腰痛 足のしびれ 東京都 三田 田町 にしむら治療院

腰痛はもっとも多い症状であり、「腰痛」として一言にくくってはならないほど多様でもあります。

腰痛に加えて下肢痛であるしびれが付随している中で、多い状態を今回はお話しします。

 

「しびれ」は異常な感覚であり、マッサージでほぐしたても取れないため、原因の究明が必須になります。

 

今回の症例では腰痛、その中でもお尻に近い位置で尾てい骨の近くを痛みの中心地として訴えている患者さんの紹介です。

そこから太ももの裏側に放散する痺れと痛みを付随していました。

 

病院では「座骨神経痛」ですね、と一言にまとめられてしまうと思います。

 

今回はその座骨神経痛が仙骨という背骨の土台となる骨の機能障害に寄って起こった腰下肢痛だと思われました。

 

仰向けで寝ていると、ちょうど痛い部位に床が接触し、寝ていると痛くなるという方もいらっしゃいます。

横向けで寝ていると、仙骨から股関節に向かう筋肉が緊張してしまい、痺れが出るという方もいるため、どう寝ていいかわからないと苦悩する方もとても多いのがこの仙骨に伴う痛みの特徴かもしれません

 

まず、

仙骨に付着する筋肉のどの部分が痛みと強く関連しているのかを鑑別する必要があります。

とても多いのが梨状筋です。

この筋肉の特徴は仙骨の前面、つまり仙骨のお腹側に着いていることです。

痛みを感じているのは仙骨の後ろですが、この筋肉は仙骨の表側についているため、マッサージではほぐれません。

 

仙骨の異常を治すことによって梨状筋を緩めることができます。

もしくは大腿骨の異常を治すことで梨状筋を緩めます。

 

当院ではこのような梨状筋の過緊張に寄って座骨神経が刺激されているような場合に、優しい治療に寄って痛みや痺れを取っていきます。

 

 

梨状筋は座骨神経を刺激すると下肢に痛みや痺れを起こしますが、それ自体が太ももやお尻に痛みと痺れを起こします。

お尻から太ももの裏側まで痺れを起こしている方はこのような筋肉の緊張に寄る症状かもしれません。

そんな方にも仙骨の治療が有効になります。

仙骨モビリゼーション

 

少しでも腰下肢の痛みでお困りの方のお力になれれば幸いです。

ご気軽にご相談ください。

にしむら治療院ホームページ

Share This:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です