ゴルフ フォローで左肘が曲がる 引いてしまう 

ゴルフスイングを解剖学的に分析してみます。

リストターンと肘の痛みの症例についてはこちら

ゴルフの解剖学 股関節と仙腸関節についてはこちら

ライ角と腱鞘炎の関連について

足の裏のつり 足底腱膜炎について

 

”良いゴルフスイング”に関しては諸説ありますので、当院では患者さんの痛みを取る、もしくは課題としているスイングのくせについて体の問題とを照らし合わせていくことのみに言及致します。

今日は左肘の問題を抱えている患者さんから、ゴルフスイングの左肘に対して運動学的な問題点を考察してみます。

 

ゴルフ肘テニス肘といわれる肘のトラブルですが、肩関節と肘関節の協調運動、そして体幹と肩関節の協調運動を促通することで改善されました。

運動学的に分析してみます。

 

体の中心で両手で物を持つ場合、肩関節は内転と呼ばれる内側に動かす、または水平屈曲と呼ばれる水平に手を上げた状態から内側に腕を持っていく運動が必要になってきます。

働く筋肉として大胸筋・三角筋・上腕二頭筋・三頭筋・烏口腕筋などですが、この場合に重要なのは、それらの筋肉の活動の割合が重要になります。

例えば、肘の動きに関係する上腕二頭筋や三頭筋が収縮してしまうと、肘が勝手に肩の動きに連動してしまいます。

これがいわゆるフォロー時に起こる肘を引いてしまう動きに繋がります。

それを無理矢理に抑制すると、肘を伸ばすための上腕三頭筋やゴルフ肘で原因となる橈側手根伸筋が過剰収縮しなければなりません。

 

ではどうすれば肘の筋肉主体にならないのかを原因究明しなければなりません。

筋力テストと可動域テスト、さらに関節の遊び運動を検査しながら分析します。

もちろん、肩関節だけではなく、肘関節もセットで見る必要があります。

肘と肩の伸展
肘と肩の伸展
肩可動域
肩関節の機能検査
機能検査
腕橈関節・腕尺関節 機能検査

今回の症例では、手のひらを上に向けるような肩の回旋ができないために、肩関節の大胸筋と上腕二頭筋が過剰収縮し、肘を引いてしまうスイングを行っていたことがわかりました。

さらに体幹も前傾姿勢になっていることで、広背筋の機能も低下していました。

これらの癖を無理矢理に肘を伸ばすという行為によって肘と手に炎症を起こしてしまっていたため、原因となる体幹と肩関節を改善することで肘の問題は改善しました。

 

体のトラブルに限らず、スポーツのフォーム改善にも対応致します。

御気軽にご相談ください。

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437

にしむら治療院ホームページ

Share This:

「ゴルフ フォローで左肘が曲がる 引いてしまう 」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です