バネ指・弾発指・腱鞘炎 切らずに治す 東京 三田 にしむら治療院

バネ指や手の腱鞘炎は手術で治ることから、整形外科では簡単に扱われてしまいます。

手術に踏み込めない患者様は軽く扱われることにとても嫌な思いをしている下かと思います。

接骨院では電気治療や針治療、低出力レーザー、マッサージで手の筋肉をほぐすということで経過を見ようとしているところがほとんどだと思います。

しかしなかなか良くなりません。

 

なぜ指がひっかかるのかを検査している治療院はどれくらいなのでしょうか。

当院では指のひっかかりやこわばりの原因をひとつひとつ探っていきます。

 

まず多いのがです。

首の緊張状態を確かめ、その緊張が緩む体勢に持っていくと自然と手のこわばりが抜けていきます。

 

次はです。

肘の緊張は手の指を曲げるために使われる筋肉を支配する神経が通っているため、肘に緊張が起きると指は硬くなってしまいます。

IMG_2774

 

そして手首

以前に手をついて手首を痛めたことがあるなどの患者様は、この手首の関節の異常をしっかりと治さなければなりません。

IMG_2777

 

もちろんも。

母指CM

長く経過がかかっていると指の関節自体も硬くなっているため、この関節も緩めなければなりませんが、大切なのは順序です。

最初から施術しても、指の関節は緩みません。

まずは首や肘などの部分を緩めて、手に向かう神経の緊張を緩めてからでないと変化が出ないのです。

 

これでもなかなか指の弾発現象が取れない方で最近効果があったのは首の付け根の関節です。

 

その人に寄ってどの部位に大きな影響があるかは異なりますので、指の症状以外にどんなことがあるのかを把握する問診が最も重要になります。

 

長くバネ指に困っている患者様がいらっしゃいましたらぜひご相談ください。

痛くない安心安全な治療を目指すにしむら治療院のホーメページ

03-6435-2437

Share This:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です