ゴルフ 左足壁の固定力と回旋という柔軟性

最近はゴルフによる障害、それも坐骨神経痛に悩まされている方が多数いらっしゃっています。
左足と右足によって原因となる場所は異なりますが、今回は左足壁の固定力と回旋という柔軟性についてお話をしたいと思います。
ゴルフでは左足での壁を作ることを教えるコーチが多いことから、最近では、左足の固定によって安定したスイングをすることができると考えられているようです。
スイングにもブームがあり、最近の主流は
“親指で踏ん張って、左足の壁を作って安定させる”
のようです。
“左足で壁を作る”ことによって得られる安定性が、固定となってしまい、左足での回旋力を失ってしまう人が非常に多いです。
壁を作ることに意識を費やすがゆえに回旋力を失っている身体の状態の中で、それでも大きく回そうとすると、最終的に足や腰に痛みをきたすことになってしまいます。
”この壁を作る”という行為は『固定』の作用が強いのが難しい点かと思います。
最近では、”この壁を作る”というのを『親指で踏ん張る』という表現で教えているコーチが多いように思えます。
この『親指で踏ん張る』という表現は非常に良い表現だなと思うのですが、そのポイントがうまく伝わっていない人が多いかもしれません。
回旋力は脊柱で捻ることができる角度よりも、股関節のひねる角度の方が非常に大きいため、股関節の回旋力を使わない手はありません。
それを”親指で踏ん張る”という言葉の縛りによって左足全体で親指を踏ん張ろうとすると・・・・
結果回旋できなくなってしまいます。
股関節は余裕を保ちながら、親指で踏ん張り安定を確保するのが重要です。
親指で踏ん張る行為を、例えば、膝で作ったり、足首の関節で作り上げれば、股関節での固定は少なくすみ、可動性に富む状態でスイングを行えます。
いくつかスイングを見てみましょう。
どれが良いというのはなく、下半身と上半身の動きの目的がバラバラになっていないかが重要。手の振り方を変えれば、それに合わせて、下半身の使い方も変えなければならない。
つまり下半身の使い方が変われば、上半身の使い方も変えなければならない。
Female golfer

骨盤の左回旋が強く、臀部の中心は右に寄っているタイプ。骨盤の回旋が強いため、不安定になりやすいがパワーが出る。
足元まで見えていないが、膝の方向も前を向いているので、足首から前を向いている様子。この形で、親指で踏ん張るのは股関節にかなり負担がかかる。
左肩はやや低めでフィニッシュしているため、横にスイングしやすい形。

one caucasian man golfer golfing in studio isolated on white background

骨盤はほぼ正面を向いているため、股関節の内旋という動作が大きくなければできないスイング。骨盤は右に傾斜している。そのためクラブは地面よりも45°の角度を作れる。

one caucasian woman woman golfer golfing in studio isolated on white background

骨盤は右にやや向いているため、左足の固定が強いタイプ。骨盤の右傾斜は強いが、上半身は左傾斜している。下半身が行っている動きと上半身が行なっている動きが異なっている。

Female golfer striking a golf ball on a golf course, full body rear view looking down the golf course

骨盤の回旋は弱く、左に傾斜している骨盤の形。左傾斜の方が、左臀部の筋肉は過緊張しやすい。回旋を少なくすることで、その負担を弱めている可能性が高い。

image of a golfer playing a chip shot onto the green on a golf course in south africa

骨盤の軸に対して、上半身が右にスウェーしている。骨盤の重心移動を先行させていながらも、上半身の回旋時に右にスウェーしているため、骨盤の上に上半身が載っていない。

この”回旋力”という『動』”親指で踏ん張る””壁を作る”という『静』を多様に存在する下肢の関節で使い分けることが、腰や足に痛みを出さずに動き続けるコツになります。
そのために特に必要なのが、股関節の柔軟性と、仙腸関節の柔軟性と固定力、距腿・距踵関節の股関節に対する協調運動です。
肩と背中との連動がうまく行くためには仙骨がこの中継点なるため、肩や肘など上半身の問題も抱えている方は、股関節の動きに対して仙骨がどのような傾きをしているのかを検査し、改善することも大切となってきます。
当院では各関節の動きの遊びを検査改善することによって、それぞれの動作の可動域精一杯に動かした時の余裕を作ることができます。
運動時の腰や足の痛みにお悩みの方のお力になれれば幸いです。
東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院 西村 公典
ホームページリンク
03-6435-2437

Share This:

腰臀部痛から鼠径部・下肢まで続く神経痛 腰仙関節と仙腸関節の機能異常

当院に通っている方で一番多いのが腰から起こる下肢痛でお悩みの方です。
腰痛はなく、坐骨神経痛だけの方から、腰痛で歩行困難となっている方、臀部痛が強くびっこをひく、足が思うように動かないといったように、人それぞれ症状は異なります。
症状が人それぞれ異なるように、腰部に存在する「腰仙関節」「仙腸関節」の状態も様々です。
今回は、膝の伸びないことによって起こった骨盤の傾きが下肢全体への痛みへと波及した事例をもとに、腰仙関節・仙腸関節の機能制限から起こる下肢の痛みについて症例をもとに当院での治療計画について説明します。
今日は左の腰下肢痛に悩み、腿(もも)から膝にかけての痛みと痺れが強く、歩行がままならないという方の症例をご紹介します。
腰部はこのように左側の仙骨が後ろになるように捻られており、さらに仙骨の左側が下方に変位するように傾いています。
腰下肢痛 歪み
おそらく、この傾きが立位や座位での左側の坐骨神経を障害しているように見えます。
しかし、今回の症状の腿から膝にかけての痛みは外側から前面にかけても生じているため、大腿神経や外側大腿皮神経といった部分にも影響を受けていることが予想だれます。
確かに第3腰椎/第4腰椎間は狭くなっており、大腿神経も障害されているようです。さらには左の仙腸関節の緊張が強く、可動性が落ちていることからも、仙腸関節由来の鼠蹊部痛や下肢痛の痛みも同時に出現しているようでした。
関節のあそびの触診(モーション・パルペーション)によって、原因関節が特定できたらあとはそこを緩めるだけです。
仙骨の緊張が一番強く、股関節や膝関節を優しく緩めた後に再度仙腸関節にアプローチすると緩んでくれました。
仙骨の上方への可動性
仙腸関節
仙腸関節のテクニック
話を聞けば、最初は膝の痛みがあって整形外科で膝の治療をしていたがそれから少しずつ下肢全体に痛みが広がっていったと、時系列を思い出されていました。
つまりは膝の痛み(背景に腰椎の3番の機能不全)があり、そこから膝が伸びなくなって骨盤の傾斜につながり、仙腸関節の可動性の制限を起こして最終的に、下肢全体と歩行障害となったと仮定できました。
治療後は経過が良く、週一回の治療から現在は3週に一回でも歩行には問題ない程度にまで改善してきています。
腰部とそれに付随する下肢の痛みにお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

手が動かない(巧緻障害) 膝の人工関節と運動連鎖の視点から 西村治療院

最近は「手が動かない」、「足が動かない」、という痛み以外に運動障害を伴う患者さんが多く来院されています。

手の場合は首から始まる頚神経、足の場合は腰から始まる腰神経が関与しています。

では「手が動かない」=「首を治せば良い」となりますが、それだけでは治らない人が多いのはなぜでしょうか?

今日は、膝の手術後に起こった患者さんの例からご説明したいと思います。

3d Illustration of Men Feeling the Wrist Pain

膝が痛い人のように、立っているとき、片膝だけ曲げるとどうなるでしょう?

knee injury in humans .knee pain,joint pains people medical, mono tone highlight at knee

身体は傾き、肩は下がりますよね。

では逆に曲がっていた膝が急に伸びる様になったらどうでしょう?

今度は下から突き上げるような力を受けることになります。

運動連鎖

この突き上げる力が「腰の圧迫」「首の圧迫」に繋がり、神経痛や運動障害へと広がって行きます。

膝の手術によって、今まで膝を曲げているのが急に伸びることは、必ずしもその方に取って良い方向に進むとは限らないのです。

そういった方の治療は、膝が伸びることによって下から突き上げる力を股関節や骨盤、背骨の関節で緩衝できていない場所を探すことが重要です。

今回の患者さんは、仙骨と呼ばれる背骨の一番下の骨が傾いていることによって、膝が手術によって治った際の足が伸びる力を鑑賞できなかったことが大きな原因となっていました。

杖をついての歩行が手に負担かけていたこともあったので、手の関節や肘の関節の治療を行うのももちろん大切です。

手関節橈屈尺屈

怪我による身体の変化がいろんな症状を起こして行く様に、手術による良い変化も同様の理由で症状を巻き起こして行くことが在ることは、医療関係者みんなが念頭に置かなくてはならないことかもしれません。

手の障害や足の障害にお困りの方のお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

ゴルフ・左股関節の痛み・太ももの張り 東京都にしむら治療院

ゴルフによって腰痛、座骨神経痛、そして股関節の痛みを抱えている人はとても多い。

それをすべて ”疲労” として片付けてしまって良いのでしょうか?
実際に数日休んでも痛みが続く人も多い。
やはり疲労ではない、そう思う方にはぜひ続きをお読みいただき、ゴルフパフォーマンスの向上や、身体の不調の改善にお役に立てていただけたらと思います。

 

今回は左股関節の痛みが続いている方が ”足首を構成する小さな関節の動き” が原因となっていた症例についてご紹介したいと思います。

この関節は『距踵関節』と呼ばれる特殊な動きを提供している部位で、この関節の治療ができる方はごく僅かと言われています。

距踵関節関節面
距踵関節

 

この関節がゴルフのスイングで特に必要とされるのは、インパクトからフォローしている間中です。

左足に体重を乗せながら、身体を左に捻る動き、
これがゴルフでは当然行われる動きです。

この際に地面についている足裏と捻っている身体を中継している部分には、「体幹」「股関節」「足首」です。

膝は?と思われる方もいると思いますが、膝は「捻る動き」においてはとても小さな動きしか持っていません。

もし膝が回り過ぎたら当然、痛めてしまいます。
ですので、膝が痛い方にとっても、この「股関節」と「足首」がとても重要になってきます。

 

「足首」と言っていますが、実際には足首の下で踵の上の関節、『距踵関節』と呼ばれる関節の動きです。

内反と外反の接地方法

このように接地の仕方によって必要とされる下腿の回旋を担うのが距踵関節です。

ゴルフの場合は重心を左右に移動する時にはこの距踵関節が大きな役割を果たし、特にインパクトからフォロースルーの大きな回旋力を必要とされる左足の距踵関節の役割はとても重要となります。

 

伸び悩む飛距離・腰の痛み・股関節の痛み・足のつり
もしかするとこの距踵関節の機能制限が潜んでいるかもしれません。

健康的にゴルフを続けたい方のお力に少しでもなれれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

半月板損傷は仙腸関節を治さなければ治らない

以前は半月板損傷は治せないものと思っていましたが、仙腸関節の治療ができる様になってからというもの、多くは一回目で痛みを半分以下まで、人によってはクリック音と呼ばれるひっかかりもなくなります。

仙腸関節は上下にたくさんの神経を通すことから、神経機構の改善による痛みの軽減かとも思っていましたが、
おそらく神経の機能だけではなく、力のコーディネーションによる変化だと最近は感じる様になりました。

半月板損傷の検査法から理解できるかと思います。

半月板損傷を見つけるための徒手検査はたくさんありますが、以下のような検査法が存在しています。

Cabot's Popliteal sign
Cabot’s Popliteal sign
Mc Maurray's Test2
Mc Maurray’s Test2
Mc Maurray's Test
Mc Maurray’s Test

マクマレーテストはとても有名で整形外科で接骨院でよく使われています。

カボット徴候は同じような体位で膝に伸展の力を入れてもらう方法で、これらが半月板損傷のための鑑別方法となります。

これらの検査法は股関節や仙腸関節の検査法ととても似ています。

股関節の検査法の一つでもある、パトリックテスト、フェイドリフテストは仙腸関節の検査法としても知られています。

Patrick test
Patrick test

参考図書:

運動器リハビリテーションの機能評価 I
David J. Magee
エルゼビア・ジャパン
売り上げランキング: 60,013
筋骨格系検査法
筋骨格系検査法

posted with amazlet at 17.01.05
Jeffrey M. Gross Elaine Rosen Joseph Fetto
医歯薬出版
売り上げランキング: 564,064

 

お分かりの様に、股関節の検査法として知られる検査法は仙腸関節の機能検査であり、その操作方法は、膝の半月板損傷に使われる検査とほぼ同じ体勢です。

半月板損傷は膝の回旋と内外反の力が加わることで、損傷しやすいために、仙腸関節を始め、股関節や足関節に回旋や側屈の問題が起こっていると自然と発生しやすい障害ということなのでしょう。

 

もちろん膝自体の機能制限もあるため、膝の細かい動きの検査法も必要となります。

脛骨の前方後方可動性検査
脛骨の前方後方可動性検査
膝関節の回旋可動性
膝関節の回旋可動性

しかし、膝を痛めるキッカケとなっているかもしれない、他の部位を改善させなければ膝の緊張はとけません。

 

 

膝の痛みで来院される方が増えて来て、多くの方が仙腸関節の機能不全を改善することで通常歩行が可能となっています。

スポーツ障害に置いてもおおい半月板損傷は、同様に仙腸関節と股関節のコーディネーションを改善することでほぼ治ることから、筋肉・神経・関節という3つの協調性が改善すれば、痛みの多くは改善します。

Man dribbling basketball against defenders
Man dribbling basketball against defenders
Soccer player kicking soccer ball
Soccer player kicking soccer ball
surfing
surfing

程度によっては手術も必要な半月板損傷はこのようにして治るため、まずは膝の問題以外にどこに異常が見られるのか、細かい検査ができる技術とそれを治す技術を身につける必要があります。

勉強したい方もご連絡いただけたらと思います。

 

膝の痛みでお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

Share This:

膝の痛み 水がたまる 癖になるのか 東京都港区にしむら治療院

膝の痛みが続き、病院に行くと膝にたまっていることがわかり、水を抜く。

これは一般的に行われている治療です。

水を抜いた直後から、今まであった腫れぼったい感覚や、可動域の制限、痛みが引くことを経験した人はたくさんいらっしゃると思います。

関節穿刺と呼ばれる水を抜くことは効果的ですが、注射針を刺すのは痛いし、喜んで受ける人はいないでしょう。

そんな関節穿刺、これが「癖になる」という噂をよく患者さんから耳にします。

 

膝の水を抜くことは癖になるのか?」について症例を交えて考えて行きたいと思います。

個人的な経験では「膝の水を抜くことは癖にならない」です。

炎症が引き、問題が改善されれば、水はたまらないからです。

つまり、膝が動きやすくなる、足が軽くなる、痛みが緩和するような治療を施せれば水はたまらなくなり、注射を繰り返す必要はありません。

 

注射を続けていた患者さんが注射を続ける必要なく痛みが改善した症例を二人ご紹介します。

70代女性:三ヶ月もの間、水を抜き続けたが痛みも膝の水も治まることがなかった。

幸い、リウマチの検査も陰性で、変形は多少はあるものの、MRIにおいて半月板が損傷をしている様子もないと主治医から診断される。

当初痛かった右膝をかばっているうちに左膝が痛く腫れだし同様に水を抜くこととなる。

セカンドピニオンすると手術しかないと言われるが、最初の主治医は手術は必要ないが、体重を落とさなければならないと、かかるドクターによって診断も治療プランも異なるので疲弊していました。

一つ一つ良い変化を追いながら治療を進めましょうと説明し、施術を行いました。

まずは起こっている現象の把握です。

最初痛かった右膝はいつの間にか水はたまっていない様子(膝蓋跳動陰性)で、左膝は現在も水を抜いている段階。(通院中の整形外科と併用して当院に来院)

膝の痛みは後に痛くなった左側がより痛く、右側はまだ我慢できる。

痛い部位は内側側副靭帯部分である、膝の内側。これは両足とも同じである。

 

右膝の可動域は仰向けで膝を曲げると120°とやや固い程度。

左膝はと言うと95°と直角を過ぎたくらいで膝がガチッと止まる

そして膝の内側に痛みが走る。

うつ伏せで曲げると、右膝は95°で固くなり止まる。でも弾力はある。

左膝は仰向け同様に95°で止まる。止まるよりむしろ蹴り返されるような反動がある。

仰向けで足の上がり方(SLR test)を見ると、両足ともに30°でもも裏が突っ張る。

 

まずはこのガチッとした感覚は膝の内部で何かがひっかかることが考えられるため、このロックした感じがとれるようになること、うつ伏せでも可動域を保つこと、SLRでの足の上がりを軽くすることをメインとして治療計画を立てました。

仙腸関節の動きを検査し、左は腸骨の前方に制限を認め、右は後方への動きに制限が見つかりました。

仙骨は左が大きく下方になり、上に上がりません。

腸骨と仙骨の動きを治療すると、膝のガチッとロックした感じから重く止まる感じへと変化がありました。

仙腸関節 側臥位
仙腸関節 側臥位
仙骨の左傾斜、仙腸関節の離開
仙骨の左傾斜、仙腸関節の離開

全体の身体のバランスはこのような感じで、左の上部腰椎も情報への動きの制限が見られたため、そこも治療を行いました。

すると左の膝の重い感じも抜け、105°まで曲がる様になりました。

仰向けで膝の動きも良くして行きます。

SLRも60°以上まで上がる様になり、患者さんも足がすごく軽いと喜んでいました。

膝関節の回旋可動性
膝関節の回旋可動性
膝の回旋と膝蓋靭帯
膝の回旋

膝の内旋への動きの時に内側の側副靭帯の緊張が見られたため、その周囲に軽い牽引をかけながら回旋を誘導して行きます。

するとロックの抜ける感じがまた見られ、歩行してもらうとスムーズに歩ける様になりました。

その後の注射以降水がたまらなくなり、もう2回ほどの治療でほぼ問題なく過ごせる様になりました。

 

まずは右膝の痛みは骨盤の回旋のストレスを膝で受けていたと考えられます。

その膝をかばううちにトレンデレンブルグ歩行のような骨盤の傾斜がうまれ、

仙骨の動きの制限と上部腰椎の圧迫から左膝に向かう、大腿神経と座骨神経のストレスが起き、膝の問題へと波及したと考えられます。

水がたまる状況は右と左では異なるため、しっかりと動きや神経の流れを検査しながら治療することが大切です。

 

膝の痛みにお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

以前に記載した

膝の痛みの多様性について

半月板損傷と仙腸関節について

膝の痛みと足関節の機能制限について

前十字靭帯損傷に対する手術後も続く膝の痛みについて

Share This: