看護師に多い手のこわばり・腱鞘炎・ドケルバン 三田・品川・六本木 西村治療院

手の痛みについて今日も話を進めて行きたいと思います。

最近はスマートフォンの普及によって、電車の移動中でも手を細かく動かすことが増えてきています。

スマートフォンの利用による手の痺れやこわばりの相談も増えてきました。

手の治療で大切なのはその手の動作がどのような動作や行為なのかを細かく分析することが必要になってきますので、例えば、音楽やスポーツ・仕事で特殊な動作が含まれる時には実際にどういったことをするのかを問診で聴取しなければなりません

 

injection
injection

当院にはなぜか医療関係者の方が多く来られ、注射をたくさん打たなければならないドクターや看護師さんで多いのが、この手の形による手首の痛みと母指の痛みです。

Man using screwdriver on electric breaker box, close-up
Man using screwdriver

このドライバーを持つ手の形と近いのですが、力の方向が異なります。

母指を動かすのが注射で、手首(肘の動作)を回すのがドライバーの動作となります。

 

問診で重要なポイントは、
手の形』と『動作・行為』です。

同じ職業で同じことを行うにしても、人それぞれ個性的な動きをする場合がありますので、その人がどういう動作で行うのかを個々で確認する必要があります。

 

tighten screws
tighten screws
grab a ball
grab a ball
grab a bottle cap
grab a bottle cap

 

その他にもどのような動作が辛いかを確認することも重要です。

それによって存在している動きの制限を見つけることができます。

 

今回は注射を打つ動作のポイントを確認して行きましょう。

injection
injection

示指中指を内転と呼ばれる動作で注射器を挟みます。
この内転動作は尺骨神経の働きですので、肘の内側にも問題が隠れているかもしれません。
この内転動作が弱い場合は写真の様に指を曲げることで挟む力を補います。
この指を曲げる動作は正中神経の働きになります。

注射器を把持した後は母指でシリンジを押し込みます。

この動作が実は独特なのです。

指の関節を曲げることなく指関節は伸展位に保ったまま、手首の辺りから母指を押し出します。

この動きは大菱形骨・舟状骨・母指の中手骨で行われる複雑な運動です。

 

大菱形中手関節
大菱形中手関節

この動きに合わせてきちんとそれぞれの骨が動くかを検査し、その動きを優しく誘導させてあげることでほとんどの痛みがその場で取れます。

その他にも手関節や肘関節の機能検査も行わなければなりません。

橈・尺屈の手の動き
橈・尺屈の手の動き

 

機能検査
肘関節の機能検査
手根骨の機能検査と治療
手根骨の機能検査と治療
肘関節と手関節の協調運動検査
肘関節と手関節の協調運動検査
中手指節関節の検査と治療
中手指節関節の検査と治療

 

手の痛みは複雑であり、ただ痛い周辺に電気などの機械的な治療を行えば良くなるものではありません。

何度も痛み止めやステロイド注射を行えばそれこそ関節そのものを破壊しかねません。

手の痛みはその人の日常に大きなストレスを与えてしまうものです。
日々苦悩する患者様のお力に少しでもなれれば幸いです。

 

にしむら治療院 西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

手の問題に関わる症例についてはこちら

胸郭出口症候群はこちら

ゴルフ ライ角と手の痛み

手のこわばりについてはこちら

朝のこわばり手が動かない

 

参考図書:

 

 

SJF 関節ファシリテーション 第2版
丸善出版
売り上げランキング: 23,840
カパンディ 関節の生理学 (1)
カパンディ
医歯薬出版
売り上げランキング: 320,439
肘と手・手関節の痛み (整形外科 痛みへのアプローチ)
寺山 和雄
南江堂
売り上げランキング: 446,385

Share This:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です