めまい・乗り物酔い 電車で悪化(動揺病) 東京都港区にしむら治療院

めまいで苦悩している方は乗り物でも強いストレスを感じている方がとても多いです。いわゆる「乗り物酔い」です

今回は乗り物でも特に身近な「電車」に乗るとめまいが強くなるという患者さんの症例に対してご説明したいと思います。

他のめまい感に対する症例報告はこちら

めまい(右に引っ張られる)右側頭部頭痛の症例

手足に力が入らない 右に引っ張られるめまい 症例報告

めまい・ふらつき 乗り物に乗れない症例

左に体が引っ張られる 症例

 

 

この乗り物で起こる「めまい感」、乗り物酔い「動揺病」に対しては、視覚から得る情報と、頭の位置を感知する内耳からの情報とが一致しないことによって起こると言われています。

日本大学医学部の平柳先生の論文(医療従事者は論文を呼んでみてください)を読むと

「・・・・視覚情報がなくても、逆に視覚情報だけでも、乗り物酔いは起こる。・・・」

と述べています。

ここでは詳細は記載しませんが、筋肉や関節などの位置情報や振動知覚など体性感覚情報は非常に重要です。

乗り物酔い発生機序 論文から引用
乗り物酔い発生機序
平柳先生の論文から引用
感覚混乱のタイプ 平柳先生の論文から引用
感覚混乱のタイプ
平柳先生の論文から引用

昔に記載した「動揺病の原因」についてのブログ

体性感覚情報は視覚情報との統合と前庭入力へも情報を送っているため、体性感覚の機能検査を行わなければなりません。

 

当院は体性感覚の機能検査と眼球機能検査より患者さんのめまいで改善が期待できる方法を模索していきます

 

それでは電車で増悪するめまいについての症例報告です。

最近の東京都内の電車は進行方向に対して横向きに座るため、どちらの向きだとめまいが強くなるかなど、本人が自覚している場合もあります。

乗り物によって体に対して揺らす力の方向・進行方向は異なるため、どの乗り物なのか、どの方向を向きづらいかなどを問診することがとても重要になります。

 

40代女性 めまい(特に電車に乗ると悪化する)

進行方向を右手にして座るのが特に辛いということでした。

その場合に起こる眼球運動は景色を追う様に左へゆっくりと運動し、急速に戻る運動を繰り返します。

視運動性眼振Optokinetic Nystagmus(OKN)という生理的な眼球不随運動です。

 

左へ眼球運動がゆっくり動かす際に眼振を普通よりも強く起こる、つまり左方視への注視眼振が認められる場合が非常に多いです。

 

この眼振が認められると医療機関では精査をされますが、多くの場合は脳に異常が認められず、そのままめまいの服薬治療になってしまうのが現状かと思います。

体性感覚に戻って、それらと眼球運動との協調運動について考える必要が出てきます。

眼球運動は常に頭の方向に対してそれを補正する様に反射的に運動します(前庭動眼反射)が、めまい・乗り物酔いを罹患する方の多くは、

頭の運動が正確に行えない場合が多く、その運動を関節や筋肉を優しく緩めることで眼球運動が正常化する場合が多いのです。

 

この患者さんの場合は、眼球を左へ動かす時に眼振が起こるため、進行方向を右にして座る時に景色を見ると眼振してしまうのです。

眼振は自覚できないため、気持ち悪い・めまい感として本人に警告を出します。

さらに頭も同様に左に振り向けませんでした。

頸椎の回旋 左回旋20° 右回旋45°

この頸の回旋時もめまい感が出ていました。

さらに

体幹も左回旋が制限左肩の伸展が制限右肩の屈曲が制限

つまり身体が左へ振り向こうとする動作がほぼ難しい状態だったのです。

そこを優しく緩めていくとめまい感は10→1まで改善し、乗り物へも短い時間であれば乗れる様になりました。

 

治療を進めていく中で気づいたのですが、

左肩は胸郭出口症候群と同じ症状を持っていたため、そこが良くなった時にめまい感がかなり改善しました。

 

胸郭出口症候群の一つである、腕を後ろに引くと痛みと痺れが起こるの症例はこちら

 

「めまい」=「頸の治療で良くなる」と考える方が多いのですが、実際は頸にストレスを与えている部位の改善がめまい感を改善させるようです。

症状が強い場合は頸から遠い部位から治療していく方が患者さんの負担が少なく良い結果が生まれます。

 

頭痛やめまいで苦しむ方の助けに少しでもなれれば幸いです。

西村 公典

東京都港区芝5-27-5山田ビル503

03-6435-2437 nishimura@hari.space

にしむら治療院ホームページ

 

めまい治療の考察 内部モデルの異常形成に着いてはこちら

 

めまい治療に必要な知識を得るための参考図書をいくつか紹介します。

ベッドサイドの神経の診かた 改訂17版
田崎 義昭 斎藤 佳雄 坂井 文彦
南山堂
売り上げランキング: 73,285
もうひとつの視覚―〈見えない視覚〉はどのように発見されたか
メルヴィン・グッデイル デイヴィッド・ミルナー
新曜社
売り上げランキング: 534,100
めまいの構造 (スコム・同時代医学双書)
加我 君孝
金原出版
売り上げランキング: 733,720
アクティヴ・ビジョン―眼球運動の心理・神経科学
J.M. フィンドレイ I.D. ギルクリスト
北大路書房
売り上げランキング: 459,491
知覚の現象学 1

知覚の現象学 1

posted with amazlet at 15.12.16
モーリス・メルロ=ポンティ
みすず書房
売り上げランキング: 82,229

Share This:

「めまい・乗り物酔い 電車で悪化(動揺病) 東京都港区にしむら治療院」への5件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です