手の痺れ・腱鞘炎・手が動かない・手のこわばり

足の異常で来院される方と同様に多いのが、手の障害で来られる方です。
足を痛めて歩けなくなるといった具合に、手も障害が出ると物が持てない、ペットボトルのキャップが開けられないといった日常動作に何かと不便が出てきます。
以前にも手が焼けるように痛いといった症状に対してのブログを掲載しましたが、今回は手のこわばりを訴えて来られた方の症例についてお話しします。
何度も話に出していますが、手の神経は首から出て、鎖骨の下、肋骨の上を通って各神経枝を出して肘を前後左右へと分岐して手まで向かいます。
ですので、手の先の障害が出た場合、真っ先に疑うのは「頚椎」「鎖骨と肋骨」「肩」「肘」「手首」というように神経の経路のどこかが問題が起きても手の先に症状は起こりうるのです。
ただ、頚椎の場合は、首が悪いからと言っても腰と背中の影響によって頚椎に支障を期待している場合は多く、結局のところ全身を治療しなければなりません。
さて今回は、そんな頚椎の問題が肋骨の機能異常によって起こった例をご紹介します。
40代女性、左手の腱鞘炎から始まり、続いて右手の腱鞘炎が起こってきました。
彈発現象(バネ指)は最初起こっていたものの、経過とともに手のこわばりとして変化していきました。
来院時バネ現象は起きず、指が曲がらず、伸びることにも多少の制限がありました。
指の解剖図
手の腱鞘
念のため、リウマチの検査も行いましたが、幸い陰性で腱鞘炎の治療を継続して様子みましょうとなっていましたが経過は変わらず、当院へと来院されました。
手のこわばりは最初から症状のある左手の方が強く、右手は深くは指が曲がらないものの、指が手のひらに触れられる程度でした。
一方左手の中指と薬指は曲げても手の平につかず宙に浮いてしまいます。
グーパーグーパーと離握手運動を素早く行ってもらうと、左手は遅れてしまい、すぐに腕全体がだるくなるというものでした。
この離握手運動はルーズテストと呼ばれる胸郭出口症候群の検査と似ているもので、腕全体がだるくなるという表現もまさしく胸郭出口症候群の症状と似ています。
つまり斜角筋・鎖骨・肋骨・小胸筋のポイントで一つ改善できるポイントがありそうです。
実際に触診してみると、
左の第1肋骨、第2肋骨は下がり、第7頚椎は下の第1胸椎に比べて右に傾いています。
第8頸神経であれば過度のストレッチによる障害、第1胸神経であれば圧迫神経障害というところでしょうか。
椎骨の関節の動きを検査(モーション・パルペーション)すると第1肋骨<第7頚椎<第6頚椎の順に硬さが強くなっていました。
鎖骨はというと肋骨に比べて左右の差は少なく、肩甲骨を含めて上肢帯によって、歪みを補正しているようです。
rib hight
右の第一肋骨は上に上がっており、下に押さえながら、右手を動かしてもらうと右手に関しては自由に動くようになりました。
同様に左側の下がっている肋骨を上へ押圧をかけて左手を動かしてもらったら、こちらはまだ変化が出ません。
二次的に頚椎が歪んでいる場合はこういうことがたまにあります。
第1、2肋骨のように下方変位している部分を探してみると、仙骨及び骨盤が左下方変位、胸腰部移行部の左下方変位、肩甲骨下端部の左下方変位。
それらを一度治療をした後に、再度肋骨の左側を上方へと押圧しながら左手の検査をするとだいぶ左手の指が曲がりやすくなりました。
手根骨の矯正や指の関節の治療を含めて4回で指が手の平に触れられるようにまでなりました。
たまにまたこわばることもありますが、経過良く過ごされているようです。
手の痛みやこわばりで苦悩している人のお力になれれば幸いです。
今回は幸いにもリウマチではありませんでしたが、リウマチの場合も同様の治療計画で痛みはだいぶ取れてきます。
無理のない治療で寛解することができれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院 西村 公典
ホームページリンク
03-6435-2437

Share This:

右の首から肩の痛み 肘のリストターンの障害との関連 ゴルフ

最近はますますゴルフによる障害の方が増えてきました。

プロやティーチングプロにもお越しいただき、いろんな視点を皆様から教えて頂いております。

人それぞれ、目的としている動作には若干の違いがあり、私は治療家として、患者さんが求めている動作を遂行するために必要な動きを、「筋肉」「関節」「神経」の点から治療していきます。

今回、右ひじのリストターン(肘の回内)が障害されているために起こった肩と首の痛みについて治療考察を述べたいと思います。

50代男性
ゴルフを始めて数十年、長らく軽い腰痛と臀部痛を抱えていましたが、ここ数ヶ月、右の首から肩にかけての痛みに悩まされ当院へ来院されました。

腰痛はゴルフの疲労からくるもので右の下部腰椎、臀部に思い痛みがあるものの、日常に困る程度ではない。
右肩はテイクバック時のトップで痛み、日常生活でも肩は水平以上にあげると痛みが出るようになってきています。

右肩は左よりも高く上がり、頚椎から出る頸神経も右側は強く緊張しており、この頸神経が肩の痛みと関連していることがわかります。

肩甲上腕神経
肩甲上腕神経

なら治療は簡単です。
肩が上がっている部分を探し、頚椎にかかる負担を取り除く、そして頚椎の可動性が減少している部分を改善し、肩甲上腕神経の機能問題を改善すれば良くなります。

頸神経

治療後はうまくいっていたのですが、ゴルフ後にまた肩が上がらなくなることを繰り返してしまいます。こういった場合は治療ポイントが足りていないことが多いため、再度検討する必要があります。

今行えない動きは、右の股関節の外転、屈曲。
骨盤は右が上がっているため、腰部の神経の圧迫も多少出ているようです。
腰仙関節の治療と仙腸関節の治療で腰下肢の可動域と鈍痛は解消されました。
右の腰部の持ち上がりが肩を上方へと突き上げていることも考えられましたが、多少の肩の可動域は改善するものの、それだけでは思うような結果にまでは辿り着けませんでした。

腰仙関節・仙腸関節
仙腸関節

右肘の可動域を測ると回内・屈曲が制限しており、それがインパクト時に必要なリストターンを抑制してしまい、結果、肩の内旋という動作でカバーしたために起こった体幹の左屈(右肩上がり)だとわかりました。

肩内旋

通常肩の痛みでは肘の検査を欠かさないのですが、頚椎の治療で良い結果が出ていたために、細かく治療しなかったのが今回仇となってしまったようです。

少しでも早く、そして少しでも軽くなるように今後も精進を続けていきたいと思います。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

 

Share This:

手が動かない(巧緻障害) 膝の人工関節と運動連鎖の視点から 西村治療院

最近は「手が動かない」、「足が動かない」、という痛み以外に運動障害を伴う患者さんが多く来院されています。

手の場合は首から始まる頚神経、足の場合は腰から始まる腰神経が関与しています。

では「手が動かない」=「首を治せば良い」となりますが、それだけでは治らない人が多いのはなぜでしょうか?

今日は、膝の手術後に起こった患者さんの例からご説明したいと思います。

3d Illustration of Men Feeling the Wrist Pain

膝が痛い人のように、立っているとき、片膝だけ曲げるとどうなるでしょう?

knee injury in humans .knee pain,joint pains people medical, mono tone highlight at knee

身体は傾き、肩は下がりますよね。

では逆に曲がっていた膝が急に伸びる様になったらどうでしょう?

今度は下から突き上げるような力を受けることになります。

運動連鎖

この突き上げる力が「腰の圧迫」「首の圧迫」に繋がり、神経痛や運動障害へと広がって行きます。

膝の手術によって、今まで膝を曲げているのが急に伸びることは、必ずしもその方に取って良い方向に進むとは限らないのです。

そういった方の治療は、膝が伸びることによって下から突き上げる力を股関節や骨盤、背骨の関節で緩衝できていない場所を探すことが重要です。

今回の患者さんは、仙骨と呼ばれる背骨の一番下の骨が傾いていることによって、膝が手術によって治った際の足が伸びる力を鑑賞できなかったことが大きな原因となっていました。

杖をついての歩行が手に負担かけていたこともあったので、手の関節や肘の関節の治療を行うのももちろん大切です。

手関節橈屈尺屈

怪我による身体の変化がいろんな症状を起こして行く様に、手術による良い変化も同様の理由で症状を巻き起こして行くことが在ることは、医療関係者みんなが念頭に置かなくてはならないことかもしれません。

手の障害や足の障害にお困りの方のお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

入院中から起こる手の痺れ 肘部管症候群

肘部管症候群は肘の内側にある尺骨神経が通る靭帯が炎症や浮腫によって腫れ、神経の圧迫を起こす神経障害。
入院を余儀なくされた方が、数日目から手の痺れが発症、そしてその後指が開かなくなりました。
これは肘部管症候群だとすぐに気づいたのですが、どういった治療をすれば良くなるでしょう?「入院」「点滴」がキーワードでした。

肘部管症候群は割とよく見かける症状の一つです。小指側の痺れを訴えてくる方もいれば、手が動かなくなったという症状で来院される人もいます。
今回はある病気で入院中手の痺れが現れ、その後指が開かなくなったと訴えて来られた患者さんの症例についてご紹介します。

内科的疾患で入院され、点滴で一週間入院されました。
4日目位から手先の痺れが出現。
退院時には、前腕の痺れと手の指の巧緻障害、指が開かないという症状になりました。
かつての手の痺れが頸椎から起こっていた方なので、まずは頸椎と思いましたが、手の関節の機能障害が強かったので、「指が開かない」というワードから尺骨神経を疑いました。

尺骨神経は虫様筋という指と指の間に走る筋肉を支配するため、尺骨神経が障害されると指と指をくっつけることができません。
その方はむしろくっついてしまっていて開かない状態でした。虫様筋の拘縮が起こっています。
尺骨神経麻痺は手首のギオン管か肘の肘部管で障害が受けやすいのですが、前腕から症状が出ていることから、肘の方がメインで障害されていることがわかります。

関節の機能検査をすると、肘の回内回外制限、伸展制限、屈曲制限。(つまりどの可動域も落ちています。)
これはおもに尺骨での機能制限と感じられました。

橈骨の回内

手関節は月状骨による伸展制限、撓屈制限がありました。

橈・尺屈の手の動き

肘の尺骨の機能制限を尺骨の微弱な牽引によってリリースし、月状骨の制限をモビリゼーションにて改善させると、手の痺れも手の動きも改善しました。
前にも起こっていた頸椎の問題も治療することで、肩の動きも軽くなりほとんど問題なく改善しました。

頸椎の検査と治療

さて、なぜ入院中に肘部管症候群になっていたのでしょう?
その方は、肘部管症候群になっていた手の甲に点滴をしていました。
つまり、手の甲が上になる様に、肘は回内で保持されます。
回内が元々制限されていると、脇を広げる動き(肩の外転内旋)で、肘の回内を助けてあげます。
すると肘の内側にある肘部管がベットにちょうど当たる様に寝ることになるのです。
それが一週間も続けば、正座していた足のように、手は痺れ、思う様に動かなくなります。

入院、点滴の場所、どのように寝たか、これを最初に聴取できたので、すぐに原因場所を突き止めることができ、治すことができました。

手の痺れでお困りの方のお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

長く続くテニス肘、野球肘、ゴルフ肘に対する検査のあり方 にしむら治療院

テニス肘、野球肘、ゴルフ肘が長く続き、最終的に競技人生をあきらめるという、悲しい状況がなくならないのはなぜでしょう?

このテニス肘や野球肘、ゴルフ肘はその競技をやっていない人にも起こるという状況から見ても、ただの疲労が関係しているのではないことはわかります。

競技をやっている人もやっていない人も、肘にかかるストレスがあれば誰にでもなるのです。

つまり、ただでさえ競技中に肘を使っている選手であれば、もし身体の他の部分に問題があり、肘のストレスを増強させているとしたら、その痛みは取れるでしょうか?

 

結果は皆さんが経験している通り、
安静にして緩解しても運動再開ですぐに痛みの再発、
人によっては安静にしているのに緩解さえしない
といった具合でしょう。

 

じゃ、どこが肘にストレスをかけているのでしょう?
それはどうやって探せば良いのでしょう?

最近はフォームの動画撮影によって、フォームの異常は把握しやすくなっています。
しかし、フォームの異常は身体の異常の結果起こるため、フォームの矯正はより症状を悪化させることも多々あることをご存知でしょうか?

 

つまり必要なのは、目視では発見できない運動機能の低下している部分を『触診』によって見つけなければならないのです。

そのためのテクニックを「動きの触診モーションパルペーション」と言います。

 

当院ではモーションパルペーションによって検出される目視では確認できない関節の機能異常を治すことで、長期にわたって繰り返し続く運動時痛を取ることができます。

多くの方が3~5回の治療で良くなっています。

長く続いている肘の痛みがどこから来ているのか、探してみませんか?

 

少しでも競技を長く続けるためのお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

両手親指の弾発指(バネ指) 原因って同じ?

最近は、「手が動かない」「足が動かない」「指が動かない」と痛み以外の運動障害に困って来院される方がとても多いです。

痛みであれば、マッサージや薬、注射や針で改善できても、「動かない」という症状では対応できないため、当院の様に神経学的な治療、関節の機能改善をする治療を頼ってこられる方が多いようです。

こういった病態では、強い激しい治療は無意味です。

優しく安全な治療を受けてください。

こういった治療はリウマチのような関節が壊れやすい方でも受けることができますのでご安心ください

 

さて、バネ指・弾発指は「動かない」とまではいかないものの、スムーズで正常な動きができない状態です。

数ヶ月経っても治らない人も、関節の機能、神経の伝達機能を正常に戻すと、その場で正常に動き始めます。

だいたいの方が3回ほどの治療で日常不便でない程度まで改善できます。

 

今回、両手ともバネ指になり、三ヶ月以上経っても状態が変わらない方が一回目の治療でほぼ正常になりましたのでご報告します。

右手は以前に手根管症候群にもなって手術をされています。

左手の母指はその後バネ指になり、右手の母指もその後バネ指になりました。

 

舟状骨・菱形骨と呼ばれる手の骨が隆起し始めているので、CM関節症も合併して来ています。

左母指は指を曲げると皮膚が突っ張り曲がりません。

右は曲がるけれども痛みとコリッと軽い断髪と筋が音を出します。

 

肘の検査をしてみると、左肘は手のひらが上に返りません。

肘屈曲・回外

回外と呼ばれる動作をする筋肉は母指を曲げるための神経を挟むことがあるため(円回内筋症候群)肘の関節を改善させました。

肘の牽引による機能調整
肘の牽引による機能調整

左母指の関節も小さな動きが制限されているため、その母指の動きも改善させてみると、普通に動く様になりました

母指CM

 

では右はというと、同様の検査では問題が見つかりません。

以前に手根管症候群という神経の絞扼障害を持っていたことから、神経系の機能を診ることにしました。

手に向かう神経のスタートである右側の頚神経C5/C6/C7が過緊張状態にあり、首も左に傾いています。

よく見ると腰も左に傾いており、その結果、右の首が張っているようでした。

腰部の歪みを取り、そして頸椎の過緊張を起こしている関節を優しく動かして行くと、その場で右手の母指もスムーズに動き始めました。

胸腰椎座位モビリゼーション
胸腰椎座位モビリゼーション
頸椎の検査と治療
頸椎の検査と治療

 

「弾発指」一つにしても、原因は人それぞれ、手それぞれ、ですので、しっかりと問診と機能検査が必要だとわかります。

手や足の機能障害で苦しむ方の助けに慣れれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

 

Share This: