股関節が抜けたように力が入らない 東京・埼玉・千葉 にしむら治療院

”足の力が急に抜ける”
”股関節がギクッとして力が抜ける”
”股関節が詰まったような感じ”
“お尻の奥が痛くて力が入らない”
こんな症状の方が数人来院しており、ほとんどが仙腸関節の機能制限をリリースすることで症状が改善します。
仙腸関節の治療は全く異常がないと言われた方はもちろんのこと、整形外科で股関節の疾患を診断されている方にも同様に効果を発揮します。
仙腸関節には様々な機能制限があり、その検査なくして改善は認められません。
股関節の動きに対応して仙腸関節が動いているかを必ず検査しなければなりません。
足の長さを比較するだけで矯正をすることは危険です。
今回のように股関節に症状を出している場合は『足の動きに対しての仙腸関節の動き』が重要になるため足の長さを比較するだけでは問題は検出できません。
さて、今回のように股関節の力が入らず、詰まった感覚があるような場合に多い状態をご紹介します。
骨盤シンメトリー
右骨盤離開
写真の向かって左側にある右の骨盤は、丸で囲まれた仙腸関節部分に問題を抱えています。
右の仙腸関節の上部が離開しており、その状態で股関節の寛骨臼は覆いかぶさるように股関節にのしかかって来ています。
このような状態の場合、股関節の問題を抱えるのは必然と言えるでしょう。
横から見た線でも骨盤の外側と股関節の大転子部分との差が逆転しています。
右足は骨盤よりも大腿骨が内側にあるため”詰まった感覚”が出てきます。
上半身の体重を両下肢へと分散する役目がある仙腸関節が離開していると言うことは、まともに体重を乗せることができず、腰で崩れてしまいます。
“腰がギクっと抜ける”
”足の力が抜ける”
このような感覚を持っている方は仙腸関節の不安定性をきたしている場合がとても多いです。
股関節の痛みに悩まされる方のお力となれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

(サテライト治療室:埼玉県大宮、千葉県我孫子市、山口県長門市)

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This:

どの症状が脊柱管狭窄症によるもの? 足のしびれ・股関節の痛み・腰痛

当院の来院で一番多いのが腰下肢痛で、その中でも脊柱管狭窄症と診断されている人が大部分を占めます。
腰部脊柱管狭窄症と言えば、手術が適応とされる疾患であり、実際に手術をされている人は、当院に来院されている方の3割くらいはいらっしゃいます。
なぜ手術をされているのに、腰下肢痛で来院されるのかと言えば、もちろん手術で症状が緩和されないからです。
抱えていた症状のうち、いくつかは改善され、いくつかは残るといった結果から推測するに、抱えている症状が、『腰部脊柱管狭窄症』という一つの病態では言い表すことができないほど多様な病態が絡んでいることが予測できます。
腰部脊柱管狭窄症の症状

現在は多様な病態が身体の中で共存している中で様々な症状を出していることが理解されてきました。

腰部脊柱管狭窄症の症状
脊柱管狭窄症の手術で一番効果が表れにくいのが ”足のしびれ” と言われています。
中には筋力低下を起こしていて、”しびれ”  や ”感覚が鈍い” という感覚神経の障害だけでなく運動神経の障害まで起こっている方も多数います。
実際に「爪先立ちができない」として来院されている方はとても多く、手術後も改善されない方が、仙腸関節や腰背部、股関節の治療で改善しています。
まず、そのヒトの身体にどんな機能制限があるかを把握することが前進するための最初の一歩となります。
皆様は各関節の機能検査を受けてきているでしょうか?
画像による診断だけだったり、ただ足を上げたり、触れた触覚検査、腱反射だけで病名を診断されてはいませんか?
当院では背骨から骨盤、股関節、足首に至るまでの一つ一つの関節を検査し、抱える症状のどこがどの部分と関連しているのかを考えていきます。
変形性股関節症・腰部脊柱管狭窄症・仙腸関節炎の共存
実際のレントゲン画像と触診で得た情報をもとにモデルを作成してみました。
脊柱管狭窄症と診断され、症状は股関節の前方・外方・後方と、全体の痛みと痺れがあり、歩いているうちにだんだんと足が上がらなくなった方がいました。
確かに腰椎の変形も歪みも強く、狭窄症が認められるだろうといった触診具合でしたが、きちんと仙腸関節と股関節の可動性を上げることができた時、その方は途中休むこともなく歩けるようになりました。
この図を見ての通り、画面左側の右股関節は関節面が大腿骨に被さるように骨盤の傾斜を伴っています。
特に右の骨盤の傾きがひどいため、仙腸関節の機能異常も存在していることがわかります。
実際に仙腸関節を調整すると股関節の機能制限も改善してきました。
股関節の過剰な緊張が仙腸関節の異常をきたすとともに、骨盤の傾きがまた股関節の緊張を起こすと言った悪循環が存在しています。
また仙腸関節の不安定が腰部のスタビリティに影響を及ぼし、本来持っていた脊柱管狭窄症の状態を悪化させていたも考えられるでしょう。
こう言った複数の病態が同時に存在しているパターンはかなりの率で拝見します。
『脊柱管狭窄症』と診断されたヒトのうち、手術をしても良くならなかった人はほとんどこう言った現象を持っています。
手術したけど良くならない・手術した後から悪化した・できるだけ手術したくないなど、どんな方でも諦めずに身体の細かな分析と評価と改善を繰り返し行えば必ず光は見えてきます。
少しでもお力添えできれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

(サテライト治療室:埼玉県大宮、千葉県我孫子市、山口県長門市)

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This:

肩から手の痺れ 原因不明の中長期にも続く痺れ・熱感・腫脹

痺れ・痺れ感の原因は①神経 ②筋肉(トリガーポイント)③関節(関節受容器)の三つが主な原因で、最近だとその他に④空間認識がCRPSなどの難治性の疼痛過敏に影響していると研究が発表されています。
それらはどれも影響しあっているため、どこが起点となっているのか、どこを先に治療するべきなのかを把握しなければなりません。
そこで当院で利用しているのがTherapy Localizationセラピーローカリゼーションと呼ばれる、治療部位の判定に使われる触診法です。
治療に適しているポイントに手を触れると症状が軽減したり、筋力がアップしたり好転反応がすぐに出ます。
力の方向や力加減、治療のタイミングによって刻々と変化するため、今一番適した施術場所はどこなのかを探すのにとても有効な手段です。
まずは、左肩から手の痺れ、特に手の指(小指薬指だったり、親指人差し指だったり移動する)を患っていた方の症例検討を含めて再度”痺れ”について考えてみたいと思います。
”腕からのの痺れを訴えていて、手の先の痺れは日によって場所が変わる”
この場合、真っ先に疑うのは頚椎の問題、つまり手に向かう神経の問題として考えられます。
それなりの年齢の方であれば、頚椎の変形があるためほとんどの方で頚椎症や、頚椎椎間板症、変形性頚椎症という診断が下されます。
なのに首の治療を受けても一向に良くならない場合、次はどんなことを考えなければならないでしょうか?
頚椎にTherapy Localizationを用いても、痺れが増強するため、今は首の治療を行うタイミングではないことがわかりました。
次はどこを触診しなければならないか。
今回のように広範囲の痺れをきたしている場合、トリガーポイントと呼ばれる筋肉の過緊張(攣縮)から起こる『痺れ感』(神経から起こっているわけではないので痺れ感とします)が考えられます。
よく言われる腕に向かう痺れ感をきたす筋肉といえば、肩甲骨周囲の筋肉です(例えば肩甲下筋、棘下筋)
確かに、過緊張を起こしており、肩の可動域にも影響をきたしているため、トリガーポイントも有効かもしれません。
しかし、肩甲骨周囲の筋肉に触れても痺れが再現そして増強します。
なのでこれも今治療する部位ではありません。
もう一つの関節受容器の異常による痺れ感だあった場合、肘関節と手関節の過緊張や機能異常が考えられます。
肘関節の橈骨が過緊張を起こしていたため、軽く牽引を行って見るが、今までと同様に痺れが増強。
尺骨肘頭は内方上方変位しているため、肘頭のモビリゼーションを試みるが思うような効果は得られなかった。
手・腕・肩の痺れの場合、だいたい今までやってみたところで変化が見られますが、今回は全て痺れが増強するサインが出ているため、うまくいきません。
最後に残った手関節を触診してみます。
尺骨茎状突起が背側に緊張を起こし、手首が背屈制限を起こしています。
背屈させながら尺骨をリリースすると、その瞬間から小指・薬師の痺れが消失します。
指を動かすのは鈍い感触がまだあります。
尺骨茎状突起の背側変位 
そのあと痺れは母指側に3本付近が気になり、舟状骨の外転変位・内転制限母子中手骨と大菱形骨の外転制限がありました。
実際に親指を動かすのに自覚する制限はあるかと尋ねると、伸展できません。
大菱形骨・第一中手骨をリリースすると指の伸展の痛みのなくなり、手の痺れが消失しました。
舟状骨の外側変位、橈屈制限
大菱形骨・第一中手骨の変位 
そのあと、最初に触って痺れが増強した首や腰を触ると痺れは増強せず、むしろ指の動きの鈍さが改善されやっと施術できる状態になりました。
Therapy localizaitonでは、当初増悪サインを出していた頚椎や腰椎も、動きが軽くなるといった寛解ポイントのサインが現れましたので手の治療の後にはいつもの全体治療の効果を出すことができました。
このように主観的な症状である”痺れ”の治療は治療ポイントを見つけるのが難しく、1回目でそれを発見できるかは問診が鍵となっていたりします。
今回も振り返れば、手に負担がかかる仕事をしていることや手に急激な力がかかることをした翌日から症状が悪化していることから、手の問題が多く関連していることにすぐに気づけていたかもしれません。
問診で確認したポイントをしっかり触診して、今どの場所を治療しなければならないのかをしっかり前もって把握すれば痺れも良くなります。
長らく痺れの症状でお困りの方に対して、少しでも早く解決に向かいますようお力添えできれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

(サテライト治療室:埼玉県大宮、千葉県我孫子市、山口県長門市)

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This:

腕を上げた時に背中や脇がゴリゴリ音がなる

競泳選手の比較的多いですが、一般の方にも多い症状の
”腕を動かす時に背中(脇)でゴリゴリ音がする”
という症状について、最近頻繁に来られていたので、まとめていきたいと思います。
人それぞれ若干異なるものの、主に胸椎の異常によってもたらされるので、治療する上での参考にしていただければ幸いです。
結論から言うと、肋骨が綺麗に整列していないために起こっています。
腕をあげる際に、腕を上げている側の脊柱は基本は上へ上がっていきます。
この脊柱の動きで連動性が絶たれるような、脊椎の可動性の制限があると、その上を走る筋肉は弦を弾かれるようにゴリっと音を立ててるような感覚を引き起こします。
肋骨の整列
肋椎関節の異常
胸椎の異常
腕を上げていく角度と、脊椎の高さによって、上へ動いたり、下へ動いたり様々なため、どの角度でゴリゴリと音がいうのか、どこの肋骨のレベルなのか、も大切です。
もちろん上げる時だけでなく、下げる時に音がなるという人もたくさんいらっしゃるのでどのタイミングかもとても大切です。
なぜ競泳選手に多いかというと大きく三つあります。
①腕を上げる動作
クロールと背泳ぎに多いのは、片手を伸ばしていく動作だからです。
平泳ぎやバタフライは、両手を一緒に動かすために、脊柱の動きは前後にしか動きませんので比較的少なくなります。
②推進力を得るための腕を伸ばす動作
ただ腕を挙げるだけではなく、さらに上へと伸ばす動作が必要です。
腕が上げきったところでさらに突き出す動きはほとんどが脊柱で動かされるため、背骨に付着する肋骨の異常が起こりやすくなります。
③呼吸
呼吸は胸郭の運動なので肋骨の運動を伴います。
皆さんも、大きく深呼吸を、片腕を上げた時と降ろしている時とで比べてみると、だいぶ異なることがわかると思います。
クロールの息継ぎをイメージしてもらうとなんとなく、①②で負荷をかかっている肋骨にさらに呼吸で肋骨にストレスをかけていることが予想できるのではないでしょうか?
それでは実際の症例をご紹介いたします。
競泳選手で右腕を伸ばした時に右脇にゴリゴリと音がなる症状がありました。
当初は①左腰から足の張り感を患っており来院されたのですが、そのほかの症状で、②右肘の伸ばす動きの制限と③右腕をあげると脇がゴリゴリと音がなるのを訴えれおられました。
①に関しては左骨盤が後方下方へと変異しており、立位と座位で左足荷重が強くなっているためと思われました。
実際に仙骨と第4腰椎の下方変位を変えると足は軽くなりだいぶ楽になりました。
②右肘の伸展制限は筋トレ中に右の肘を痛めて以来、最終可動域の手前で止まるようになっていました。
③右腕を上げた際に胸椎の上方への可動性が大きいところと、小さいところによって、肋骨がデコボコしており、そこで広背筋の線維や肩甲骨が滑走する際に音を立てていることがわかりました。
症状を時系列に並べると、②→③→①とのことから
肘を痛め、伸びきらないことから、胸椎が無理に上方へと傾き胸腰の異常な歪みを作り出し、その結果、立位や座位での左骨盤、左下肢への重心移動が強く起こり、腰痛及び坐骨神経痛を起こしていたと考えられます。
肩の動きに対しての体幹のスタビリティが問題であるということはスポーツ業界では昔から言われていることではありますが、なぜスタビリティが低下しているのかは機能検査を繰り返すことと問診からでしか導き出せません。
適切な検査と適切な問診によって少しでも皆様のお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

(サテライト治療室:埼玉県大宮、千葉県我孫子市、山口県長門市)

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This:

グロウインペイン Groin pain 仙腸関節との運動連鎖

Groin painと言われれば、サッカーなど足に過度の負担をかけるスポーツで有名な股関節前面の痛みです。

Female foot with hip pain
他にもランニング、ゴルフ、野球、テニス、バスケットボールと様々なスポーツで見かける症状です。
Soccer player kicking soccer ball
surfing
Man dribbling basketball against defenders
スポーツと縁がないという方でも意外と同様の症状をもつこともあり、このことから、過度の股関節の負担が原因ではないことがわかります。
腸腰筋のストレッチが効果的と言われてはいますが、多くの方がそれで改善していないことが現場にいてよくわかります。
そんな方々の多くは仙腸関節・腰仙関節・大腿神経の三つのワードで大体が解決できます。
オーバユース(使い過ぎ)ではなく、なぜ回復できないかが問題のようです。
さて、今回はサッカー選手のGroin painの症状改善を元に仙腸関節と股関節の機能についてご紹介したいと思います。
両足の股関節ともに前面に痛みがあり、パスを出す、シュートを打つ、切り返す、しゃがむ動作で詰まるような股関節の違和感を感じ数ヶ月が経過。
整骨院では腸腰筋のストレッチと電気治療によって使った筋肉の疲労回復を行なっていました。
試合に出ればすぐに痛むことを繰り返し、だんだんとインコースへのパス、インサイドキック、カーブするシュートが出しにくくなり、当院に来院。
蹴り足は右、軸足は左だが、最近は左足の方がスムーズにけれるといった具合に右足の動きにだいぶ制限が出てきています。
このようにオーバーユースによって起こるとされている症状はただマッサージとストレッチ、電気治療といった使い過ぎと筋肉を刺激する治療ばかりが行われ、なぜその筋肉が過度の負担を強いられるのかを考えた治療はされていないのがこのスポーツ業界の良くないところでしょう。
身体の機能評価をすると、
股関節の可動域
屈曲 右:85° 左:95°  伸展 右:5° 左15°
外転 右:35° 左:40°  内転 右:0° 左5°
外旋 右:40° 左:50°  内旋 右:0° 左10°
かなり右の可動域が制限されていることがわかります。
SI joint Gloin pain
左の仙骨は下方に固定され、上方への動きが制限、反対に仙骨の右側は上方へと緊張し、下方への動きを制限されています。
右の腰痛を日常でも感じるようになっていると話されているのは、この右の腰仙関節の狭小による圧迫症状だと思われます。
特に仙骨の右下端で梨状筋や、仙結節靭帯と呼ばれるものが付着する部分が過緊張を起こしていました。
仙腸関節はというと、右の腸骨は前方・内方変位、左の腸骨は内方・後方変位。
この腸骨の傾きは股関節の問題とかなり関係があります。それは腸骨は寛骨と呼ばれる骨盤を構成する骨の一つで、恥骨や坐骨といった股関節を構成する骨と一つになっています。
腸骨の前傾と股関節の臼蓋の位置
腸骨の前傾と恥骨結合のずれ
つまり股関節の動きを制限する傾きになってしまうのです。
当院ではこの骨盤の関節の機能検査によってどの角度への動きが制限しているかを鑑別し、モビリゼーションによって緩めることを治療のコンセプトとしています。
仙腸関節モビリゼーション
仙腸関節の機能を取り戻すことによって股関節の可動域はかなり改善しました。
しかし腸腰筋の筋力はまだ落ちたままでしたので上部腰椎の機能検査をすると第2腰椎が右前下方変位で第2腰椎に付着する腸腰筋の起始部をリリースすると腸腰筋の機能も改善し、可動域がさらに改善しました
股関節とリリース
このように仙腸関節の機能異常がある状態では股関節をいくらストレッチしようが股関節の問題は改善されません。
今回は蹴り足の問題を改善することでよくなることができましたが、中には軸足の問題による蹴り足鼠径部の痛みや、軸足の鼠径部の痛みを抱えていた人もいました。
人それぞれ、緊張部位は若干異なり、それを把握することは関節のあそびの検査でしか判断できません。
スポーツの分野において機能検査が浸透してくれればこれらの問題で苦悩している方が多く救われるのではないかと期待しています。
長く続く股関節の痛みに苦悩している方のお力になれれば幸いです。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院 西村 公典
ホームページリンク
03-6435-2437

Share This:

ゴルフ 左足壁の固定力と回旋という柔軟性

最近はゴルフによる障害、それも坐骨神経痛に悩まされている方が多数いらっしゃっています。
左足と右足によって原因となる場所は異なりますが、今回は左足壁の固定力と回旋という柔軟性についてお話をしたいと思います。
ゴルフでは左足での壁を作ることを教えるコーチが多いことから、最近では、左足の固定によって安定したスイングをすることができると考えられているようです。
スイングにもブームがあり、最近の主流は
“親指で踏ん張って、左足の壁を作って安定させる”
のようです。
“左足で壁を作る”ことによって得られる安定性が、固定となってしまい、左足での回旋力を失ってしまう人が非常に多いです。
壁を作ることに意識を費やすがゆえに回旋力を失っている身体の状態の中で、それでも大きく回そうとすると、最終的に足や腰に痛みをきたすことになってしまいます。
”この壁を作る”という行為は『固定』の作用が強いのが難しい点かと思います。
最近では、”この壁を作る”というのを『親指で踏ん張る』という表現で教えているコーチが多いように思えます。
この『親指で踏ん張る』という表現は非常に良い表現だなと思うのですが、そのポイントがうまく伝わっていない人が多いかもしれません。
回旋力は脊柱で捻ることができる角度よりも、股関節のひねる角度の方が非常に大きいため、股関節の回旋力を使わない手はありません。
それを”親指で踏ん張る”という言葉の縛りによって左足全体で親指を踏ん張ろうとすると・・・・
結果回旋できなくなってしまいます。
股関節は余裕を保ちながら、親指で踏ん張り安定を確保するのが重要です。
親指で踏ん張る行為を、例えば、膝で作ったり、足首の関節で作り上げれば、股関節での固定は少なくすみ、可動性に富む状態でスイングを行えます。
いくつかスイングを見てみましょう。
どれが良いというのはなく、下半身と上半身の動きの目的がバラバラになっていないかが重要。手の振り方を変えれば、それに合わせて、下半身の使い方も変えなければならない。
つまり下半身の使い方が変われば、上半身の使い方も変えなければならない。
Female golfer

骨盤の左回旋が強く、臀部の中心は右に寄っているタイプ。骨盤の回旋が強いため、不安定になりやすいがパワーが出る。
足元まで見えていないが、膝の方向も前を向いているので、足首から前を向いている様子。この形で、親指で踏ん張るのは股関節にかなり負担がかかる。
左肩はやや低めでフィニッシュしているため、横にスイングしやすい形。

one caucasian man golfer golfing in studio isolated on white background

骨盤はほぼ正面を向いているため、股関節の内旋という動作が大きくなければできないスイング。骨盤は右に傾斜している。そのためクラブは地面よりも45°の角度を作れる。

one caucasian woman woman golfer golfing in studio isolated on white background

骨盤は右にやや向いているため、左足の固定が強いタイプ。骨盤の右傾斜は強いが、上半身は左傾斜している。下半身が行っている動きと上半身が行なっている動きが異なっている。

Female golfer striking a golf ball on a golf course, full body rear view looking down the golf course

骨盤の回旋は弱く、左に傾斜している骨盤の形。左傾斜の方が、左臀部の筋肉は過緊張しやすい。回旋を少なくすることで、その負担を弱めている可能性が高い。

image of a golfer playing a chip shot onto the green on a golf course in south africa

骨盤の軸に対して、上半身が右にスウェーしている。骨盤の重心移動を先行させていながらも、上半身の回旋時に右にスウェーしているため、骨盤の上に上半身が載っていない。

この”回旋力”という『動』”親指で踏ん張る””壁を作る”という『静』を多様に存在する下肢の関節で使い分けることが、腰や足に痛みを出さずに動き続けるコツになります。
そのために特に必要なのが、股関節の柔軟性と、仙腸関節の柔軟性と固定力、距腿・距踵関節の股関節に対する協調運動です。
肩と背中との連動がうまく行くためには仙骨がこの中継点なるため、肩や肘など上半身の問題も抱えている方は、股関節の動きに対して仙骨がどのような傾きをしているのかを検査し、改善することも大切となってきます。
当院では各関節の動きの遊びを検査改善することによって、それぞれの動作の可動域精一杯に動かした時の余裕を作ることができます。
運動時の腰や足の痛みにお悩みの方のお力になれれば幸いです。
東京都港区芝5-27-5山田ビル503
にしむら治療院 西村 公典
ホームページリンク
03-6435-2437

Share This: