肩から手の痺れ 原因不明の中長期にも続く痺れ・熱感・腫脹

痺れ・痺れ感の原因は①神経 ②筋肉(トリガーポイント)③関節(関節受容器)の三つが主な原因で、最近だとその他に④空間認識がCRPSなどの難治性の疼痛過敏に影響していると研究が発表されています。
それらはどれも影響しあっているため、どこが起点となっているのか、どこを先に治療するべきなのかを把握しなければなりません。
そこで当院で利用しているのがTherapy Localizationセラピーローカリゼーションと呼ばれる、治療部位の判定に使われる触診法です。
治療に適しているポイントに手を触れると症状が軽減したり、筋力がアップしたり好転反応がすぐに出ます。
力の方向や力加減、治療のタイミングによって刻々と変化するため、今一番適した施術場所はどこなのかを探すのにとても有効な手段です。
まずは、左肩から手の痺れ、特に手の指(小指薬指だったり、親指人差し指だったり移動する)を患っていた方の症例検討を含めて再度”痺れ”について考えてみたいと思います。
”腕からのの痺れを訴えていて、手の先の痺れは日によって場所が変わる”
この場合、真っ先に疑うのは頚椎の問題、つまり手に向かう神経の問題として考えられます。
それなりの年齢の方であれば、頚椎の変形があるためほとんどの方で頚椎症や、頚椎椎間板症、変形性頚椎症という診断が下されます。
なのに首の治療を受けても一向に良くならない場合、次はどんなことを考えなければならないでしょうか?
頚椎にTherapy Localizationを用いても、痺れが増強するため、今は首の治療を行うタイミングではないことがわかりました。
次はどこを触診しなければならないか。
今回のように広範囲の痺れをきたしている場合、トリガーポイントと呼ばれる筋肉の過緊張(攣縮)から起こる『痺れ感』(神経から起こっているわけではないので痺れ感とします)が考えられます。
よく言われる腕に向かう痺れ感をきたす筋肉といえば、肩甲骨周囲の筋肉です(例えば肩甲下筋、棘下筋)
確かに、過緊張を起こしており、肩の可動域にも影響をきたしているため、トリガーポイントも有効かもしれません。
しかし、肩甲骨周囲の筋肉に触れても痺れが再現そして増強します。
なのでこれも今治療する部位ではありません。
もう一つの関節受容器の異常による痺れ感だあった場合、肘関節と手関節の過緊張や機能異常が考えられます。
肘関節の橈骨が過緊張を起こしていたため、軽く牽引を行って見るが、今までと同様に痺れが増強。
尺骨肘頭は内方上方変位しているため、肘頭のモビリゼーションを試みるが思うような効果は得られなかった。
手・腕・肩の痺れの場合、だいたい今までやってみたところで変化が見られますが、今回は全て痺れが増強するサインが出ているため、うまくいきません。
最後に残った手関節を触診してみます。
尺骨茎状突起が背側に緊張を起こし、手首が背屈制限を起こしています。
背屈させながら尺骨をリリースすると、その瞬間から小指・薬師の痺れが消失します。
指を動かすのは鈍い感触がまだあります。
尺骨茎状突起の背側変位 
そのあと痺れは母指側に3本付近が気になり、舟状骨の外転変位・内転制限母子中手骨と大菱形骨の外転制限がありました。
実際に親指を動かすのに自覚する制限はあるかと尋ねると、伸展できません。
大菱形骨・第一中手骨をリリースすると指の伸展の痛みのなくなり、手の痺れが消失しました。
舟状骨の外側変位、橈屈制限
大菱形骨・第一中手骨の変位 
そのあと、最初に触って痺れが増強した首や腰を触ると痺れは増強せず、むしろ指の動きの鈍さが改善されやっと施術できる状態になりました。
Therapy localizaitonでは、当初増悪サインを出していた頚椎や腰椎も、動きが軽くなるといった寛解ポイントのサインが現れましたので手の治療の後にはいつもの全体治療の効果を出すことができました。
このように主観的な症状である”痺れ”の治療は治療ポイントを見つけるのが難しく、1回目でそれを発見できるかは問診が鍵となっていたりします。
今回も振り返れば、手に負担がかかる仕事をしていることや手に急激な力がかかることをした翌日から症状が悪化していることから、手の問題が多く関連していることにすぐに気づけていたかもしれません。
問診で確認したポイントをしっかり触診して、今どの場所を治療しなければならないのかをしっかり前もって把握すれば痺れも良くなります。
長らく痺れの症状でお困りの方に対して、少しでも早く解決に向かいますようお力添えできれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

(サテライト治療室:埼玉県大宮、千葉県我孫子市、山口県長門市)

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This:

腕を上げた時に背中や脇がゴリゴリ音がなる

競泳選手の比較的多いですが、一般の方にも多い症状の
”腕を動かす時に背中(脇)でゴリゴリ音がする”
という症状について、最近頻繁に来られていたので、まとめていきたいと思います。
人それぞれ若干異なるものの、主に胸椎の異常によってもたらされるので、治療する上での参考にしていただければ幸いです。
結論から言うと、肋骨が綺麗に整列していないために起こっています。
腕をあげる際に、腕を上げている側の脊柱は基本は上へ上がっていきます。
この脊柱の動きで連動性が絶たれるような、脊椎の可動性の制限があると、その上を走る筋肉は弦を弾かれるようにゴリっと音を立ててるような感覚を引き起こします。
肋骨の整列
肋椎関節の異常
胸椎の異常
腕を上げていく角度と、脊椎の高さによって、上へ動いたり、下へ動いたり様々なため、どの角度でゴリゴリと音がいうのか、どこの肋骨のレベルなのか、も大切です。
もちろん上げる時だけでなく、下げる時に音がなるという人もたくさんいらっしゃるのでどのタイミングかもとても大切です。
なぜ競泳選手に多いかというと大きく三つあります。
①腕を上げる動作
クロールと背泳ぎに多いのは、片手を伸ばしていく動作だからです。
平泳ぎやバタフライは、両手を一緒に動かすために、脊柱の動きは前後にしか動きませんので比較的少なくなります。
②推進力を得るための腕を伸ばす動作
ただ腕を挙げるだけではなく、さらに上へと伸ばす動作が必要です。
腕が上げきったところでさらに突き出す動きはほとんどが脊柱で動かされるため、背骨に付着する肋骨の異常が起こりやすくなります。
③呼吸
呼吸は胸郭の運動なので肋骨の運動を伴います。
皆さんも、大きく深呼吸を、片腕を上げた時と降ろしている時とで比べてみると、だいぶ異なることがわかると思います。
クロールの息継ぎをイメージしてもらうとなんとなく、①②で負荷をかかっている肋骨にさらに呼吸で肋骨にストレスをかけていることが予想できるのではないでしょうか?
それでは実際の症例をご紹介いたします。
競泳選手で右腕を伸ばした時に右脇にゴリゴリと音がなる症状がありました。
当初は①左腰から足の張り感を患っており来院されたのですが、そのほかの症状で、②右肘の伸ばす動きの制限と③右腕をあげると脇がゴリゴリと音がなるのを訴えれおられました。
①に関しては左骨盤が後方下方へと変異しており、立位と座位で左足荷重が強くなっているためと思われました。
実際に仙骨と第4腰椎の下方変位を変えると足は軽くなりだいぶ楽になりました。
②右肘の伸展制限は筋トレ中に右の肘を痛めて以来、最終可動域の手前で止まるようになっていました。
③右腕を上げた際に胸椎の上方への可動性が大きいところと、小さいところによって、肋骨がデコボコしており、そこで広背筋の線維や肩甲骨が滑走する際に音を立てていることがわかりました。
症状を時系列に並べると、②→③→①とのことから
肘を痛め、伸びきらないことから、胸椎が無理に上方へと傾き胸腰の異常な歪みを作り出し、その結果、立位や座位での左骨盤、左下肢への重心移動が強く起こり、腰痛及び坐骨神経痛を起こしていたと考えられます。
肩の動きに対しての体幹のスタビリティが問題であるということはスポーツ業界では昔から言われていることではありますが、なぜスタビリティが低下しているのかは機能検査を繰り返すことと問診からでしか導き出せません。
適切な検査と適切な問診によって少しでも皆様のお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

(サテライト治療室:埼玉県大宮、千葉県我孫子市、山口県長門市)

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This:

手の痺れ・腱鞘炎・手が動かない・手のこわばり

足の異常で来院される方と同様に多いのが、手の障害で来られる方です。
足を痛めて歩けなくなるといった具合に、手も障害が出ると物が持てない、ペットボトルのキャップが開けられないといった日常動作に何かと不便が出てきます。
以前にも手が焼けるように痛いといった症状に対してのブログを掲載しましたが、今回は手のこわばりを訴えて来られた方の症例についてお話しします。
何度も話に出していますが、手の神経は首から出て、鎖骨の下、肋骨の上を通って各神経枝を出して肘を前後左右へと分岐して手まで向かいます。
ですので、手の先の障害が出た場合、真っ先に疑うのは「頚椎」「鎖骨と肋骨」「肩」「肘」「手首」というように神経の経路のどこかが問題が起きても手の先に症状は起こりうるのです。
ただ、頚椎の場合は、首が悪いからと言っても腰と背中の影響によって頚椎に支障を期待している場合は多く、結局のところ全身を治療しなければなりません。
さて今回は、そんな頚椎の問題が肋骨の機能異常によって起こった例をご紹介します。
40代女性、左手の腱鞘炎から始まり、続いて右手の腱鞘炎が起こってきました。
彈発現象(バネ指)は最初起こっていたものの、経過とともに手のこわばりとして変化していきました。
来院時バネ現象は起きず、指が曲がらず、伸びることにも多少の制限がありました。
指の解剖図
手の腱鞘
念のため、リウマチの検査も行いましたが、幸い陰性で腱鞘炎の治療を継続して様子みましょうとなっていましたが経過は変わらず、当院へと来院されました。
手のこわばりは最初から症状のある左手の方が強く、右手は深くは指が曲がらないものの、指が手のひらに触れられる程度でした。
一方左手の中指と薬指は曲げても手の平につかず宙に浮いてしまいます。
グーパーグーパーと離握手運動を素早く行ってもらうと、左手は遅れてしまい、すぐに腕全体がだるくなるというものでした。
この離握手運動はルーズテストと呼ばれる胸郭出口症候群の検査と似ているもので、腕全体がだるくなるという表現もまさしく胸郭出口症候群の症状と似ています。
つまり斜角筋・鎖骨・肋骨・小胸筋のポイントで一つ改善できるポイントがありそうです。
実際に触診してみると、
左の第1肋骨、第2肋骨は下がり、第7頚椎は下の第1胸椎に比べて右に傾いています。
第8頸神経であれば過度のストレッチによる障害、第1胸神経であれば圧迫神経障害というところでしょうか。
椎骨の関節の動きを検査(モーション・パルペーション)すると第1肋骨<第7頚椎<第6頚椎の順に硬さが強くなっていました。
鎖骨はというと肋骨に比べて左右の差は少なく、肩甲骨を含めて上肢帯によって、歪みを補正しているようです。
rib hight
右の第一肋骨は上に上がっており、下に押さえながら、右手を動かしてもらうと右手に関しては自由に動くようになりました。
同様に左側の下がっている肋骨を上へ押圧をかけて左手を動かしてもらったら、こちらはまだ変化が出ません。
二次的に頚椎が歪んでいる場合はこういうことがたまにあります。
第1、2肋骨のように下方変位している部分を探してみると、仙骨及び骨盤が左下方変位、胸腰部移行部の左下方変位、肩甲骨下端部の左下方変位。
それらを一度治療をした後に、再度肋骨の左側を上方へと押圧しながら左手の検査をするとだいぶ左手の指が曲がりやすくなりました。
手根骨の矯正や指の関節の治療を含めて4回で指が手の平に触れられるようにまでなりました。
たまにまたこわばることもありますが、経過良く過ごされているようです。
手の痛みやこわばりで苦悩している人のお力になれれば幸いです。
今回は幸いにもリウマチではありませんでしたが、リウマチの場合も同様の治療計画で痛みはだいぶ取れてきます。
無理のない治療で寛解することができれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院 西村 公典
ホームページリンク
03-6435-2437

Share This:

右の首から肩の痛み 肘のリストターンの障害との関連 ゴルフ

最近はますますゴルフによる障害の方が増えてきました。

プロやティーチングプロにもお越しいただき、いろんな視点を皆様から教えて頂いております。

人それぞれ、目的としている動作には若干の違いがあり、私は治療家として、患者さんが求めている動作を遂行するために必要な動きを、「筋肉」「関節」「神経」の点から治療していきます。

今回、右ひじのリストターン(肘の回内)が障害されているために起こった肩と首の痛みについて治療考察を述べたいと思います。

50代男性
ゴルフを始めて数十年、長らく軽い腰痛と臀部痛を抱えていましたが、ここ数ヶ月、右の首から肩にかけての痛みに悩まされ当院へ来院されました。

腰痛はゴルフの疲労からくるもので右の下部腰椎、臀部に思い痛みがあるものの、日常に困る程度ではない。
右肩はテイクバック時のトップで痛み、日常生活でも肩は水平以上にあげると痛みが出るようになってきています。

右肩は左よりも高く上がり、頚椎から出る頸神経も右側は強く緊張しており、この頸神経が肩の痛みと関連していることがわかります。

肩甲上腕神経
肩甲上腕神経

なら治療は簡単です。
肩が上がっている部分を探し、頚椎にかかる負担を取り除く、そして頚椎の可動性が減少している部分を改善し、肩甲上腕神経の機能問題を改善すれば良くなります。

頸神経

治療後はうまくいっていたのですが、ゴルフ後にまた肩が上がらなくなることを繰り返してしまいます。こういった場合は治療ポイントが足りていないことが多いため、再度検討する必要があります。

今行えない動きは、右の股関節の外転、屈曲。
骨盤は右が上がっているため、腰部の神経の圧迫も多少出ているようです。
腰仙関節の治療と仙腸関節の治療で腰下肢の可動域と鈍痛は解消されました。
右の腰部の持ち上がりが肩を上方へと突き上げていることも考えられましたが、多少の肩の可動域は改善するものの、それだけでは思うような結果にまでは辿り着けませんでした。

腰仙関節・仙腸関節
仙腸関節

右肘の可動域を測ると回内・屈曲が制限しており、それがインパクト時に必要なリストターンを抑制してしまい、結果、肩の内旋という動作でカバーしたために起こった体幹の左屈(右肩上がり)だとわかりました。

肩内旋

通常肩の痛みでは肘の検査を欠かさないのですが、頚椎の治療で良い結果が出ていたために、細かく治療しなかったのが今回仇となってしまったようです。

少しでも早く、そして少しでも軽くなるように今後も精進を続けていきたいと思います。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

 

Share This:

ゴルフ 左肩の動きと脊柱の運動連鎖 東京都にしむら治療院

ゴルフで左腕が使えず右手うちになってしまうという相談はとても多いです。

来院されるという経緯としては、左腕を使おうと練習した結果、左の肩や左肘を壊してしまった方が多い傾向にあります。
なかには左肩肘の症状ではなく、右肘や肩の痛みで来院され、左手がなかなか使えずに困っていたという人もいらっしゃいます。

故障した症状の治療に対しても、原因となった動きの治療が必要ですので、左腕がなぜ使えないかを分析することは非常に重要です。
まずはゴルフで必要な動きについて考えてみましょう
ゴルフの左腕の機能は、インパクトからフォロースルー時の左肘(回外)・肩の回旋(外旋)の動きです。

肩の外転・外旋
肩の外転・外旋

この動きが何らかの問題で制限がかかると肩や肘に痛みが出てきます。

肩の痛みや肘の痛みはオーバーワーク、つまり使い過ぎと言われていますが、本当は関節の機能が制限される状態、つまり「使えていない状態」が原因です。

その原因とは、肩や肘の問題でもありますが、その背景にある背骨や骨盤の可動性にトラブルを抱えていることがほとんどです。

 

今回は背骨の可動性の低下が起こす左腕の筋力低下によってゴルフのスイングが改善しなかった症例を元に身体の機能についてご説明します。

インパクト時に身体はどの位置にあると左腕に力が入りやすいでしょうか?

これは筋力テストを用いると明解です。

身体のどのポジションで力が入りやすいかは検査によって導きだせます。
その方のインパクトがその位置よりぶれている場合にはどれだけ身体に意識を持とうが力は入りません。

肩も同様です。
肩の外旋・外転という動きを行わなければならない場合、脊柱はどうなっていなければならないと思いますか?
これはスウェーと回旋が絶妙な位置にないと左肩に力が入りません。

一つ紹介すると体がスウェーしている状態は右肩が下がるような脊柱の動きを伴います。

しかし、体を左に回旋する動きは、右肩が上がる動きを伴います。

つまりゴルフで必要とされる脊柱の動き(肩の高さ)は相殺される動きなのです。

回旋側屈 骨モデル
回旋側屈 骨モデル

左肩の外転・外旋を行いたい場合に、このスウェーと回旋が肩にとって良い割合にならなければ、どうあがいていも力は入りません。

どれくらいがいい割合なのかは、筋力テストによって簡単に実感することができます。

あなたの腕は力が入る位置にしっかりと体幹を使えているでしょうか?

無闇に体幹トレーニングを行うと、より脊柱の動きを制限することになり、ますます肩に問題を来します。

肩や肘のお悩み、またはスイングについて困っている方のお力になれれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

 

Share This:

肩と肘の痛みの多様性 バレーボール 野球 ゴルフ バトミントン サーフィン

五輪メダリストからプロ、そしてサンデーアスリートまで様々な方の治療を通して身体への理解へ漸進させていただき患者様皆様に感謝申し上げます。

様々な種目のアスリートのケアをさせていただき、肩や肘の疾患が同じであっても治療の方法が異なることを経験させていただいています。

今回は『肩と肘の痛みのスポーツにおける相違について説明したいと思います。

バレーボール、野球、ゴルフ、バトミントン、テニス、サーフィン、スノーボードを例にして検査と評価の方法を説明します。

まず競技の分類をすると、バレーボール、バトミントン、テニスはネット競技であり、打点の高さが技術の一つとなります。

その点、野球、ゴルフやサーフィンなどは腕の上がる高さは問題ありません。

ネット競技の中でも、バレーボールのアタッカーは常に高い打点を必要とされるので、手の平が一番高くなるように、身体を側屈させます。つまり側屈に置いて問題があると肩に問題を起こしやすくなります。

テニスやバトミントンはサーブやスマッシュに置いてはバレーボールと同様の点もありますが、通常は常に高い必要ではありません。
バレーボールと異なる点は、「手の甲側で打つバックハンド」、と「手の平側で打つフォアハンド」を瞬時に打ち返るため、内旋・外旋と呼ばれる肩の回旋と肘の回内回外の問題が非常に大きな障害となります。

肩が痛くても肘の治療が必須です。同様に肘が痛くても肩の治療が必須です。

野球、ゴルフはどうでしょう。高さは必要ありません。
どういう特徴があるでしょう?

それはほぼ同一の動きを繰り返すことではないでしょうか?
それも全く同一ではなく、野球のピッチングであれば、相手には同様の動作に見せておいて、「フォロースルーの最終時の動き」と「ボールの握り方」のみでボールに変化を出さなければなりません。

指の可動域手指の神経機構、そして繰り返す動きの安定感などを検査する必要があります。

ピッチャーがよく感じる肘の違和感や肩の違和感というのは、すでに身体のどこかの関節において制限が起きている結果ですので、この状態でしっかりと検査と治療をすることが重要です。

ポジションによって投げ方が異なったり、バッティングによる手首の負傷など既往歴も関与します。

自分自身との戦いであるゴルフでは、ほとんどの原因はメンタルではなく身体です。これはよく勘違いされており、身体が整うと必ずスコアは上がります。

メンタルトレーニングは時に虚勢へと発展し、間違った方向へと進む危険性があるので、大会当日まではフィジカルに目を向けることが必須です。

では最後にサーフィン・スノーボードについてです。

どちらも足の動きに対するバランスを取るために腕を使っていることが特徴の競技です。
ですので体幹や骨盤の回旋の問題や下肢の力の入り方も肩の痛みと関与します。

スノーボードは転倒による外傷を機に痛みが慢性化している人も多いので、どう転倒していたかによって検査と治療を組み立てなければなりません。

サーフィンの場合はパドリングと呼ばれる動作もあり、身体を安定させながら腕を動かす動作も必要なため、体幹の固定と肩の可動性の関連も検査します。

例えば、腱板損傷であっても、二頭筋腱鞘炎という同じ疾患を抱えていても、競技によって必要とされる細かい検査は異なるため、一人一人合わせた検査が必要です。

肘や肩の痛みで苦悩する方のお力になれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

Share This: