ゴルフ 左肩の動きと脊柱の運動連鎖 東京都にしむら治療院

ゴルフで左腕が使えず右手うちになってしまうという相談はとても多いです。

来院されるという経緯としては、左腕を使おうと練習した結果、左の肩や左肘を壊してしまった方が多い傾向にあります。
なかには左肩肘の症状ではなく、右肘や肩の痛みで来院され、左手がなかなか使えずに困っていたという人もいらっしゃいます。

故障した症状の治療に対しても、原因となった動きの治療が必要ですので、左腕がなぜ使えないかを分析することは非常に重要です。
まずはゴルフで必要な動きについて考えてみましょう
ゴルフの左腕の機能は、インパクトからフォロースルー時の左肘(回外)・肩の回旋(外旋)の動きです。

肩の外転・外旋
肩の外転・外旋

この動きが何らかの問題で制限がかかると肩や肘に痛みが出てきます。

肩の痛みや肘の痛みはオーバーワーク、つまり使い過ぎと言われていますが、本当は関節の機能が制限される状態、つまり「使えていない状態」が原因です。

その原因とは、肩や肘の問題でもありますが、その背景にある背骨や骨盤の可動性にトラブルを抱えていることがほとんどです。

 

今回は背骨の可動性の低下が起こす左腕の筋力低下によってゴルフのスイングが改善しなかった症例を元に身体の機能についてご説明します。

インパクト時に身体はどの位置にあると左腕に力が入りやすいでしょうか?

これは筋力テストを用いると明解です。

身体のどのポジションで力が入りやすいかは検査によって導きだせます。
その方のインパクトがその位置よりぶれている場合にはどれだけ身体に意識を持とうが力は入りません。

肩も同様です。
肩の外旋・外転という動きを行わなければならない場合、脊柱はどうなっていなければならないと思いますか?
これはスウェーと回旋が絶妙な位置にないと左肩に力が入りません。

一つ紹介すると体がスウェーしている状態は右肩が下がるような脊柱の動きを伴います。

しかし、体を左に回旋する動きは、右肩が上がる動きを伴います。

つまりゴルフで必要とされる脊柱の動き(肩の高さ)は相殺される動きなのです。

回旋側屈 骨モデル
回旋側屈 骨モデル

左肩の外転・外旋を行いたい場合に、このスウェーと回旋が肩にとって良い割合にならなければ、どうあがいていも力は入りません。

どれくらいがいい割合なのかは、筋力テストによって簡単に実感することができます。

あなたの腕は力が入る位置にしっかりと体幹を使えているでしょうか?

無闇に体幹トレーニングを行うと、より脊柱の動きを制限することになり、ますます肩に問題を来します。

肩や肘のお悩み、またはスイングについて困っている方のお力になれれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

 

Share This:

肩と肘の痛みの多様性 バレーボール 野球 ゴルフ バトミントン サーフィン

五輪メダリストからプロ、そしてサンデーアスリートまで様々な方の治療を通して身体への理解へ漸進させていただき患者様皆様に感謝申し上げます。

様々な種目のアスリートのケアをさせていただき、肩や肘の疾患が同じであっても治療の方法が異なることを経験させていただいています。

今回は『肩と肘の痛みのスポーツにおける相違について説明したいと思います。

バレーボール、野球、ゴルフ、バトミントン、テニス、サーフィン、スノーボードを例にして検査と評価の方法を説明します。

まず競技の分類をすると、バレーボール、バトミントン、テニスはネット競技であり、打点の高さが技術の一つとなります。

その点、野球、ゴルフやサーフィンなどは腕の上がる高さは問題ありません。

ネット競技の中でも、バレーボールのアタッカーは常に高い打点を必要とされるので、手の平が一番高くなるように、身体を側屈させます。つまり側屈に置いて問題があると肩に問題を起こしやすくなります。

テニスやバトミントンはサーブやスマッシュに置いてはバレーボールと同様の点もありますが、通常は常に高い必要ではありません。
バレーボールと異なる点は、「手の甲側で打つバックハンド」、と「手の平側で打つフォアハンド」を瞬時に打ち返るため、内旋・外旋と呼ばれる肩の回旋と肘の回内回外の問題が非常に大きな障害となります。

肩が痛くても肘の治療が必須です。同様に肘が痛くても肩の治療が必須です。

野球、ゴルフはどうでしょう。高さは必要ありません。
どういう特徴があるでしょう?

それはほぼ同一の動きを繰り返すことではないでしょうか?
それも全く同一ではなく、野球のピッチングであれば、相手には同様の動作に見せておいて、「フォロースルーの最終時の動き」と「ボールの握り方」のみでボールに変化を出さなければなりません。

指の可動域手指の神経機構、そして繰り返す動きの安定感などを検査する必要があります。

ピッチャーがよく感じる肘の違和感や肩の違和感というのは、すでに身体のどこかの関節において制限が起きている結果ですので、この状態でしっかりと検査と治療をすることが重要です。

ポジションによって投げ方が異なったり、バッティングによる手首の負傷など既往歴も関与します。

自分自身との戦いであるゴルフでは、ほとんどの原因はメンタルではなく身体です。これはよく勘違いされており、身体が整うと必ずスコアは上がります。

メンタルトレーニングは時に虚勢へと発展し、間違った方向へと進む危険性があるので、大会当日まではフィジカルに目を向けることが必須です。

では最後にサーフィン・スノーボードについてです。

どちらも足の動きに対するバランスを取るために腕を使っていることが特徴の競技です。
ですので体幹や骨盤の回旋の問題や下肢の力の入り方も肩の痛みと関与します。

スノーボードは転倒による外傷を機に痛みが慢性化している人も多いので、どう転倒していたかによって検査と治療を組み立てなければなりません。

サーフィンの場合はパドリングと呼ばれる動作もあり、身体を安定させながら腕を動かす動作も必要なため、体幹の固定と肩の可動性の関連も検査します。

例えば、腱板損傷であっても、二頭筋腱鞘炎という同じ疾患を抱えていても、競技によって必要とされる細かい検査は異なるため、一人一人合わせた検査が必要です。

肘や肩の痛みで苦悩する方のお力になれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

Share This:

手が痺れる 手が動かない 多様な手の障害 東京都港区 田町・三田 西村治療院

しびれの症状に対しての患者さんの表現方法の多様性の話はしていますが、今回も改めて実感する臨床体験でしたので、ブログにまとめて行きたいと思います。

言語学 患者さんの表現について記載した過去のブログ

「手の痺れ」「手が動かない」「腕全体が重い」「指先に触れるとチリチリする」

こういった症状の患者さんが診られ、3回ほどで治すことができましたが、この三回にわたる治療経験は、再度患者さんの表現に助けられていると言わざる終えません。

身体の理解について前進させていただきありがとうございました。

 

まず症例を先に述べて、それから認知心理学との関わりを説明したいと思います。

今日の心理学のキーワードは「クオリア」「ラディカル構成主義

 

40代の女性、今朝からギックリ腰様の腰痛(左>右)があり来院されました。
しかし、一週間前から腕が重だるく、その後指先は痺れ、今朝から手が動かないという症状(左)。

趣味:バレエ・ヨガ どちらも健康のために行っている程度

仕事:普段は立ち仕事で手もよく動かす

腰の痛みは今朝起きてから起き上がろうとすると痛みが強く、屈む動作、寝返りの動作が辛い。一週間前から様子はおかしかったが、ヨガをやっているうちに落ち着くと思いそのまま様子を見たが、今朝になって急に痛みが強くなった。

手の痺れは最初は腕全体から始まり、ビリビリとするのは指先だけ、手は指を挟む動きと手首を上に曲げるのができない。

 

整形外科では腰は慢性腰痛と数日前に診断。手の痺れは手根管症候群だろうと湿布と薬を処方される。

以前から紹介され当院に、ぎっくり腰を機に来院。

 

この場合、現代医療には限界があります。腰の痛みと手の痺れの関連を細かく見ることができません。

経験的に、そして問診から同時期に発生しているこの症状は何かしら影響し合っていることが予測できましたので、腰の治療が手にどれくらい影響があるかを検査してみました。

 

可動域検査

肩関節
屈曲:左90° 右120°  外転:左80° 右120°

股関節
SLR:左20° 右30°  屈曲:左80° 右100°
外転:左10° 右30°  内転:左15° 右15°

肘関節
屈曲:左130° 右125° (左手の方が動きは重い)
伸展:左5°  右5°
回内:左40° 右35°
回外:左40° 右45°

手関節
背屈:左5° 右60°
底屈:左70° 右70°
尺屈:左10° 右30°
撓屈:左5° 右15°

手の整形外科テスト

ファーレンテスト擬陽性(持続的に痺れがあるのと可動制限により痛みの増加有)

フローマン陽性

チネルサイン擬陽性(手根管については陰性。肘部管と橈骨神経のラインは触るとサワサワと広がる違和感がある)

筋力テストは、手関節背屈・虫様筋の筋力低下

正中神経の障害である手根管はあるかもしれないが、今現在、尺骨神経(虫様筋・フローマン)橈骨神経(手関節背屈)に異常がでていることから、もっと上位の例えば、首や肩の問題が考えられます。

整形外科によっては頸椎の問題と片付けるところも多いかと思います。

しかし、たしかに頸椎など上位の問題があるにしても、障害を受けている神経の部分は異なるため、肘や手の部分の影響で、障害を受けている神経が違うと予想できました。

 

そこで再度問診で得た情報を振り返ります。

手の痺れの感覚は「腕全体に重い」「指先がちりちりする」「手が上に反らない」「指と指を挟む動きができない(髪を正すような仕草で必要)」

腕全体が重い
→これは神経障害のため、頸椎の問題から改善する必要がある。
肩の可動域の改善が認められれば、恐らく緩解する問題

指先がちりちりする
正中神経の領域だが、手関節の機能制限で付随する症状に近いイメージがある。(実際に手首が背屈できる様になった後に緩解)

手が上に反らない
→橈骨神経の問題であるが、同時に手関節事態にも問題が合った。
(朝起きた時に手が変なところに合っておかしかった、という情報も説明している中ででてきたので、恐らく、神経障害と関節の機能障害とが合併している状態)

指と指を挟むことができない
→フローマン徴候と同様なので、尺骨神経が疑われます。しかし、手関節を親指方向に曲げる撓屈と、小指の方に曲げる尺屈という動きもできなかったので、これも神経障害と関節の機能障害との混合

 

問診と機能障害とが一致したところで。上肢の機能制限がでた関節の動きを調整して行きます。

関節の調整の治療方法

 

さて頸椎の問題に戻ります。

頸椎というのは体幹の土台の上に乗っている存在です。

土台が傾けば頸椎は歪むのは当たり前です。

今回の症例に当てはめると、腰の痛みと同時期に神経症状がでていることからも、腰と首の関連を考えるのは必須です。

全体を見渡すと、患側の左の腰に骨盤が傾いており、胸椎(背中の背骨)の下部も左に傾く様にカーブ(右凸)しており、その分だけ、首の付け根の部分から右にカーブ(左凸)になっています。

治療前に、まず腰の骨盤の傾きを補正すると左肩の可動域がほぼ正常にまで改善したので、腰が治ると、神経痛がだいぶ治まることが予測できました。

 

ここまで最初の段階で予測ができると、早く治せるので
腰→首→肘・手
という順序で治療すれば良くなることがわかります。

各関節の治療方法については今日は説明せずに、認知心理学の「クオリア」と「ラディカル構成主義」に触れたいと思います

 

「クオリア」
色の質感でよく表現される言葉で、「赤いリンゴ」を見てもその赤は見る人によって千差万別です。その一人一人が感じている赤の質感をクオリアと言います。

痛みも同じです。

『腕が重くて上がらない状態』
これを「痺れた」と表現する人もいれば、「腕が上がらないんです」とだけ表現する人もいます。
人に動かされた時にやっと重いということを認識することもあります。

『チリチリする』
これを「火傷したみたい」「小さな針でつつかれているみたい」「痺れた」と表現する人など様々です。

『力が入らない』
これを「人の手みたい」「手の先がないみたい」「痺れた」とよく日常的に患者さんからの表現を聞きます。

それぞれ異なる状態でも「痺れた」と同じ表現されるのです。

痺れという言葉に対する質感というのは本当に様々です。

 

そしてこの現象を医療従事者が患者さんに対しての表現を客観視する時にも言えることで、
外部客観世界のありさまを人間の認知活動は直接見いだすことはできないように、
医療従事者の内部にある世界のイメージで構成してしまいます。

今回は結果的に、私の内部イメージが患者さんの状態と近いために良くすることができましたが、もし治療が上手く以下なった場合は、もう一度患者さんの感覚を聴取し、評価と治療計画の変更をしなければなりません。

大切のなのは、治療してみた結果を自分の世界イメージに適応させることです。

うまくいけばそれでよし、失敗すれば、概念構造を変えること。

こういったことを唱えた心理学が、ラディカル構成主義と言われています。

 

長らくお読みいただきありがとうございました。

手の痺れや痛みで苦悩する方のお力に少しでもなれれば幸いです。

西村公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This:

サーフィンと肩の痛み 運動連鎖 東京都にしむら治療院

当院はビジネス街という立地ではありますが、プロとして活躍する選手たちが何人かいらしていただいています。

その中でもサーフィンという競技は日本一に輝いた選手も治療に来ていただいたことがあり、動作についても細かい点を選手から教えてもらい治療に携わりました。

 

肩の痛みといえば、このパドリングと呼ばれる動作が問題とされやすいですが、パドルは肩に負担をかけずにコントロールすることはできるので、ライディングしている時の方が気になるという選手が多いようです。

surfing paddle
surfing paddle

腕は、ターン時やエアリアルなどのジャンプ時にもバランスを取るのに使われていますので、肩を痛めるとバランスを取る際の腕の運動に支障を来たし、技を繰り出すのが難しくなるといったことに繋がります。

surfing
surfing

パドルの様にコントロールしやすい動作よりも、バランスを取るなどの急で速くなおかつ繊細な動きに対しては、自然と身体を動かすことが大切になるので、ライディング時の障害として感じられるのが多いのでしょう。

 

さて、サーフィンでの肩のトラブルについて分析して行きます。

テニスやバトミントン・ゴルフなどのスポーツ、他にも格闘技などのスポーツとの肩の動きと異なる部分があります。

 

まず腕の目的について考えなくてはなりません。

「主動なのか受動なのか」

先ほど説明したテニス・バトミントン・ゴルフなどのスポーツにおいて、腕は力を伝えるための存在であり目的の動作に対してメインとなって働きます

しかし、サーフィンでの腕の動きというのは、足や体幹の動きに対して、バランスを保つための受動的な働きを担っています。

もしくは体幹の初動を助けるために、腕の振りから行うといった側面もあります。

Girl balancing on ledge with family
Girl balancing on ledge with family

つまりは何か動作を行うための補助的な動作として腕の動きを必要としているのが、サーフィンでは特徴的な作用といえます。

もちろん他のスポーツでも同様の行為を腕は行っています。
先ほどの例で上げたスポーツでは利き腕に対して、反対側がバランスを取ったり初動を助けたりといったことはされているのがその証拠です。

 

水の中で行っているスポーツであっても水泳とサーフィンでは全く腕の働きが異なるのです。
パドリングでは腕は推進力を計る点で水泳と同じで、むしろ足の方がバランスを使うための作用を担うためここが水泳と異なってきます。

Man swimming
Man swimming
swimming
swimming

 

今日はサーフィンの時の肩の動きとして一番簡単なものと運動療法リハビリテーションについてご紹介します。

それはスクワットの様にお尻が下がった際の腕の挙上です。

surfing
surfing

手を頭の後ろで組んだ状態でのスクワットで腕が前に閉じてきてしまう
もしくは万歳をした状態でのスクワットで腕が降りてきてしまう
こういった人はライディング時の波から(下から)身体に突き上げる力を吸収するために腰を落とす時にバランスが崩れてしまいやすいです。

他にもジャンプから着水する際にも力を腕で吸収することが困難になってきます。

 

肩の治療としては身体の状態によって治療箇所は様々ですので、今回は言及致しませんが、過去に記載した肩の治療のケースレポートを呼んで参考にしていただけたらと思います。

ストレスの波及 肩の痛みと全身の機能

肩の可動域改善に対する分析

水泳と肩関節のひっかかり

手術後も続く肩の痛みimpingment

肘の機能制限と上肢の症状

 

肩の痛みでお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437

にしむら治療院ホームページ

Share This:

肘・手の痛みと腰痛の関連 品川・三田・六本木 にしむら治療院

最近手や肘の痛みで来院される方が増えてきています。

ほとんどの患者さんは腰や頸・肩の痛みを主訴として来院され、「ついでに肘も見てもらいたい」、「実は腱鞘炎も患っている」と付随する症状を訴えられる状態がほとんどです。

最近は肘の痛みで来院され、「腰も少し痛いので一緒に診てもらいたい」という方も増えてきました。

 

『肩が痛い人の肘の痛み』
『腰痛がある人の肘の痛み』
『バネ指がある人の肘の痛み』

これらの肘の痛みがみんな同様にテニス肘(外側上顆炎)と呼ばれる状態であっても、実際にそれらの肘の痛みは同様なものは一つもありません。

人それぞれ違う肘の痛みであるにもかかわらず、
みんな同じ様に肘に電気、全身のマッサージ、手のストレッチ、手の筋トレ、手や肩に針をするという現状が日本の医療にはあります。。

これではなかなか良くなりません。
人それぞれ痛みの背後に隠れている要因を捜す必要があります。

身体に備わっている神経機能を用いながら動作の痛みについて考察していきます。

 

ちょっと難しい話になりますが、「予測的姿勢調節 : anticipatory postural adjustment : APA」という言葉を用いてその違いを一つ紹介できたらと思います。(先行随伴性姿勢調節などとも言います)

予測的姿勢調節というのは、
目的とする動作をスムースに遂行するために同時に駆動される姿勢調節機能です。

 

机の上の物を取ろうとする時、つまり手を伸ばす動作を行うとき、その手の位置の変化によって、身体のバランスは崩れてしまいます。

身体は手の位置的変化に会わせて、バランスを取る様に足の筋収縮を調整したり、背筋に前もって力を入れる準備をしたりと、目的の動作の0.1秒前から0.05秒の間で姿勢調節postural setを行っています。

 

歩行動作を例に考えると、
左足を上げる前には、重心を右へと移動していなければなりませんし、右へ曲がろうとする時には自然と手の振りを変化させ、バランスの崩れに対応する様に身体は前もって準備しています。

 

この『前もって』というのが非常に重要なワードです。

つまり、「手を伸ばす」、「リーチする手」の前に行われるべき身体の調節機能が何らかの原因によって破綻していた場合、この「手を伸ばす」という動き自体に変化が起きてしまうのです。

 

我々治療家は、この予測的姿勢調節機能の破綻しているポイントを探し、動作遂行を促すことができます。

個々で重要なポイントが、この予測的姿勢調節機能の破綻は視診、つまり目で見ることが非常に難しいというところです。

フォームの変化、というのは目で確認できますが、フォームの変化の原因はフォームが崩れる寸前に起こっているため、どこがおかしいかは確認できません
先ほどの生理学的な話からすると0.1秒前に起こっている現象、目視することができないのです。

つまりは徒手検査によってしか明確にならないのです。

徒手的に動きを検査する方法はこちらで学べます。
motion palpation study groupウェブサイト

 

今回、腰の痛みと肘の痛みの関連について一つ実際の例をご紹介します。

以前から左腰が痛く、前に屈むのが辛かった。
腰の痛みは気にならなくなってはいたものの、左肘の痛みが突然現れ、一ヶ月経つも治らないので来院。

簡潔に結論だけ述べると、腰が屈めないために、通常よりも手を伸ばさなければならなくなった。
そのため肩甲骨は外へと移動し、肩甲上神経は牽引され障害を受けた。
その肩の機能制限部分を補うために肘は大きなストレスを受けることとなり、痛みとなって表に認知される様になった。

これは徒手検査と改善にいたった経緯によってわかったことを理論組みをするとこういうstoryとなりました。

 

narrative medicine物語的医療というように、この予測的姿勢調節という機能は、その人の物語を知る上で知っていなければならない機能ではないでしょうか。

少しでも手の痛みで苦悩している方の力になれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

当院で行っている治療概要

肘の機能制限と上肢の症状

腱鞘炎の治し方(肘との関連)

ゴルフのフォームと肘の機能

肩の可動域改善に対する分析

手術後も続く肩の痛み

 

予測的姿勢調節に対する参考図書

入門運動神経生理学―ヒトの運動の巧みさを探る
市村出版
売り上げランキング: 627,121
運動の成り立ちとは何か―理学療法・作業療法のためのBiNI Approach
舟波真一 山岸茂則
文光堂
売り上げランキング: 108,291

Share This:

頭痛 空間定位の異常 東京都港区 西村治療院

頭痛は大きく緊張性・偏頭痛・群発性の三つと分類されますが、その分類の仕方で納得いく方がどれくらいいるのでしょう・・・。

もう少し身体の状態から分析してもいいのではないでしょうか。

 

今日は、頭痛にめまいを付随している患者さんの症例報告を通して頭痛と空間認識について考えて行きたいと思います。

頭痛は数ヶ月に一度起こり、数日しばらく続く。

主に左側に多いが、右になることもある。

めまいはふらふらとする感じ、吐き気までは出ない。

 

問診の最中に右目と左目の力具合が少し異なる様に感じました。

右目でこちらを見ていて、左目はなんだか頼りなく、焦点を合わせられていないような感覚。

別の表現をすると、右目は力強く、キラキラしていて、左目は暗く、遠くを見ている感じ。

 

つまりは両眼で見れていない両眼立体視の欠如の状態が考えられました。

以前に投稿した両眼立体視についてはこちら

 

視覚や眼球の機能検査をすると、右目で見ていることがわかりました。

眼球運動検査
眼球運動検査
両眼立体視 リハビリ紹介
両眼立体視 リハビリ紹介

 

そして全体の姿勢を加味してスクリーニングすると

右目は体幹の中心軸に来ている、体幹が左にスエーしていました。

足の重心位置は左の外側によっていて、右膝は少し曲げて浮かせています。

 

これは歪みが視覚の異常を来しているのか、視覚の異常が歪みを起こしているのか、と考えるとニワトリと卵の話になってしまします。

 

ここで私が大切にしたいのは、身体の歪んでいる状態を認識することは難しく、視覚もまさに右目で見ている状態を本人が認識することはできないということです。

いろんな方法から本人に身体との対話の方法を伝え、そこから、どうすれば身体が楽になるかに気づいてもらう、それが大切であると思っています。

 

施術しながら身体の状態を認識する方法を私は用いています。

 

骨盤と股関節を治療して、足の重心位置を整えます。

その位置にあると足の筋力が上がることも気づいてもらいます。

 

当院の治療方法についてはこちら

 

体幹の機能制限のある関節を治療し、先ほどのスエーした身体と肩の可動域がどう変わるかに気づいてもらいます。

次に視覚のリハビリを行い、左目が機能している状態だとバランスや肩の筋力が機能することに気づいてもらいます。

 

この「気づき」がなければ慢性的な頭痛を治すことができません

しかし、この気づきがあると、頭痛が出る前に身体の変化に気づき対処できる様になってくるのです。

 

めまいの身体学 空間座標について

 

頭痛に悩む患者さんの力に少しでもなれれば幸いです。

少しでも不定愁訴でお悩みの方に希望を与えられる様にできたらと思います。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

ベッドサイドの神経の診かた 改訂17版
田崎 義昭 斎藤 佳雄 坂井 文彦
南山堂
売り上げランキング: 7,216
視覚はよみがえる 三次元のクオリア (筑摩選書)
スーザン・バリー
筑摩書房
売り上げランキング: 334,811

Share This: