Press "Enter" to skip to content

プラセボ効果の脳科学 when pretending is the remedy

今月の日経サイエンスは「だまされる脳」として脳科学について特集が組まれています。
その中でプラセボ(偽薬)効果の脳科学というのがとても興味深い話でした。一般の方も医療者の方も読んでほしい内容となっていました。

日経 サイエンス 2014年 02月号 [雑誌]日本経済新聞出版社

研究ではこのプラセボ効果と言うのは実際に効果を検討する際に除外するためのものではありますが、臨床ではとても有効なものであると認識しています。
同じ効果の在る処置を施す場合、プラセボ効果を付随させ、より良い効果を期待するのは臨床上は悪いことではないと思っています。

病棟や薬局で、処方された薬に対して飲み方だけではなくて、薬理作用を簡単に説明することは患者さんの納得を引き出すだけではなく、このプラセボ効果も期待してのことではないかと思っています。

今回記載されていた内容は鍼灸に対しての研究を用いたものでとても面白い内容でした。

プラセボ反応(何の有効成分もない物質や偽の処置によって患者さんに生じる有益な結果)、例えば、砂糖の錠剤が不眠を治し、偽の注射が痛みを緩和し、偽の注射が痛みを緩和し、見せかけの手術がパーキンソン病の症状を改善することなどが示されてきました。
うつ病の治療では、抗うつ剤による治療効果の80%以上をプラセボ効果で実現できることを示した複数の報告があります。

過敏性腸症候群において医療者が患者さんに示す配慮や気遣いが大きいほど、患者さんは症状が和らいだと回答した研究もあります。

いつの日か、プラセボ効果を念頭に置いて共感を表したり希望と期待をもとらす言葉を用いたりする医療が見直され、科学の進歩に伴う健康の改善に繋がってくるのではないかと感じています。

にしむら治療院 はり・きゅう カイロプラクティック

東京都 港区 田町・三田の治療院 頭痛・めまい・腰痛・肩こり・スポーツコンディショニング

東京都港区芝5丁目14-2 鈴木ビル2階

03-6435-2437

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プラセボ効果の脳科学 when pretending is the remedy

今月の日経サイエンスは「だまされる脳」として脳科学について特集が組まれています。
その中でプラセボ(偽薬)効果の脳科学というのがとても興味深い話でした。一般の方も医療者の方も読んでほしい内容となっていました。

日経 サイエンス 2014年 02月号 [雑誌]日本経済新聞出版社

研究ではこのプラセボ効果と言うのは実際に効果を検討する際に除外するためのものではありますが、臨床ではとても有効なものであると認識しています。
同じ効果の在る処置を施す場合、プラセボ効果を付随させ、より良い効果を期待するのは臨床上は悪いことではないと思っています。

病棟や薬局で、処方された薬に対して飲み方だけではなくて、薬理作用を簡単に説明することは患者さんの納得を引き出すだけではなく、このプラセボ効果も期待してのことではないかと思っています。

今回記載されていた内容は鍼灸に対しての研究を用いたものでとても面白い内容でした。

プラセボ反応(何の有効成分もない物質や偽の処置によって患者さんに生じる有益な結果)、例えば、砂糖の錠剤が不眠を治し、偽の注射が痛みを緩和し、偽の注射が痛みを緩和し、見せかけの手術がパーキンソン病の症状を改善することなどが示されてきました。
うつ病の治療では、抗うつ剤による治療効果の80%以上をプラセボ効果で実現できることを示した複数の報告があります。

過敏性腸症候群において医療者が患者さんに示す配慮や気遣いが大きいほど、患者さんは症状が和らいだと回答した研究もあります。

いつの日か、プラセボ効果を念頭に置いて共感を表したり希望と期待をもとらす言葉を用いたりする医療が見直され、科学の進歩に伴う健康の改善に繋がってくるのではないかと感じています。

にしむら治療院 はり・きゅう カイロプラクティック

東京都 港区 田町・三田の治療院 頭痛・めまい・腰痛・肩こり・スポーツコンディショニング

東京都港区芝5丁目14-2 鈴木ビル2階

03-6435-2437

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です