どの症状が脊柱管狭窄症によるもの? 足のしびれ・股関節の痛み・腰痛

当院の来院で一番多いのが腰下肢痛で、その中でも脊柱管狭窄症と診断されている人が大部分を占めます。
腰部脊柱管狭窄症と言えば、手術が適応とされる疾患であり、実際に手術をされている人は、当院に来院されている方の3割くらいはいらっしゃいます。
なぜ手術をされているのに、腰下肢痛で来院されるのかと言えば、もちろん手術で症状が緩和されないからです。
抱えていた症状のうち、いくつかは改善され、いくつかは残るといった結果から推測するに、抱えている症状が、『腰部脊柱管狭窄症』という一つの病態では言い表すことができないほど多様な病態が絡んでいることが予測できます。
腰部脊柱管狭窄症の症状

現在は多様な病態が身体の中で共存している中で様々な症状を出していることが理解されてきました。

腰部脊柱管狭窄症の症状
脊柱管狭窄症の手術で一番効果が表れにくいのが ”足のしびれ” と言われています。
中には筋力低下を起こしていて、”しびれ”  や ”感覚が鈍い” という感覚神経の障害だけでなく運動神経の障害まで起こっている方も多数います。
実際に「爪先立ちができない」として来院されている方はとても多く、手術後も改善されない方が、仙腸関節や腰背部、股関節の治療で改善しています。
まず、そのヒトの身体にどんな機能制限があるかを把握することが前進するための最初の一歩となります。
皆様は各関節の機能検査を受けてきているでしょうか?
画像による診断だけだったり、ただ足を上げたり、触れた触覚検査、腱反射だけで病名を診断されてはいませんか?
当院では背骨から骨盤、股関節、足首に至るまでの一つ一つの関節を検査し、抱える症状のどこがどの部分と関連しているのかを考えていきます。
変形性股関節症・腰部脊柱管狭窄症・仙腸関節炎の共存
実際のレントゲン画像と触診で得た情報をもとにモデルを作成してみました。
脊柱管狭窄症と診断され、症状は股関節の前方・外方・後方と、全体の痛みと痺れがあり、歩いているうちにだんだんと足が上がらなくなった方がいました。
確かに腰椎の変形も歪みも強く、狭窄症が認められるだろうといった触診具合でしたが、きちんと仙腸関節と股関節の可動性を上げることができた時、その方は途中休むこともなく歩けるようになりました。
この図を見ての通り、画面左側の右股関節は関節面が大腿骨に被さるように骨盤の傾斜を伴っています。
特に右の骨盤の傾きがひどいため、仙腸関節の機能異常も存在していることがわかります。
実際に仙腸関節を調整すると股関節の機能制限も改善してきました。
股関節の過剰な緊張が仙腸関節の異常をきたすとともに、骨盤の傾きがまた股関節の緊張を起こすと言った悪循環が存在しています。
また仙腸関節の不安定が腰部のスタビリティに影響を及ぼし、本来持っていた脊柱管狭窄症の状態を悪化させていたも考えられるでしょう。
こう言った複数の病態が同時に存在しているパターンはかなりの率で拝見します。
『脊柱管狭窄症』と診断されたヒトのうち、手術をしても良くならなかった人はほとんどこう言った現象を持っています。
手術したけど良くならない・手術した後から悪化した・できるだけ手術したくないなど、どんな方でも諦めずに身体の細かな分析と評価と改善を繰り返し行えば必ず光は見えてきます。
少しでもお力添えできれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

(サテライト治療室:埼玉県大宮、千葉県我孫子市、山口県長門市)

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This:

ゴルフ 左足壁の固定力と回旋という柔軟性

最近はゴルフによる障害、それも坐骨神経痛に悩まされている方が多数いらっしゃっています。
左足と右足によって原因となる場所は異なりますが、今回は左足壁の固定力と回旋という柔軟性についてお話をしたいと思います。
ゴルフでは左足での壁を作ることを教えるコーチが多いことから、最近では、左足の固定によって安定したスイングをすることができると考えられているようです。
スイングにもブームがあり、最近の主流は
“親指で踏ん張って、左足の壁を作って安定させる”
のようです。
“左足で壁を作る”ことによって得られる安定性が、固定となってしまい、左足での回旋力を失ってしまう人が非常に多いです。
壁を作ることに意識を費やすがゆえに回旋力を失っている身体の状態の中で、それでも大きく回そうとすると、最終的に足や腰に痛みをきたすことになってしまいます。
”この壁を作る”という行為は『固定』の作用が強いのが難しい点かと思います。
最近では、”この壁を作る”というのを『親指で踏ん張る』という表現で教えているコーチが多いように思えます。
この『親指で踏ん張る』という表現は非常に良い表現だなと思うのですが、そのポイントがうまく伝わっていない人が多いかもしれません。
回旋力は脊柱で捻ることができる角度よりも、股関節のひねる角度の方が非常に大きいため、股関節の回旋力を使わない手はありません。
それを”親指で踏ん張る”という言葉の縛りによって左足全体で親指を踏ん張ろうとすると・・・・
結果回旋できなくなってしまいます。
股関節は余裕を保ちながら、親指で踏ん張り安定を確保するのが重要です。
親指で踏ん張る行為を、例えば、膝で作ったり、足首の関節で作り上げれば、股関節での固定は少なくすみ、可動性に富む状態でスイングを行えます。
いくつかスイングを見てみましょう。
どれが良いというのはなく、下半身と上半身の動きの目的がバラバラになっていないかが重要。手の振り方を変えれば、それに合わせて、下半身の使い方も変えなければならない。
つまり下半身の使い方が変われば、上半身の使い方も変えなければならない。
Female golfer

骨盤の左回旋が強く、臀部の中心は右に寄っているタイプ。骨盤の回旋が強いため、不安定になりやすいがパワーが出る。
足元まで見えていないが、膝の方向も前を向いているので、足首から前を向いている様子。この形で、親指で踏ん張るのは股関節にかなり負担がかかる。
左肩はやや低めでフィニッシュしているため、横にスイングしやすい形。

one caucasian man golfer golfing in studio isolated on white background

骨盤はほぼ正面を向いているため、股関節の内旋という動作が大きくなければできないスイング。骨盤は右に傾斜している。そのためクラブは地面よりも45°の角度を作れる。

one caucasian woman woman golfer golfing in studio isolated on white background

骨盤は右にやや向いているため、左足の固定が強いタイプ。骨盤の右傾斜は強いが、上半身は左傾斜している。下半身が行っている動きと上半身が行なっている動きが異なっている。

Female golfer striking a golf ball on a golf course, full body rear view looking down the golf course

骨盤の回旋は弱く、左に傾斜している骨盤の形。左傾斜の方が、左臀部の筋肉は過緊張しやすい。回旋を少なくすることで、その負担を弱めている可能性が高い。

image of a golfer playing a chip shot onto the green on a golf course in south africa

骨盤の軸に対して、上半身が右にスウェーしている。骨盤の重心移動を先行させていながらも、上半身の回旋時に右にスウェーしているため、骨盤の上に上半身が載っていない。

この”回旋力”という『動』”親指で踏ん張る””壁を作る”という『静』を多様に存在する下肢の関節で使い分けることが、腰や足に痛みを出さずに動き続けるコツになります。
そのために特に必要なのが、股関節の柔軟性と、仙腸関節の柔軟性と固定力、距腿・距踵関節の股関節に対する協調運動です。
肩と背中との連動がうまく行くためには仙骨がこの中継点なるため、肩や肘など上半身の問題も抱えている方は、股関節の動きに対して仙骨がどのような傾きをしているのかを検査し、改善することも大切となってきます。
当院では各関節の動きの遊びを検査改善することによって、それぞれの動作の可動域精一杯に動かした時の余裕を作ることができます。
運動時の腰や足の痛みにお悩みの方のお力になれれば幸いです。
東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院 西村 公典
ホームページリンク
03-6435-2437

Share This:

腰臀部痛から鼠径部・下肢まで続く神経痛 腰仙関節と仙腸関節の機能異常

当院に通っている方で一番多いのが腰から起こる下肢痛でお悩みの方です。
腰痛はなく、坐骨神経痛だけの方から、腰痛で歩行困難となっている方、臀部痛が強くびっこをひく、足が思うように動かないといったように、人それぞれ症状は異なります。
症状が人それぞれ異なるように、腰部に存在する「腰仙関節」「仙腸関節」の状態も様々です。
今回は、膝の伸びないことによって起こった骨盤の傾きが下肢全体への痛みへと波及した事例をもとに、腰仙関節・仙腸関節の機能制限から起こる下肢の痛みについて症例をもとに当院での治療計画について説明します。
今日は左の腰下肢痛に悩み、腿(もも)から膝にかけての痛みと痺れが強く、歩行がままならないという方の症例をご紹介します。
腰部はこのように左側の仙骨が後ろになるように捻られており、さらに仙骨の左側が下方に変位するように傾いています。
腰下肢痛 歪み
おそらく、この傾きが立位や座位での左側の坐骨神経を障害しているように見えます。
しかし、今回の症状の腿から膝にかけての痛みは外側から前面にかけても生じているため、大腿神経や外側大腿皮神経といった部分にも影響を受けていることが予想だれます。
確かに第3腰椎/第4腰椎間は狭くなっており、大腿神経も障害されているようです。さらには左の仙腸関節の緊張が強く、可動性が落ちていることからも、仙腸関節由来の鼠蹊部痛や下肢痛の痛みも同時に出現しているようでした。
関節のあそびの触診(モーション・パルペーション)によって、原因関節が特定できたらあとはそこを緩めるだけです。
仙骨の緊張が一番強く、股関節や膝関節を優しく緩めた後に再度仙腸関節にアプローチすると緩んでくれました。
仙骨の上方への可動性
仙腸関節
仙腸関節のテクニック
話を聞けば、最初は膝の痛みがあって整形外科で膝の治療をしていたがそれから少しずつ下肢全体に痛みが広がっていったと、時系列を思い出されていました。
つまりは膝の痛み(背景に腰椎の3番の機能不全)があり、そこから膝が伸びなくなって骨盤の傾斜につながり、仙腸関節の可動性の制限を起こして最終的に、下肢全体と歩行障害となったと仮定できました。
治療後は経過が良く、週一回の治療から現在は3週に一回でも歩行には問題ない程度にまで改善してきています。
腰部とそれに付随する下肢の痛みにお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

ゴルフ・左股関節の痛み・太ももの張り 東京都にしむら治療院

ゴルフによって腰痛、座骨神経痛、そして股関節の痛みを抱えている人はとても多い。

それをすべて ”疲労” として片付けてしまって良いのでしょうか?
実際に数日休んでも痛みが続く人も多い。
やはり疲労ではない、そう思う方にはぜひ続きをお読みいただき、ゴルフパフォーマンスの向上や、身体の不調の改善にお役に立てていただけたらと思います。

 

今回は左股関節の痛みが続いている方が ”足首を構成する小さな関節の動き” が原因となっていた症例についてご紹介したいと思います。

この関節は『距踵関節』と呼ばれる特殊な動きを提供している部位で、この関節の治療ができる方はごく僅かと言われています。

距踵関節関節面
距踵関節

 

この関節がゴルフのスイングで特に必要とされるのは、インパクトからフォローしている間中です。

左足に体重を乗せながら、身体を左に捻る動き、
これがゴルフでは当然行われる動きです。

この際に地面についている足裏と捻っている身体を中継している部分には、「体幹」「股関節」「足首」です。

膝は?と思われる方もいると思いますが、膝は「捻る動き」においてはとても小さな動きしか持っていません。

もし膝が回り過ぎたら当然、痛めてしまいます。
ですので、膝が痛い方にとっても、この「股関節」と「足首」がとても重要になってきます。

 

「足首」と言っていますが、実際には足首の下で踵の上の関節、『距踵関節』と呼ばれる関節の動きです。

内反と外反の接地方法

このように接地の仕方によって必要とされる下腿の回旋を担うのが距踵関節です。

ゴルフの場合は重心を左右に移動する時にはこの距踵関節が大きな役割を果たし、特にインパクトからフォロースルーの大きな回旋力を必要とされる左足の距踵関節の役割はとても重要となります。

 

伸び悩む飛距離・腰の痛み・股関節の痛み・足のつり
もしかするとこの距踵関節の機能制限が潜んでいるかもしれません。

健康的にゴルフを続けたい方のお力に少しでもなれれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

長期に悩まされる座骨神経痛の症例

最近は、強い座骨神経痛に悩まされている患者さんが多数紹介され来られています。

  • 画像診断では手術をするまでの状態ではないと診断されたが自覚症状はかなり強い方。
  • ブロック注射で一時軽減するが数日で戻ってしまう方。
  • 手術は怖いのでまずは安全な方法で様子を見ている方。

最近はそんな方が多数来られている傾向に思います。

簡単にはもちろんいかないものですが、ほとんどの人が痛み痺れが改善できています。

まずはどんなことが起こっていやすいかをご紹介したいと思います。

40代男性

もともと腰痛があったが、日常非常に困る程度ではないため、マッサージや接骨院で経過を見てきました。

左足先の痺れが出始め、次第にふくらはぎの外側すねの前、そしてふとももの裏側と痺れがまして来て整形外科を受診。

ヘルニアはあるが手術するほどではない程度、座骨神経痛と診断されました。

整形外科での牽引やブロック注射を今までのマッサージでの治療に加えて行うが、次第に痛みが増して来て3ヶ月が経過、そして紹介され当院に来院に至りました。

左の骨盤は下方に下がり、腰椎は左側弯(左が凸)、左の背筋は過緊張。

その緊張した筋肉を押すと痺れがますため、マッサージは最近行っていないという。

左の臀部も緊張が強く、そこも押すと足に痺れが強く出現し、治療が手つかずになっている状態でした。

痺れが出ている場合には、どこを触ると痛みが上昇or減少するかを常に問いながら施術しなければなりません。

第4腰椎の棘突起と呼ばれる突起を左から右に押すと反対がからに比べて異常に緊張が強かったため、左から右に優しく触れていると痺れが減少すると話されていました。

腰椎のモビリゼーション
腰椎のモビリゼーション

仙骨が左下方に引っ張られているため、仙骨に手を置き、上方へと優しく、支えてあげるとこれもしびれが減少しました。

仙腸関節
仙腸関節

もう2,3点変化の出る部位があったのですが、それ以外は痺れが上昇するため、痺れ痛みの減少を来す4カ所のみを治療をすると、その場で痺れが7割減少し、楽に動ける様になりました。

一週間に一回の治療が3回目になると、楽になる場所が少しずつ増え、2ヶ月目には日常ではさほど困らないが、車に乗った後は痺れが出るとまでに回復し、月一回くらいになっています。

症状がきつい痛みも、改善する場所を患者さんの身体の反応から伺うことで良くなるようです。

腰痛や座骨神経痛に悩まされている患者さん、それを助ける医療従事者の助けになれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

顎関節症 口が開かない 噛むと顎が痛い 東京都港区にしむら治療院

寒くなってきたことと何か関係があるのでしょうか。

「顎が痛む」、「口が開かない」と言った症状の方が増えてきました。

寒くなってきたから増えたのかと思い気や、それらは半年、長い方では数年間もその状態であるという方々なので季節は関係なさそうです。

Close-up of a young woman holding the side of her face in pain
Close-up of a young woman holding the side of her face in pain

 

顎の痛みは意外と良くなります。

と言っても、人によってポイントが異なるため、それを見つけるまではとても難しい症状です。

顎関節症の治療の仕方について紹介します。症例も紹介致します。

 

顎関節を構成する骨の一部である下顎骨は宙に浮いており、筋肉によって支えている構造をしています。

宙に浮いている」ということは頭が傾いていると、下顎骨はそれに伴ってある方向へと引っ張られてしまします。

顎が痛い人は、普段頭が傾いてしまうくせがある場合があります。

もしくは身体が傾いていて、首や顎が、どちらかの方の方へと引っ張られている可能性があります。

temporomandibular joint
temporomandibular joint

 

もう一つよくある原因は頸椎の安定性です。

頭の傾きはさほどはないにしても、頸椎が回旋していたり、前方に移動していたり、傾いていると、首から顎へと伸びている筋肉は左右同時に働くことができなくなります。

するとガクッガクッと左右バラバラに顎が動きます。

顎のクリック音もこういったことが原因のため、首の可動性を検査しながら、顎を開閉してもらうと、問題点を支えた瞬間に顎が開きやすくなります

temporomandibular joint mobility
temporomandibular joint mobility

これは顎関節の運動の軸を表しています。頸椎の不安定や、頭の傾斜によって、スムーズの運動は失われ、ある運動軸の動きが制限されてしまいます。

顎関節の治療よりも先に、全身の動きを改善していくことでまず、顎がきれいに動くための土台を気づかなくてはなりません。

電車で例えるなら、レールが曲がっていて、電車は脱線し続けている状態、それが顎関節症です。

 

女性、歌手として仕事していますが、この半年間顎の痛み(左>右)が治まらず、指二本分しか口を開けることができなくなりました。

歯の治療を行ってみるが、改善せず、歯の治療のために口を開けることすらできなくなったため、紹介されて当院へ来院される運びとなりました。

 

顎関節以外の問題として、永年の肩こり(左>右)があり、腰痛も(左>右)ありました。

昔には左腰から足にかけて痺れる座骨神経痛も経験し、今も動けないことはないが辛いという状態。

 

顎の痛みは
開口3cmで痛み(左>右)強く噛み締めるのも痛みが出る(左>右)
クリック音は左右ともあるが、骨がこすれるような軋轢音・圧雪音はない。

半月板損傷の損傷はあってもごく僅かであることが予想できました。

 

頭は水平ですが、肩は左が極端に下がり、肩の可動域も左肩は外転90°、右肩105°と左の可動域は少ない。

腕を上げて行くと、腕に痺れも感じ、長く挙げていられない(胸郭出口症候群様な症状)もある。

腰は座骨神経伸張テストSLRでは左20°、右30°と痺れにまでは至らないが、すぐに太もも裏が張ってしまう。

たまにふくらはぎがつるということなので、だいぶ座骨神経の緊張は強うそうだった。

 

左肩が下がっているのは左の腰部の緊張からであることが予想できたので、問題である左の仙腸関節と腰部の圧迫をゆるめ、左肩を下げている緊張を緩めることから始めました。

下肢の可動域も改善し、まだ開口は3cmでしたが、顎の痛みは落ち着きます。

 

続いて、頸椎への治療に移り、左が前方へと変位している頸椎を緩めて回旋への可動域を取り戻して行きます。

第三頸椎の左側が前に張り出していて、頚前筋の緊張による、下顎と頸椎の間が狭いことも顎関節に影響をしているようでした。

 

  • 腰部の緊張による頸椎への下方への牽引力の改善
  • 頸椎の前方変位による下顎骨の機能低下、

これらの結果、下顎骨に左右同時に動くことの制限をかけ、結果顎関節症になっていたと思われます。

 

直後効果もありましたが、腰部の問題は根強く残っており3回ほど通常の開口ができるまで施術が必要でした。

 

頭の傾きがある方や顎関節の軟骨の摩耗があるなしなどによって、治る時間は様々ですが、顎の痛みで苦悩している方の助けになれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

Share This: