踵の痛みと膝の痛みの関連 東京都にしむら治療院

踵や足首の痛みは、腰の痛みや足の痺れの経過から起こってくることもあれば、フットボーラーズアンクルやバレエのインピンジメントに代表されるようなスポーツ障害によって起こることが多いです。

Woman ballet dancing outdoors

Man playing soccer

今回はつま先を伸ばす、足関節の底屈で起こる踵や足関節の痛みについてまとめて行きたいと思います。

 

座骨神経痛の経過で起こる状態

アキレス腱反射が亢進している。
下腿筋肉の萎縮で扁平足、内反足になっている。

今まで見てきた中で多いのはこの二パターンかと思います。

 

スポーツ障害において考えていくと

バレエの場合は底屈に加えて外反に力を加える。
サッカーのシュートの場合は底屈、内返し。
内反捻挫後の後遺症。

が多く、そのスポーツの動作によって内反・外反のどの動きに問題があるかも検査して行く必要があります。

 

登山・トレイルランと足の痛み

マラソンと足の痛み

バレエと足の痛み

足の指と足首のこわばり

フォアフット時に起こる足の痛み

 

本日は膝を構成する骨でもある腓骨の働きから足の痛みについて考察して行きます。

腓骨の動き

足関節、腓骨を赤くしています。

腓骨の動き 背屈

足が背屈、つま先を上げた状態では腓骨は上に上がり後方へと滑ります。内旋するという文献もあります。

腓骨の動き 底屈

足が底屈、つま先を伸ばした状態では腓骨は下に下がり前方へと滑ります。外旋するという文献もあります。

 

このように腓骨は前後、上下、(回旋)、する骨であることが知られています。

膝関節は大腿骨と脛骨において行われる運動なので直接的には腓骨は動作に関与していません。

しかし、大腿二頭筋に代表される股関節・膝関節の筋肉が停止する位置でもあるため、股関節や膝関節の影響を受けています

足関節の動きに合わせて腓骨は動くのですが、腓骨に付着する筋肉が緊張していると関節の動きに制限が加わってしまいます。

この結果、足の痛みとなって出てきてしまいます。

 

足の痛みが出た場合に、腓骨の機能検査を行い、機能制限が起こる原因として膝関節や股関節の問題を探して行くことが非常に重要です。

 

 

足の痛みでお困りの方にお力になれていれば幸いです。

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

Share This:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です