有感とは、その名の通り、身体が自己のものであるという認識のことです。

一つ実験をご紹介します。
自分の手を見えない状態にして、安静状態を保たせます。
そして、本来の手が存在している位置にマネキンの手のような模擬手を設置します。
その模擬手に対して、実際の手の動きと同様の動作を行うと、模擬手が自分の手の様に錯覚を起こします。
ついでにその模擬手に突然ペンで指すような動作を見せると、避けようとします。
自分の手である様に感じているからです。
この実験をrubber hand illusionといいます。

体性感覚入力と視覚情報とが一致すると、自己身体の一部であるかの様に錯覚する現象は身体所有感の一例として有名です。

切断された、存在しないはずの手や足に痛みを感じるような幻肢痛ミラー療法という治療法がなされますが、これも身体所有感を利用した治療法です。

 

さて、再度患者さんの訴えについて考えてみましょう。

「足が重くて、自分の足ではない感覚」
「手が痺れて他人の手みたいに見える」

この表現は今までの話の様に、身体所有感の異常を来していることは容易に予想できます。

 

では身体所有感とは何が関与しているのかを知る必要があります。
それがわかれば、どういったことを治せば良いのかがわかりますよね。

それは
四肢末梢から感覚入力されている状況と、視覚情報が一致することです。
rubber hand illusion として有名ですので一度調べてみてください。

四肢末梢感覚に問題がある、つまり痺れを起こしている場合は、身体所有感に問題が起こり「自分の手ではない」という感覚が起こります

 

実は同様の感覚がもう一つ存在しており、それも「自分の足ではない」という感覚を引き起こす原因となります。

それが「自己主体感 sense of self-agency 運動主体感」です。

これは行為を自分自身で行っているという感覚です。

 

以前から話題に出している「内部モデル」「身体イメージ」というのと同様の意図として使われる言葉です。

以前に記載した身体内感・内部モデルについて

足の痺れと身体内感

感覚・運動障害を哲学する

身体内部モデルの異常形成による「めまい」

 

行為の実行による順モデルによる感覚結果の予測と自己受容感覚や視覚フィードバックなどの求心性情報が照合され、この段階で特に情報間の不一致が検出されなければ、自分が行為主体だと感じられる。

難しく書かれていますが、他人にくすぐられるとくすぐったいが、自分でくすぐっても何とも思わないのは、予測できる感覚であるというところにあります。

他の説もありますが、それについては今回は言及しません。

 

大切なのは、自己受容感覚という言葉にあります。

これは身体内感と同様で、自己を受容する感覚を言い、すなわち運動感覚である筋収縮の感覚を指します。

これは以前にも運動内感のところで述べた、筋収縮を調整する筋紡錘が関与します。

つまりは筋紡錘の異常は自己受容感覚(身体内感)に影響を与え、よって自己主体感を失わせる結果となります。

これが、「他人の手」であり「自分の足ではない」という感覚になるのです。

 

筋紡錘の異常はどのようにして検査できるかというと、一つは神経学的筋力テストによって我々でも検査できます。

筋機能評価法―ビジュアルで学ぶ触診・ストレッチ・筋力テスト
栗原 修
医道の日本社
売り上げランキング: 404,561

足の痺れや手の痺れによって、表現される非自己化する身体は特別なものではありません。

なかなか痺れというのは主観的な感覚の異常のために、理解されずに困っている方はたくさんいらっしゃいます。
すこしでも力になれることがあれば幸いです。

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

 
参考図書

メタモルフォーゼ

メタモルフォーゼ

posted with amazlet at 16.02.11
河本英夫
株式会社 青土社 (2012-10-10)
売り上げランキング: 491,065
オートポイエーシス―第三世代システム
河本 英夫
青土社
売り上げランキング: 68,064
哲学、脳を揺さぶる オートポイエーシスの練習問題
河本 英夫
日経BP社
売り上げランキング: 360,109

 

Share This:

文化財の修復からみた身体哲学 東京都にしむら治療院

昨日に引き続き、今回も哲学して行きたいと思います。

文化財を修繕する時、例えば布の修理をする時に、後から新しい布を足す場合、その新しい布が古い布より強いと却って傷つけることになる。

修繕するものとされるものの力関係に差があるといけない」

これは果たして、工芸品に限ったことでしょうか。河合隼雄先生は心理療法では助けに行く人が強すぎてはならないと文化財の修繕を例にして説明されていました。

もしかすると、整形外科領域でも言えるのではないでしょうか。
人工関節置換術によって股関節や、膝関節の機能を改善することはよく見かけますが、それから他の場所が痛くなる例がとても多い気がします。

他の関節が、新しい関節との協調ができず、なじむことができていないようです。
まさに文化財の修復と似ています。

置換術によって改善した部位になじむ様に他の関節の機能を少しずつ改善させることで、身体にハーモニーが生まれます。

 

河合隼雄先生の言葉に戻ります。
施術者のパワーも関係していることが、臨床を通じて経験できます。

高齢者の施術の場合、力加減やスピードを相手に合わせなければ、関節の治療はうまくいきません。
関節運動学的アプローチには、その人と一体化し、あたかも患者さん自身が動かしているかのように施術することが重要です。
その人の動きに合わせる、そしてリードする、でも引っ張っては行けない。

同じことをスポーツ選手にやると確かに改善するのですが、もう少しはっきりとした方法も用いなければなりません。
意識下を意識化することが重要視されるスポーツの分野では、意識化のためにわかりやすくすることも大切だと感じています。

年齢や職業の差だけではありません。
長いこと体調の悪い方、例えば仕事に行くことさえも辛い。
こういった患者さんを施術する場合は、相手が若くても、強すぎてもいけないし、同じパワーでもいけない。
支えれる強さを持ちながらも、圧倒させてはいけない

 

最近参加させていただいているディベートやディスカッションの勉強会でも意見を強く持つ立場も必要であれば、強い言葉は持たず流れを導く立場も必要であると学ばさせていただいています。
さらには自分は空っぽになり、すべてを包み込み、さらには隙間を補うような立場も必要である。

色即是空、空即是色

六角ディベートの空はリーダーでありながら、目立つことなくすべてを包む立場であると・・・。深い

文化も社会も人も物も自然もすべて共通の何かがある気がします。
毛利さんの言葉を借りればユニバソロジー

さて、今週末からまた山口県の方へ出張して参ります。5/22~24

20代から90代までの施術がありますので、今日、書いたことを感じながら、たくさんの人の苦悩を軽減できる様にしたいと思います。

またお休みいただきますがよろしくお願いします。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

Share This:

腰の痛み 足の痺れ 股関節の痛み 複雑化する痛みに対する臨床哲学 品川・田町・六本木 西村治療院

今日は哲学してみます。

モノログmonologからダイアログdialogへ

医学書や学校で学ぶのはモノログ(独り言)、臨床はダイアログ(対話)

日々の臨床というのは患者さんの物語を読み進めるようなものですが、本を読むモノログとは違い、ダイアログ(対話)によって物語は進んで行きます。

苦痛から解放へと進むある人の物語が、苦痛に悩む他の方の助けや共感を呼ぶことに繋がること、
これが症例報告の意味ではないでしょうか。

車の運転と腰痛

臀部の痛みとしびれ 腰部脊柱感狭窄症

股関節の痛み 足の痺れ 指が動かない

股関節のインピンジメント

 

この言葉を使うことは良くないのかもしれませんが、伝わる人もいるかと思うのであえて使わせていただきます。

身体というのは「多重人格」みたいなものであると思います。

 

右の腰が痛い・右足の下腿がしびれる・鼠径部辺りの股関節が痛い

こういった複雑な症状を抱えている患者さんはたくさんいらっしゃいます。

そう言った時に身体に起こっている状態、まさに一つの中に多数存在するというところで、「多重人格」の様に感じます。

体全体としては左足が動かしやすい様にしているために右股関節が動きづらい。
でも車を運転するために上げなければならない。
こういった一つの人格があれば、

股関節が動かない問題を腰から必死に上げようとするために起こる腰の可動性亢進状態。
固定と安静が必要な状態なのに、股関節が動かないために腰としては無理をしなければならない。
そうしたもう一人が存在しています。

腰が可動性亢進状態となり、足が上がらないために腰を持ち上げる、結果、足は上へと引っ張られてしまいます。
上へと引っ張られた足の長さを補うために、つま先立ちのように少し踵を浮かせます。
そうすればふくらはぎの筋肉には緊張が起こり、疲労からか痺れが起こりやすくなります。
腰の圧迫も同時に起こり、坐骨神経痛の関与も出てしまう。
こんな一人も存在しています。

このままじゃダメだ!!そうだ運動をしよう。
運動が身体に良いと思い、運動を始めるものの身体は思う様に改善せずむしろ、運動後に痛みと痺れが強くなる。
身体が持つ意志と頭で考える意志の解離が起きている状態。
そこは使わないでと身体は訴えるのに、動かすことが良いことだと頭で考えている。

そもそもは股関節が動きづらくなったことからいろんな人格が出てきているのだとすれば、そこを治すことができれば、いろんなものも一つとして統合できる。
たくさんの腰痛患者さんを見させていただいてきて、「良くなる」というのは「統合されて行く」、そんなことのように最近は感じています。

 

一つの身体の中に存在する多数の人格と対話し、
人格一人一人の問題点を診る小さな流れ、
そして統合して一つとしてみた大きな流れを組む、
これが複雑化した症状の患者さんに取って必要なことだと思います。

多重人格をインテグレートしようとすれば反発する、どちらかというとハーモニーのイメージでしょうか。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

Share This: