ゴルフ・左股関節の痛み・太ももの張り 東京都にしむら治療院

ゴルフによって腰痛、座骨神経痛、そして股関節の痛みを抱えている人はとても多い。

それをすべて ”疲労” として片付けてしまって良いのでしょうか?
実際に数日休んでも痛みが続く人も多い。
やはり疲労ではない、そう思う方にはぜひ続きをお読みいただき、ゴルフパフォーマンスの向上や、身体の不調の改善にお役に立てていただけたらと思います。

 

今回は左股関節の痛みが続いている方が ”足首を構成する小さな関節の動き” が原因となっていた症例についてご紹介したいと思います。

この関節は『距踵関節』と呼ばれる特殊な動きを提供している部位で、この関節の治療ができる方はごく僅かと言われています。

距踵関節関節面
距踵関節

 

この関節がゴルフのスイングで特に必要とされるのは、インパクトからフォローしている間中です。

左足に体重を乗せながら、身体を左に捻る動き、
これがゴルフでは当然行われる動きです。

この際に地面についている足裏と捻っている身体を中継している部分には、「体幹」「股関節」「足首」です。

膝は?と思われる方もいると思いますが、膝は「捻る動き」においてはとても小さな動きしか持っていません。

もし膝が回り過ぎたら当然、痛めてしまいます。
ですので、膝が痛い方にとっても、この「股関節」と「足首」がとても重要になってきます。

 

「足首」と言っていますが、実際には足首の下で踵の上の関節、『距踵関節』と呼ばれる関節の動きです。

内反と外反の接地方法

このように接地の仕方によって必要とされる下腿の回旋を担うのが距踵関節です。

ゴルフの場合は重心を左右に移動する時にはこの距踵関節が大きな役割を果たし、特にインパクトからフォロースルーの大きな回旋力を必要とされる左足の距踵関節の役割はとても重要となります。

 

伸び悩む飛距離・腰の痛み・股関節の痛み・足のつり
もしかするとこの距踵関節の機能制限が潜んでいるかもしれません。

健康的にゴルフを続けたい方のお力に少しでもなれれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

にしむら治療院 西村 公典

ホームページリンク

03-6435-2437

Share This:

ダウンドッグ 踵がつかない 東京都港区にしむら治療院

ヨガのインストラクターの方たちにも来院していただき、いろんなポーズについて教えていただく機会を得ることができました。

いつもいろんな気づきをありがとうございます。

 

ダウンドッグ」ができない方についてどういう問題があるのかという相談があり、実際にその方の治療に携わることになりましたので今回ご紹介致します。

down dog
down dog
down dog Sciatica
down dog Sciatica

たまにみかける身体の固い方はこんな感じですよね?

 

踵をできるだけ付けたまま、股関節から折りたたみ背中を伸ばすポーズである「ダウンドッグ」

実はこのポーズ、整形外科的な座骨神経伸張テストととても似ています

SLR検査
SLR検査

SLR検査やラゼーグ検査と呼ばれる坐骨神経を伸長する動作で痛みや痺れが出る場合、坐骨神経の障害が疑われます。

坐骨神経は下部腰椎から始まり、仙骨の横から梨状筋の下(人によっては間)を通って下肢の後面を降りてきます。

座骨神経・梨状筋
座骨神経・梨状筋

つまり、足を前に上げて行くと坐骨神経は引っ張られるのです。

もし、腰や股関節などに坐骨神経を圧迫する部位があると、坐骨神経を牽引するような足を上げる動作を行った際に「痺れが出る」「こわばる」という現象が起きます。

この「こわばる」という症状の一つがダウンドッグでいう「踵が浮いてしまう」ことに繋がるのです。

 

通常、ヨガの様にゆっくりな動作でストレッチをかけて行くと、身体の柔軟性は向上します。

しかし、神経の伸張によって「こわばり」が起こっている場合は、筋肉は緩むどころか固くなって行きます。

 

いくらやっても柔らかくならない方というのは、神経の圧迫が起きている部位を探し、そこを治してからストレッチなりヨガを行わなければなりません。

down dog Sciatica
down dog Sciatica

腰痛がある方、座骨神経痛がある方はもちろんのこと、足がつりやすい、外反母趾がある、長く歩くと足が痛くなる、など足に何かしらの症状がある人は坐骨神経の問題が隠れているかもしれませんので、ストレッチには注意してください。

 

骨盤や腰椎の状態を変化させると、その直後から踵がつきやすくなるため、どこにポイントを作りながらポーズをとるかがわかりやすくなります。

あるポーズをとると身体のどこかに痛みが走るなども対応できます。

身体の問題でお困りの方に少しでもお役に立てれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

Share This:

ランニング 座骨神経痛 東京都港区にしむら治療院

大阪マラソン、神戸マラソン、埼玉国際マラソンと11月はマラソン大会が全国各地で行われており、当院に来院されている患者さんも遠方まで参加をしに行かれています。

今日は、そんなランニングに関する症例検討をします。

 

30代男性

マラソン歴10年以上

半年前に走っている最中に右下腿外側に違和感が走り、それから足首の前面、膝の裏、臀部と痛み・張り・痺れの症状が出現。

走ることを辞め安静にし、ストレッチに通うが一向に改善せず、半年ほどが経過し当院に来院となりました。

これまでの治療というと、梨状筋とハムストリングスのストレッチ、腰部や下肢のマッサージを行っていたそうです。

歩行と軽いランニングの動作を確認すると、

  • 膝下からの動きの流れがないように思えました。
  • 接地時の骨盤の動きもおかしく、床反力に対しての力の逃がしができていない。
  • 身体の回旋も非対称
  • 右足の接地が身体の中心よりも左側にいく(内転過多)

機能検査を行うと

  • 右股関節の外転制限
  • 右股関節の外旋制限
  • 右膝の内旋制限・外旋過多
  • 距骨の内転制限・外転過多
  • 両足の内反足
  • 仙骨の左下方変位・右上方変位
  • 右骨盤の前傾・左骨盤の後傾
  • 下部胸椎左側弯・上部胸椎右側弯

 

触診の中で距骨の問題が非常に強く感じたので、距骨のリリースから始めました。

足先が外に向いている。 足関節の外がえし
足先が外に向いている。
足関節の外がえし
距骨の可動性
距骨の可動性

 

距腿関節
距腿関節

続いて膝関節の内旋可動性を改善させて行きます。5°から10°くらいの小さな動きです。

膝の回旋と膝蓋靭帯
膝の回旋と膝蓋靭帯
膝関節の回旋可動性
膝関節の回旋可動性

 

これだけでだいぶ膝下からの痺れが改善しました。

梨状筋の筋力テストによって
梨状筋の神経の発火が遅いことから、接地時の臀筋の収縮が遅れることもトレンデレンブルグ徴候との関連が示唆できました。

トレンデレンブルグ徴候
トレンデレンブルグ徴候

仙骨のリリースの後に、梨状筋の筋力テストで行うと筋収縮の早さも改善し、反射機能が改善したことがわかったため、仙骨の問題が坐骨神経痛の一つの原因であったようです。

仙骨のモビリゼーション
仙骨のモビリゼーション
仙腸関節
仙腸関節

 

座骨神経痛を引きずりながらの半年間は異常動作にも繋がっているため、身体の機能改善の後走り方の修正も最後行いました。

当院のランニング動作解析
当院のランニング動作解析

このように「検査」「仮説」「検証」の繰り返しによって症状が一つ一つ改善して行くことで、「座骨神経痛」という臀部・膝・足首と広がる症状の改善に繋がります。

 

座骨神経痛やランニングでの症状にお困りの方に少しでもお力になれれば幸いです。

 

ランニングと仙骨の可動性」についてはこちら

足の痛みと 脛骨・腓骨・距骨・踵骨・舟状骨の機能」についてはこちら

マラソンと足の痛み」の症例についてはこちら

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

 

Share This:

足底腱膜炎・アキレス腱炎 駅伝・マラソン・長距離走 東京都西村治療院

最近また増えてきたのが、スポーツを盛んにされている方の足底腱膜炎とアキレス腱炎です。

この炎症によって多くの人が長距離走から退いていると聞いています。

当院では動作分析と、身体の機能分析とを評価し、足だけのアライメントではなく、足から頭までのアライメントがどのように戦略的に動いているかを評価しています。

接地時の動作戦略
接地時の動作戦略

 

これまでの足底腱膜炎などの症例報告はこちら

ヒールと足の痛み・足底腱膜炎・アキレス腱炎 総腓骨神経麻痺との関連

ランニングと仙骨の可動性についてはこちら

ランニングと接地時の力学的動作分析」についてはこちら

マラソンと足の痛み」の症例についてはこちら

 

適切な治療を受ければ治るものではあるのですが、ただひたすらマッサージとストレッチを受けているだけでは良くなりません。

まずは
足底腱膜を構成する足趾の屈筋
アキレス腱を構成するヒラメ筋と腓腹筋
これらの機能を考えながら治療場所を判定することが必要です。

機能というのは、足首の底屈運動・足趾の屈曲を指すのではありません。

身体がどういう時に反射的に収縮してしまうのかを考えます。

例えば、高いものを取ろうとした時、人はどうするでしょう?

つま先立ちをします。

つまり足首を底屈し、腓腹筋とヒラメ筋を収縮させます。

当たり前ですが、このことを理解していれば、足首の運動が起こるタイミングの前の段階で、足が浮こうとすると下腿の三頭筋は過剰な収縮を作って、アキレス腱を引っ張ってしまいます。

バランスと足の筋収縮
バランスと足の筋収縮

足が浮くとはどういうことを指すのでしょう?

これは私の臨床経験の中での考えになりますが、仙骨と呼ばれる部分の左右の傾斜が関与している場合と、腸骨の傾きが関与している場合が多いです。

仙骨の傾きの検査
仙骨の傾きの検査
後方腸骨
後方腸骨

参考図書:カイロプラクティックノート2

カイロプラクティック・ノート 2 モーション・パルペーション修得のために
中川 貴雄
科学新聞社出版局
売り上げランキング: 292,919

 

 

他にもあります。バランスを前に崩した場合、人はどうするでしょう?
ほとんどの人が踵を浮かせてバランスを取ろうとします。

つまり上半身が先行しすぎる場合も足は底屈を余儀なくされ、アキレス腱に負担がかかってきます。

 

他にもいろんな影響によって足首が固くなるのですが、それはどうしたらわかるのでしょうか?

関節の動きを検査をするとわかってきます。

関節の遊びを検査する方法としてお勧めのセミナーはこちら

モーションパルペーション研究会

 

先ほどの仙骨の傾きの検査によって、左右のどちらかが上下に動かない機能低下が存在している場合、その仙骨と足首の関連を実際に見てみます。

仙骨を下方へと下げた場合の足首の筋力や柔軟を評価すると、関連ある部分には足首の応答がしっかりと出てきます。

仙骨のモビリゼーション
仙骨のモビリゼーション

その繰り返しによって、どの部分を同機能改善するとアキレス腱や足底腱膜が緩むのかがわかります。

そうすると、どのように走ることでより楽に走れるかもわかるため、走り方の改善にも繋がります。

足が痛いだけといってもかならず全身評価しなければならないのはこういったためです。

 

競技の中断や長い痛みに苦悩している方の力に少しでもなれれば幸いです。

Share This:

冷え性 足が冷えるという感覚表現について 東京都西村治療院

このブログは、患者様からの声と身体からのシグナルを聞き、どのようなことが起きているのかを科学的な知見を交えて理解に勤めるために日々綴っています。

健康問題を理解するという困難な道のりにおいて前進を可能にしていただいている患者様全員に感謝申し上げます。

 

「足が冷えるんです」
冷え性なんです」
「ももが冷たいんです」

このような患者様からの声はたくさんいただきます。

例えば不妊治療を受診されている方からの相談を受ける際に、このような「冷え」についての悩みは多く聞きます。

他にも、座骨神経痛に悩まされ、さらには足の冷えでも困っている、という話も多く伺います。

今日はそんな「冷え性」「足が冷える」について血流という概念以外でどのようなことが起こっている可能性があるか考えてみたいと思います。

 

冷えがあると感じられている部位に手を触れてみると、実際に冷たいことが多いのですが、冷たくない場合もあります。
なぜでしょう?

冷えが最も強いといわれる部分とそうでない部分では差がある様に思われますが、触れてみると差がないことがあります。例えば左右での差など・・・。
なぜでしょう?

冷えるから靴下を二重に重ねてみています。冷えるのでいつもカイロを貼っています。
冷たい感覚のままなのに低温火傷を負ってしましました。
冷たい感覚のままなのに?

 

「冷え」と感じているのは実は「しびれ」にとても近い感覚であったりします。

「しびれ」でも「ビリビリする tingling」というよりは「感覚が鈍いnumbness」の方です。

英語に詳しい方はこの「numbness」には意味的に「かじかんだ」「しびれ」「無感覚」という意味があることを知っている方もいるでしょう。

 

つまりは、「冷え」だと思っていた感覚は実は「感覚が薄い」言い方を変えると「かじかんだ」ように「無感覚」である状態を「冷え」だと錯覚しているのです。

 

この無感覚に陥る状態、しびれている状態、には大きく二つの機能異常が関与します。この二つは同時に起こっている場合がほとんどです。

一つは「座骨神経痛」、ももの前面など部位によっては大腿神経の関与ですが、いわゆる「神経痛」と呼ばれる状態です。

冷え性があり、腰痛や臀部痛がある人は腰の治療が冷えの改善に繋がります。

 

もう一つが忘れられている病態です。

それが「関節の機能制限」と「筋緊張」です。
この精巧な関節・筋の調節はMUs運動単位の協調活動が必要になります。
精巧な調節は中枢神経Central Nervous Cystemが担っていて、相反性抑制、シナプス前抑制、伸張反射、ゴルジ腱器官Golgi tendon organ反射、屈曲反射などの神経調節要素によって実現されています。

簡単に言うと神経システムによって自動調節されているわけです。

関節が固くなっている、例えば、「足首を動かすと思い感じがする」や「左右の足首を動かすと片側は動きが悪い」など足関節の可動域や動きのなめらかさが制限されている状態、この場合にも冷え感を覚えます

なぜなら、
関節の機能障害が起こっている場合というのは、先程述べた神経調節システムにも影響を与え、感覚神経と呼ばれる、皮膚の触られた感触などにも変化を与えてしまうのです。

皮膚感覚神経が異常を来した場合、ピリピリするなどのいわゆる痺れの他に、感覚が鈍くなるという障害が起こる場合があります。

この「感覚が鈍くなる」が「冷え」として捉えている方もいるのです。

上記に記した神経痛による感覚の減弱ではなく、関節拘縮から起こる感覚の減弱が二つ目の理由となります。

 

「冷え症」と一言でまとめても、治すためにはいろんな問題を考慮しなければなりません。
少しでも足の冷えでお困りの方の助けになれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典
Tel:03-6435-2437
Mail:nishimura@hari.space
Web:http://www.hari.space/

Share This:

足が重くて自分の足ではないみたい 足の痺れと身体所有感 東京都西村治療院

足や手の痺れを患っている方の中にはこのような表現をされる患者さんがいらっしゃいます。

「自分の足じゃないみたい」

「感覚がなくて人の手がぶら下がっているみたい」

 

『身体内感』がこれらの表現に関与していることは以前にも学びました。
身体内感が起こす足の痺れ
「足の痺れ・足が重い」感覚・運動障害を哲学する
身体の内部モデルについて

今までにも同様の感覚については勉強してきましたが、今回はまた新たな概念である「身体所有感 sense of self-ownership 自己保持感」から「足や手の痺れ」について考えてみたいと思います。

身体所有感とは、その名の通り、身体が自己のものであるという認識のことです。

一つ実験をご紹介します。
自分の手を見えない状態にして、安静状態を保たせます。
そして、本来の手が存在している位置にマネキンの手のような模擬手を設置します。
その模擬手に対して、実際の手の動きと同様の動作を行うと、模擬手が自分の手の様に錯覚を起こします。
ついでにその模擬手に突然ペンで指すような動作を見せると、避けようとします。
自分の手である様に感じているからです。
この実験をrubber hand illusionといいます。

体性感覚入力と視覚情報とが一致すると、自己身体の一部であるかの様に錯覚する現象は身体所有感の一例として有名です。

切断された、存在しないはずの手や足に痛みを感じるような幻肢痛ミラー療法という治療法がなされますが、これも身体所有感を利用した治療法です。

 

さて、再度患者さんの訴えについて考えてみましょう。

「足が重くて、自分の足ではない感覚」
「手が痺れて他人の手みたいに見える」

この表現は今までの話の様に、身体所有感の異常を来していることは容易に予想できます。

 

では身体所有感とは何が関与しているのかを知る必要があります。
それがわかれば、どういったことを治せば良いのかがわかりますよね。

それは
四肢末梢から感覚入力されている状況と、視覚情報が一致することです。
rubber hand illusion として有名ですので一度調べてみてください。

四肢末梢感覚に問題がある、つまり痺れを起こしている場合は、身体所有感に問題が起こり「自分の手ではない」という感覚が起こります

 

実は同様の感覚がもう一つ存在しており、それも「自分の足ではない」という感覚を引き起こす原因となります。

それが「自己主体感 sense of self-agency 運動主体感」です。

これは行為を自分自身で行っているという感覚です。

 

以前から話題に出している「内部モデル」「身体イメージ」というのと同様の意図として使われる言葉です。

以前に記載した身体内感・内部モデルについて

足の痺れと身体内感

感覚・運動障害を哲学する

身体内部モデルの異常形成による「めまい」

 

行為の実行による順モデルによる感覚結果の予測と自己受容感覚や視覚フィードバックなどの求心性情報が照合され、この段階で特に情報間の不一致が検出されなければ、自分が行為主体だと感じられる。

難しく書かれていますが、他人にくすぐられるとくすぐったいが、自分でくすぐっても何とも思わないのは、予測できる感覚であるというところにあります。

他の説もありますが、それについては今回は言及しません。

 

大切なのは、自己受容感覚という言葉にあります。

これは身体内感と同様で、自己を受容する感覚を言い、すなわち運動感覚である筋収縮の感覚を指します。

これは以前にも運動内感のところで述べた、筋収縮を調整する筋紡錘が関与します。

つまりは筋紡錘の異常は自己受容感覚(身体内感)に影響を与え、よって自己主体感を失わせる結果となります。

これが、「他人の手」であり「自分の足ではない」という感覚になるのです。

 

筋紡錘の異常はどのようにして検査できるかというと、一つは神経学的筋力テストによって我々でも検査できます。

筋機能評価法―ビジュアルで学ぶ触診・ストレッチ・筋力テスト
栗原 修
医道の日本社
売り上げランキング: 404,561

足の痺れや手の痺れによって、表現される非自己化する身体は特別なものではありません。

なかなか痺れというのは主観的な感覚の異常のために、理解されずに困っている方はたくさんいらっしゃいます。
すこしでも力になれることがあれば幸いです。

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

 
参考図書

メタモルフォーゼ

メタモルフォーゼ

posted with amazlet at 16.02.11
河本英夫
株式会社 青土社 (2012-10-10)
売り上げランキング: 491,065
オートポイエーシス―第三世代システム
河本 英夫
青土社
売り上げランキング: 68,064
哲学、脳を揺さぶる オートポイエーシスの練習問題
河本 英夫
日経BP社
売り上げランキング: 360,109

 

Share This: