Joint pain refers to the slightly movement that occurs in the adjoining bone so called 

In recent years in Japan, greater focus has been placed on a condition called “joint dysfunction” as the reason behind many people’s back pain, stiff shoulders, and joint pain. 

These condition refers to the slightly movement that occurs in the adjoining bone is irregular. This slightly movement is called “Joint Play”.

“Joint Play” “Accessary Movement” “Intra-articular Movement” “Joint Mobility”

Theses words have a same meanings. In the following I use “Joint Play”
In life, the voluntary movements cannot be achieved unless certain well-defined movements of “joint play” are present. Movements of “joint play” are independent of the Voluntary movement.

There are some “joint play” such as rolling, sliding, spinning on the joint surfaces, and traction and compression.

In 1949, Mennell introduced through the investigation of Joint Play involving the voluntary movements on full range motion.

Abnormal “Joint Play” cannot be picked up by an X-ray, MRI, or any other method of diagnostic imaging.

“Motion Palpation” is diagnostic tool when I find out abnormal “Joint Play”

 

 

Nishimura Acupuncture & Osteopathic clinic

Yamada building, 5-27-5, Shiba, Minato-ku,  Tokyo.

mail: nishimura@hari.space

Homepage

Share This:

What is Joint Play? What is Motion Palpation?

In recent years in Japan, greater focus has been placed on a condition called “joint dysfunction” as the reason behind many people’s back pain, stiff shoulders, and joint pain.
This condition refers to when joints responsible for what is called “joint play” are moved, and the movement that occurs in the adjoining ends of the bone is irregular; this abnormality cannot be picked up by an X-ray, MRI, or any other method of diagnostic imaging.

One of my skills which is called “Motion Palpation” is a method of examining “Joint Play”.
I provide the treatment so-called Manipulation, Mobilizaiton against disorder of  joint play.


All synovial and secondary cartilaginous joints, to some extent, are capable of an active range-of-motion, termed voluntary movement.
There is a small range of movement that can be obtained only passively by the examiner.

This movement is called joint play, or accessory movement.

Theses accessory movements are not under voluntary control.

In 1949, Mennell introduced through the investigation of arthrokinematic approach involving the voluntary movements on full range motion;
this movement named the Joint Play distributed the main factors of the concomitant movement of the joint. 

My method is to treat abnormalities of the intra-articular movements such as joint play, rolling, sliding, and spinning of the joint surface.
Thereby taking  care of restricted synovial joints

Motion palpation is a method of examining joint play.
Motion palpation’s strong point is as a diagnostic tool. 
Good motion palpation skills are always proceeded by good static palpation skills
Motion palpation is a method of examining joint play and diagnostic tool.
But if you add a slight pressure, motion palpation become tool of treatment.

 

 

Nishimura Acupuncture & Osteopathic clinic

Yamada building, 5-27-5, Shiba, Minato-ku,  Tokyo.

mail: nishimura@hari.space

Homepage

 

Share This:

Treatment Targets

Symptoms of this joint dysfunction are not limited to back pain, stiff shoulders, and joint pain;
It could also cause headaches, menstrual pain, as well as symptoms with seemingly unknown causes, such as numbness in the hands and feet, and dizziness. Additionally, for cases in which joint dysfunction occurs in the joints of the pelvic area, if left untreated, this could lead to degeneration of the intervertebral discs, such as a herniated disc or spinal canal stenosis.

Moreover, if it occurs in the shoulder or back, in addition to pain and stiffness in the neck and shoulders, the situation could lead to tenosynovitis, or even expand to the arms to cause medial epicondylitis.
From my clinical experience, there have been many cases in which the patient was diagnosed at the hospital as having CRPS, but recovered, or saw great improvements, through treatment of joint dysfunction.
The same thing could be said for pain, numbness, and abnormal sensations (burning sensation, coldness) diagnosed as “neuropathic pain,” which is a term that is heard increasingly often these days. For such pain, it is conceivable that the cause of the pain was in the joints and not the nerves, or that the joint-based pain lasted for so long that it shifted to nerve-based pain.

Treatment Targets

Strained back / Lower back pain / Sciatica / Lumbar disc herniation / Spinal canal stenosis / Diagnosis of Lumbar Spondylolysis・Spondylolisthesis / Coccyalgia (tailbone pain) / Numbness in hands and feet or pins and needles / Joint pain in knees・hip / Osteoarthrosis / Sprains and fractures of Sequelae / Achilles tendonitis / Plantar fasciitis / Pain in heel・sole of foot / Bunion (hallux valgus) / Growing pains / Relief of pain from Rheumatoid arthritis / Arthritis / Shoulder stiffness / Headache / Migraine / Traumatic cervical syndrome / Whiplash injury / Cervico-omo-brachial syndrome・Thoracic outlet syndrome / Cervical disc herniation / Cervical spondylosis / Frozen shoulder / Shoulder impingement syndrome / Tennis elbow (lateral epicondylitis) / Golfer’s elbow (medial epicondylitis) / Tenosynovitis / Carpal tunnel syndrome / Wrist pain / Trigger finger (flexor tendinitis) / TMJ Arthrosis / Back pain diagnosed as CRPS / Relief of symptoms of fibromyalgia / dysautonomia / Menopausal syndrome / Chronic fatigue syndrome (CFS) / Menstrual pain / Costochondritis / Constipation / Infertility / Stress-related diseases・disorders / Gastrointestinal disease / Hemorrhoids
Cystitis / Breech birth / Atopic dermatitis / Allergic rhinitis・pollinosis (allergy to pollen) / Insomnia / Acceleration of nerve restoration in hemiplegic (Stroke) patients / Tinnitus / Dizziness (causes unknown) / Early stages of Meniere’s disease / Depression

 

Nishimura Acupuncture & Osteopathic clinic

Yamada building, 5-27-5, Shiba, Minato-ku,  Tokyo.

mail: nishimura@hari.space

Homepage

Share This:

動作の意識化・無意識下 視覚における制御の欠点 東京都にしむら治療院

スポーツ選手のケアや、一般の方の運動器疾患の治療において、運動療法の処方は必ず必要になってきます。

いわゆる「リハビリテーション」、語源はre-habit、つまり習慣を取り戻すことにあります。

「習慣」というのは、決まりきった行いを指し、反復によって習得し、少ない心的努力で行うことができるようになること、とされています。

膝の痛み・肩の痛み・腰の痛み、運動器の疾患の治療において、リハビリテーションは必須であることは誰もが否定しないと思います。

現代の科学的進歩によるデータ化が起こす問題点についてお話をして行きたいと思います。

 

 

新しい動作の獲得や、何かによって正しく行えなくなった動作の改善には、意識化による動作のコントロールが必要になります。

スポーツの分野で言えば、動作を解析し、視覚でフォームを捉えることで、今の動作の問題点を見つけて行く作業は、どの競技でも当たり前になっています。

レントゲンやMRIによる画像診断は組織的な変化を見るだけでなく、形態的変化を捉える先生によっては同様の意図も含んでいると思います。

最近では立位姿勢の写真を撮りBefore/Afterの比較から治療後の変化を視覚化する整体の先生も多くなってきました。

 

このようにスポーツの世界や医療の世界、医療従事者の中でも、視覚化して患者さんに伝えやすい形にするというサービスは当たり前になってきています。

伝えやすくするというのは非常に良いことなのですが、視覚化したリハビリテーションにおいて知っておかなければならないことがあります。

データ化された医療やスポーツの世界において、私が警告を鳴らしていることの一つがこれから述べることです。

 

視覚によって制御された運動は、視覚下においてしか行えない

この分野の研究は小脳疾患のリハビリテーションにおいて進んでいますので、御興味ある方はそちらの方を参照のもと勉強してみると良いと思います。

参考論文

Ronsse R : Motor learning with augmented feedback : modality-dependent behavioral and neural consequences.

 

このことを知っていれば、今、日本のスポーツ界で普及している指導方法が非常にリスクがあることがわかります。

視覚フィードバックの有無によるリーチング動作の相違の研究結果を見ても、運動到達点直前での誤差の増大は問題であると感じます。

Beppuらは脊髄小脳変性症患者の肘関節での目標追従運動における視覚フィードバックの効果を検討し、視覚フィードバックがない方が軌跡の動揺が少なかったと報告していました。

参考論文

Beppu H : Analysis of cerebellar motor disorders by visually guided elbow traccking movement

 

幸いなことに、当院では視覚障害のトップアスリートの患者さんに対していろんな感覚のフィードバックを用いた運動療法を模索していたことが、健常のアスリート(健常という言葉を使いたくはないのですが・・・)にとても役に立りました。

そういった経験もあり、現在もブラインドスポーツのサポートを行っています。
※ボランティアやサポートの募集しておりますので、そちらに興味ある方はメッセージください。

 

Blind sportsがアスリートにとって欠かすことができないトレーニングであると信じています。

ブログをお読みいただいている方もご理解いただけたのではないでしょうか。

コンディショニングが上手く行かないアスリートや、神経学的な人間の機能をもっと知りたい方、痛みに耐えながらスポーツを続けている方、スポーツは愚か日常生活も辛いという方に対して少しでもお力になれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

 

Share This:

神経因性疼痛 生じる主観的な体験 三田・六本木・浜松町・品川

「触診」「診断学」について多岐にわたり学び、今でも学ばさせていただいています。

最近では医療系の大学や海外でも教える機会を頂き、とても良い体験をさせていただいています。ありがとうございます。

 

「触診・診断学」の「診」という文字について考えてみます。

我々医療従事者は「診断」という行為は許されていないので、どちらかというと「診察」の察する行為が近いのではないでしょうか。

我々の「診る」という行為がお医者さんの「診る」という行為と異なるのだなと、病院に通院されながら、うちに来院される患者さんとの対話で気づかされます。

 

 

「神経因性疼痛」という言葉が製薬会社さんの努力で、一般の方にも認知している様になってきました。

痛み信号を伝達する神経自体が傷み,組織の損傷や機能障害が改善しても神経自体の異常興奮が持続して痛みそのものが病態の主体となる状態を言います。

 

例えば、足がビリビリしびれる場合、
病院受診の際、「神経因性疼痛」と診断、もしくは座骨神経痛と診断されたとします。

神経因性疼痛に用いられる薬を処方・もしくは起因神経のブロック注射が医学の一般的な流れであると思います。

 

しかし、私たちが向き合うのは、患者さんの主観的な体験であり、
「ビリビリする神経による痛み」に対してではなく、
「長く座っていると足がビリビリして、座り仕事が続けられないんです。」に対して、です。

この場合、「長く座れる様に」どのような施術が必要になるのかを考えなければなりません。

もちろん「ビリビリするのがなくなる」ことも重要ですが、ビリビリが取れても長く座れない状態であれば、患者さんの主観的な苦痛は取り除かれません。

 

まず、何に困っているのか、目標はどういったことなのか、このように主観的なところを捉えながら行う医療こそが、お医者さんよりも長い時間患者さんと接することを許される医療従事者の立ち位置なのではないでしょうか。

 

我々の治療というのは、「我々の手を通じて患者さんが自身の身体と向き合う時間」だと思っています。

身体の声を翻訳し、少しでも苦痛から解放することができれば幸いです。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This:

当院で行っている治療法 東京都にしむら治療院

当院の治療法に着いてご紹介致します。

針灸師として東洋医学を愛しながら、関節運動学関節神経学認知心理学的な治療をメインに行っています。

 

まずは関節運動学・神経学についてお話しします。

関節の運動には

随意運動と呼ばれる意識的に動かせる運動の骨運動osteokinematicsと、

その骨運動に含まれる関節内での小さな動きである関節内運動intra-articular movementがあります。

この関節内運動にはたくさんの呼び名があり、関節の遊びjoint play、関節の可動性joint mobility・副運動accessory movementなどと呼ばれることもあります。海外ではjoint surface movementと表現しているものもあります。

この関節の可動性は意識的に操作することはできないため、トレーニングやエクササイズでは治せません

エクササイズやトレーニングで行っている運動は「骨運動」であり、この骨運動に伴って関節内で起こる運動は構成運動component movementと言われています。

 

関節の可動性
関節の可動性

関節の可動性:転がり・スライド・回旋・離開・近接・傾き 等

1ミリ・1度単位で動かす治療法です

仙腸関節

仙腸関節の可動性

 

当院ではこの関節内で行われる構成運動である、「関節の可動性を検査し、改善させることで、痛み・しびれ・筋力低下・筋緊張などに効果を出しています。

仙骨のモビリゼーション 仙腸関節

股関節のマイクロ牽引法
股関節のマイクロ牽引法
胸腰椎座位モビリゼーション
胸腰椎座位モビリゼーション
腰椎椎間関節(右圧迫モデル)

手根骨  母指CM

 

痛みを起こすと、自律神経系に様々なストレス反応が起こります。

例えば、

疲れやすい・やる気が出ないなどの精神的な問題、

胃腸障害や便通以上などの消化器形の問題、

動悸や息切れ、冷え・火照り・むくみなどの循環器の問題

痛みによるストレス反応以外にも、

他にも脊髄から送り出される末梢神経の問題によって、運動器の神経性障害自律神経障害も起こってきます。

 

この関節運動学的arthrokinematics治療によってそれらの神経系への問題や、痛みの軽減によるストレス問題の改善が可能となります。

これが関節神経学的な治療効果と言われています。

 

認知心理学的な治療というのは、

痛みや不快な感覚は、そのまま行動に現れてきます。

例えば、動作時痛がある場合、できるだけ動かない様にすることで、痛みを起こさない様にします。

これは人からすればやる気がない様に思われるかもしれません。

精神的な問題として囚われやすいのですが、実際には身体の問題が、精神へとストレスを与えているため、肉体を治さなければ、健全な精神は宿りません

 

もし、身体の可動域に問題が出るために、身体が動かしやすい方向と、身体が動きにくい方向があった場合、認知しやすい方向と、認知しにくい方向が生まれてしまいます。

それは時には「めまい感」として感じられるかもしれません。

 

関節の動きや、筋肉の収縮が安定していない場合、机にずっと向かって座っていることはその人に取ってストレスとなります。

そんな場合は、注意散漫、集中力がない、などと発達障害として捉えられるかもしれません。

このように患者さんの行動・行為から身体がどのように認知をしているのかを分析しながら検査・評価・治療を行うことを私は認知心理学的治療と呼んでいます。

 

そして針灸師である誇りとして、

身体と精神そしてその人がおかれている環境・背景・状況という全体を包括した世界観で患者さんと向き合うこと、これを私の医道として日々施術に向かわせていただいています。

 

現代の病気として捉えられてしまう疾患は、病理学的変化によって起こる症状意外にも、身体の改善できる問題によって、それらの疾患の症状を強くすることがかなり多いのです。

つまり治すことはできなくても軽くすることは可能な疾患はたくさん存在しています。

身体的・精神的な問題を抱えている患者さんのお力に少しでもなれる様に真摯に向き合いたいと思っています。

 

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

西村 公典

Share This: