手が動かない(巧緻障害) 膝の人工関節と運動連鎖の視点から 西村治療院

最近は「手が動かない」、「足が動かない」、という痛み以外に運動障害を伴う患者さんが多く来院されています。

手の場合は首から始まる頚神経、足の場合は腰から始まる腰神経が関与しています。

では「手が動かない」=「首を治せば良い」となりますが、それだけでは治らない人が多いのはなぜでしょうか?

今日は、膝の手術後に起こった患者さんの例からご説明したいと思います。

3d Illustration of Men Feeling the Wrist Pain

膝が痛い人のように、立っているとき、片膝だけ曲げるとどうなるでしょう?

knee injury in humans .knee pain,joint pains people medical, mono tone highlight at knee

身体は傾き、肩は下がりますよね。

では逆に曲がっていた膝が急に伸びる様になったらどうでしょう?

今度は下から突き上げるような力を受けることになります。

運動連鎖

この突き上げる力が「腰の圧迫」「首の圧迫」に繋がり、神経痛や運動障害へと広がって行きます。

膝の手術によって、今まで膝を曲げているのが急に伸びることは、必ずしもその方に取って良い方向に進むとは限らないのです。

そういった方の治療は、膝が伸びることによって下から突き上げる力を股関節や骨盤、背骨の関節で緩衝できていない場所を探すことが重要です。

今回の患者さんは、仙骨と呼ばれる背骨の一番下の骨が傾いていることによって、膝が手術によって治った際の足が伸びる力を鑑賞できなかったことが大きな原因となっていました。

杖をついての歩行が手に負担かけていたこともあったので、手の関節や肘の関節の治療を行うのももちろん大切です。

手関節橈屈尺屈

怪我による身体の変化がいろんな症状を起こして行く様に、手術による良い変化も同様の理由で症状を巻き起こして行くことが在ることは、医療関係者みんなが念頭に置かなくてはならないことかもしれません。

手の障害や足の障害にお困りの方のお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

入院中から起こる手の痺れ 肘部管症候群

肘部管症候群は肘の内側にある尺骨神経が通る靭帯が炎症や浮腫によって腫れ、神経の圧迫を起こす神経障害。
入院を余儀なくされた方が、数日目から手の痺れが発症、そしてその後指が開かなくなりました。
これは肘部管症候群だとすぐに気づいたのですが、どういった治療をすれば良くなるでしょう?「入院」「点滴」がキーワードでした。

肘部管症候群は割とよく見かける症状の一つです。小指側の痺れを訴えてくる方もいれば、手が動かなくなったという症状で来院される人もいます。
今回はある病気で入院中手の痺れが現れ、その後指が開かなくなったと訴えて来られた患者さんの症例についてご紹介します。

内科的疾患で入院され、点滴で一週間入院されました。
4日目位から手先の痺れが出現。
退院時には、前腕の痺れと手の指の巧緻障害、指が開かないという症状になりました。
かつての手の痺れが頸椎から起こっていた方なので、まずは頸椎と思いましたが、手の関節の機能障害が強かったので、「指が開かない」というワードから尺骨神経を疑いました。

尺骨神経は虫様筋という指と指の間に走る筋肉を支配するため、尺骨神経が障害されると指と指をくっつけることができません。
その方はむしろくっついてしまっていて開かない状態でした。虫様筋の拘縮が起こっています。
尺骨神経麻痺は手首のギオン管か肘の肘部管で障害が受けやすいのですが、前腕から症状が出ていることから、肘の方がメインで障害されていることがわかります。

関節の機能検査をすると、肘の回内回外制限、伸展制限、屈曲制限。(つまりどの可動域も落ちています。)
これはおもに尺骨での機能制限と感じられました。

橈骨の回内

手関節は月状骨による伸展制限、撓屈制限がありました。

橈・尺屈の手の動き

肘の尺骨の機能制限を尺骨の微弱な牽引によってリリースし、月状骨の制限をモビリゼーションにて改善させると、手の痺れも手の動きも改善しました。
前にも起こっていた頸椎の問題も治療することで、肩の動きも軽くなりほとんど問題なく改善しました。

頸椎の検査と治療

さて、なぜ入院中に肘部管症候群になっていたのでしょう?
その方は、肘部管症候群になっていた手の甲に点滴をしていました。
つまり、手の甲が上になる様に、肘は回内で保持されます。
回内が元々制限されていると、脇を広げる動き(肩の外転内旋)で、肘の回内を助けてあげます。
すると肘の内側にある肘部管がベットにちょうど当たる様に寝ることになるのです。
それが一週間も続けば、正座していた足のように、手は痺れ、思う様に動かなくなります。

入院、点滴の場所、どのように寝たか、これを最初に聴取できたので、すぐに原因場所を突き止めることができ、治すことができました。

手の痺れでお困りの方のお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

長く続くテニス肘、野球肘、ゴルフ肘に対する検査のあり方 にしむら治療院

テニス肘、野球肘、ゴルフ肘が長く続き、最終的に競技人生をあきらめるという、悲しい状況がなくならないのはなぜでしょう?

このテニス肘や野球肘、ゴルフ肘はその競技をやっていない人にも起こるという状況から見ても、ただの疲労が関係しているのではないことはわかります。

競技をやっている人もやっていない人も、肘にかかるストレスがあれば誰にでもなるのです。

つまり、ただでさえ競技中に肘を使っている選手であれば、もし身体の他の部分に問題があり、肘のストレスを増強させているとしたら、その痛みは取れるでしょうか?

 

結果は皆さんが経験している通り、
安静にして緩解しても運動再開ですぐに痛みの再発、
人によっては安静にしているのに緩解さえしない
といった具合でしょう。

 

じゃ、どこが肘にストレスをかけているのでしょう?
それはどうやって探せば良いのでしょう?

最近はフォームの動画撮影によって、フォームの異常は把握しやすくなっています。
しかし、フォームの異常は身体の異常の結果起こるため、フォームの矯正はより症状を悪化させることも多々あることをご存知でしょうか?

 

つまり必要なのは、目視では発見できない運動機能の低下している部分を『触診』によって見つけなければならないのです。

そのためのテクニックを「動きの触診モーションパルペーション」と言います。

 

当院ではモーションパルペーションによって検出される目視では確認できない関節の機能異常を治すことで、長期にわたって繰り返し続く運動時痛を取ることができます。

多くの方が3~5回の治療で良くなっています。

長く続いている肘の痛みがどこから来ているのか、探してみませんか?

 

少しでも競技を長く続けるためのお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

両手親指の弾発指(バネ指) 原因って同じ?

最近は、「手が動かない」「足が動かない」「指が動かない」と痛み以外の運動障害に困って来院される方がとても多いです。

痛みであれば、マッサージや薬、注射や針で改善できても、「動かない」という症状では対応できないため、当院の様に神経学的な治療、関節の機能改善をする治療を頼ってこられる方が多いようです。

こういった病態では、強い激しい治療は無意味です。

優しく安全な治療を受けてください。

こういった治療はリウマチのような関節が壊れやすい方でも受けることができますのでご安心ください

 

さて、バネ指・弾発指は「動かない」とまではいかないものの、スムーズで正常な動きができない状態です。

数ヶ月経っても治らない人も、関節の機能、神経の伝達機能を正常に戻すと、その場で正常に動き始めます。

だいたいの方が3回ほどの治療で日常不便でない程度まで改善できます。

 

今回、両手ともバネ指になり、三ヶ月以上経っても状態が変わらない方が一回目の治療でほぼ正常になりましたのでご報告します。

右手は以前に手根管症候群にもなって手術をされています。

左手の母指はその後バネ指になり、右手の母指もその後バネ指になりました。

 

舟状骨・菱形骨と呼ばれる手の骨が隆起し始めているので、CM関節症も合併して来ています。

左母指は指を曲げると皮膚が突っ張り曲がりません。

右は曲がるけれども痛みとコリッと軽い断髪と筋が音を出します。

 

肘の検査をしてみると、左肘は手のひらが上に返りません。

肘屈曲・回外

回外と呼ばれる動作をする筋肉は母指を曲げるための神経を挟むことがあるため(円回内筋症候群)肘の関節を改善させました。

肘の牽引による機能調整
肘の牽引による機能調整

左母指の関節も小さな動きが制限されているため、その母指の動きも改善させてみると、普通に動く様になりました

母指CM

 

では右はというと、同様の検査では問題が見つかりません。

以前に手根管症候群という神経の絞扼障害を持っていたことから、神経系の機能を診ることにしました。

手に向かう神経のスタートである右側の頚神経C5/C6/C7が過緊張状態にあり、首も左に傾いています。

よく見ると腰も左に傾いており、その結果、右の首が張っているようでした。

腰部の歪みを取り、そして頸椎の過緊張を起こしている関節を優しく動かして行くと、その場で右手の母指もスムーズに動き始めました。

胸腰椎座位モビリゼーション
胸腰椎座位モビリゼーション
頸椎の検査と治療
頸椎の検査と治療

 

「弾発指」一つにしても、原因は人それぞれ、手それぞれ、ですので、しっかりと問診と機能検査が必要だとわかります。

手や足の機能障害で苦しむ方の助けに慣れれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

 

Share This:

肩と肘の痛みの多様性 バレーボール 野球 ゴルフ バトミントン サーフィン

五輪メダリストからプロ、そしてサンデーアスリートまで様々な方の治療を通して身体への理解へ漸進させていただき患者様皆様に感謝申し上げます。

様々な種目のアスリートのケアをさせていただき、肩や肘の疾患が同じであっても治療の方法が異なることを経験させていただいています。

今回は『肩と肘の痛みのスポーツにおける相違について説明したいと思います。

バレーボール、野球、ゴルフ、バトミントン、テニス、サーフィン、スノーボードを例にして検査と評価の方法を説明します。

まず競技の分類をすると、バレーボール、バトミントン、テニスはネット競技であり、打点の高さが技術の一つとなります。

その点、野球、ゴルフやサーフィンなどは腕の上がる高さは問題ありません。

ネット競技の中でも、バレーボールのアタッカーは常に高い打点を必要とされるので、手の平が一番高くなるように、身体を側屈させます。つまり側屈に置いて問題があると肩に問題を起こしやすくなります。

テニスやバトミントンはサーブやスマッシュに置いてはバレーボールと同様の点もありますが、通常は常に高い必要ではありません。
バレーボールと異なる点は、「手の甲側で打つバックハンド」、と「手の平側で打つフォアハンド」を瞬時に打ち返るため、内旋・外旋と呼ばれる肩の回旋と肘の回内回外の問題が非常に大きな障害となります。

肩が痛くても肘の治療が必須です。同様に肘が痛くても肩の治療が必須です。

野球、ゴルフはどうでしょう。高さは必要ありません。
どういう特徴があるでしょう?

それはほぼ同一の動きを繰り返すことではないでしょうか?
それも全く同一ではなく、野球のピッチングであれば、相手には同様の動作に見せておいて、「フォロースルーの最終時の動き」と「ボールの握り方」のみでボールに変化を出さなければなりません。

指の可動域手指の神経機構、そして繰り返す動きの安定感などを検査する必要があります。

ピッチャーがよく感じる肘の違和感や肩の違和感というのは、すでに身体のどこかの関節において制限が起きている結果ですので、この状態でしっかりと検査と治療をすることが重要です。

ポジションによって投げ方が異なったり、バッティングによる手首の負傷など既往歴も関与します。

自分自身との戦いであるゴルフでは、ほとんどの原因はメンタルではなく身体です。これはよく勘違いされており、身体が整うと必ずスコアは上がります。

メンタルトレーニングは時に虚勢へと発展し、間違った方向へと進む危険性があるので、大会当日まではフィジカルに目を向けることが必須です。

では最後にサーフィン・スノーボードについてです。

どちらも足の動きに対するバランスを取るために腕を使っていることが特徴の競技です。
ですので体幹や骨盤の回旋の問題や下肢の力の入り方も肩の痛みと関与します。

スノーボードは転倒による外傷を機に痛みが慢性化している人も多いので、どう転倒していたかによって検査と治療を組み立てなければなりません。

サーフィンの場合はパドリングと呼ばれる動作もあり、身体を安定させながら腕を動かす動作も必要なため、体幹の固定と肩の可動性の関連も検査します。

例えば、腱板損傷であっても、二頭筋腱鞘炎という同じ疾患を抱えていても、競技によって必要とされる細かい検査は異なるため、一人一人合わせた検査が必要です。

肘や肩の痛みで苦悩する方のお力になれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

Share This:

手が痺れる 手が動かない 多様な手の障害 東京都港区 田町・三田 西村治療院

しびれの症状に対しての患者さんの表現方法の多様性の話はしていますが、今回も改めて実感する臨床体験でしたので、ブログにまとめて行きたいと思います。

言語学 患者さんの表現について記載した過去のブログ

「手の痺れ」「手が動かない」「腕全体が重い」「指先に触れるとチリチリする」

こういった症状の患者さんが診られ、3回ほどで治すことができましたが、この三回にわたる治療経験は、再度患者さんの表現に助けられていると言わざる終えません。

身体の理解について前進させていただきありがとうございました。

 

まず症例を先に述べて、それから認知心理学との関わりを説明したいと思います。

今日の心理学のキーワードは「クオリア」「ラディカル構成主義

 

40代の女性、今朝からギックリ腰様の腰痛(左>右)があり来院されました。
しかし、一週間前から腕が重だるく、その後指先は痺れ、今朝から手が動かないという症状(左)。

趣味:バレエ・ヨガ どちらも健康のために行っている程度

仕事:普段は立ち仕事で手もよく動かす

腰の痛みは今朝起きてから起き上がろうとすると痛みが強く、屈む動作、寝返りの動作が辛い。一週間前から様子はおかしかったが、ヨガをやっているうちに落ち着くと思いそのまま様子を見たが、今朝になって急に痛みが強くなった。

手の痺れは最初は腕全体から始まり、ビリビリとするのは指先だけ、手は指を挟む動きと手首を上に曲げるのができない。

 

整形外科では腰は慢性腰痛と数日前に診断。手の痺れは手根管症候群だろうと湿布と薬を処方される。

以前から紹介され当院に、ぎっくり腰を機に来院。

 

この場合、現代医療には限界があります。腰の痛みと手の痺れの関連を細かく見ることができません。

経験的に、そして問診から同時期に発生しているこの症状は何かしら影響し合っていることが予測できましたので、腰の治療が手にどれくらい影響があるかを検査してみました。

 

可動域検査

肩関節
屈曲:左90° 右120°  外転:左80° 右120°

股関節
SLR:左20° 右30°  屈曲:左80° 右100°
外転:左10° 右30°  内転:左15° 右15°

肘関節
屈曲:左130° 右125° (左手の方が動きは重い)
伸展:左5°  右5°
回内:左40° 右35°
回外:左40° 右45°

手関節
背屈:左5° 右60°
底屈:左70° 右70°
尺屈:左10° 右30°
撓屈:左5° 右15°

手の整形外科テスト

ファーレンテスト擬陽性(持続的に痺れがあるのと可動制限により痛みの増加有)

フローマン陽性

チネルサイン擬陽性(手根管については陰性。肘部管と橈骨神経のラインは触るとサワサワと広がる違和感がある)

筋力テストは、手関節背屈・虫様筋の筋力低下

正中神経の障害である手根管はあるかもしれないが、今現在、尺骨神経(虫様筋・フローマン)橈骨神経(手関節背屈)に異常がでていることから、もっと上位の例えば、首や肩の問題が考えられます。

整形外科によっては頸椎の問題と片付けるところも多いかと思います。

しかし、たしかに頸椎など上位の問題があるにしても、障害を受けている神経の部分は異なるため、肘や手の部分の影響で、障害を受けている神経が違うと予想できました。

 

そこで再度問診で得た情報を振り返ります。

手の痺れの感覚は「腕全体に重い」「指先がちりちりする」「手が上に反らない」「指と指を挟む動きができない(髪を正すような仕草で必要)」

腕全体が重い
→これは神経障害のため、頸椎の問題から改善する必要がある。
肩の可動域の改善が認められれば、恐らく緩解する問題

指先がちりちりする
正中神経の領域だが、手関節の機能制限で付随する症状に近いイメージがある。(実際に手首が背屈できる様になった後に緩解)

手が上に反らない
→橈骨神経の問題であるが、同時に手関節事態にも問題が合った。
(朝起きた時に手が変なところに合っておかしかった、という情報も説明している中ででてきたので、恐らく、神経障害と関節の機能障害とが合併している状態)

指と指を挟むことができない
→フローマン徴候と同様なので、尺骨神経が疑われます。しかし、手関節を親指方向に曲げる撓屈と、小指の方に曲げる尺屈という動きもできなかったので、これも神経障害と関節の機能障害との混合

 

問診と機能障害とが一致したところで。上肢の機能制限がでた関節の動きを調整して行きます。

関節の調整の治療方法

 

さて頸椎の問題に戻ります。

頸椎というのは体幹の土台の上に乗っている存在です。

土台が傾けば頸椎は歪むのは当たり前です。

今回の症例に当てはめると、腰の痛みと同時期に神経症状がでていることからも、腰と首の関連を考えるのは必須です。

全体を見渡すと、患側の左の腰に骨盤が傾いており、胸椎(背中の背骨)の下部も左に傾く様にカーブ(右凸)しており、その分だけ、首の付け根の部分から右にカーブ(左凸)になっています。

治療前に、まず腰の骨盤の傾きを補正すると左肩の可動域がほぼ正常にまで改善したので、腰が治ると、神経痛がだいぶ治まることが予測できました。

 

ここまで最初の段階で予測ができると、早く治せるので
腰→首→肘・手
という順序で治療すれば良くなることがわかります。

各関節の治療方法については今日は説明せずに、認知心理学の「クオリア」と「ラディカル構成主義」に触れたいと思います

 

「クオリア」
色の質感でよく表現される言葉で、「赤いリンゴ」を見てもその赤は見る人によって千差万別です。その一人一人が感じている赤の質感をクオリアと言います。

痛みも同じです。

『腕が重くて上がらない状態』
これを「痺れた」と表現する人もいれば、「腕が上がらないんです」とだけ表現する人もいます。
人に動かされた時にやっと重いということを認識することもあります。

『チリチリする』
これを「火傷したみたい」「小さな針でつつかれているみたい」「痺れた」と表現する人など様々です。

『力が入らない』
これを「人の手みたい」「手の先がないみたい」「痺れた」とよく日常的に患者さんからの表現を聞きます。

それぞれ異なる状態でも「痺れた」と同じ表現されるのです。

痺れという言葉に対する質感というのは本当に様々です。

 

そしてこの現象を医療従事者が患者さんに対しての表現を客観視する時にも言えることで、
外部客観世界のありさまを人間の認知活動は直接見いだすことはできないように、
医療従事者の内部にある世界のイメージで構成してしまいます。

今回は結果的に、私の内部イメージが患者さんの状態と近いために良くすることができましたが、もし治療が上手く以下なった場合は、もう一度患者さんの感覚を聴取し、評価と治療計画の変更をしなければなりません。

大切のなのは、治療してみた結果を自分の世界イメージに適応させることです。

うまくいけばそれでよし、失敗すれば、概念構造を変えること。

こういったことを唱えた心理学が、ラディカル構成主義と言われています。

 

長らくお読みいただきありがとうございました。

手の痺れや痛みで苦悩する方のお力に少しでもなれれば幸いです。

西村公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This: