生理不順 母指CM関節症 東京都港区 西村治療院

たとえ、手の痛みで来院されたとしても、その痛みを取り除くために全身の症状を問診することは必須です。

 

今回は40代の女性で、右手の母指のCM関節症を主訴として来院され、結果生理不順や腰痛も緩解した患者様をご紹介致します。

 

看護師の業務で患者さんの介護による手の負担や、シリンジに薬液を入れる動作によって手の痛みが出現し、患部にステロイド注射を試みるも一年以上痛みが消えませんでした。

 

まず患部に注射を行っても効果が少ないというのは他に原因があるよ、という体のサインです。

全身を見なくてはなりません。

 

手の関節の可動域と肩の関節の可動域から

手のひらを下に向けた動作で体に緊張が起こることがわかりました。

体を左に傾け右肩を挙げる癖が起こり、右の頸神経(腕、手を支配)を圧迫させているようです。

座っている時は右のお尻に乗る様に、体が右側にスライドしています。

 

まず仙骨の治療によって体幹に軸を作っていきました。

仙骨モビリゼーション写真は左側の仙骨の治療の例

そしてお腹側から股関節に付着する腸腰筋を牽引法によって弛緩していきます

股関節牽引

そうするとだいぶお尻の中央に体重が乗れる様になってきました。

そして頸部の治療に移ります

頸部 検査

その時点から手の痛みは消失しました。

しかし肩・肘・手の関節の緊張も取っておかなければ、またすぐに再発しやすい状態にあります。

手根骨 

母指CM

このようにして手の治療を行うために全身の状態を変化させたのですが、その後から生理不順も一緒に治ったと喜びの連絡を頂きました。

 

体は一つで繋がっていると感じられる体験でした。

身体の不調でお困りの方のお力になれれば幸いです。

にしむら治療院ホームページ

メール・お電話お気軽にご相談ください。

Share This:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です